プランス ゴールド。 プランスゴールド(PGA)にリスクはあるのか!?

PGA(プランスゴールド)税金はどうなるのか解説!

プランス ゴールド

プランスゴールド PGA が飛ぶというのは本当か? グランドオープンから1ヶ月が経過しようとしているプランスゴールド PGA ですが、ここにきて飛ぶのではないか?と不安の声が上がっているようです。 すると、予測変換として「飛ぶ」というワードが表示されていることが確認できました。 はたして本当に飛ぶのでしょうか? 調査した結論を先にお伝えすると、 プランスゴールドはまだ飛ばない確率の方が高いと思われます。 詳しく説明していきましょう。 これから世界中の投資家から資金を集めようというタイミングで資金を持ち逃げするという事は考えにくく、飛ぶならばもっと資金を集めた後でないと採算が合わない可能性もあります。 様々なMLM案件のリーダーが参加し始めている 日本でのマーケティングを行ったのは「泉忠司」氏や「坂本よしたか」氏が有名ですが、その他にも多くの MLMビジネスでトップに上り詰めた方々が参戦を表明しています。 ・ADAコインやBCNの「泉忠司」氏 ・パルテノンクラブの「蝶野舞」氏 ・AIトレードの「Mayuhime」氏 ・WoTokenの「小野里はじめ」氏 ・PlusTokenの「あらいこうじ」氏 ・元ネオヒルズ族の「西まさみつ」氏 など、仮想通貨関連のMLM業界では頻繁に名前を聞く方々です。 彼らが過去に紹介したMLM案件の多くが出金停止や配当停止などに陥っているのですが、トップリーダーたちはトラブルに巻き込まれる前に撤退することに長けています。 彼らが参加し続けている状態=近々で飛ぶ可能性は低いといえますね。 オフィス移転など活動が活発 PGAのオフィスが、5月に深センの中心地に引越ししたらしい。 7月1日にも3000人限定のオンラインセミナーにて、Jeffreyオーナーによる新情報の報告会などが予定されています。 新たに 利用者を集めるための活動をようやく開始し始めた段階のためプランスゴールド PGA はまだ飛ぶ段階ではないのでしょう。 以上が、直近で飛ぶ可能性が低いと考える理由になります。 現時点で飛ぶ可能性は低いと思いますが、数年単位で長く続くサービスであるという確証はありません。 投資している方は「もしかしたら飛ぶかもな」という視点を忘れずにリスク管理をしながら投資していきましょう。 最近ではプランスゴールド PGA のように運営会社にお金を預けるのではなく、 自分で資金管理しながら運用できるサービスも増えてきています。 「 700万円稼げました」という口コミが投稿されている案件なので、プランスゴールド PGA と比較してみるといいかもしれません。 プランスゴールドは5月23日にグランドオープンを予定しています。 そこで、大々的なキャンペーンが行われることになりました。 トレーディングクレジットは今後のキャンペーンで利用可能。 ただし、 出金・出金申請を行うと消滅するので注意。 詳しくはよりご確認ください。 【2020年5月10日】プランスゴールドの懸念点 すでに海外では「プランスゴールドは危険」と認識されているようです。 ですが、プランスゴールドはまだ始まったばかりの案件。 すぐに飛ぶことは無さそうですが、一定の警戒しておいた方が良いかもしれません。 先行者利益が手に入ったと思ったら、元本を早めに回収しておくようにしましょう。 すでに取引所に上場している通貨への投資なので、すぐに日本円に戻すことも可能。 海外取引所に詳しくない場合は、取引所の開設サポートから急騰通貨の予測まで幅広く行っているサービスがあるので、興味がある方は下記からどうぞ。 