エビル プリースト 心。 【ドラクエウォーク】究極エビルプリーストのこころSはキングスライムを越える総合火力!?

【ドラクエウォーク】究極エビルプリーストのこころSはキングスライムを越える総合火力!?

エビル プリースト 心

Aランクの作成はD24個で済むので、 B,Cのドロップも考慮すれば入手はそこまで難しくはない。 理想はSランク入手だが、最低でもAランクは確保しておきたい。 究極エビルプリーストのこころ評価 究極エビルプリーストのこころの強い点 スキル斬撃・体技ダメージ10%アップ ちからの上昇値が55と高いうえに、スキル斬撃・体技ダメージ10%アップを持つ。 盗賊の得意枠として使えるのはもちろん、 物理系職業の自由枠でも候補に入る性能だ。 天空の剣の火力を底上げできる スキル斬撃・体技ダメージ10%アップに加え、 メラ系とくぎダメージ10%アップがある。 天空の剣のビッグバンソードの火力を底上げできるので、非常に相性が良い。 眠り耐性10%アップ 特殊効果で眠り耐性を10%上げられる。 あやしいひとみなどの眠り効果を、僅かではあるが確率を下げられるのは強み。 192 解説 進化の秘法を完成させるため魔族の王デスピサロをも裏切った狡猾なる軍師。 その進化の最終形態。 ドラクエウォークの関連記事 最新おすすめ記事 メガモンスター討伐にギガンテスが追加!弱点や耐性はこちら。

次の

「エビルプリースト」の配合表|ドラクエモンスターズジョーカー2プロ 攻略 広場

エビル プリースト 心

エビルプリースト(第6章) 進化の秘法によってデスピサロよりも強大な力を得たエビルプリースト。 いったんエンディングを迎えた後、第6章でピサロを仲間にしてからデスパレスでの決戦となります。 (白色、頭部なし、両腕なし)• (白色、頭部なし、両腕あり、太足)• (白色、頭部あり、BGMが変化)• (黒色、頭部あり) 形態変化時の注意点 形態が変化すると、まだ行動していないキャラがいてもターン終了となる。 形態が変化すると、エビルプリーストにかかっていた補助効果は解除される。 味方にかかっている補助効果は、形態が変化しても解除されない。 おすすめパーティ 最終形態のエビルプリーストはダメージ210~230の「かがやく息」を使ってくるので、フバーハを使えるミネアと、ベホマラーやザオリクを使えるクリフトはほぼ必須です。 ピサロは必ず参戦することになるので、パーティは 勇者+ピサロ+クリフト+ミネアがおすすめです。 おすすめ装備 「かがやく息」のダメージを少しでも減らすため、勇者は「ドラゴンメイル」+「てんくうのたて」、ピサロは「ドラゴンメイル」+「まかいのたて」、クリフトは「ちからのたて」、ミネアは「てんしのレオタード」+「はぐれメタルのたて」を装備していると安全です。 第1形態 白色の体、頭部なし、両腕なしの形態。 ステータス HP MP 攻撃 守備 素早 1800 254 320 150 80 呪文などの有効率 ダメージ系• ヒャド• デイン• マダンテ 状態異常系• ラリホー• マヌーサ• マホトーン• メダパニ 低下系• ルカニ• マホトラ 即死系• ニフラム• メガンテ• 無耐性• 弱耐性• 強耐性• 無効 攻撃パターン・特徴• 直接攻撃• かみくだく(通常の1. 5倍のダメージ+マヒ状態にする)• しゃくねつの炎(全体に150~170ダメージ)• 凍てつく波動(全体の呪文効果を解除)• めいそう(自分のHPを500回復) 攻略法 行動回数は1回だけですが「めいそう」を使うため、早めに次の段階へ移行させたいところです。 直接攻撃でダメージを与えると起きてしまうことがあるので注意。 その場合は再びラリホーマで眠らせること。 第2形態 白色の体、頭部なし、両腕あり、両足が太くなった形態。 ヒャド• デイン• マダンテ 状態異常系• ラリホー• マヌーサ• マホトーン• メダパニ 低下系• ルカニ• マホトラ 即死系• ニフラム• メガンテ• 無耐性• 弱耐性• 強耐性• 無効 攻撃パターン・特徴• 2回行動• 直接攻撃• 補助呪文で守りを固めてしまえば大ダメージを受ける心配もなくなります。 この段階は多少時間をかけてもよいので、MPを温存したい場合は直接攻撃だけで戦うのも手です。 第3形態 白色の体、頭部が出現した形態。 ステータス HP MP 攻撃 守備 素早 2000 254 380 170? 呪文などの有効率 ダメージ系• ヒャド• デイン• マダンテ 状態異常系• ラリホー• マヌーサ• マホトーン• メダパニ 低下系• ルカニ• マホトラ 即死系• ニフラム• メガンテ• 無耐性• 弱耐性• 強耐性• 無効 攻撃パターン・特徴• 1~2回行動• 直接攻撃• 凍てつく波動(全体の呪文効果を解除)• 「激しい炎」を使わなくなり、再び「凍てつく波動」を使うようになりますが、「しゃくねつの炎」以外はさほど強力な攻撃ではないため、ベホマラーと「けんじゃのいし」で回復していれば大きな問題はないでしょう。 ただし、「しゃくねつの炎」を連続で使われると甚大なダメージになるので、解除されるたびにフバーハをかけ直した方が賢明です。 今まで直接攻撃で戦ってきた場合でも、この段階からはギガデインや「ギガソード」などを積極的に使っていきましょう。 第4形態 第3形態の体が黒色に染まった形態。 ステータス HP MP 攻撃 守備 素早 3800 254 400 200? 呪文などの有効率 ダメージ系• ヒャド• デイン• マダンテ 状態異常系• ラリホー• マヌーサ• マホトーン• メダパニ 低下系• ルカニ• マホトラ 即死系• ニフラム• メガンテ• 無耐性• 弱耐性• 強耐性• 無効 攻撃パターン・特徴• 1~2回行動• 凍てつく波動(全体の呪文効果を解除)• 踏みつけ(守備力無視の単体攻撃、直接攻撃より強力)• 叩きつけ(守備力無視の単体攻撃)• あやしい眼(単体を必ず眠り状態にする)• (残りHPが少なくなると使用)• 祈り(MPを全回復、マダンテの後で使用) 攻略法 デスピサロやエッグラよりも強力な「かがやく息」を使い、さらに「あやしい眼」やマダンテなど、対策不可の攻撃も多用する最終形態。 「かがやく息」の大ダメージはミネアのフバーハで対抗し、「凍てつく波動」を受けたらすぐに使い直すこと。 「あやしい眼」で眠らされたらザメハで回復、マダンテなどで甚大なダメージを受けたら迷わずベホマズンを使います。 勇者はMPの許す限り「ギガソード」、ピサロはイオナズン(覚えていれば「ギガスラッシュ」)で攻撃し、クリフトとミネアは常にベホマラーや「けんじゃのいし」で回復、その必要がない時は防御でダメージを減らしましょう。

