パイレーツ オブ カリビアン 登場 人物。 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの登場人物まとめ【メジャーからマイナーまで網羅!】

『パイレーツ・オブ・カリビアン』の海賊船まとめ【ブラックパール号の歴史を紐解く!】

パイレーツ オブ カリビアン 登場 人物

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』概要 全国のディズニーパークで人気のアトラクション『カリブの海賊』をモチーフとした『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ4作目。 2011年5月20日公開。 制作費は約4億1000万ドル、興行収入は全世界で約10億4600万ドル。 監督は前作までのゴア・ヴァービンスキーからロブ・マーシャルに交替となり、脚本はティム・パワーズの小説『幻影の航海』を参考にしている。 前作まで登場したウィル・ターナー役のオーランド・ブルームと、エリザベス・スワン役のキーラ・ナイトレイは本作の再出演を断った。 制作指揮を行ったジェリー・ブラッカイマー曰く、前作『ワールド・エンド』にてシリーズは終了となる予定だったが、その好調ぶりに後を押され本作『生命の泉』の制作が決まった。 また、2017年5月には5作目『最後の海賊』が公開されている。 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』のあらすじ・ストーリー スペインのある漁船が、網に引っかかっていた謎の男を救出した。 男は、『見つけた者は永遠の生命を得ることができる』といわれる生命の泉にまつわる情報と、200年前にその泉を発見したという伝説の海賊ポンセ・デ・レオンの名を語った。 その話を聞いたスペイン国王フェルナンド6世は、直ちに生命の泉の探索を開始した。 大海賊ジャック・スパロウは、イギリスのロンドンにいた。 良き相棒であるジョシャミー・ギブスが海賊の罪によって裁判にかけられており、ジャックはそれを救出するも英国政府に捕らえられてしまう。 ジャックは英国王ジョージ2世の元に連れて行かれ、国王直々にスペインを出し抜き、生命の泉を見つけることを命じられる。 英国王の傍らには、ジャックからブラック・パール号を奪った因縁の相手であるヘクター・バルボッサが公賊として佇んでいた。 バルボッサは黒ひげとの戦闘で右足を失い、義足姿になっていた。 ジャックは英国王の勅命をあっさりと断り、逃亡した。 ロンドン市内を逃げ回るジャックは、自分の名を騙って乗組員を集めている者がいるといわれる酒場に辿り着く。 そこにはジャックの父キャプテン・ティーグが待ち構えていた。 ティーグは生命の泉の儀式を行うためには2つの聖杯が必要であることを伝えてその場を去った。 その後、ジャックの名を騙る者が現れてジャックは剣を交える。 その人物の正体は、ジャックのかつての恋人であり女海賊、アンジェリカだった。 不意を突かれ吹き矢で眠らされたジャックは、アンジェリカの乗る船で水夫として働かされてしまう。 マストには宣教師フィリップ・スウィフトが縛り付けられていた。 その船はアンジェリカの父であり史上最凶の海賊『黒ひげ』ことエドワード・ティーチが持つ、『アン女王の復讐号』だった。 黒ひげは剣の能力で船を操り、バルボッサから奪い取ったブラック・パール号を始めとした数多くの船をボトルシップにしてコレクションにするなど、不思議な力を以て海を制圧していた。 しかし黒ひげは『2週間後に義足の男に殺される』という預言を受けており、生命の泉の能力を使うことで預言を避けようと画策していた。 伝承によると、探検家レオンが持つ2つの聖杯に生命の泉の水を入れ、片方の聖杯に人魚の涙を入れると、涙の入った聖杯の水を飲んだ者がもう一つの聖杯の水を飲んだ者の寿命を手に入れられるという。 黒ひげの船で反乱を企てようとするジャックだったが、黒ひげがジャックそっくりの呪われた人形にナイフを突き立てると、ジャック自身に痛みが連鎖した。 黒ひげに従わざるを得なくなったジャックは、協力すればブラック・パール号を返すというアンジェリカの言葉もあり、黒ひげと共に生命の泉に向かう。 その道中、彼らはホワイトキャップ湾で人魚を捕らえ、聖杯を手に入れるため探検家ポンセ・デ・レオンの難破船に乗り込む。 しかし聖杯は既にスペイン軍によって持ち去られており、そこでジャックたちと対峙したのは英国王の勅命で生命の泉を狙うバルボッサだった。 バルボッサは表向きは英国王に従っていたが、船と片足を奪った黒ひげへの復讐の機会を虎視眈々と狙っていた。 ジャックとバルボッサは聖杯を手に入れるため一時的に協力関係を結び、スペイン軍が野営するテントから聖杯を盗み出した。 ジャックと黒ひげたちがついに生命の泉に辿り着くと、英国軍・スペイン軍と鉢合わせし、大混戦が始まる。 バルボッサは混戦の中で毒を塗った剣を黒ひげに突き刺す。 動揺しながら父に刺さった剣を抜こうとするアンジェリカも毒の刃で傷ついてしまい二人は瀕死となる。 ジャックは儀式に必要な聖杯の水を急いで準備して彼らに渡す。 アンジェリカは父を助けようと水だけの聖杯を受け取り、黒ひげは娘を犠牲にして泉の力を得るために人魚の涙が入った聖杯を飲む。 しかしジャックは二人の聖杯を事前に入れ替えており、泉の力を得たのはアンジェリカだった。 黒ひげは泉の呪いにより骨となり、アンジェリカはその一命を取り留めた。 異教の泉を破壊しようとするスペイン軍により神殿は破壊され、戦いは終わった。 復讐を遂げたバルボッサは軍を去り、黒ひげの剣とアン女王の復讐号を奪い海に出る。 またジャックとギブスも無事ブラック・パール号を取り戻し、アンジェリカを置いて再び航海に出るのであった。

