チェンジ リング。 チェンジリング

チェンジリング

チェンジ リング

取り替え子の検証 [ ] 取り替え子は、彼らのしなびた外観、旺盛な食欲、手のつけられないかんしゃく、歩行できないこと、不愉快な性格によって識別された。 中世の年代記は、フェアリーについての民俗伝承の断片として知られる最古のものの一つを、この例として記載している。 一部の伝承によると、取り替え子は人間の子供より知能がはるかに優れていたことから、見破ることは可能であった。 ある時取り替え子であることが見破られると、その子の両親が子供を連れ戻しにやってきた。 の民話の一つでは、我が子が取り替え子にすり替えられたのではと疑った女が、木の実の殻の中でを醸し始めた。 取り替え子はうなった。 『おいらは森の中のの木と同じくらいの年だけれど、木の実の殻の中でビールを醸すなんて見たことがない。 』そういうと、彼はたちまち消え失せた。 取り替え子の目的 [ ] 一部の人々は、トロールは前の幼い子供をさらうと信じていた。 また、人間の中でも美しい子供と若い女性、特に金髪の持ち主は、フェアリーに好まれるとされた。 の民俗伝承では、子供は地獄へとして献上される妖精の子の身代わりに取り替えられたという。 これは、『タム・リン』 というからよく知られている。 一部の民俗学者はフェアリーが多神教時代のヨーロッパの住人で、侵略を受けて地下へ隠れたと信じている。 それによると、実際に取り替え子を引き起こした人々は、自分たちのひ弱な子供の代わりに、侵略者である人間の健康な子と取り替えたとの事。 中世民俗伝承の取り替え子 [ ] スカンディナヴィア [ ] 民俗伝承によると妖精は鋼を恐れるので、スカンディナヴィア諸国の親たちはしばしば洗礼前の子供の揺りかごの上に一対のハサミやナイフをそっとしのばせていた。 もしそのような手だてにもかかわらず子供がさらわれてしまった場合、両親が取り替え子を冷酷に扱うことで子供を取り返すことが出来ると信じられており、そのために、で打ったり熱いオーブンの中に入れたりするような方法が取られた。 少なくとも一つの例では、ある女がオーヴンの中で実子を焼死させてしまい裁判沙汰になった。 ヨン・バウエルによる絵。 人間の少女を育てる2匹のトロール での取り替え子の物語には 、トロールの子供が人間の農場で育ち、人間の子供がトロールの元で育ったというものがある。 誰もが人間の母親に、トロールにもう一度子供を取り返させるために、取り替え子に辛く当たるよう忠告した。 しかし女は、人間の子としては適応出来ないものの罪のないトロールの子をそのように扱う事を拒み、我が子であるかのように扱った。 結局、彼女の夫はこれ以上トロールの子供を養うことはできないと、妻と別れることにした。 妻は取り乱したが、たとえトロールであっても無実の子を捨てることなどできなかったため、夫が去ることを許した。 夫が遠く離れた森の中を歩いていくと、実の息子と出会い、彼からトロールから解放されたと聞かされた。 トロールが人間にひどい扱いをされそうになる度に、彼のトロールの母は人間がトロールを扱うように彼を扱おうとした。 しかし彼の母親が最も愛しい夫を犠牲にしたとき、トロールの母親は、彼らの支配力が人間の母親に及ばず、子を解放せざるをえないことを悟ったのである。 別のスウェーデンの妖精話がある。 人間のお姫さまが誘拐され、トロールの母親の願いに反してトロールの娘と取り替えられた。 取り替え子は新たな両親のもとで育ち、どちらも若く美しい女性になったが、どちらの親も馴染ませるのに大変苦労をした。 人間の少女はトロールの王子で未来の花婿を忌み嫌った。 またトロールの少女は、自分の生活と退屈な未来の花婿に飽き飽きしていた。 偶然の巡り合わせで、少女たちは森へ迷い込み、互いに見知ることなくすれ違って、互いの生活を覆すこととなった。 お姫さまが城へやってくると、王妃は一目で娘だとわかり、トロールの少女は自分がそうするように大声で吼えるトロールの女を見つけた。 トロールの少女は、トロール女が今まで見たどんな人間よりもおもしろいと思い飛び出し、トロールの母親は実の娘の帰還が真実とわかって喜んだ。 少女はどちらも同じ日に結婚式を挙げた。 