ペイペイ チャージ 方法。 ペイペイの「PayPay残高」にセブンイレブンのATMからチャージする方法

【PayPay】ペイペイのチャージ方法とおすすめの使い方!残高が減らない理由とは

ペイペイ チャージ 方法

「ペイペイ(PayPay)」にチャージできる上限金額 ペイペイにチャージできる上限は、チャージする方法によって異なります。 チャージ上限金額は、過去24時間、過去30日間で決まっています。 「青いバッジの表示条件等の詳細については、セキュリティの都合上、お答えいたしかねます」となっています。 支払い方法によって異なり、ペイペイ残高からの支払い時は以下になります。 <クレジットカード払いの支払い上限> クレジットカード(本人認証前) クレジットカード(本人認証済) 青いバッジがついている&クレジットカード(本人認証済) 5000円(過去24時間) 2万円(過去24時間) 25万円(過去24時間) 5000円(過去30日間) 5万円(過去30日間) 25万円(過去30日間) ペイペイ残高の4つの種類 ペイペイ残高には、実は4つの内訳があります。 PayPayマネー 本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATM、ヤフオク! の売上金を利用してペイペイ残高にチャージした残高。 ・出金や、ペイペイ残高を送る機能、わりかん機能で友だちに送ることが可能。 PayPayマネーライト ヤフーカードや、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してペイペイ残高にチャージした残高。 ・ペイペイ残高を送る機能や、わりかん機能で友だちに送ることが可能。 (出金不可) PayPayボーナス 特典やキャンペーン等の適用に伴い、ペイペイ残高に進呈された残高。 ・ペイペイ残高を送る機能や、わりかん機能では使用不可。 PayPayボーナスライト 特典やキャンペーン等の適用に伴い、ペイペイ残高に進呈された残高。 ・ペイペイ残高を送る機能や、わりかん機能では使用不可 ・有効期間が設定されており、有効期間を過ぎると失効 ・Yahoo! JAPANが付与するPayPayボーナスライトを利用する際には、Yahoo! JAPAN IDの連携が必要 一度に保有できるペイペイ残高の上限額は、PayPayマネーは500万円、PayPayマネーライトは100万円です。 まとめ ペイペイは人気のQRコード決済です。 大規模キャンペーンが実施されることもあります。 特にキャンペーンの場合は、「ペイペイ残高から」もしくは「ヤフーカードから」が条件になることがほとんどです。 ペイペイ残高にチャージして利用する場合、チャージの上限はいくらまで大丈夫なのか、チャージ方法によって異なるということを理解しておいて、ペイペイを上手に利用しましょう。 ペイペイにチャージできない時の原因については下記の記事で紹介しています。

次の

誰でもかんたん!「ペイペイ」のチャージ方法・銀行口座の場合【PayPay】

ペイペイ チャージ 方法

最新記事 by 小室 聖也• - 2020年6月26日• - 2020年6月18日• - 2020年6月17日 Apple PayやQUICPay、iDなどのサービスは私たちの生活の中では、欠かせないサービスになっていますよね! そんな中、新しい決済サービス 「スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)」が提供を開始されたことをご存知でしょうか? PayPayは必ず、私たちの生活に欠かせないサービスになることは明白です。 しかし、最近できたサービスなので、 「概要を知らない」「名前さえ聞いたことがない」なんて人が多いですよね! そこで今回は、 スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)について使い方を完全ガイドしていきます。 この記事を読むことで、PayPay(ペイペイ)についてはもちろん、登録方法やチャージ方法、賢い使い方、キャンペーンなどなど、詳しく解説していきます。 PayPay(ペイペイ)初心者必見の内容になっているので、ぜひ参考にしてください。 PayPay ペイペイ とは、 QRコード、バーコード使って決済する新しいサービス。 