情報商材を扱う坂本よしたか氏が「 コロナショックでダメージを受けた人々を救済する」と案件を紹介しました。 正式名称は「PGA(プランスゴールドアービトラージ)システム」 文字通り仮想通貨のアービトラージ(裁定取引)によって利益を出す仕組みになっています。 グランドオープンは2020年5月23日からですが、先行オープンですでに参加している人々もいるようです。 本記事ではプランスゴールドの特徴や注意点について解説し、「 プランスゴールドは稼げるのかどうか?」判定していきます。 プランスゴールドの特徴 プランスゴールドには「4つの特徴」があります。 プランスゴールドの投資金の下限額「1000ドル」で複利で運用すると「3か月」で元が取れる計算。 この圧倒的な利益を出す仕組みが「 三角アービトラージ」というシステムです。 アービトラージは取引所間で生じる僅かな価格差を利用して利益を得る手法のこと。 プランスゴールドで行う 三角アービトラージでは、同じ取引所内で仮想通貨の売買を行って利益を出します。 これまでのアービトラージは、異なる取引所間で送金をし合って、その価格差で利益を出すものが主流でした。 ただ、「 送金している間に価格が変わってしまって利益が出ない」という欠点がありました。 しかし、「三角アービトラージシステム」は同一取引所内で売買を行うので時間差が生まれにくい。 これまでのアービトラージの欠点を克服したものになっています。 出金がいつでもできる プランスゴールドでは、 運用している資金をいつでも出金することができます。 仮想通貨投資では「 ロック期間」といって、利益が出るまで資金を動かせない期間が設けられることが多い。 その点、プランスゴールドは初めから出金が自由に行えるので比較的リスクが低いです。 出金についての概要は以下の通り。 元本を回収できる見込みが立てられたら、早めに引き抜いておいた方が良さそうです。 資金を預けるだけの自動運用 プランスゴールドは投資金を入れておけば、自動で三角アービトラージを行います。 放っておいても自動で売買利益を得ることができるので、作業の手間がかかりません。 紹介すればするほど稼げる仕組み プランスゴールドには様々な紹介者報酬が用意されています。 ・紹介者ボーナス ・新規開拓ボーナス ・ランクリワード 簡単に言うと、 人に紹介すればするほど利益が大きくなる仕組みです。 プランスゴールドに人を紹介して、紹介した人が資金を投入したら自分に利益が入ります。 ただ、投資をする際には懸念点もきちんと考慮しておきましょう。 アービトラージシステムが続くか不安 プランスゴールドで採用している三角アービトラージですが、 ずっと収益が見込めるシステムではありません。 本来 アービトラージは小額で投資して細かな利益を出していく投資手法。 大きな資金を投入すると瞬く間に価格が変動する可能性があるため小額でやるのが鉄則です。 現在プランスゴールドでは新規参入者を大々的に募集していますが、アービトラージで利益を出すのと逆行した行動を取っていると言えます。 アービトラージ以外で収益を見込んでいないので、この収益モデルが継続できるかどうか不安が残ります。 本当にアービトラージをしているか分からない プランスゴールドのセミナーでは、実際のアービトラージの様子も見せてもらえます。 しかし、取引画面については簡単に作成が可能なので盲目的に信じるのは危険です。 この画像はプランスゴールド公式サイトに掲載されている「三角アービトラージ」の収益システムの見本です。 