ウェールズ [ ] では、取り替え子( plentyn newid)は初めは取り替えられた者に似ているが、成長するにつれて病的な顔つきになり、不格好で気難しく、叫んだり噛み付いたりなどして、次第に容姿や振る舞いが醜くなっていくとされた。 取り替え子は、同じ年頃の人間の子供よりも決して賢くはなく、むしろ子供っぽい知恵とずるさによって正体を見破られてしまう。 取り替え子の判別をする一般的なやり方として、家族の食事を卵の殻の中で調理するというものがある。 子供は『おいらはの木の前から木の実を見てきたけど、こんなことをするのをみたことがない。 』と叫び、消えてしまい、そこには取り替えられた元の人間の子供がいるだけなのである。 もう一つの方法としては、この見分け方を行った後に、子供をシャベルの上に乗せ、火の上にかざして熱いオーブンの中に置いたり、またはを煎じた風呂に入れるなどの虐待をする必要がある。 アイルランド [ ] では、赤ん坊をうらやましそうに見ると妖精の力が赤ん坊に及び、赤ん坊が危険にさらされるために危ないとされていた。 過度に賞賛されたり、うらやまれたりする者は、祝福を受けていても危険だった。 頑丈な身体と美しさを備えた者は特に危険であり、女性は特に異世界との境で危険にさらされた。 妖精の国で新しい花嫁にされたり、妖精の新しい母親にされたりしたのである。 取り替え子を火にくべると、それは煙突から飛び上がって行き、人間の子供が帰されたという。 しかし少なくとも、取り替え子といた人間の母親が、「他の妖精は自分の子を人の子と取り替えてしまったけど、自分は自分の子供が欲しいから」と言って、子供を帰しにやってくる妖精の母親を見つける物語が一つある。 幼児がしゃべって驚かされる話(卵の殻の中でビールを醸す)は、アイルランドやウェールズで伝えられている。 スコットランド [ ] 民俗学者フランシス・ジェームズ・チャイルドのバラッドコレクション( 40)に収められている は、フェアリーの子の母となるよう略奪された人間の母親を描いたもので、取り替え子の民間伝承が元になっている。 断片的ではあるが、母親の嘆きや、エルフ国の女王が、女王の子が歩けるようになるまで養育すれば、彼女を実の子の元へ帰してやると約束するといった内容が含まれている。 歴史的記録に残る取り替え子 [ ] 取り替え子と誤解されたことで、虐待されたり殺されたりした者もいた。 取り替え子の存在を信じていたことから起きた2件の期の事件がある。 1826年、アン・ロシュは4歳になる言葉と足の不自由なマイケル・リーヒーを、繰り返しフレスクの風呂に入れ、3度目にとうとう溺死させてしまった。 彼女はマイケルからフェアリーを追い出そうとしただけだと誓ったため、法廷で無罪となった。 1890年代、ブリジェット・クリアリーは病に数日伏せった後(おそらくであったという)、夫といとこを含む数名によって殺されたが、殺人者らは自分たちが殺したのは取り替え子であり、ブリジェット・クリアリーではないと主張した。 地元の語り部ジャック・ダンは、ブリジェットが妖精の取り替え子であると告発したが、彼らが実際信じていたかどうかは議論の的である。 彼女の夫マイケルが興奮状態の発作を起こしてブリジェットを殺した後、彼が『妖精からの防衛』をでっちあげたのだと、多くの人々は信じた。 他国の取り替え子 [ ] 『オグナンジェ』(Ognanje)は、東部のイグボ族の間で言われる『やってきて去っていく子供』を意味する言葉である。 ある女は子供を多く産んだが、子供たちは未熟児で生まれたり、幼いまま死んだりした。 土着崇拝では、悪意のある精霊の仕業だとみなされた。 悩み苦しむ母親に苦しみを幾度も与えるため生まれ変わるというのである。 最も一般的だったので禁止された方法の一つは、死んだ子供の霊は死の世界と邪な精霊を結ぶので、埋葬された遺体を見つけ、それを粉々にしてしまうというものである。 多くの学者たちは、現在はオグナンジェの物語はをもつ子供たちに死を説明しようとするものだと信じられている。 この病気は西アフリカに流行し、人口の四分の一前後がさいなまれている。 今日さえ、特に医療手段の欠けているアフリカ地域では、幼い内に死ぬことは、過酷な鎌状赤血球症をもって生まれた子供にとってありふれたことなのである。 