次の

【ドラクエウォーク】究極エビルプリーストのこころの効果|図鑑No193【Sランク評価】|ゲームエイト

エビル プリースト 心

】 全体に 約110程度のダメージを与える、イオ属性の呪文攻撃。 プレイヤー側の物理による攻撃を軽減されてしまいますが、守備力ダウンは効果的です。 この効果中は呪文攻撃及び、ルカニなどの状態変化系も気を付けてください。 めざめの花での対象が可能です。 バイシオンやスカラの効果もニュートラルに戻されてしまいます。 究極エビプリの攻略ポイント 推奨は50だが... HPが多いことやイオラによる被ダメージが大きい以外は、そこまで脅威ではありません。 もちろんレベル50以上に加え、こころの充実さは求められますがソロ討伐は可能です。 単体高倍率武器で攻める メガモンスターは基本1体。 すばやく攻略するために、単体に対して高倍率の高いダメージを叩き出せる武器が望ましいです。 おすすめの武器 バギ300% メラ330% メラ330% 全体攻撃武器のおすすめ バギ245% - - 守備力ダウンが有効 スカラの対策のひとつとして、武器の追加効果である「守備力ダウン」が非常に効果的です。 高確率で入ります。 おすすめの武器 全体回復役を入れる 主にイオラなどの全体攻撃に対応できるよう、全体回復「いやしのかぜ」は1人は欲しい。 場合によって「イオラ」と「はげしいほのお」を同時に使用してくることもあります(約160ダメージ)。 全体回復武器 めざめの花を常備 確率で眠り状態にする攻撃があるため、 「めざめの花」は所持しておいた方がいいです。 僧侶が眠ると回復ができず一気にピンチになります。 耐性のあるこころを装備 全体攻撃を軽減するために下記のような耐性のあるこころを装備しおきましょう。 特におすすめなのは全属性耐性。 まだ育ちきっていない場合は、回復ややいばくだきを持つ「ライアン」を連れていきましょう。 クリア報酬例 1はド定番になりつつあるスキル。 意外にもいてつくはどうで消されないのが特長でMP消費の多い特技を連発する強敵相手でのMP管理に役立つ。 欠点は攻撃が2ターンに1度になる、多段系スキルでは初段にしか乗らない事だけど、それでも安定して大ダメージを与えられるし6万もの体力を削らなければならないので少しでもMP消費は抑えるべき。 2は当たり前だけど1のアタッカーやいやしのかぜ役が眠ってしまったら立ちゆかない。 戦武僧魔の基本PTなら武闘家で道具回復薬を任せるのが最適。 順当に育っていれば真っ先に動けるので眠っていなければ後続3人の行動を阻害しない。 めざめの花の所持数にもよるが、最低5回は戦線を維持できるはず。 もし、武闘家が眠ってしまったら次に行動を阻害しない魔法使いで武闘家を起こせばOK。 3はメガモン史上最大体力を持つ今回のメガモン討伐には不可欠な事案。 cとdは初期討伐で所持スキル盾じゃなかったから試せなかったけど、両方所持している盾はシルバートレイだし両方かけている時間はないので戦線維持に影響が出るcの方が優先度は上。 4は特技を試さなかったので解らないけれども、呪文のルカニは効きづらい印象。 デスピサロでも自分は最大9回連続で失敗したし、エビプリでもほぼかからなかった。 無駄ターンになるくらいなら魔法使いはアタッカーへバイシオン 自分はいやしのかぜも所持 をかけ続ける方が得。 5は全滅せず時間内に倒せればこころは確実に落とすしイベント討伐数もカウントされる。 レイドバトルの意味合いが薄く参加者が集まりづらい環境だけど、強者が集まれば時間短縮に繋がり、ソロ討伐できる環境で弱者が入ってきて寄生されても大した影響は出ないはず。 ただ、寄生は嫌悪対象にはなるものの攻略の上ではこれも歴とした一つの考え。

次の