ご相談いただく。 「ご相談」の意味と正しい使い方!ビジネスシーンで使える例文も紹介

船橋市新型コロナウイルス感染症相談センターにご相談いただく「目安」|船橋市公式ホームページ

ご相談いただく

それぞれの要素を取り入れながら一つの敬語の言葉として成立させているのですが、「ご相談させてください」は正しい敬語なのでしょうか? 分解して見ていきましょう。 「相談」に「ご」をつけるのは正しい? 「相談」に「ご」を付け敬語にする「ご相談」ですが、これは正しい場合と間違っている場合があります。 相談は、自分からする場合と、相手からされる場合のふた通りのパターンがあります。 相手から持ちかけられた場合の相談にはもちろん「ご相談いただきありがとうございます」と「相談」に「ご」がつきます。 逆に自分から持ちかける相談の場合には基本的には「ご」はつけません。 相手の配慮に対して「ご配慮ありがとうございます」とは言いますが、自分が配慮した場合に「ご配慮しました」とは言いませんよね?これと同じです。 しかし口語として相手に語られる場合は現在では、自分から相談を持ちかける時も「ご相談」が使われることが一般化されています。 これは「相談」という言葉が相手にも影響する行為で「ご相談」は謙譲語表現として成立しているからです。 謙譲語や尊敬語表現の中には一部「お~する」「ご~する」という表現方法が当てはまる言葉があります。 「相談」はその表現に該当しているので「ご相談」とするのもOKなのです。 ですので口語では「相談させてください」「ご相談させてください」どちらでも正しい表現です。 文章中で使用する場合には「相談させてください」と「ご」をつけない方が自然でしょう。 「相談させてください」尊敬語 「ご相談させてください」「相談させてください」は敬語の中の尊敬語の分類に該当します。 相手に対して丁寧に敬意を持って意思を述べているので尊敬語表現として正しいものです。 「〜させてください」は「〜させて欲しい」「〜させて」の敬語表現です。 ご相談をすることを相手にお許しくださいと許諾を願うことから相手を敬っている言葉となります。 相手に可否の決断を委ねているので失礼には当たりません。 同じ会社の上司や、見知ったお世話になっている人などに相談を持ちかける際には最適な言い回しでしょう。 しかしあまり親密な関係にない人に使用する場合は少し、印象がゆるく感じられることもあります。 その場合は謙譲語を使用しましょう。 「相談させていただけませんか」謙譲語 「相談させてください」という言葉をもっとかしこまって相手に持ちかける場合、謙譲語の表現が適切です。 謙譲語表現では「ご相談させていただけませんか?」「相談させて頂けませんか?」となります。 さらに「させて頂けませんか?」となることで相手に対してへりくだった状態で許諾を請うている状態となります。 相手が自分よりも目上の存在で、さらに距離も親しさもない場合は謙譲語で相手に伺う方がいいでしょう。 主に会社間の取引先などとの連絡の際に選びたい言葉です。 「相談があります」丁寧語 もっとも身近な人に相談を持ちかける場合はあえてそこまでかしこまった表現にせずに親近感を持ちやすい言葉を選んだ方がいいでしょう。 「ちょっと相談があります」「〇〇さんに相談したいことがあります。 ちょっとお時間いいですか?」 言葉の語尾に「ます」「です」「ございます」をつけるのが丁寧語の特徴です。 この場合「相談がある」という言葉に「ます」をつけた「相談があります」という形にしただけのシンプルな敬語となります。 面倒見のいい先輩や、上司であればこの言葉遣いでも全く問題ありません。 逆にかしこまりすぎると変に距離が発生してしまい、せっかくの相談も表面的な内容になってしまいかねません。 相手との距離感をしっかり測って、敬意を持ち相手ともっとも心地いいところで話せる言葉選びをしましょう。 スポンサーリンク 「相談させて」のそのほかの言い回し 先輩や上司や病院の先生など相談を持ちかけたい相手が敬語を使用する対象だった場合、そのほかの言い回しは何が候補に挙げられるでしょうか? ほかの「ご相談させてください」の敬語表現について紹介します。 相談に乗ってくださいませんか 「相談に乗ってくださいませんか」と相手にお伺いを立てることも正しいアプローチの仕方でしょう。 しかしこの言い回しには「ご」がつかないので注意が必要です。 相談があるのですが・・・ 「相談があるのですが・・・」と語尾を濁して相手に察してもらう言い回しです。 何かあまり大きな声では言えない相談事がありそうな雰囲気が漂います。 しかしはっきりものを言わず相手に察してもらおうとする言い回しは、人によっては気分を害してしまう可能性があります。 注意しましょう。 お聞きしたいことがあるのですが 相談という言葉をあえて使わず、「お聞きしたいことがある」と表現することもできます。 「相談」というと少し堅苦しいイメージや、何か重い話をされるのではないか、責任が伴う問題を持ちかけられるのではないかという懸念が相手の頭に浮かびます。 相談という言葉の影響でハードルが高まり聞いてもらえない可能性が出てきます。 言葉を「相談」にしても「聞く」にしても行為自体に支障がない場合は「お聞きしたいことがあるのですが」と言ってもいいでしょう。 お伺いしたいことがあるのですが 上記の「お聞きしたいことが・・・」と同じで言い方を変えただけです。 「お伺い」は「聞く」や「行く」の謙譲語表現です。 「お聞きしたいことが・・・」のより相手を立てた言い方ですので、相手の立場がさらに上の場合は「お伺い」を使用するといいでしょう。 〇〇について教えていただけませんか? 相談する内容が明確な場合はわざわざ「相談させてください」と回りくどく申し立てをするよりも、すぐに本題に入った方がいいこともあります。 そんなせっかちな人に対して相談を持ちかける場合は入りから「〇〇さん、〇〇について教えて頂けませんか」と本題を切り出した方がスムーズに話が進む場合もあるでしょう。 相手の性格を考慮して言い方を選択できるようになるといいですね。 お知恵を貸していただきたいのですが ただ、教えてくださいと言ってもなんだか芸がありませんし、あまり相手に対する敬意を表明する言葉としては「教えてください」だけですと弱い印象を受けます。 そんな時に最適なのが「お知恵を貸していただきたいのですが」という言葉です。 口語で表現するとすれば「部長お忙しいところ申し訳ありません。 経験豊富な部長のお知恵を拝借したいのですが。 お時間よろしいでしょうか」このように相手をしっかり立てて意見を聞いたり、教えを乞うことができます。 しかしあまり身近な人にこの言葉を使ってしまうと、意味深な言葉になり逆に失礼となりますので注意しましょう。

