ドラクエ ライバルズ マスターズ。 【ドラクエライバルズ】ランクマッチ2つのルール「グランプリ」と「マスターズ」を解説

【ドラクエライバルズ】マスターズ最強デッキランキング

ドラクエ ライバルズ マスターズ

デッキの概要 スライム系を軸にしたデッキ 優秀な小型ユニットとスライムユニットで序盤から攻めていくデッキです。 やによるステータスバフが強力で、強化されたスライムユニットで押し切ることを目指した戦い方を目標とします。 スライムの展開力 により、コストの下がったスライム系ユニットを一斉展開して一気に盤面を構築することができます。 やでスライムユニットの攻撃力をサポートし、早期のターンのフィニッシュを狙います。 カード レア MP 枚数 0 2枚 1 2枚 1 2枚 1 2枚 1 2枚 2 2枚 2 2枚 2 1枚 2 1枚 2 2枚 2 1枚 2 2枚 2 1枚 3 2枚 3 2枚 4 2枚 4 1枚 5 1枚 その他の構築 大盗賊杯ランカーデッキ リーフさん使用英雄無し マナカーブ デッキのじゅもん キーカード解説 プオーン デッキ内の最高コストの武道家カードをサーチするユニットです。 ステータスも2コストで標準的なステータスを持っており、テンポロスしないのがとても強力です。 このデッキの場合は、次にかをサーチすることができます。 武道家デッキにはどのデッキにも必須の1枚となってくるでしょう。 グランスライム スライム系のコストゲインとバフを同時に行う強力なシステムユニットです。 から確定サーチが可能で、このカードとやを組み合わせて一気に盤面を返していきましょう。 1度きりの盤面逆転ギミックなのでプレイタイミングが重要です。 クイーンスライム このデッキの核となるようなカードです。 小型のスライムユニットをこのカードでバフできるかどうかが勝敗に大きく関わってくるでしょう。 自身のステータスは強化されないので、相手がゼシカやテリーの場合はテンションが溜まっていない状態で使用することを心がけましょう。 入れ替え候補 候補 理由 によるテンションアップギミック。 小型ユニットを増やしたい場合に。 ステータスが優秀なスライムユニット。 速いターンで召喚が狙える。 1コストスライム系ユニットはアグロ系相手にはキープしても良いでしょう。 序盤 小型ユニットで盤面展開 低コストの小型ユニットで盤面展開をしていきましょう。 序盤に相手のHPをどれぐらい削れるかが、リーサルターンを早めるために重要となってきます。 スライム以外の優秀なユニット をはじめとして、武闘家の低コストユニットカードは優秀なカードばかりです。 のテンションアップ、やのドローを活かして長く戦うことが可能です。 中盤 クイーンスライムによる盤面維持 やでスライムユニットのステータスを強化して戦います。 やで相手ユニットを除去しつつプレイできるのが理想です。 終盤 グランスライムで盤面を強固に やによって強化したスライムで勝利を目指します。 盤面にスライムユニットが残っていると一気に打点を伸ばすことができるので、終盤につなげるために盤面の維持に注力しましょう。 ドラクエライバルズ関連記事.

