ファラン ギース。 アルスラーン戦記の登場人物

アルスラーン戦記の登場人物

ファラン ギース

ギーヴのプロフィール 流浪の楽士と称する美青年。 楽器の扱いから剣や弓、女性の扱いまでに長じる、アルスラーン軍の中でも能力のバランスがとれた人物である。 飄々とした性格で人を食った発言も多いが、アルスラーンの振る舞いから王城の外で育った過去を洞察するなど人を見る目は鋭い。 ファランギースの美貌に惚れ込んでおり、彼女との掛け合いは漫才として切り出しても遜色ない完成度の高さ。 容姿は「濃く深い色調の赤紫色の髪と紺色の目」をしており、「長身だが華奢にすら見える体格と美貌」を持つ22~23歳の若者と描写されている。 夫婦漫才すぎて、もう付き合っちゃえYO!と思うこともしばしばです。 そこの絶世の美女! ギーヴ「お待ちあれ、そこのご婦人!」 ファランギース「……」 ギーヴ「そこの美女……」 ファランギース「……」 ギーヴ「そこの絶世の美女!」 ファランギース「わたしをよんだか?」 ギーヴ「……」 ファランギース「ただの美女というならともかく、絶世の美女といえばそうはおらぬゆえ……」 出会いから漫才を宿命づけられていた、と…。 無視されても決してめげない 聞いておられますか? ファランギース殿!! ファランギース殿ぉぉぉ!! 俺は赤ん坊か… 精霊にギーヴの本心を聞いて、同行を許可するシーン。 精霊の声の聞こえないギーヴに、ファランギースは赤ん坊には人の声は聞こえても言葉の意味はわからないように、風の音は聞こえるがそれに乗る精霊のささやきはとうてい理解できないと言うと… ギーヴ「なるほど、俺は赤ん坊か……」 ファランギース「言葉通りとるでない。 お主のような邪気の多い赤ん坊がおるか」 つれない!つれなすぎる! ファランギース殿を賛美する詩をじっくり創作できました。 お聴きくだ… なお、最近ではもう聞いてさえもらえない模様。 初期から忠誠心MAXのダリューンやファランギースと比べるとこの点では見劣りしてしまい勝ちですが、殿下の言動に少しずつ惚れ込んで行くギーヴの姿は見ていて胸が熱くなるものが…! ギーヴ なんで助けに行く…アンタ王族だろ… 殿下「ギーヴ、先ほどはすまなかった…ギーヴはお金が大好きなのに、私のために捨てさせてしまった。 この見返りは 必ず」 裏切り者を保釈してしまう甘い殿下に一言。 でも、「殿下の仰せとあらば」と、刃をあっさりおさめるところからも殿下を慕ってきていることがわかりますね。 コミカルなほどに。 そのせいで、イケメン()と揶揄されるギーヴさん。