次の

ご相談いただくには

ご相談いただく

例文「ご相談 いただいた件ですが、ご対応することが極めて困難でございます」• 例文「ご相談 いただいた日程でのご予約は難しい状況でございます」• 例文「ご相談 いただきました通りに手配を進めております」• 例文「ご相談 いただいておりました件、ご参考データを添付にて送付いたします」• 例文「ご相談 くださいました通り」 のようにしてメールに使うと、上司・目上やビジネスパートナーに使えるすばらしい敬語フレーズになります。 使い方は依頼・お礼メールなどいろいろあり。 どちらをつかっても丁寧な敬語であり使い分けの必要はありません。 その根拠については本文にて。 ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、本文中ではメール例文をまじえながらくわしく進めていきます。 この記事の目次• 意味・敬語の違い まずは「ご相談 いただく vs ご相談 くださる」の意味と敬語における違いについて簡単に。 ようは「相談 してもらう vs 相談 してくれる」ということなのですが、あまりに乱暴なのでもう少しくわしく解説します。 依頼・お願いにつかう敬語フレーズです。 もちろんお礼などにも使えます。 「ご相談いただく」の敬語を細かくみていくと、以下のような成り立ちです。 こうすると「ありがたくも相談して もらう」というようなニュアンスになります。 したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 ちなみに「ご相談」の「お(ご)」は謙譲語と尊敬語の使い方があります。 ここでは「自分が〜してもらう」というように自分を主語にしているため謙譲語としての使い方です。 依頼・お願いにつかう敬語フレーズです。 もちろんお礼などにも使えます。 「ご相談くださる」の敬語を細かくみていくと、以下のような成り立ちです。 こうすると「ありがたくも相談して くれる」というようなニュアンスになります。 ちなみに「ご相談」の「お(ご)」は謙譲語と尊敬語の使い方があります。 ここでは「相手が〜してくれる」というように相手を主語にしているため尊敬語としての使い方です。 違いと使い分け ここまで意味と敬語についてみてきました。 さて「ご相談 いただく vs ご相談 くださる」の違いにお気づきでしょうか? どちらも結局のところ言いたいことは同じ。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い申し上げます」 「ご容赦 いただきますようお願い申し上げます」 「ご了承 くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承 いただきますようお願い申し上げます」 「ご連絡 くださいますようお願い申し上げます」 「ご連絡 いただきますようお願い申し上げます」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 結び・締めに使うフレーズとしては「くださる」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。 ただし何度もしつこいのですが…• 謙譲語は自分の動作を低めて相手を敬うため、基本は自分の行為にしか使えない• 正しい敬語である根拠 まずは結論だけ述べますが「ご相談いただく」は間違った謙譲語ではありません。 「ご相談いただく」は 「私が相手に相談してもらう」という意味。 もっとかみ砕くと 「ありがたくも私が相手に相談してもらう」というようなニュアンスになります。 自分が上司・目上・取引先など相手に「〜してもらう」の主語は自分であるハズ。 したがって自分を低めて上司・目上・取引先をたてる謙譲語「いただく」をつかいます。 ちなみに尊敬語をつかって相手の行為をたてるのであれば… 「ご相談くださる=相手が相談してくださる」をつかえばOK。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お(ご)」の使い方があります。 謙譲語としての「お(ご)」の使い方はたとえば、• 会議日程の ご連絡• 忘年会開催の お知らせ• 販売状況の ご報告• 転勤の ご挨拶• 貴社ご訪問の お願い こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お(ご)」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お(ご)」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お(ご)」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 いっぽうで尊敬語の「お(ご)」は、「部長が お戻りになりました」などのようにして、相手の行為をうやまって使う敬語です。 お(ご)〜する お(ご)〜します• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 言いたいことはどれもおなじく「相談してもらう・相談してくれる」なのですが… よりかしこまったビジネスシーンでは「賜る」を使います。 賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンではかならず「賜る」を使いますね。 ただし普段のビジネスメールでは必要のない敬語フレーズ。 【現在形】ご相談します/(ご)相談いたします/ご相談がございます• 【過去形】ご相談しました/(ご)相談いたしました• 【進行形】ご相談しております/(ご)相談いたしております• それぞれの意味や敬語の使い方など、くわしい解説は本文の一番最後にあります。 すべての使い方を例文で紹介しているとそれだけで日が暮れるため、少しだけにしておきます。 さて、私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により退職することといたしました。 突然のご報告となりましたこと深くお詫び申し上げます。 これまで公私にわたり本当にたくさんのご指導とお力添えいただき、心より感謝いたしております。 ご指導いただいたことを胸に、精進を重ねてまいる所存でございます。 このたびのこと心苦しい限りではございますが、どうかご了承いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 私のWEBスケジュールをご確認の上、空いている日に顧客訪問アレンジをお願いいたします。 ご不明な点がありましたらご相談ください。 宜しくお願いします。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご相談 いただく vs ご相談 くださる」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 「ご相談」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかご相談くださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかご相談くださいますようお願い致します」 例文「 どうかご相談いただければ幸いです」 例文「 どうかご相談いただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒ご相談くださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒ご相談くださいますようお願い致します」 例文「 何卒ご相談いただければ幸いです」 例文「 何卒ご相談いただければと存じます。 「ご相談」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご相談〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご相談〜」 「たびたび恐縮ではございますがご相談〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご相談〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご相談〜」 「たびたび恐れ入りますがご相談〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご相談〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご相談〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご相談〜」• 長いうえに丁寧すぎて気持ち悪いですからね。 そこでビジネス会話・電話では…• 可能形にして「ご相談いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。