ヨーロッパの取り替え子とイグボ族のオグナンジェの間には、英語のChangelingを翻訳してイグボ族のものとしたのではないかと思えるほど、同一性がある。 現代の取り替え子 [ ] 神経学上の相違 [ ] 多くの取り替え子の伝説の陰には、現実にはしばしば奇形児や児の誕生があった。 多種多様な取り替え子の記述は、多くの病の症状、、、、、ウィリアムズ症候群、ハーラー症候群、ハンター症候群、と合致する。 男児の出生欠陥の大半の傾向は、男の赤ん坊の方がより連れ去られそうに思われていたという迷信と関連づけられる。 記載があるように、取り替え子伝承は正常に成長しない子供たちの特異性を説明するために、発展し、少なくとも用いられてきたと仮説されてきた。 おそらく、成長の遅れや異常のある症状も多種に含まれていただろう。 特に、児は取り替え子や、その不可思議さや時に説明しがたい振る舞いから、エルフの子というレッテルを貼られがちであった。 これは自閉症文化で見受けられる。 一部の高い知能を持つ自閉症の大人は、取り替え子と同一視されてきた(またはエイリアンのような交換者)。 この理由からと、自分の世界の中で彼ら自身の感情が、周りの普通の生き物には自分たちは属せず、実質的に同じようになれないのだ、と感じるようになった。 発育不全 [ ] 幼児の発育不全を伴う診断には、取り替え子の記載と符合する育児放棄の歴史がない。 これが診断を圧迫することとなり、人は発育不全児の影響外でおこった事において、どのように見ることもたやすいことだった。 文化における取り替え子 [ ]• 盗まれた子供 - の詩。 折れた魔剣 - の児童文学作品。 『』 - の小説。 参照 [ ] の劇作『』では、妖精王とが取り替え子の少年をどちらの子とするかでケンカをする。 参考文献 [ ]• Carole B. Silver, Strange and Secret Peoples: Fairies and Victorian Consciousness 1999 , p 47• Briggs 1976 "Changelings", p. Briggs 1976 "Golden Hair", p. 194• Silver 1999 p. , , The English and Scottish Popular Ballads• Silver 1999 p. The tale is notably retold by as in her 1915 book. The tale is notably retold by as 2005年11月23日, at the. 2005年10月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2005年8月1日閲覧。 Wirt Sikes. British Goblins: The Realm of Faerie. Felinfach: Llanerch, 1991. Yeats, Fairy and Folk Tales of the Irish Peasantry, in A Treasury of Irish Myth, Legend, and Folklore 1986 , p. 47, New York : Gramercy Books,• Silver 1999 p. 167• Yeats 1986 p. 48-50• Francis James Child, The English and Scottish Popular Ballads, v 1, p 358-9, Dover Publications, New York 1965• Silver 1999 p. Silver 1999 p. 64-65• Silver 1999 p. Kim Duff, The Role of Changeling Lore in Autistic Culture, presentation at the 1999 conference of [ ] 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語).

