自転車 置き場 の 議論。 自転車置き場の議論

物置のようなサイクルポート!自転車物置をご紹介

自転車 置き場 の 議論

主張 [ ] この法則は、による、経営の風刺書『』 の中で出されたものである。 パーキンソンはこの法則を説明するとして、委員会がとの建設について審議する様子を比較している。 の建設計画は、あまりにも巨大な費用が必要で、あまりにも複雑であるため一般人には理解できない。 このため一般人は、話し合っている人々は理解しているのだろうと思いこみ口を挟まない。 強固な意見を持っている人が、情報が不十分だと思われないように一般人を押さえ込むことすらある。 このため審議は「粛々と」進むことになる。 この一方で、自転車置き場について話し合うときは、屋根の素材をアルミ製にするかアスベスト製にするかトタン製にするかなどの些細な話題の議論が中心となり、そもそも自転車置き場を作ること自体が良いアイデアなのかといった本質的な議論は起こらない。 次に委員会の議題がコーヒーの購入といったより身近なものになった場合は、その議論はさらに白熱し、時間を最も無駄に消費する。 自転車置き場については誰もが理解している(もしくは理解していると考えている)ため、自転車置き場の設置については終わりのない議論が生じることになる。 関係者の誰もが自分のアイデアを加えることによって自分の存在を誇示したがるのである。 再注目 [ ] パーキンソンの凡俗法則は、の(phkmallocなどで知られる)による開発メーリングリストへの「A bike shed any colour will do on greener grass... 」(青い芝生 の自転車置き場(何色でもいいよ))というタイトルのeメール投稿でふたたび話題にのぼった。 パーキンソンの元々の主張には、自転車置き場の「色」は取り上げられていなかったものの、パーキンソンの凡俗法則の基本部分を取り上げて、コミュニティによるソフトウェア開発において起こりがちな問題を指摘した。 これ以降、パーキンソンの凡俗法則は「自転車置き場のコンセプト」や「自転車置き場の色」など(日本語圏では「自転車置き場の議論」とも)の言い回しでソフトウェア開発やネットコミュニティにおける議論に関する議論などからはじまり、広く言及されるようになった。 出典・脚注 [ ]• , pp. 24-32• 隣の芝生は青い(The grass is greener on the other side 「隣の花は赤い」と同義)という諺が元。 Poul-Henning Kamp,. 02 Oct 1999. 2008-07-25. Karl Fogel, Producing Open Source Software: How to Run a Successful Free Software Project, O'Reilly, 2005, , "Bikeshed Effect" pp. 135, 261-268 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• FreeBSD FAQ• (FreeBSD FAQ 日本語訳)• alternative copy•

次の

自転車の置き場のサイズとは?設置するための最適な大きさを紹介

自転車 置き場 の 議論

「自転車置き場議論」というのをご存知でしょうか。 「くだらないこと議論しているね」というニュアンスで「それはだよね」という言葉を聞いたことはある人もいると思います。 ではなぜ「 自転車置き場」なのでしょう? これはもう少し詳しく説明すると、「自転車置き場」という言葉は「パーキンソンの凡俗法則」から来ています この法則の論旨は「重要な問題 問題 」は議論されず、「些末な問題 自転車置き場の屋根 だけが熱心に議論される」ことを問題視しています。 では、この現象を起こさないようにするにはどうするか、を私は注意しました。 上の法則によれば「人は自分が理解出来る議論に加入し、自分が理解できない議論に加入しない」という問題があります。 そこで、上の法則が起きる原因は「議論すべき重要な問題が、理解できず、十分な議論がなされない」ことというように読み取れます。 なので、マネージャーがすべきことは「議論すべき重要な議論を、参加者が理解出来るよう下地を整える」ことだと私は結論しました。 参加者は議論が理解できない、とはなぜ理解できないのでしょう? 問題が2つあると私は考えます。 「問題が大きすぎる」:問題のどこを話し合えばいいのかわからない。 「背景情報がない」:議論に使う背景の情報や数字がない。 そのためふわふわした空中戦以上のことができない。 そこで問題をこのように解決しました。 「問題を分割する」:「問題」を「の費用対効果の問題」と「の安全性検証とリスク対策の問題」と「社会のためにコストを押し付けられる現地への利益再分配の問題」に分割します。 このレベルなら検証するための数字を用意できそうな気がしてきました。 「背景情報を用意する」:話し合うべきトピックの背景情報を同時に用意します。 大きな長所、と考えられる要素、懸念すべき要素、それぞれを準備します。 これで、「議論すべき問題」が「参加者に理解出来る問題」となり、議論可能になりました。 会議のホストの役割として、「議題を定め、議論を行うために議題の論点の分解と数字の用意を行う」ことが必須だと私は考えます。 pin1kato.