画像の取引の流れは以下のようになります。 今はもうこの取引を行うことができません。 つまり、「 今は公式サイトに載っているデータが当てにならない」ということ。 セミナーに行った際には「取引ペアの組み合わせ・出来高」を見て、本当にアービトラージを行っているのか確かめましょう。 紹介している人物の評判が悪い プランスゴールドは坂本よしたか氏発端で広まっていき、他にも「泉忠司」「まゆ姫」「小野里はじめ」などの人物が紹介し始めています。 仮想通貨投資界隈では「 関わったら危ない案件を紹介する」と有名な方々です。 彼らが過去に紹介してきた案件が原因で、上記した全員が「集団訴訟」を起こされかかっています。 これまでの実績からして「うかつに信用するのは危険な案件」と言えます。 住所が他の案件と一緒で不自然 プランスゴールドは「 ジュビリーエース」という仮想通貨案件と一緒の住所を使用しています。 ジュビリーエースは「 元本回収まで1年以上かかる」とあまり評判が良くない案件。 結局、ジュビリーエースとプランスゴールドは一緒の企業が営業しているのでしょうか? 過去の案件と似ている内容も多いので、サービス名だけ変えてやり直している可能性はあります。 ジュビリーエースの動向もうかがっておいた方が良さそうです。 ですが 運営が飛ぶ可能性も高い案件です。 まだリリースしたばかりの案件なので、早めに始めておくことで先行者利益を得られるかもしれません。 投資を始める前に、 「本当にアービトラージ取引の利益だけでまかなえているのか?」 「今後も継続して利益を出し続けることができるのか?」 「運営が飛ぶ可能性はないのか?」 これらの懸念事項をよく考慮し、投資するかどうかを決めていきましょう。 もし、参入する場合は以下の注意点を参考にしてください。 3月の実績では 「649万円」の利益を獲得した人もいたようなので、気になる方は覗いてみてください。 基本的に全て英語で入力をします。 紹介者IDは紹介者がいれば、その紹介コードを入力。 配置IDは「自分がどこのクラスに属するか指定する」もの。 分からなければ入力する必要は特にありません。 10年以上前にBNIで取引キャリアを始め、その後、暗号分野のいくつかの取引所で重要な任命を経ていました。 最高技術責任者 サイ・ハイン Prance Gold HoldingsのCTO。 この役職において、サイ・ハイン氏は、Prance Gold Holdingsの日々の運営を管理する幅広い責任を負っています。 最高執行責任者 ジェイコブ・コールセン ジェイコブ・コールセンはCOOとしてPrance Goldに入社し、Prance Goldの取引、研究開発部門の責任者。 今後のロードマップ (引用:より) プランスゴールドは2021年8月までのロードマップを公開中。 2020年は中国深センやドバイに事務所を立てて、規模を大きくていきます。 2021年には金や石油製品の取り扱いを開始する予定で、事業を新しく展開していく予定になっています。 ジュビリーエースとの違い プランスゴールドは「ジュビリーエース」という投資案件の上位互換と言われることがあります。 この2つの違いについて確認してみましょう。 投資手法は2つとも「三角アービトラージ」がメインなので、収益モデルはほぼ一緒です。 もし 今から参入するなら、いつでも出金可能な「プランスゴールド」の方が良いでしょう。 ただ、どちらにしろ懸念点はあるので、あらかじめ注意点をよく確認してから投資を行うようにしてください。 もし投資をする場合は、きちんと実態を見定めてから投資するようにしましょう。 口コミ投稿フォーム.