次の

パイレーツオブカリビアンXmovies8 :: blog.grandprixlegends.com

パイレーツ オブ カリビアン 登場 人物

こんにちは!ディズニー大好きみーこです。 『パイレーツオブカリビアン/ワールドエンド』は2007年に公開されたパイレーツシリーズ第3部作。 本作ではジャック・スパロウの活躍はもちろん、これまでヒーロー役を務めたエリザベス(キーラ・ナイトレイ)も大活躍! 大海賊ジャック・スパロウを筆頭に、選ばれし9人の「伝説の海賊」のひみつが明らかに。 衝撃のラストにも目が離せない作品となりました。 今回も目が離せない『パイレーツオブカリビアン/ワールドエンド』のあらすじと登場人物をご紹介します。 まだ観ていないという方はネタバレ注意です! 簡単に前作のおさらいから パイレーツシリーズ第3作目『パイレーツオブカリビアン/ワールドエンド』の紹介に入る前に、第1、2作目のおさらいをしておきましょう。 第1作目:呪われた海賊たち パイレーツシリーズの第1作品目と言えば、2003年に公開された「」。 小さい頃に漂流からエリザベスに救助されたウィル・ターナー。 ウィルが持っていたメダルを、総督の娘であるエリザベスが大事に持っていました。 そこにこのメダルを探しにきた、ブラックパール号のキャプテン・バルボッサがメダルごとエリザベスを誘拐します。 エリザベスを想うウィルはジャック・スパロウに助けを借り2人で救出に向かいます…。 第2作目:デッドマンズチェスト 第2作品目は2006年に公開された「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」。 1作品目でお互いの愛を確かめ合い結婚を決めたウィルとエリザベス。 結婚式の当日、ウィルとエリザベスはジャックの罪に加担したことで捕えられてしまいます。 釈放の条件はジャックが持つ不思議なコンパスを持ってくること。 一方ジャックは13年前に交わした悪魔との契約の期限が迫っていました。 そして3人は再び集結し新たなる航海に出発します。 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンドの登場人物 『パイレーツオブカリビアン/ワールドエンド』に登場するおなじみのキャストや、新しく登場する新キャストをご紹介します! ジャック・スパロウ ジョニー・デップ 大海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)は、自分の船であるブラックパール号と一緒に巨大タコのクラーケンに飲み込まれ、海の底に消えてしまいます。 その後、ポート・ロイヤルでは戒厳令が敷かれ、海賊はもちろん海賊に協力した人々は捕まり、処刑されていました。 一方、デイヴィの心臓を手に入れデイヴィを自由に操作できるようになった東インド貿易会社のカトラー・ベケット卿(トム・ホランダー)はフライング・ダッチマン号に世界の海賊達を殺させていきました。 そして、ティアの呪術で再び生き返ったバルボッサはエリザベスと一緒に、海賊サオに会うためインドネシアに向かいます。 バルボッサは猛烈な勢いで進出する東インド貿易会社を恐れていたのです。 そこで選ばれし9人の海賊船長の評議会を集めることを計画します。 実は、その9人のうちの1人はジャック・スパロウだが、ジャックはクラーケンに飲みこまれてすでにこの世にはいません。 そこで、バルボッサ一行は海図を片手にジャックのいる「世界の果て(死の世界)」に向かいます。 死の世界にはなんとあのクラーケンがいました。 実は、ジャックがクラーケンを返り討ちにしていたのでした。 ジャックと再会したバルボッサはジャックを連れ、元の世界(生者の世界)に戻ります。 