次の

取り替え子

チェンジ リング

チェンジリング changeling• ヨーロッパ民話に登場する妖精、人間の子供をさらった後に置いていく身代わり(妖精の子供)。 、参照。 転じて の意味でも用いられる。 『(チェンジリング)』(「チェンジリング」はルビ) - の小説。 上記の「取り替え子」を参照している。 『』で、人間の両親から生まれたハーフエルフ、エルフ。 TVドラマ『』に登場する異星人種族。 『』 - 1980年のカナダ映画。 『』 - 2008年の監督のアメリカ映画。 関連項目 [ ]• このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

衝撃の実話!チェンジリング

チェンジ リング

衝撃の実話 第81回アカデミー賞主演女優賞・撮影賞・美術賞にノミネートされた作品『チェンジリング』(Changeling。 日本で公開されたのは2009年2月20日です。 名優クリント・イーストウッドが監督した『チェンジリング』は1920年代に実際にあったゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元に映画化されました。。 ゴードン・ノックス事件は1920年代に発生した連続少年誘拐事件です。 連続少年誘拐事件の被害者となったシングルマザーの母親役をアンジョリーナ・ジョリーが演じます。 アメリカで80年近く前の事件だったこともあり映画『チェンジリング』では関係者全員の名前が実名で出てきます。 映画の中ででてくる衝撃的な出来事が、脚本ではなく事実ということに衝撃を受けます。 1920年代アメリカで実際に起きていた事実ということを考えると、被害者の母親がたった一人でロスアンゼルス市警という巨大な組織と立ち向かう姿に尊敬の念を感じます。 アンジョリーナ・ジョリーは最初に『チェンジリング』のオファーが来た時に、子どもを失うというストーリーに出演することに難色を示したそうです。 しかし被害者の母がロスアンゼルス市警に立ち向かい、子どもへの愛を貫き通す姿に同じ母親として心を動かされ出演することを決めたのではないでしょうか。 彼女がひたすら子どもの無事を信じ続けて、猛然と奮闘する姿に心を揺り動かされる作品です。 『チェンジリング』あらすじ 1928年3月。 ロスアンゼルス郊外に住んでいる一人のシングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジョリーナ・ジョリー)が息子を小学校へと送り届けます。 息子を送り届けたその足で向かったのが電話局です。 クリスティンは電話局で働いています。 クリスティンは妊娠中に夫が逃げ出してから、彼女がひとりで息子ウォルターズを育ててきました。 ウォルターズから「なぜ父親がいないの?」という問いかけに対して「あなたが生まれたときに、いっしょにプレゼントが届いたの」と語り「何が入っていたの?」と尋ねるウォルターズに対して「Responsibility」責任と語り、息子が生まれてからも息子に対して深い愛情と責任を持って育ててきました。 仕事が休みの日の3月10日のことです。 息子と映画に出かける約束をしていたクリスティンに会社から電話がかかります。 クリスティンは急遽出社することになり、ウォルターをひとり家に残して会社へと向かいます。 帰宅するはずの時間を大幅に過ぎて、クリスティンは急いで帰宅しましたが、留守番しているはずのウォルターの姿は既にありませんでした。 家出、それとも誘拐?すぐに警察に連絡をしますが、警察からは「子供の捜索は24時間経たないと出来ない。 そのうちすぐに帰ってきますよ」と突っぱねられてしまいます。 ウォルターが突然消えた翌日に警察はやってきて、ようやく翌朝から捜査は開始されたましたがウォルターの行方は全く掴めない行方不明の状態は続きクリスティンは眠れない夜を過ごしていきます。 1か月、2か月・・・・と時間だけが経過していきますが、ウォルターの行方不明はそのままで時間だけが経ちました。 5ヵ月後の8月に、クリスティンの会社にロス市警のジョーンズ警部(ジェフリー・ドノヴァン)から連絡が入りました。 それは「イリノイで息子さんの身柄を保護しました」という連絡です。 クリスティンは、取り急ぎ駅まで息子を迎えに行きますが、列車から降り立った子どもはウォルターではなく全くの別人でした。 孤独な闘いクリスティンの中で クリスティンは「私の子じゃない!!」と断言してジョーンズ警部に訴えますが、警部は応じません。 久しぶりの子どもとの対面で混乱しているからだと全く応じません。 「今は動揺しているから分からないんです。 あれから5か月です。 子どもは大人が考える以上のスピードで成長しているので」とクリスティンを無理やり納得させます。 