いまPayPayを決済すると、 「キャッシュレス・消費者還元事業」に加盟している店舗でPayPay決済すれば、2%〜5%のポイントを獲得することができる• また、Yahoo! JAPANカードも合わせて発行すると、 Yahoo! JAPANカードであれば、ポイントを貯めながらチャージもできます。 JAPANカード以外のクレジットカードで、PayPayにチャージができないという部分。 なので、PayPayでおトクに決済をしたい人は、してから、 PayPay ペイペイ を利用するのがおすすめです。 この記事の監修者 監修者詳細 山岸 優希 -Yuki Yamagishi- ファイナンシャルプランナー) の定めるファイナンシャルプランナーの資格を持ち、当サイトの金融系記事を監修。 スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)とは? スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)とは、2018年10月頃からサービスが開始された、QRコード、バーコード使って決済する新しいサービスです。 SoftBankとYahoo! が出資した合弁会社「PayPay株式会社」が運営 PayPayは、 ソフトバンクとYahoo! が合同出資をして設立したPayPay株式会社が運営元です。 「コード決済市場で利用者数と加盟店舗数の両方で一位を目指す」と発言しており、現在れ 100億円還元などの大規模キャンペーンを行なっています。 キャンペーンに関しては後ほど紹介していきます。 PayPay ペイペイ の良いところは、クレジットカードのポイントと二重取りできるところ PayPayのなによりすごいところは、PayPayで決済を行うことで、 支払い金額の1. クレジットカードは Yahoo! JAPANカードに限りますが、PayPayで使用することにより、さらに 1%プラスして付与されます。 また、 PayPayで請求書払いすれば追加で0. PayPayのポイントをかんたんに説明すると…• Yahoo! プレミアム会員の方は、最大50%まで返ってくるので、50%還元を受けたい方は登録しておくと良いです。 対象店舗は以下の通りです。 サーティーワンアイスクリーム• すき家• 吉野家• 日高屋• はなまるうどん• サンマルクカフェ• PayPayは、使い方次第でかなり得することができるシステムになっているので、ぜひこの機会に使ってみましょう! まずはPayPayをアプリからダウンロード スマホ決済アプリのサービスなので、まずはお手持ちのiPhone、Androidスマホからアプリダウンロード画面に移行しましょう。 お手持ちのYahoo! Japan IDかPayPayで新規登録しよう 続いてインストールしたアプリを開き、初期登録を済ませましょう。 今なら、キャンペーン中ですので、 登録をしただけで、500円分のPayポイントがチャージされます! PayPayの支払い方法を選択 初期登録が終わりましたら、次はPayPayの支払い方法を、 「PayPay残高チャージ」「Yahoo! マネー」「クレジットカードを追加」三つからお選びいただけます。 また、 PayPay残高チャージは口座登録が必要になります。 他の二つに関しては、お手持ちのYahoo! マネーを登録、クレジットカード情報を追加するのみで、指示に従って進めればチャージが可能になります。 自分の好みよって支払い方法が選べるので、この時点で、便利ですね! Yahoo! JAPANカードならクレカチャージが可能 Yahoo! JAPANカードを所持している場合は、銀行口座からチャージではなく、クレジットカードから残高をチャージすることができるのでYahoo! JAPANカードをお持ちの方は登録してみてください。 PayPay残高、クレジットカード、Yahoo! マネーかクレジットカードで不足分を支払うことになります。 なので、残高が不足していても使うことはできるので安心してください。 PayPay(ペイペイ)の残高チャージ方法 PayPay(ペイペイ)の残高チャージする方法は二つあります。 ほとんどの方は次で紹介するチャージ方法になると思いますので、参考にしてみてください。 Yahoo! マネー登録後、銀行口座からチャージする PayPay残高チャージを選択します。 