いただけますよう いただきますよう。 「お越しいただき」の意味と漢字、ビジネスメールでの使い方、「お越しくださり」との違い

「ご査収くださいますよう」の意味と用例・ご査収の程との違い

いただけますよう いただきますよう

同社は現在Webサイトを実質的に閉鎖、不正アクセスの可能性を示唆しているものの、単純な設定ミスを疑う見方もある エスティックサロン大手のTBC(東京ビューティーセンター)のWebサイトで約3万件の個人情報が閲覧可能な状態になっていたことが分かった。 同社は現在Webサイトを実質的に閉鎖、「ホームページサーバーの深部へのアクセスがあった」として不正アクセスの可能性を示唆しているものの、単純な設定ミスを疑う見方もある。 閲覧可能な状態になっていたのは、同社のWebサイトから資料請求やプレゼントに応募した人などの住所や名前、職業、電話番号、メールアドレスなど約3万件分。 さらに「二の腕を細くしたい」といったエステに関心を持っている理由についての記述や体のサイズについて記されているデータもあり、ネットでの個人情報流出としては最悪レベルのケースとなった。 TBCによると、情報が閲覧可能な状態になっていることが判明したのは5月26日未明。 既にWebサイトは実質的に閉鎖、同27日付けでトップページに「お詫びとご報告」を掲げ、専用ホットラインを設けてユーザーへの対応に当たっている。 TBCはWeb上の告知で、「ホームページサーバーの深部へアクセスがあり、ホームページへアクセスを頂いた『お問い合わせデータ』の一部が流出した」としている。 実際には「www. tbc. これについて「CGIの設定ミスでは」と見る関係者もいる上、「そもそもhttpdから見えるところに個人情報を蓄積していた時点で問題」と指摘する声もある。 また「たまたま26日に問題が判明しただけで、既に長期間にわたって閲覧可能な状態になっていた」とも指摘されている。 流出データは3万件をはるかに上回るとの情報もある。 今回の件が仮に外部からの不正なアクセスにより閲覧可能な状態に置かれてしまったのだとしても、重要な個人情報をクラッキングによってアクセス可能にされてしまうようなセキュリティ管理の甘さについて、同社が責任を問われるのは必至だ。 TBCはWebサイトの告知で「この度の流出したデータを入手された方はお手数ですが削除いただけますようお願い申し上げます」と呼び掛けている。 だが100人がデータを入手したとして、99人がデータを自発的に消去したとしても、1人がデータを保持したままなら再び無限にコピーして無差別にばらまけるのが電子データとインターネットの恐ろしい側面だ。 TBCと同様の状態になったままのサイトを発見したとの報告もネットでは相次いでいる。 ネットを活用したマーケティングやオンラインショッピングなど、個人情報をネットでやり取りするサービスに対してユーザーの不信感が増すことは避けられず、影響は大きい。 All Rights Reserved.

次の

間違う人も多い「ご査収」の正しい意味・使い方・例文

いただけますよう いただきますよう

ビジネスメール上での敬語の使い方は、社会人経験と共に自信をつけて行かれる方が多いと思います。 その一方で、どちらの表現を使うべきか曖昧なまま、あるいは何となくこの書き方に違和感を覚えたままで使っている表現も、皆さま、1つ2つ心覚えがあるのではと思います。 今回はそのような「いつか、誰かに正しい使い方を聞いてみたかった!」という敬語の表現を取り上げて解説してまいります。 まず「くださる」は「くれる」の尊敬語です。 この使い方には、皆さまも何ら疑問を抱く点はないと思います。 さらに「くださる」は、行為者を立てるという一般の尊敬語の働きに加え、「その相手から恩恵が与えられる」という意味も併せて持ちます。 これは、「指導してくれたという行為が自分にとってありがたいことだ」というニュアンスを含みます。 一方、「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 この使い方にも、皆さまも何ら疑問を抱く点はないと思います。 そして「いただく」も、従来の自分をへりくだって表現する意味に加え、「自分が恩恵を受ける」という意味も併せて持ちます。 これは「指導してくれたという行為が自分にとってありがたいことだ」というニュアンスが含まれます。 「くださる」も「いただく」も、相手からの何かの行為により自分が恩恵を受けたという意味を含むのです。 ビジネスパーソンが悩む表現 そして、多くのビジネスパーソンが「くださる」「いただく」どちらを用いるべきか、とても悩む表現は、次のような状況の場合ではないでしょうか。 資料をお送りくださり、ありがとうございました。 資料をお送りいただき、ありがとうございました。 ご理解くださいます様、お願い申し上げます。 ご理解いただきます様、お願い申し上げます。 「くださる」は「くれる」の尊敬語であり、「くれる」という行為の主体は「自分」ではなく「相手」ですよね。 そして上記2文において「資料を送る」「理解する」という行為の主体は「相手」です。 と「くださる」を用いることが正しい表現といえます。 しかしその一方で、感覚的に「いただきます」を用いた方が正しいのではと感じる状況もあるのではないでしょうか。 その感覚は間違っていません。 なぜなら立てるべき対象は,どちらも同じであり、また自分が恩恵を受けるという認識を表す点も同様だからです。 ただし「いただく」は謙譲語であり、「自分」を起点として表現する言葉なのです。 が正確にそのニュアンスが伝わるので適切といえます。 より簡単な使い分けの基準としては、.

次の

「頂けますようお願いします」

いただけますよう いただきますよう

「ご査収くださいますよう」の意味を調べる前に、そもそもこの「査収」の意味が分からないので先に進めません。 この査収という言葉は、辞書的な意味で説明すると「金銭や書類などを調べたうえで受け取ること」となるでしょう。 もうすこしざっくりとしたわかりやすい表現にすると、「中身をよく確認して検査を行った後に、受け取る 収める 」ことになりますので、「検査して受け取る」という意味になります。 なので、使い方としては企画書とか見積書といった必ず見てもらいたい書類をメールなどに添付したときに用いられる言葉となるでしょう。 こちらも崩した表現にすれば「大切な書類を添付して送ったから必ず確認したうえで受け取ってね」となります。 この「確認したうえで受け取る」という意味さえ理解してしまえば、この「ご査収くださいますよう」という言葉の使い勝手は自然と上がるでしょう。 「ご査収くださいますよう」の意味について 「ご査収くださいますよう」という表現をするときは、こちら側から何かをお願いすることがあるということです。 なので、こちらから何かをしてもらいたいという条件がある場合は、「ご査収の上、ご連絡の程よろしくお願いいたします」とか「ご査収の上、お取り計らいの程よろしくお願いいたします」という表現のほうがいいでしょう。 また、敬語表現としてよく登場することから、なんとなく「ご査収くださいますよう」という表現を用いている方もいますが、この言葉は何か確認してもらいたいことがあるときに使われる言葉ですので、メール文書として用いる場合は確認すべき添付ファイルなどが存在していないのに使うのはおかしい表現となります。 すでに確認済みなら使わない.

次の