クリスティンは子どもが違うと警部に抗議はしますが、受け入れてもらえないので疑問を抱えたままその少年を連れて自宅へ連れて帰ります。 連れて帰った少年をお風呂へ入浴されると、少年の身体をみて割礼をされていることに気がつきます。 そしてさらに少年の身長を測ってみると、ウォルターよりも身長が7cmも低かったのです。 明らかにこの少年は自分の息子とは違うと確信を持ったクリスティンは、再びジョーンズ警部の元を尋ねまうす。 そして少年は自分の子どもではない。 と抗議を続け引き続きウォルターを探して欲しいとお願いするのですが、それでもジョーンズ警部は全く受け入れてくれません。 その間にジョーンズ警部は医師を派遣してきました。 医師にもウォルターの身長よりも7cm低いことを訴え主張しますが、医師も全く受け付けてくれません。 それどころかその医師は、報告書で「クリスティンが育児放棄をしている」と記録して提出するのでした。 少年が自分の息子ではない!といくら主張しても受け入れてもらえず、それどころか育児放棄の報告書まで提出されたクリスティンは納得できません。 マフィアと癒着していたロス市警の不正を暴く活動をしているグスタヴ・ブリーグレブ牧師(ジョン・マルコヴィッチ)は、クリスティンに対して警察と戦うのであれば協力をすると申し出ます。 クリスティンは少年を歯医者に連れて行って少年の歯列を観察してもらいます。 歯科医はウォルターと少年はまったく別人だと断言してその内容を書類に書きだします。 ウォルターが通っていた小学校の担任教師も、少年はウォルターではない。 と断言します。 それをもとにジョーンズ警部に訴えても、それでもジョーンズ警部は動きません。 そこで、遂にクリスティンは記者会見を開き、新聞記者たちに発見された少年が息子のクリスティンではないこと、ロス市警が息子の捜索に手を貸してくれないことを訴えるのでした。 警察は明らかに自己防衛のために動いています。 そしてクリスティンの記者会見を知ったジョーンズ警部は、クリスティンを警察に呼んで彼女を錯乱状態だとして病院の精神病棟に無理やり収容してしまう手はずを整え、精神病棟送りにするのでした。 クリスティンが送り込まれた精神病院で、彼女は"コード12"と分類されます。 精神病棟で一晩泣き明かした彼女に、ひとりの患者がすべてを教えてくれました。 「コード12と呼ばれている患者は、警察を敵に回した連中だ」と。 コード12とは患者全員を指さす言葉だったのです。 そしてクリスティンと同じように、警察に逆らったために精神病院へ収容された女性がたくさんいるのでした。 食事を終るとクリスティンは担当医に呼び出されます。 そして「警察の捜査にミスはなかった」という内容が書かれた書面にサインをすれば、すぐにでも退院させると言うのです。 病院側は明らかに警察から意向を受けて、クリスティンに病名を付けていたのです。 そしてクリスティンは薬物を無理やり飲まされたり、精神的にも肉体的にもひどい扱いを受けます。 必死に抵抗する彼女に力を貸してくれたのは、おしてくれたさきほどの女性でした。 それでも、治療という名目で拷問がつづきますが、病棟で知り合った女性と出会ったことをきっかけにして、強い心を持ち始めていたクリスティンは、頑として「警察の操作にミスはなかった」という書面に断固としてサインを拒みます。 ノースコット事件 クリスティンが病棟で拷問を受けている頃、ある事件が発覚していました。 事件が発覚したのは、1人の少年クラーク・ノースコットというカナダからの不法移民の身柄を確保したことから発覚しました。 身柄を確保されたことに、少年は脅えていました。 そして、重大な恐るべき事実をしゃべり始めたのです。 「従兄のゴードンに無理やり強制されて、20人の少年たちの殺害の手伝いをさせられた」という告白でした。 少年は従兄のゴードン・スコットは誘拐した少年たちを自宅で殺害している。 といいます。 その話を聞かされた刑事は、最近行方不明になった少年たちの顔写真を数十枚を提示します。 そして少年が取り上げた1枚の写真が、ウォルター・コリンズの写真でした。 当然、刑事は本署のジョーンズ警部に捜査方針を問い合わせをしますが、ジョーンズ警部の指示は無視しろと言う指示でした。 事件の甚大さはロス市警を震撼させる出来事ですが、クラーク・ノースコットの強制送還の日がやってきます。 無視しろという指示をうけた刑事は職務に対しては忠実でした。 そして半信半疑ではありますが、少年を供述の現場へ連れて行きます。 そして少年と従兄が遺体を埋めたという場所を少年に掘り返させます。 そしてそこからは人骨が出てきたのでした。 精神病院に強制入院させられたクリスティンは、病院に入れられてから1週間経過していました。 