チャージ金額を入力後、Yahoo! ウォレットに登録、お手持ちの口座をウォレットに登録をし、画面に表示される指示内容に沿って進めれば、登録した銀行口座からチャージが可能になります。 また、Yahoo! JAPANカードを所持していれば、直接チャージができるので、この機会に Yahoo! JAPANカードを作ってみるのも良いですよ! PayPayの残高や利用明細の確認方法 PayPayの残高と利用明細は、PayPayホーム画面の下の項目の「 残高」かカードアイコンの「 Tap」をタップすると 画面が切り替わり表示されます。 利用明細は残高確認画面の下にすでに表示されているので、そちらでチェックしましょう。 残高が表示されている下に「内訳をみる」がありますが、これをタップするとPayPayボーナスやPayPayボーナスライトの確認もできるので、気になるかたは一度チェックしてみてください! PayPayでは 利用明細から領収書を発行することができません。 なので、 領収書が必要な際は、直接お店で発行してもらいましょう。 PayPayボーナスとPayPayボーナスライトの違い 「 PayPayボーナス」は、 PayPayの100億円キャンペーンや利用したことで得られる ポイント還元特典のことをさしています。 これは前からずっとあったのですでに知っている人も多いでしょう。 対して、「 PayPayボーナスライト」はヤフー関連のサービスを利用したことで得られるポイントがPayPayボーナスライトです。 PayPayボーナスライトの特徴• ヤフー関連サービス ヤフオク!、Yahoo! ショッピング、LOHACOなど の利用特典として付与される残高• PayPayボーナスライトは付与日から60日間の有効期限が設けられている• 有効期限があるため、支払い時は一番優先して使用される残高• 知人や友人への送金や割り勘、出金での利用はできない PayPay(ペイペイ)が使える店舗一覧 PayPayが使える店舗は、 アプリトップページにある、お店一覧から確認することができます。 ここをタップした際に表示されるのは、 GPS機能を利用して一番近くにあるお店を紹介してくれます。 主にファミリーマートや、飲食店、居酒屋、美容院、電気屋(ヤマダ電機、ビッグカメラ)、タクシーなど提携店を今、まさに拡大中です。 出典: PayPayとLINE PAYの違い 比較項目 LINE Pay PayPay 登録方法 LINEアプリから アプリインストール 使えるお店の数 少ない 多い チャージ方法 銀行 コンビニ QR・バーコード LINEPayカード 銀行 クレジットカード 決済方法 LINE Pay カード コード決済 オンライン決済 ヤフーマネー PayPay残高 クレジットカードとの相性 基本使えない ポイント二重取り可能 ポイント還元率 0. 登録方法は 直接アプリをインストールするPayPayよりもLINEのアプリから利用できることを考えるとLINEPAYの方が簡単ですね! チャージ方法はLINEPAYの方が多くあるように感じますが、 基本は銀行からチャージする方が大半だと思うので、そこを気にする必要はなさそうです。 しかし、 ポイント還元率の面で行くとLINEPAYの方が一枚上手といった感じですね。 ポイント還元率 LINE Pay PayPay 前月利用額 0円~9,999円 0. しかし、 LINEPAYのデメリットは、利用できるお店が少ないので、ポイント還元率だけで選ぶのではなく、自分の周りで使えるお店があるかどうかも判断の基準にすると良いでしょう。 2019年10月7日「PayPayフリマ」がサービス提供開始!PayPay残高がザクザクたまります Yahoo! が10月7日 月 フリマアプリの「 PayPayフリマ」iOS版 Android版は10月末のリリース予定 をリリースしました! PayPayフリマでは、 PayPay残高が利用額の1%が貯まったり、購入者側送料が全品無料となるのが特徴と言えます。 PayPay残高を使って購入者側が支払うことで、決済金額の1%がPayPayボーナスとして還元され、出品者側は、決済された代金をPayPay残高にチャージして利用することができます。 近いうちに、PayPayボーナスライトが獲得できる「 大型キャンペーン」を実施する予定だと発表しているので楽しみですね! 