次の

本質的な議論が置き去りにされる・・・「自転車置き場を何色にするか」問題

自転車 置き場 の 議論

材料 用意した部品類です。 作りたいのはガレージに自転車が2台置ける、こういう形の自転車置き場。 わかってもらえるだろうか? イレクターパイプ ホームセンターに材料を探しに行ったら、「イレクターパイプ」というのを見つけました。 数種類の長さの異なるパイプと、パイプを接続するための様々な部品が売ってます。 これでいいじゃん ということで購入! 買ったもの• 足りるはず、と思って購入。 パイプの端にフタをする為のものです。 4つで200円くらい。 並べるとこんな感じ。 これが接着液 板と固定金具とネジ ガレージは地面がコンクリートなので、地面に固定するために木の板を用意しました。 板の重さで自転車くらいは固定できるはず。 自転車置場は屋外なので、板はウッドデッキなどに使われる 「サーモウッド」という素材を用意しました。 サーモウッドは「熱」と「水」だけを使う高熱乾燥処理で、普通の木材を腐りにくくしたものなんだそうです。 3m30cmで2,480円。 けっこうするなぁ。 そのままでは車に載せられないので、ホームセンターでカットしてもらいました。 そして板に固定するための金具。 これはイレクター用ではないので、穴にパイプが通ることを確認してから購入。 あとはネジ。 これも重要で、板に固定するための金具の穴にピッタリハマって、なおかつ板を突き抜けない長さ。 材料は以上!6,000円くらいかかってる。 頑張って作ろう。 組み立てる さぁレッツ組み立て! 固定用金具の取り付け 金具を板に固定します。 パイプがまっすぐ横になるように確認しながら、ネジ止めします。 DIYでは電動ドライバーは必須ですよね。 電動じゃないと手が疲れちゃいます。 パイプの組み立て 組み立ては簡単で、パイプをジョイント部品に繋げていくだけ。 接合部品をカチャッと取り付けます。 パイプをジョイントします。 ジョイントしたパイプを結合していきます。 パイプにキャップをします。 虫とか入らないように。 できた! 組み立て完了! 幅の調整 肝心なのは幅で、ユルイと自転車を固定できませんし、狭過ぎると前輪が入りませんw 実際に自転車を置いて調整します。 接着する イレクター専用接着液で固定します。 接着液と言っても瞬間接着剤ではなく、プラスチック部分を溶かしてくっつける方式。 だから、一度くっつけたら離れなくなるみたいです。 接着液を隙間に流し込みます。 15分程で固定されて動かなくなりますが、完全に固定するには24時間触らない方がいいみたい。 できた!完成! 最後に いかがでしたか? 最後の接着をする事で強度が増し、結構ちゃんとした自転車置き場ができました。 イレクターパイプって、アイデア次第では他にも色々使い道があるみたいで、毎年コンテストも行われてるみたいです。 出来上がった商品を買うのもいいですが、工夫を凝らしてオリジナルの棚なんかを作るのも楽しいですよ。

次の