担当医師は相変わらず警察に従うことが書かれている書類にサインをするように強制しますが、クリスティンは拒否し続けます。 そんな中に、弁護士同伴で牧師が駆けつけてきました。 そしてなかなか退院させない精神病院にクリスティンを退院させるように迫り、なんとかクリスティンを退院させることなりました。 退院したクリスティンは新聞の号外でウォルターのことを知り、その場に崩れ落ちます。 全米でゴードン・ノースコット事件は、稀代の猟奇殺人事件へと発展していました。 そして、無理やり精神病院へ強制的に令状も取らずにクリスティンを精神病院に強制入院させて閉じ込めたことも社会問題化します。 クリステインに牧師は「これ以上、警察をつつくな。 危険だ」と。 しかし落ち着きを取り戻した彼女は「私には、もう失うものはない!」と警察と闘うことを主張します。 裁判:ノースコットと警察 ブリーグレブ牧師が中心となって、牧師の友人弁護士の助けをかり市民たちの声も味方につけてクリスティンは警察の腐敗を弾劾します。 その一方で、カナダで身柄を確保されたノースコットの裁判も始まります。 警察側は、裁判と市議会の聴聞会の日を同じ日に設定することでなんとか自分たちに都合の良いようにしようと姑息な手段をとりました。 聴聞会のその場所からクリスティンを牧師は連れ出して、ノースコットの裁判へ傍聴へ行きます。 裁判の中でノースコットは否認をしています。 聴聞会では「子どもの取り違えを気が付いた段階で間違いを認めていれば、ウォルターは生きていたかもしれない。 令状なしに警察の独断でコリンズ夫人を精神病院に送り込んだ!」と糾弾者が問い詰めていきますが、警察は自分たちの責任を認めようとはしません。 糾弾者たちの問い詰めに、傍聴席からは拍手が起きていきます。 クリスティンの証言で、精神病院の"コード12"の患者が解放されます。 聴聞会の結果、ジョーンズ警部は永久停職となり、ロス市警本部長は解職。 市長は出馬を断念というクリスティン側の圧勝で終わります。 「ウォルターを殺してない!」と訴えるノースコットに対して、裁判で陪審員は有罪を評決します。 そして裁判官は判決を読み上げ「2年の懲役刑を科す。 その後直ちに死刑を執行するものとする」という判決が下されるのでした。 ちなみにウォルターではないのにウォルターだと名乗った少年は、映画スターに会いたいというのが理由で家出をした少年でした。 そして少年は実の母親に引き取られることになりました。 ノースコットへ刑の執行 裁判でノースコットはウォルターを殺していないと主張してました。 その言葉にクリスティは一縷の希望を抱いてウォルターは生きていると信じて探し続けていました。 2年後の1930年に死刑の執行が迫る中、ゴードンから電報が届きました。 それはクリスティが刑務所に来れば全てを話すという内容の電報でした。 クリスティは刑務所へわざわざ出向いていきますが、ノースコットは真実を語ることなく死刑執行の日を迎えそのまま処刑台へと上っていき、クリスティも立会い死刑は執行されました。 事件から7年後:1935年 ウォルターが突然消えてから7年経っても、クリスティンはいまだに息子の生存を信じていました。 そしてクリスマス・イブの夜に警察から連絡が入ります。 誘拐されていた少年の中の1人が警察に保護されたのです。 しかし残念なことに、ウォルターではなく別の少年でした。 保護された少年は当時のことが語られました。 「当時4人が閉じ込められていました。 ウォルター・コリンズという子どももその中に間違いなくいました。 その名前はどうしても忘れられない名前だからはっきり覚えています。 誘拐されてから脱出するときに、ウォルターに助けられたんです。 一緒に彼とは逃げ出しました。 バラバラに逃げたからどうなったのかは分からないけど・・彼がぼくを助けてくれなければ、間違いなくぼくは殺されていました。 逃げられたけど、怖くて名乗りだせませんでした。 でも母さんたちに会いたくて・・・」と保護された経緯を語りました。 クリスティンは誘拐されていた場所から逃げ出して、ネバダで隠れながら生きていた少年の言葉を聞き両親へ逢いたいという思いで戻ってきた話を聞いて、お世話になった刑事にお礼の言葉を述べます。 そして「夜に3人の子どもが逃げだそうとしました。 ひとりが逃げ出せたのだとしたら、もうひとりいえ2人も逃げ出せたかもしれません。 息子は本当のことを言うことで自分自身や私に危害があるのでは。 とこわがっていて、どこかに隠れたままなのかもしれません。 あの子の話から、私の胸からなくなっていたものが生まれました。 」刑事が「それはなんですか?」と尋ねると「HOPE、希望です。 」とクリスティンは答えその後、生涯をかけて息子ウォルターを探し続けていきました。

次の