そして元の世界に戻ったジャックたちの前には、幽霊船フライング・ダッチマン号の船長デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)の心臓を入手し、制海権を手に入れようとするベケット卿(トム・ホランダー)の企みが待ち受けていた。 バルボッサの狙いは海賊船長の評議会を開き、女神カリプソを解放させ、ベケット卿や東インド貿易会社を退けることでした。 しかし、評議会に参加していた、シンガポールの海賊長サオ・フェンはフライング・ダッチマン号の攻撃を受け大けがを負ってしまいます。 そして、エリザベスを後の船の継者に指名した後、息絶えます。 サオの遺言通り、船の船長はエリザベスとなります。 そして、海賊船長が全員揃い評議会が開かれようとします。 選ばれし9人の伝説の海賊とは、サオ・フェンの代わりに南シナ海の王となったエリザベス、地中海の王キャプテン・シュヴァル、太平洋の王ミストレス・チン、黒海の王アモンド・ザ・コルセア、大西洋の王ジェントルマン・ジョカルト、アドリア海の王エドゥアルド・ビジャヌエバ、インド洋の王スリ・スンバジ、カスピ海の王バルボッサ、カリブ海の王であるジャック・スパロウだったのでした。 しかし、評議会のさなか、東インド貿易会社がジャックたちの船を大量の船で攻撃してきます。 サオから全権を譲り受けたエリザベスは、女神カリプソを解放します。 実は、ティアとは人間の姿に変えられていたカリプソだったのでした。 さらにデイヴィがかつて愛した女性はティア(カリプソ)だったのです。 評議会によって解放されたカリプソは、真の姿を現し嵐を起こします。 そして、嵐の中ジャックたち海賊と東インド貿易会社と壮大な戦いが始まるのでした。 その戦いでジャックはデイヴィの心臓を見つけ、刀でひと突きにします。 心臓を刺されたデイヴィは息絶え海の中へと消えていきました。 しかし、デイヴィが死ぬ直前、なんとウィルの脇腹を刺していたのでした。 致命傷を負ったウィルを死なせたくない父ビル。 そこで、ウィルの心臓を抜き取り、ウィルをフライング・ダッチマン号の新しい船長にします。 フライング・ダッチマン号とブラック・パール号の攻撃で、ベケット卿を乗せた船は沈没。 東インド貿易会社と大英帝国軍はどこかへと逃げて行きました。 無事に東インド貿易会社を撤退させることはできたものの、フライング・ダッチマン号の船長となったウィルは10年に1度しか陸に上がれなくなってしまいます。 エリザベスとウィルは孤島で愛を確かめ合い、10年後に会える日まで別れることとなります。 ロケ地はインスタでも有名な天国の湖! まるで天国?!話題のスポット パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンドのあらすじのところでもご紹介した通り、ジャックはクラーケンに船ごと食べられてしまい死んでしまいます。 映画ではデイヴィの墓のシーンで、真っ白な美しい世界が広がるシーンがあるんです。 まさにCGのような美しい真っ白な世界なのですが、もちろんCGではなく、ちゃんとこの世に存在する場所で撮られています! ロケ地はアメリカのユタ州北西部にあるグレートソルト湖西で最大の塩類平原と呼ばれる、ボンネビルソルトフラッツで撮影されました。 あたり一面が塩で覆われていてなんと16kmにも広がります! まさに幻想的な世界でこの世のものとは思えない美しさにSNSでも大反響! パイレーツオブカリビアンが好きな方なら1度は訪れたい場所ですよね。 まとめ.

次の

パイレーツオブカリビアン生命の泉ネタバレあらすじラストまで!吹き替え声優・登場人物まとめ 人魚のその後は?