次の

【比較】プランスゴールドとジュビリーエースの違い!

プランス ゴールド

プランスゴールドにリスクはあるのでしょうか? と言う問い合わせが多くなってきております。 これは、プランスゴールドの話を聞いて 興味が沸き、結構良いんじゃない!と思っている方が増えたからではないでしょうか? 最近、こんなの詐欺だろーと言う方がかなり減っています。 そういう思考の方は非常に多いですが、いつまで経っても稼げない方がこれですね。 こんな土地発展する訳ないだろうという時に買った人は、稼げていますし、街を歩きながら電話なんてできる訳ないだろうという時代に、ドコモに投資した所ジョージや叶姉妹は億万長者になっています。 ビットコインなんか貨幣価値ないだろと言われていた時に買った方も億万長者ですよね。 神谷はバズビデオは中国の動画サイトで稼いでも出金出来ないと言われていた時に必死で動画投稿して相当稼げました。 プランスゴールドは、資本金55億円でマイナス取引が一切なく、世界のフォーブスやヤフーファイナンスが絶賛記事を掲載していますし、中国深センで金融登録が承認されましたね。 ただ、投資で稼ぐと言うのは、タイミングだけです。 タイミングが悪ければ、稼げない人が出てくるのです。 ソフトバンクが米ヤフーと合弁会社を作った時に株を買っていた人は、億万長者で、信頼性抜群になった昨年ソフトバンクの株を買った人は今大損していますよね。 何にせよ、タイミングは早ければ早いほど稼げるという事です。 特に日本人は、誰かが始めてから自分もしようという民族です。 それでは、どう考えても成功しないですよね。 半年後には独立開業ができる準備を進めています。 この動画ビジネスで初月43万円を稼ぎ、2か月目に105万円の利益を稼ぎ出しTopBuzzlerの異名を取った。 現在は自分が何もしなくて、全て外注に任せて稼ぐ完全自動化を達成しました! 今では、外注さんだけで自分では作業をする事のない生活を送っております。 いよいよ独立も決め、会社への連絡、税金対策等、サラリーマンが賢く独立開業する為の準備も万全です。 このビジネスに興味ある方や将来、独立したいという方はLINE@に登録して、いつでもご相談下さい。 あなたも是非サラリーマンを脱出して独立開業を目指しましょう!! スポンサーリンク アーカイブ• 7 カテゴリー• 154• 12 人気記事• 20,659ビュー• 14,606ビュー• 10,927ビュー• 6,998ビュー• 6,942ビュー• 6,383ビュー• 5,684ビュー• 5,658ビュー• 5,357ビュー• 5,293ビュー• 4,989ビュー• 4,728ビュー• 4,432ビュー• 4,363ビュー• 4,195ビュー• 3,851ビュー• 3,751ビュー• 3,319ビュー• 3,024ビュー• 3,013ビュー• 2,950ビュー• 2,728ビュー• 2,704ビュー• 2,513ビュー• 2,489ビュー• 2,471ビュー• 2,452ビュー• 2,384ビュー• 2,296ビュー• 2,232ビュー.