基本的に送料は出品者側が負担するのがルールですが、全国一律料金の配送サービスのヤマト運輸「ヤフネコ!パック」になるので、送料は安くなります。 送料無料というのは、PayPayフリマサービス開始を記念してのキャンペーン 11月30日までに実施の予定 となるので、注意してください。 PayPay(ペイペイ)を使うメリット ここまでキャンペーンや登録方法、使い方などについて紹介してきましたが、そもそもPayPayを利用するメリットとはなんなのか解説していきます。 このメリットを理解した上で、あなたに必要なサービスなのかどうかを判断すると良いでしょう。 PayPay残高は個人送金で家族・友人に送金できる まず一つ目のメリットは チャージした金額を家族や友人に簡単に送金できることです。 手数料がかからないのは非常に便利で、友人とちょっとしたお金の貸し借りをした際などに気軽に返済することができるので手間を省くことができます。 また、ご家族との中でやりとりも可能で財布忘れた!手持ちが少ない、仕送りをもらうなどもPayPayで簡単に送金できるので汎用性は非常に高いと言えます。 PayPayポイント還元率1. JAPANカードでポイントを二重取り また先ほどご紹介しましたが、PayPayで決済を行うことで、 支払い金額の1. また、クレジットカード Yahoo! JAPANカード を登録しておくことによって、二重にポイントを獲得することができます。 クレジットカードを携帯・所持していなくても利用できる PayPayにメインのクレジットカードを登録しておけば、カード本体を携帯していなくても大丈夫です。 そもそもクレジットカード自体必要のないものなので、誰でも簡単にPayPayを使うことができます。 その代わりに銀行口座や、ヤフーウォレットに登録しておかなければ、チャージができないので、注意してください。 全て一括払いなのでお金の管理が楽 PayPayは全て一括払いで支払いをするため、お金の管理が大変楽です。 しかし一回払いしかできないことに関してデメリットに感じる方もいるかもしれません。 なので、ビッグカメラなどで大きな買い物をする場合などは一括でしか支払いができないため注意が必要です。 PayPayは解約できない? 実はPayPayには退会する、つまり 解約することができないサービスなのです。 これは、非常に厄介で個人情報などを削除することができないため、データは残り続けます。 仮に不正利用にあった場合などの補償に関しても詳しく明記されていないので、これから 紹介する方法でリスクを減らしましょう。 クレジットカードの登録を削除しログアウトしよう 解約したいと考えた時、何も考えずにアプリをアンインストールしてしまうとログインした状態でデータが残ります。 なので、アンインストールをする前に、必ず、 クレジットカードの登録を削除してください。 不正利用防止にも繋がります。 Yahoo! JAPAN IDで登録した場合は、連携を削除 カードの登録を削除した後、 Yahoo! JAPAN IDで登録した場合は、連携を削除するのも忘れないようにしましょう。 これによりアカウントの乗っ取りなどを防ぐことができます。 PayPayで不正利用などに遭遇しないために、セキュリティ設定からパスワードを設定しておこう! PayPayを解約するしないに関わらず、 第三者による不正利用されないためにも、PayPayのアプリからパスワードを設定しておくことを推奨します。 パスワードを設定しておけば、仮にスマホを落としてしまい誰かに拾われてしまったとしても、 パスワードを開かなければ、PayPay決済することができないので、必ずパスワードは設定しておきましょう! パスワードの設定方法は以下の通りです。 PayPayアプリを開いたら、右下の「 アカウント」をタップし、上記画像の「 セキュリティ」をタップしましょう セキュリティをタップすると、「 ログインパスワード」という項目が出てくるので、そちらをタップし、パスワードを設定しましょう! パスワードの設定が完了すると、 PayPayアプリにパスワードを設定することができるので、ぜひ試してみてください! PayPayが経済産業省が推進する「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録受付を開始! 