次の

【DQR】【疑問】マスターズの墓所ドンモグーラって何か対策ないの?wwwww

ドラクエ ライバルズ マスターズ

第7弾「光と闇の異聞録」よりランクマッチのルールが2つに分かれると言うことで、どんな風に変わるのか、どっちで遊ぶのか、記事にしていきます。 グランプリルール(全国大会用) 概要 これまでのランクマッチと同じく勝ち星を一定数集めて上位のランク帯を目指すルールです。 ランク帯は変更がなければ下から ブロンズ、 シルバー、 ゴールド、 プラチナ、 ダイヤモンド、 レジェンドとなっています。 また、勇者杯などの 全国大会で使用される基本ルールになるので、全国大会を考えている人は要チェックです。 そしてきになるのはここだと思います。 パック制限ですね。 グランプリルールでは使用できるカードパックが制限されます。 スタン落ちとかローテーションとか言われているやつです。 まずは第7弾「光と闇の異聞録」の追加と同時に「スタンダードパック」のカード260種類がグランプリルールでは使えなくなります。 以降、 新しいカードパックが2つ追加されるごとに、 古いパック2種類が使えなくなります。 スタンダードパックは他のパックより収録枚数が多いため1種類のみの制限という扱いのようです。 2弾追加ごとに制限がかかるということで一時的にカードプールの大きさが膨れることになるのがわかります。 ライバルズは2,5,8,11月末にパックが追加されるので 「ダークドレアム」や「デスタムーア」「ラーミア」が使えなくなるのは、第9弾追加時の11月。 「ロト」「ソロ」「エイト」の3英雄が使えなくなるのは、来年(2020年)の5月ということになりますね。 また、カードの効果によってランダムなカードが手札に加わったり、変化したりする場合制限された弾のカードは出てきません。 報酬 グランプリルールにおける報酬はこれまでのランクマッチと変わりありません。 最高到達ランクに応じてシーズン終了時にもらえるシーズン報酬• ランク昇格時にもらえるランク到達報酬• シーズン累計勝利数によってもらえる勝利数ボーナス の3つです。 累計勝利数は後述のマスターズルールと共通です。 報酬はシーズンごとのお知らせに記載されています。 例えば地底魔城杯の報酬は 1. シーズン報酬• ランク到達報酬は明記されていませんでした。 (見つけたら教えてください) おそらくパックやちいさなメダルがもらえるはずです。 勝利数ボーナスはクエストやアチーブメントを確認する画面で見ることができます。 100勝まで報酬があり ちいさなメダル、錬金石、パックチケット、幻魔の魔王スリーブ、きりさきピエロアイコン が手に入ります。 さらにシーズン終了時のGPルールでの順位に応じて称号がもらえます。 マスターズルール 概要 ポイントレーティングを競うルールです。 グランプリルールと異なり、 全てのカードが使えます。 参加するには グランプリルールで ゴールドランク以上が必要です。 全てのカードが使えて、最初からレート制なので 「位置づけ的にはフリーマッチにレートがついてランクっぽくした」 が妥当ですか。 ゴールドも高いハードルではないでしょうし。 ポイントレーティングについて シーズンはじめに1500ptからスタートし、勝敗によってポイントが増減します。 シーズン終了時に多くのポイントを獲得したユーザーがランキング上位となります。 いたってシンプルです。 表記的にはおそらく最高到達ではなく最終ポイントという点が注意するところです。 報酬 マスターズでは2種類の報酬があります。 一定のポイントに到達でもらえるポイント到達報酬• シーズン累計勝利数によってもらえる勝利数ボーナス 前述しましたが2の累計勝利数はグランプリルールと共通です。 マスターズもシーズンごとのお知らせに報酬が記載されています。 地底魔城杯では 1. ポイント到達報酬はちいさなメダル 2. グランプリルールの報酬と同じ また、GPルールと同じくシーズン終了時のランキングに応じて称号がもらえます。 まとめ カードパックに制限がかかり星を取り合うグランプリルールと全てのカードが使えてレート制のマスターズルールに分かれます。 ランクマッチ以外のルールでは 闘技場はグランプリルールがそれ以外はマスターズルールが適用されます。 これまで通り レジェンドを目指す人や全国大会を目指す人は「 グランプリルール」(パック制限有り)を 全部のカードを使いたいんじゃああという人は「 マスターズルール」を 遊ぶことになりそうです。 また、ゴールドに到達していない初心者な君はグランプリルールにしか行けません。 頑張ってゴールドまで上がってくるのだ。 グランプリ潜ることになるんだろうけど制限されるたびにデッキ考え直すのめんどうくさいなあ。 sadala.

次の

公式大会初のマスターズルール/賞金制大会「ドラゴンクエスト ライバルズ マスターズカップ in TGS2019」が開催

ドラクエ ライバルズ マスターズ

デッキの概要 スライム系を軸にしたデッキ 優秀な小型ユニットとスライムユニットで序盤から攻めていくデッキです。 やによるステータスバフが強力で、強化されたスライムユニットで押し切ることを目指した戦い方を目標とします。 スライムの展開力 により、コストの下がったスライム系ユニットを一斉展開して一気に盤面を構築することができます。 やでスライムユニットの攻撃力をサポートし、早期のターンのフィニッシュを狙います。 カード レア MP 枚数 0 2枚 1 2枚 1 2枚 1 2枚 1 2枚 2 2枚 2 2枚 2 1枚 2 1枚 2 2枚 2 1枚 2 2枚 2 1枚 3 2枚 3 2枚 4 2枚 4 1枚 5 1枚 その他の構築 大盗賊杯ランカーデッキ リーフさん使用英雄無し マナカーブ デッキのじゅもん キーカード解説 プオーン デッキ内の最高コストの武道家カードをサーチするユニットです。 ステータスも2コストで標準的なステータスを持っており、テンポロスしないのがとても強力です。 このデッキの場合は、次にかをサーチすることができます。 武道家デッキにはどのデッキにも必須の1枚となってくるでしょう。 グランスライム スライム系のコストゲインとバフを同時に行う強力なシステムユニットです。 から確定サーチが可能で、このカードとやを組み合わせて一気に盤面を返していきましょう。 1度きりの盤面逆転ギミックなのでプレイタイミングが重要です。 クイーンスライム このデッキの核となるようなカードです。 小型のスライムユニットをこのカードでバフできるかどうかが勝敗に大きく関わってくるでしょう。 自身のステータスは強化されないので、相手がゼシカやテリーの場合はテンションが溜まっていない状態で使用することを心がけましょう。 入れ替え候補 候補 理由 によるテンションアップギミック。 小型ユニットを増やしたい場合に。 ステータスが優秀なスライムユニット。 速いターンで召喚が狙える。 1コストスライム系ユニットはアグロ系相手にはキープしても良いでしょう。 序盤 小型ユニットで盤面展開 低コストの小型ユニットで盤面展開をしていきましょう。 序盤に相手のHPをどれぐらい削れるかが、リーサルターンを早めるために重要となってきます。 スライム以外の優秀なユニット をはじめとして、武闘家の低コストユニットカードは優秀なカードばかりです。 のテンションアップ、やのドローを活かして長く戦うことが可能です。 中盤 クイーンスライムによる盤面維持 やでスライムユニットのステータスを強化して戦います。 やで相手ユニットを除去しつつプレイできるのが理想です。 終盤 グランスライムで盤面を強固に やによって強化したスライムで勝利を目指します。 盤面にスライムユニットが残っていると一気に打点を伸ばすことができるので、終盤につなげるために盤面の維持に注力しましょう。 ドラクエライバルズ関連記事.

次の