次の

「ご相談」の正しい敬語の使い方【ビジネスマナー】

ご相談いただく

更新日:2020年7月8日 新型コロナウイルスについて 昨年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が複数報告されており、必要な情報の収集・公表を行っているところです。 新型コロナウイルス感染症患者の発生について 世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、1月31日未明(日本時間)、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス感染症の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」には該当すると発表しました。 (参考)コロナウイルスとは 発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることが分かっています。 そのうち、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれています。 それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めます。 県民の皆様へ 3月1日、発熱を呈し、新型コロナウイルス感染症が疑われる西宮市内の患者について、県立健康科学研究所で検査したところ、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。 患者発生時は、感染症法に基づき患者対する入院勧告や就業制限をおこなうとともに、感染経路の特定や濃厚接触者に対する健康観察を行い、感染の拡大防止に全力で取り組みます。 県民の皆様におかれましては、感染予防対策に努めていただくとともに、次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 (予防・検査・医療に関するご相談) 2月28日より、兵庫県新型コロナ健康相談コールセンターを設置しています。 【午前9時~午後8時(土曜日・日曜日・祝日含む 】 電話番号 078-362-9980(専用ダイヤル) FAX番号 078-362-9874 の設置について 2月7日より、新型コロナウイルス感染症に関する「帰国者・接触者相談センター」を設置しています。 下記、相談の目安に該当する方は、医療機関を受診する前に、お住まいの地域を管轄する「帰国者・接触者相談センター」に電話連絡し、受診する医療機関についてご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の 強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 )の他、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあるので、ご活用ください。 (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 神戸市保健所 電話 078-322-6250(専用ダイヤル)(土日祝日含む24時間)• 姫路市保健所 電話 079-289-0055(専用ダイヤル)(平日9時~19時00分、土日祝日9時~17時)• 尼崎市保健所 電話 06-4869-3015(専用ダイヤル)(平日9時~19時00分、土日祝日9時~17時)• 西宮市保健所 電話 0798-26-2240(専用ダイヤル)(8時45分~19時00分 平日・土日祝)• あかし保健所 電話 078-918-5439(専用ダイヤル)(平日9時~20時).

次の