経済産業省が推進する 「キャッシュレス・消費者還元事業」に加盟しているPayPayが 5月にA型決済事業者(キャッシュレス発行事業者)として登録しました。 2019年6月24日(火)からB型決済事業者(キャッシュレス加盟店支援事業者)の加盟店登録の受付を開始しました。 このB型決済事業者(キャッシュレス加盟店支援事業者)の加盟店に登録しているお店でPayPay支払いやキャッシュレスをすることで、最大5%のポイント還元を受けることができるようになります。 まとめ PayPayはソフトバンクとヤフーが合同出資して設立された 「株式会社PayPay」が提供するスマホアプリ決済サービスです。 これを使うことで、現金を持ち合わせていなくても、銀行口座、クレジとカード、ヤフーマネーに登録することで、提携店のファミリーマートはもちろん、居酒屋や、美容院、ビックカメラなどの家電量販店などで決済が可能になります。 また、使い方も QRコード、またはバーコードを提携店のスタッフに見せるだけで完了するので、これから私たちの生活に欠かせないものになることは間違いありません。 さらに、 チャージ金額は個人送金できるので、友人やご家族に手数料なしで送ることもできます。 今なら様々なキャンペーンを実施していて、それらをうまく活用することでポイントを一気に貯めることもできます。 (登録しただけで500円分チャージされます) しかし、 退会できないという一面もあるので、今回紹介した、 ログアウトと個人情報の削除は覚えておくと良いでしょう。 日本は、まだまだキャッシュレス化が進んでいない国ですが、今後こういったサービスは増え続け、現金を持たなくなる時代は確実に訪れます。 まずは、PayPayとYahoo! JAPANカードを使って、賢いお金の使い方を学んでおきましょう! かねラボ 以下、「当サイト」 では、クレジットカードのユーザーの口コミを掲載しておりますが、運営するの判断や調査の状況に応じて、口コミの内容の追加、変更、削除をすることがあります。 また、当サイトに掲載されているユーザーの口コミは、当社が独自で行なった街頭インタビューや、Webアンケート、マーケティング調査によって、取得したもののみを掲載しております。 街頭インタビューの様子は、に掲載しております。 当サイトで紹介しているサービスの内容、将来にわたる確実なサービスの提供、アクセス結果等について、その完全性や効果を一切保証致しません。 当サイトで紹介しているサービスの内容、将来にわたる確実なサービスの提供、アクセス結果等について、その完全性や効果を一切保証致しません。

次の

PayPay残高にチャージする

ペイペイ チャージ 方法

Yahoo! JAPAN IDと連携させる Yahoo! JAPANのアカウント登録をしなければならない理由は、PayPayがYahoo! JAPAN IDと連携したサービスだからです。 アカウントとアプリを連携させ、決済情報を登録することで利用が可能となります。 また、必ずしもPayPay用に新規アカウントを作成しなければならないわけではありません。 すでにYahoo! JAPAN IDと持っているなら、それを登録して使うことも可能です。 新規登録でチャージキャンペーン【6月で終了】 2019年6月にはPayPayに新規登録すると、自動的に残高が500円チャージされる新規登録のキャンペーンを行っていました。 キャンペーン内容も随時変わるため、登録するならキャンペーンをチェックしましょう。 銀行口座からPayPayにチャージ• Yahoo! マネーからチャージ• Yahooクレジットカードからチャージ どの方法でチャージしても構いませんが、方法ごとに特徴やメリットが異なるため注意が必要です。 同じ金額を使うにしても、やり方次第ではお得度は変わると考えなければなりません。 便利な方法を選ぶのはもちろん、お得度も意識しながらチャージ方法を選択することが大切です。 銀行口座からチャージする方法 決済情報で銀行口座の情報を登録すると、口座から残高を引き落とし、PayPayにチャージが可能です。 銀行口座の登録には、複数日かかる場合があるため、早めに手続きをしておくことが大切です。 また、銀行ごとに登録できるかどうかは異なるため、手持ちの口座で利用できるか確認しておく必要があります。 