次の

プランスゴールド(PGA)が飛ぶって本当?真相を調査してきた

プランス ゴールド

もし、あなたの口座から1,000ドル(約12万円)が無くなって経済破綻してしまうのであれば、ここから先の文章を読むのはおやめください。 しかし、 「1,000ドルぐらいであれば全然大丈夫!」というのであれば、これからお話する内容はかなり有意義なものになるかもしれません。 具体的に言うと 3ヶ月後に2倍、1年後に10倍になる可能性のある話です。 2020年5月23日にグランドオープンする仮想通貨アービトラージシステムのプランスゴールド(PRANCE GOLD)ですが、ひと足先に運用してみています。 仮想通貨+ アービトラージというウサンクササ200%のような今回の案件ですが、某ジャンルで著名な方からの紹介ということもあって、とりあえず運用を始めました。 ですが、結論から言ってしまうとこの案件…かなり ヤバイです。 マジのマジで 完全放置で月利20%いくかも…報酬画像も後ほど載せておきます。 PGA:プランスゴールド(PRANCE GOLD)・アービトラージとは? PGA:プランスゴールド(PRANCE GOLD)・アービトラージは2020年5月23日に世界9か国(日本・韓国・中国・マレーシア・タイ・フィリピン・ベトナム・台湾・オーストラリア)でグランドオープンを予定。 住所:Suite 201 2nd Floor Beside Eden Plaza Eden Island Mahe,Seychelles 税金の関係上オフショアライセンスを取得しており、資本金は50億円。 PRANCE GOLD公式URL: アービトラージとは? アービトラージを簡単に説明すると、同時に通貨を『売り』と『買い』をすることで、取引所間の価格差で儲ける手法。 理論上は負けない手法ですが、運用資金がないと儲かりません。 そのため個人ではほとんど利益が出ません。 PGAでは、アービトラージBotが大手取引所5社・5000種類の通貨ペアで取引を行い、8時間おきに1日3回取引をしているので、 1日3回利益の受け取りが可能になっています。 プランスゴールドの実際の運用利益を公開 ザックリとPGAの説明をしましたが、ぶっちゃけ 重要なことは利益がちゃんと出るのか?というところ。 をすると直近の過去の利率を見ることが出来ます。 最初は英語表記になっていますが、日本語対応しているのでご安心を。 下にスクロールすると直近の利率がわかります。 1日3回のトレードで2. 9%ぐらい利益が出てます。 この利益からPGA側に70%持ってかれ、残りの30%が自分の取り分。 月平均をすると、だいたい 月利20%(日利0. ですがそうは言っても、 本当かどうか怪しいじゃないですか! ってことで実際に運用してみました!! 運用といっても 1日3回 時間がきたらスマホでポチポチするだけ。 あとはBotが勝手に運用してくれます。 ちなみに、スマホのポチポチも面倒なので、 オート機能を使って運用しています。 (利用料は利益の10%) 3月19日の総額 3月24日の総額 運用総額を計算すると… $240+$2+$6910+$1727=$8879(端数切捨て) 3月19日が $8879 $8+$55+$7260+$1815=$9138(端数切捨て) 3月24日が $9138 24日は1回目のキャンペーンで撮った画像なのでIncome Walletが少なくなっています。 $9138-$8879=$259 19日~24日の 6日間で$259(約33,000円)稼げました!! 1ヶ月で計算すると$1036になりますが、実際は複利(利益分を再投資)で運用すればもっと多くなります。 複利運用は儲けた利益も乗せて運用していきます。 実際の3月の運用利益(20日運用)は$1,005でした。 コロナショックで$が安くなったため、1割ぐらい利益が減ってます。 7% 収支 ー $2,327 $813,095 $90,000 複利の力を使って運用すると、3ヶ月の運用で元本が 2倍、10ヶ月の運用で元本は 10倍、1年半後には 45. 7倍なるという事実…。 アインシュタインが複利のことを 『人類最大の発明』と言ったのも うなづけるかと思います。 プランスゴールドで考えられるリスク ここまで話した段階ですと、かなり良いことしかないような感じですが、投資なのでもちろんリスクがあります。 一応、考えられるリスクは二つ。 ひとつは 最低運用額が$1,000(約12万円)からなので、その金額を出すと生活が破たんする場合は参加を諦めた方が良いです。 冒頭でお断りをしたのもそのためです。 どんな安全な投資も一寸先はわかりません。 2019年の段階では、コロナウイルスで世界経済がメチャクチャになるなんてわからなかったはず。 生活が破たんするような投資はやめた方が良いです。 もうひとつ考えられるリスクとしては、 運用資金額が増える(参加者が増えすぎる)と利率が下がってしまう可能性があるかも…。 PGAの場合は5社・5,000通貨の運用ができるとのことなので、まず大丈夫かと思いますが、1社でしかアービトラージが出来ないシステムのJUBILEE ACEでは、現在3年目ぐらいで月利4%ほどに落ちていたはず。 まぁ、4%でもスゴイですけどね。 どういうことかというと、初期に投資をしていた人たちは3ヶ月で2倍、1年で10倍の運用益を得ていても、参加者が増えると3ヶ月が5ヶ月、1年が14ヶ月とリターンが変わってくる可能性があるという事です。 あくまで可能性の話です。 ですので、もし効率よく稼ぎたいのであれば、すぐに参加をすることをオススメします。 サクサク稼いで元本を引き出せば、それ以降はノーリスクですからね。 ちなみに、直近の運用利率は無料登録すると見れます。 【簡単3分】無料登録をしてPGAの直近運用益を見る PGAの登録は無料ですぐにできます。 必要なのはお名前と携帯の番号のだけです。 下記のボタンより公式ページに進み、必要事項を記入すれば完了です。 一応、コチラにも画像付きで説明しているので参考にどうぞ。 PGAを利用した結果のまとめ まだまだ始まったばかりのPGAですが、今のところ 完全放置で月利20%は固いですね。 しかも複利運用をしていけば、3ヶ月後に元本が2倍、10か月後に元本が10倍、1年半後には元本の45. 7倍…$10,000が$457,000になっているわけです。 日本円にすると5,000万円越え??マジかよ…複利なめてたわ!! かなり希望的観測も入っているかもしれないですが、アービトラージは資産があれば負けにくい手法なのは確か。 今後も経過報告をこのブログでしていくので、興味のある方はブックマークしておいてください。

次の