パイレーツ オブ カリビアン 登場 人物

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』概要 全国のディズニーパークで人気のアトラクション『カリブの海賊』をモチーフとした『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ4作目。 2011年5月20日公開。 制作費は約4億1000万ドル、興行収入は全世界で約10億4600万ドル。 監督は前作までのゴア・ヴァービンスキーからロブ・マーシャルに交替となり、脚本はティム・パワーズの小説『幻影の航海』を参考にしている。 前作まで登場したウィル・ターナー役のオーランド・ブルームと、エリザベス・スワン役のキーラ・ナイトレイは本作の再出演を断った。 制作指揮を行ったジェリー・ブラッカイマー曰く、前作『ワールド・エンド』にてシリーズは終了となる予定だったが、その好調ぶりに後を押され本作『生命の泉』の制作が決まった。 また、2017年5月には5作目『最後の海賊』が公開されている。 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』のあらすじ・ストーリー スペインのある漁船が、網に引っかかっていた謎の男を救出した。 男は、『見つけた者は永遠の生命を得ることができる』といわれる生命の泉にまつわる情報と、200年前にその泉を発見したという伝説の海賊ポンセ・デ・レオンの名を語った。 その話を聞いたスペイン国王フェルナンド6世は、直ちに生命の泉の探索を開始した。 大海賊ジャック・スパロウは、イギリスのロンドンにいた。 良き相棒であるジョシャミー・ギブスが海賊の罪によって裁判にかけられており、ジャックはそれを救出するも英国政府に捕らえられてしまう。 ジャックは英国王ジョージ2世の元に連れて行かれ、国王直々にスペインを出し抜き、生命の泉を見つけることを命じられる。 英国王の傍らには、ジャックからブラック・パール号を奪った因縁の相手であるヘクター・バルボッサが公賊として佇んでいた。 バルボッサは黒ひげとの戦闘で右足を失い、義足姿になっていた。 ジャックは英国王の勅命をあっさりと断り、逃亡した。 ロンドン市内を逃げ回るジャックは、自分の名を騙って乗組員を集めている者がいるといわれる酒場に辿り着く。 そこにはジャックの父キャプテン・ティーグが待ち構えていた。 ティーグは生命の泉の儀式を行うためには2つの聖杯が必要であることを伝えてその場を去った。 その後、ジャックの名を騙る者が現れてジャックは剣を交える。 その人物の正体は、ジャックのかつての恋人であり女海賊、アンジェリカだった。 不意を突かれ吹き矢で眠らされたジャックは、アンジェリカの乗る船で水夫として働かされてしまう。 マストには宣教師フィリップ・スウィフトが縛り付けられていた。 その船はアンジェリカの父であり史上最凶の海賊『黒ひげ』ことエドワード・ティーチが持つ、『アン女王の復讐号』だった。 黒ひげは剣の能力で船を操り、バルボッサから奪い取ったブラック・パール号を始めとした数多くの船をボトルシップにしてコレクションにするなど、不思議な力を以て海を制圧していた。 しかし黒ひげは『2週間後に義足の男に殺される』という預言を受けており、生命の泉の能力を使うことで預言を避けようと画策していた。 伝承によると、探検家レオンが持つ2つの聖杯に生命の泉の水を入れ、片方の聖杯に人魚の涙を入れると、涙の入った聖杯の水を飲んだ者がもう一つの聖杯の水を飲んだ者の寿命を手に入れられるという。 黒ひげの船で反乱を企てようとするジャックだったが、黒ひげがジャックそっくりの呪われた人形にナイフを突き立てると、ジャック自身に痛みが連鎖した。 黒ひげに従わざるを得なくなったジャックは、協力すればブラック・パール号を返すというアンジェリカの言葉もあり、黒ひげと共に生命の泉に向かう。 その道中、彼らはホワイトキャップ湾で人魚を捕らえ、聖杯を手に入れるため探検家ポンセ・デ・レオンの難破船に乗り込む。 しかし聖杯は既にスペイン軍によって持ち去られており、そこでジャックたちと対峙したのは英国王の勅命で生命の泉を狙うバルボッサだった。 バルボッサは表向きは英国王に従っていたが、船と片足を奪った黒ひげへの復讐の機会を虎視眈々と狙っていた。 ジャックとバルボッサは聖杯を手に入れるため一時的に協力関係を結び、スペイン軍が野営するテントから聖杯を盗み出した。 ジャックと黒ひげたちがついに生命の泉に辿り着くと、英国軍・スペイン軍と鉢合わせし、大混戦が始まる。 バルボッサは混戦の中で毒を塗った剣を黒ひげに突き刺す。 動揺しながら父に刺さった剣を抜こうとするアンジェリカも毒の刃で傷ついてしまい二人は瀕死となる。 ジャックは儀式に必要な聖杯の水を急いで準備して彼らに渡す。 アンジェリカは父を助けようと水だけの聖杯を受け取り、黒ひげは娘を犠牲にして泉の力を得るために人魚の涙が入った聖杯を飲む。 しかしジャックは二人の聖杯を事前に入れ替えており、泉の力を得たのはアンジェリカだった。 黒ひげは泉の呪いにより骨となり、アンジェリカはその一命を取り留めた。 異教の泉を破壊しようとするスペイン軍により神殿は破壊され、戦いは終わった。 復讐を遂げたバルボッサは軍を去り、黒ひげの剣とアン女王の復讐号を奪い海に出る。 またジャックとギブスも無事ブラック・パール号を取り戻し、アンジェリカを置いて再び航海に出るのであった。

次の