PayPay対応銀行リスト PayPayで口座登録できる銀行は、以下の通りです。 ジャパンネット銀行• ゆうちょ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• イオン銀行 全国版の銀行は以上の通りですが、他にも各種地方銀行の登録が可能です。 対応している銀行数は非常に多いため、地方銀行の口座を登録したいなら、実際にアプリから確認してみるのがおすすめです。 注意!三菱UFJ銀行の口座はPayPay残高へのチャージには使えない 大手の銀行は大抵口座登録できますが、三菱UFJ銀行は対象外となっているため注意が必要です。 三菱UFJ銀行の口座を持っている場合は、他の口座を選択するか、別のチャージ方法を考えなければなりません。 ただし、チャージできないのは、あくまでPayPay残高への直接チャージです。 Yahoo! マネーにチャージし、そのお金をPayPayで使うといった、間接的な方法なら利用は可能です。 Yahoo! マネーからチャージする方法 PayPayアプリに銀行口座を直接登録せず、Yahoo! マネーを使ったチャージも可能です。 すでにYahoo! JAPANのアカウントを持っていて、サービスを利用しているなら、Yahoo! マネーと連携して使うのもおすすめです。 Yahoo! サービスで使える電子マネー そもそもYahoo! マネーとは、Yahoo! サービスが提供している電子マネーです。 PayPayは電子マネーも利用できる決済アプリで、電子マネーの本体であるYahoo! マネーとは区分が違うことは理解しておかなければなりません。 Yahoo! マネーは、Yahoo! JAPANのアカウントに銀行口座を登録して利用します。 PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDを連携させている場合、そのアカウントでチャージしたYahoo! マネーが、そのままPayPayでの支払いに使えます。 Yahoo! のマネーはYahoo! ウォレットの1つ Yahoo! が提供するサービスには、インターネット上での財布の役割をする、Yahoo! ウォレットというものがあります。 その名の通り電子マネーを管理する財布であり、Yahoo! マネーはYahoo! ウォレットのサービスの一部です。 PayPayも連携しているサービスのため、Yahoo! ウォレット、並びにYahoo! が提供する各種サービスとの親和性は高いです。 PayPayに登録したクレジットカードからチャージする方法 PayPayはクレジットカードを登録しての利用も可能です。 クレジットカードの場合は、どのカードを登録するかによって、使い勝手が異なります。 また、支払いの扱いもカードによって異なるため、細かな違いを知っておかなければなりません。 クレジットカードの種類は3種類 PayPayで登録できるクレジットカードは、以下の国際ブランドのみです。 VISA• Mastercard• JCB 利用可能なのは3つのブランドと、選択肢がそれほど多くありません。 また、JCBについては、登録できるのはYahoo! JAPANカードに限られます。 つまり、Yahoo! JAPANカード以外を利用する場合は、VISAとMastercardの2つしか登録はできません。 Yahoo! JAPANカード クレジットカードを登録した場合、PayPayを媒介にクレジットカード払いとなるため、実際にはチャージをしているわけではありません。 しかし、Yahoo! JAPANカードに限り、クレジットカードからチャージして、残高から支払うことも可能です。 チャージ方法は銀行口座を登録した場合と同じで、アプリの「残高」タブからら残高にチャージを選択して利用できます。 その他クレジットカードはチャージ自体ができないため、残高から支払いをしたいなら、Yahoo! JAPANカードを選ばなければなりません。 Yahoo! クレジットカードでのチャージ上限金額 Yahoo! JAPANカードからチャージする場合は、本人認証されたカードなら、24時間以内で2万円までのチャージが可能です。 30日間のチャージ上限は5万円であり、無制限に使えるわけではないため注意が必要です。 本人認証されていないカードの場合、24時間以内、30日間ともに5,000円までしかチャージできません。 