次の

ファランギース

ファラン ギース

クラスチェンジ後のステータスは、レベルMAXでクラスチェンジした場合の数値。 ステータス編集はステータス表右の「編集」から行ってください。 アーチャー スナイパー アルテミス セレーネ アイコン ドット絵 募集中 募集中 募集中 募集中• クラスチェンジ前後共通(スキルレベル引き継ぎ) スキル名 Lv 効果 初回使用までの時間(秒) 再使用までの 時間(秒) 所持ユニット 銀 金 青 白 黒 カーヒーナの弓術 Lv1 射程が1. ボーナスに射程延長が入っているので、最終的には常時276の射程を持つ。 また、スキル「カーヒーナの弓術」は射程1. 2〜2. 0倍、矢の速度が上昇、自動発動で効果時間無限というもの。 ただでさえ好感度ボーナスで他のアーチャーよりもやや長い射程がさらに延び、スキルLv5ではの基本射程(400)を凌ぐ552となる。 さらに弾速が上がって無駄打ちが少なくなるため、実質的な火力が大幅に強化される。 WT(スキル初動までの時間)が35秒とやや長いが、麻痺させられない限り効果は永続なので我慢と言ったところか。 第一覚醒 クラス特性で飛行敵への攻撃力アップが1. 4倍に上昇。 また、覚醒アビリティ「精霊の加護」を習得する。 これは「攻撃速度上昇」と「パルス出身ユニットのHPが徐々に回復(常時。 数値は要検証)」というもの。 現在パルス出身ユニットは以下の通り。 ファランギース本人もパルス出身なので効果がある。 、、、 第二覚醒 セレーネ 全能力値が伸び、飛行ユニットに対し攻撃力1. 9倍になる。 射程がさらに伸びて通常時は296、通常スキル発動時は592、覚醒スキル発動時は503になる。 実質的にアビリティやスキル前提の逆補正がかかる形となってしまったが、やはりスキル発動後は凶悪なユニットに変貌することは変わりない。 射程を伸ばしたいことはもちろん、アーチャーは攻撃力の差で優位性が変わることがあるので、積極的に第二覚醒を目指したい。 さらに攻撃力1. 7倍で最大936となり、他のアーチャーでは通らないような高防御でも打ち抜く。 そのうえ弾速が上がって無駄打ちが完全に無くなる。 効果は永続であり、プラチナとは思えない性能となる。

次の

ファランギース

ファラン ギース

ギーヴのプロフィール 流浪の楽士と称する美青年。 楽器の扱いから剣や弓、女性の扱いまでに長じる、アルスラーン軍の中でも能力のバランスがとれた人物である。 飄々とした性格で人を食った発言も多いが、アルスラーンの振る舞いから王城の外で育った過去を洞察するなど人を見る目は鋭い。 ファランギースの美貌に惚れ込んでおり、彼女との掛け合いは漫才として切り出しても遜色ない完成度の高さ。 容姿は「濃く深い色調の赤紫色の髪と紺色の目」をしており、「長身だが華奢にすら見える体格と美貌」を持つ22~23歳の若者と描写されている。 夫婦漫才すぎて、もう付き合っちゃえYO!と思うこともしばしばです。 そこの絶世の美女! ギーヴ「お待ちあれ、そこのご婦人!」 ファランギース「……」 ギーヴ「そこの美女……」 ファランギース「……」 ギーヴ「そこの絶世の美女!」 ファランギース「わたしをよんだか?」 ギーヴ「……」 ファランギース「ただの美女というならともかく、絶世の美女といえばそうはおらぬゆえ……」 出会いから漫才を宿命づけられていた、と…。 無視されても決してめげない 聞いておられますか? ファランギース殿!! ファランギース殿ぉぉぉ!! 俺は赤ん坊か… 精霊にギーヴの本心を聞いて、同行を許可するシーン。 精霊の声の聞こえないギーヴに、ファランギースは赤ん坊には人の声は聞こえても言葉の意味はわからないように、風の音は聞こえるがそれに乗る精霊のささやきはとうてい理解できないと言うと… ギーヴ「なるほど、俺は赤ん坊か……」 ファランギース「言葉通りとるでない。 お主のような邪気の多い赤ん坊がおるか」 つれない!つれなすぎる! ファランギース殿を賛美する詩をじっくり創作できました。 お聴きくだ… なお、最近ではもう聞いてさえもらえない模様。 初期から忠誠心MAXのダリューンやファランギースと比べるとこの点では見劣りしてしまい勝ちですが、殿下の言動に少しずつ惚れ込んで行くギーヴの姿は見ていて胸が熱くなるものが…! ギーヴ なんで助けに行く…アンタ王族だろ… 殿下「ギーヴ、先ほどはすまなかった…ギーヴはお金が大好きなのに、私のために捨てさせてしまった。 この見返りは 必ず」 裏切り者を保釈してしまう甘い殿下に一言。 でも、「殿下の仰せとあらば」と、刃をあっさりおさめるところからも殿下を慕ってきていることがわかりますね。 コミカルなほどに。 そのせいで、イケメン()と揶揄されるギーヴさん。

次の