エースバーン育成論。 【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】炎タイプ御三家エースバーンの育成論をゲッコウガっぽく考えてみた【種族値と育成論】

エースバーン育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるエースバーンの育成論と対策について掲載しています。 エースバーンのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載している他、新特性の「リベロ」を活用した型やふいうちの遺伝経路についても紹介もしていますので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 10%の確率で相手をやけど状態にすることができ、また自分がこおり状態でも使うことができます。 攻撃と素早さが高い物理アタッカーであるエースバーンと相性の良い技です。 微妙な耐久力がもうか発動に貢献 お世辞にも高い耐久力とは言えませんが、並程度の攻撃ならば耐える耐久を持っています。 おかげでもうか圏内にHP調整をしやすいポケモンであり、素早さも相まってもうか圏内では止まらないストライカーになります。 こちらはランクマッチでも使用でき、解禁直後からランクマッチで多く姿を見かけます。 苦手とするじめんタイプのポケモンに対してひこう技を使用することで耐性を変化させ無効化することもでき、高い素早さと攻撃力を生かして立ち回ることができます。 耐性が変化するためただ有効打を与えるだけでなく、相手の使用する技に対して耐性を持たせるなどの搦め手が使用できるポケモンでもあります。 消費アイテムを持つことからアクロバットとも相性が良い型となっています。 25倍の火力のかえんボールを放つことができます。 その火力はHP252のトゲキッスや、防御特化アーマーガアを1発で倒せるほどの火力を持っています。 特に物理耐久の高いポケモンであれば安定して突破が狙えます。 HPが156以上になるポケモンや先制技を習得できるポケモンの場合には安定した処理が見込めます。 相手はダイマックス権を失い、こちらはダイマックス権を残しながら頭数でも有利な展開が期待できます。 タイプ変化を読んで行動する リベロエースバーンは使用する技によってタイプが変化します。 こちらに飛んでくる打点を見極め、そのタイプに有効な技の選択をして行くことで安定したダメージを与えることができます。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 厳選方法 孵化で厳選する 基本的には孵化厳選で厳選を進めていきましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 ふいうちの遺伝経路 ふいうちは遺伝させることで習得できる技です。 遺伝経路は複数あるので下記ツールを参考にしてやりやすいルートを選択してください。

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

エースバーン育成論

5倍になる。 リベロ 自分の技を出す時直前に、 自分のタイプが技と同じタイプになる。 攻撃と 素早さが高く、物理アタッカーとして育てやすいです。 近年の炎タイプ御三家としては珍しく 炎単タイプですが、覚える技範囲は豊富であり、特性リベロによって岩・水・草・ドラゴン・氷・フェアリー以外の 12タイプに変化することができます。 特性について• 5倍になる特性です。 能動的に使うなら、みがわりで体力を減らし、カムラのみなどと合わせて突破力を上げる方法があります。 きあいのタスキとも相性がいいですね。 リベロは、自分のタイプが、 使う技と同じタイプに変化する特性です。 すべての技をタイプ一致で使えることになり、タイプ不一致ではあと一歩威力が足りなかった技でも強力な主力技になります。 また、先制で相手の攻撃を無効化するタイプに変化して、相手の攻撃をかわすことも可能です。 エースバーンの技候補 エースバーンが覚える技の中で、有用なものを以下にまとめます。 とびはねるをダイマックスして使うとダイジェットになり、 自身の素早さを1段階アップする追加効果があります。 また、相手の地面技を読んで使えば、相手の攻撃を無効にすることもできます。 ステルスロック対策で、HPは奇数にしています。 素早さ 実数値188で、 最速119族と同速。 エースバーン同士の対面になった時に素早さで負けないように、最速にしています。 ラプラスのキョダイセンリツによって オーロラベールを張られてしまっても、 コートチェンジで奪うことができます。 みがわり3回でダイマックスターンをしのぎ、 チイラのみ発動。 その後コートチェンジを使います。 コートチェンジを使ったターンに倒される可能性がありますが、ダイマックスとオーロラベールには対処することができます。 攻撃のチャンスがあれば、攻撃1段階上昇時、とびひざげりで、無補正B振りラプラスを乱数1発 99. うたかたのアリアは みがわりを貫通するので、通常時にはみがわりを使わないように注意。 素早さ 実数値167で、 最速100族抜き。 バトン型.

次の

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論

エースバーン育成論

5倍になる。 リベロ 自分の技を出す時直前に、 自分のタイプが技と同じタイプになる。 攻撃と 素早さが高く、物理アタッカーとして育てやすいです。 近年の炎タイプ御三家としては珍しく 炎単タイプですが、覚える技範囲は豊富であり、特性リベロによって岩・水・草・ドラゴン・氷・フェアリー以外の 12タイプに変化することができます。 特性について• 5倍になる特性です。 能動的に使うなら、みがわりで体力を減らし、カムラのみなどと合わせて突破力を上げる方法があります。 きあいのタスキとも相性がいいですね。 リベロは、自分のタイプが、 使う技と同じタイプに変化する特性です。 すべての技をタイプ一致で使えることになり、タイプ不一致ではあと一歩威力が足りなかった技でも強力な主力技になります。 また、先制で相手の攻撃を無効化するタイプに変化して、相手の攻撃をかわすことも可能です。 エースバーンの技候補 エースバーンが覚える技の中で、有用なものを以下にまとめます。 とびはねるをダイマックスして使うとダイジェットになり、 自身の素早さを1段階アップする追加効果があります。 また、相手の地面技を読んで使えば、相手の攻撃を無効にすることもできます。 ステルスロック対策で、HPは奇数にしています。 素早さ 実数値188で、 最速119族と同速。 エースバーン同士の対面になった時に素早さで負けないように、最速にしています。 ラプラスのキョダイセンリツによって オーロラベールを張られてしまっても、 コートチェンジで奪うことができます。 みがわり3回でダイマックスターンをしのぎ、 チイラのみ発動。 その後コートチェンジを使います。 コートチェンジを使ったターンに倒される可能性がありますが、ダイマックスとオーロラベールには対処することができます。 攻撃のチャンスがあれば、攻撃1段階上昇時、とびひざげりで、無補正B振りラプラスを乱数1発 99. うたかたのアリアは みがわりを貫通するので、通常時にはみがわりを使わないように注意。 素早さ 実数値167で、 最速100族抜き。 バトン型.

次の