クレジットカードでより便利にチャージ機能も使いたいなら、本人認証は必須です。 PayPayの新機能オートチャージとは PayPayを頻繁に利用し、その都度チャージするのが面倒なら、オートチャージ機能を使うのがおすすめです。 オートチャージは新しく追加された機能であり、残高チャージで支払いをする人、PayPayを頻繁に使う人に向けのサービスです。 自動的に残高がチャージされる オートチャージは、その名の通り自動で残高がチャージされる機能です。 PayPayでは通常自身でチャージを選択し、金額を入力してチャージを行いますが、オートチャージの場合はこの必要がありません。 オートチャージ機能をオンにし、最低残高数を決めておくと、それを下回った時点で自動的にチャージが実行されます。 定期的に使っていて買い物のたびにチャージするのが面倒な人は、一定の金額を決めてオートチャージ機能をオンにするのがおすすめです。 勝手にチャージされて使いすぎるのが怖い場合は、オフにしておくと手動のチャージのみで利用できます。 5つの金額設定が可能 オートチャージは、以下5つの金額からチャージ額を選べます。 1,000円• 3,000円• 5,000円• 1万円• 2万円 少額のチャージからまとまった金額のチャージまで可能なため、ライフスタイルに合わせて使い分けやすい点が魅力です。 ただし、高額に設定していると、チャージ上限に引っかかりやすいため注意しなければなりません。 PayPayのチャージする注意点 上手にPayPayを使いこなすには、チャージに関する注意点を知ることも大切です。 PayPayの残高が不足な場合• 支払いは併用できない• PayPay残高に制限あり• チャージした金額は出金できない 失敗しないためにも、各種注意点は詳細まで理解しておかなければなりません。 PayPayの残高が不足な場合 残高が不足している場合は、支払いができませんが、クレジットカードを登録している場合は別です。 残高不足でクレジットカード登録済みの場合は、支払い方法をしていなくても、自動でクレジットカード払いが適用されます。 クレジットカードを登録しているものの、できるだけ使いたくない場合は、残高がいくらあるかこまめにチェックし、チャージしておかなければなりません。 支払いは併用できない PayPayでの支払い方法は、大きく分けると残高からの支払いと、クレジットカード払いに分けられます。 支払い方法は複数あるものの、一度の会計で利用できる方法はどちらかひとつです。 一部残高払い、一部クレジットカード払いといった併用はできないため、注意が必要です。 PayPay残高に制限あり 本人認証をしているかどうかで残高にチャージできる金額は大きく異なります。 本人認証ありなら24時間で2万円、30日間で5万円まで可能です。 認証なしだと24時間、30日間ともに5,000円のため注意が必要です。 今後利用上限が拡大する可能性はありますが、2019年6月時点においては、厳しい制限がかけられています。 チャージした金額は出金できない 2019年6月時点では、PayPayにチャージした残高は口座出金できません。 出金ボタンはありますが、現在は利用できないため、注意が必要です。 今後機能拡充の可能性は示されているものの、詳細な日程は公開されていません。 現時点ではチャージした残高は使い切りのため、それほど頻繁に使わないなら、少額ずつチャージすることが大切です。 PayPayで一番お得なチャージ方法は? 複数あるチャージ方法の中で、もっともおすすめなのは Yahoo! JAPANカードからのチャージです。 銀行口座やYahoo! マネーからチャージした残高で支払う場合、3%還元が受けられます。 クレジットカードの場合も同様で、3%の還元が受けられ、かつカードボーナスの1%が追加されます。 Yahoo! JAPANカードなら、最大4%の還元となり、他の方法よりお得度は高いです。 注意が必要なのは、還元率が上がるのは、Yahoo! JAPANカードに限られる点です。 その他のクレジットカードだと、残高へのチャージができず、かつ還元率も0. 5%と減少します。 PayPayはYahoo! のサービスと相性のよいアプリのため、Yahoo! 系列のカード、ネットサービスとの連携が、もっともお得に利用できます。

次の