ミニチュアシュナウザー専門店。 ドールハウス&ミニチュアの店 すぃーとあっぷるぱい 本店

ミニチュアシュナウザー子犬でお探しの方はこちらへ ペットショップワンラブ

ミニチュアシュナウザー専門店

【目次】 ミニチュアシュナウザーの公認毛色をご紹介 ミニチュアシュナウザーといえば、眉毛と口ひげが特徴的です。 小柄で四角っぽいスタイリッシュな体型に、フサフサと部分的にボリューミーな毛が愛くるしさを感じさせてくれます。 ミニチュアシュナウザーというと、どんな毛色を思い浮かべるでしょうか?以前放送されていた人気ドラマの影響で、グレーと白のミックスした色のイメージが強くなっているかもしれません。 ドラマに登場したミニチュアシュナウザーはソルト&ペッパーと呼ばれる毛色のタイプで、実はその他にもブラック、ホワイト、ブラック&シルバーという毛色が公式に認められています。 口ひげや眉毛の長い毛の部分が光を通すため、重苦しい印象ではなく、クールでスタイリッシュな見た目になっています。 また人間の白髪のように、年齢とともにグレーや赤茶っぽく変色していくことがあるそうです。 パッと一目ではグレーっぽく見える色で、ミニチュアシュナウザーの中では最も人気の高いカラーとなっています。 公認犬種などを決めるジャパンケネルクラブ(JKC)の定義としては、黒に近い濃い目のグレーから白に近い明るめのグレーまで幅広く認められていますが、内側の毛はグレーの毛でないとソルト&ペッパーと認められません。 全身真っ白で、毛質も細く柔らかいのが特徴です。 純白で美しい被毛ですが、目やにや口周りの汚れが目立ちやすいので、お手入れはこまめにしてあげましょう。 年齢とともに色が薄くなっていくブラックに対して、ホワイトは黄色っぽく変色していきます。 口ひげや眉毛がホワイトの場合が多く、白ひげのおじいさんのように見えて愛らしい印象です。 他にも足先に白い色が出たりするので、靴下のように見えて可愛らしいです。 ホワイトは汚れが目立ちやすいので、口の周りなどは常にきれいにしておいてあげましょう。 非公認とはいえ、ミルクティーのような柔らかいベージュカラーが優しい印象で魅力的です。 テディベアのような愛くるしさも感じますね。 ただやはり、安定して繁殖することができないため、他のカラーは20万円前後(18~19万円)ほどでお迎えできるのに対して、ウィートンは25万円以上と、ミニチュアシュナウザーの中ではかなり高値で販売されているようです。 また、実はその他にも「レバー」と呼ばれる赤褐色や「タン」と呼ばれる黄褐色と黒が混ざった毛色など存在するのですが、無理な交配をして作られたという背景があります。 ジャパンケネルクラブ(JKC)では色ごとにきちんと定義を決められているため、公式のカラーは4種類と少ないのです。 ミニチュアシュナウザーは成犬よりも濃い色の毛で生まれてくるので、成長するにつれ日光などにさらされてだんだんと色が薄くなっていくのです。 この色がどんどん薄くなっていく様子を退色と呼びます。 ホワイト以外のブラック、ソルト&ペッパーは、人間の白髪のように白っぽくなっていくことが毛色の特徴の一つでもあります。 反対に、ホワイトのミニチュアシュナウザーは、純白の毛色がだんだんと黄味を帯びていき、クリーム色のような色に変化していくことがほとんどです。 ちなみにブラック&シルバーは色が変わりにくいといわれています。 変色 ミニチュアシュナウザーに限らず白い毛の犬種は気になるポイントですが、特に口周りや目の周りの毛が長いミニチュアシュナウザーは変色しやすいので気を付けたいところです。 食事で付く食べかすだけでなく、水を飲んだ時に残る水分が残っていると茶色く変色していきます。 口周りが濡れたり汚れたりした時はなるべくすぐにタオルなどで拭きとってあげましょう。 また、なるべくウェットフードよりドライフード、水は下に置くお皿よりゲージなどに取り付ける給水器がおすすめです。 目の周りは、目やにや涙やけが目立ちやすいので、こまめに拭きとってあげましょう。 乾くと取り除きにくくなってしまい、また、変色してしまうと元の色に戻すのはなかなか大変なのです。 こまめにチェックし、日頃からコットンや柔らかいタオルなどで優しくケアしてあげましょう。 その他にもミニチュアシュナウザーは年齢以外の理由で退色していくことがあります。 たとえば栄養不足。 アミノ酸が足りていないと退色してしまいやすくなります。 毛の健康状態をこまめにチェックして、毛に元気がなかったり、食欲がない、栄養不足の場合は、トリミングだけでなく食事の管理が必要になることもあります。 ブラッシング ミニチュアシュナウザーは抜け毛が少ないので、こまめなブラッシングが必要ないと思われがちですが、ブラッシングは抜け毛を取り除くだけのものではありません。 皮膚の健康状態を観察するためであったり、皮膚のマッサージも兼ねて血行を良くする効果も期待できます。 新陳代謝を良くすることは毛の色素をきれいに保つことにもつながるので、ブラッシングは日々のコミュニケーションも兼ねておこないましょう。 ブラッシングは被毛を健康に保つと同時に、皮膚のトラブルの早期発見や、ノミ、ダニ予防、毛玉防止による皮膚病の予防など様々なメリットがあります。 毎日ブラッシングを行う事が望ましいですが、難しい場合には週1~2回は行うことをおすすめします。 ブラッシング用ブラシには、スリッカーブラシ、コーム、ピンブラシ、ラバーブラシなど多種多様なブラシがあります。 ブラシの選び方や、ワイヤーヘア、ヘアレスドッグの場合のケア方法など、犬のブラッシングについてご紹介します。 ストリッピング 本来ミニチュアシュナウザーのカットは「ストリッピング」という毛を抜く作業を行います。 愛犬の毛を抜くなんて想像しただけでも辛いですが、これを行うことにより太く色素のある被毛が生え、退色を防ぐことができるのです。 このお手入れは専門のサロンにお願いするのが安心です。 普通のカットを専門としているトリミングサロンに比べて、若干費用は高くついてしまいます。 さらに硬く丈夫な毛を保つには、月に1回程度の定期的なストリッピングが必要になります。 想像通り、最初は痛みを感じてしまうので、ワンちゃんには少なからずストレスになってしまうと思います。 退色は加齢が関係しているものなので、あまりにも嫌がる様子であれば無理させ過ぎないようにしましょう。 プラッキング こちらもあまり聞き慣れないお手入れ方法だと思います。 ストリッピングと似ていますが、毛を3割程度間引いて強い毛を生やそうとすることです。 ミニチュアシュナウザーはダブルコートタイプの犬種ですが、換毛期がないのでプラッキングという方法人工的に換毛させているようなイメージです。 こちらもストリッピング同様、月に1回程度のお手入れが必要になります。 バリカンを使うと退色しやすくなるようで、トリミングサロンでは特殊な道具でトリミングしています。 上記でお手入れ方法を3種類ご紹介しましたが、家庭犬ではブラッシングと定期的なトリミングのみという方が多いようです。 特にストリッピングとプラッキングは痛みを伴うお手入れなので、ショーに出るミニチュアシュナウザーや飼い主さんのこだわりがかなり強い場合がほとんどです。 無理なお手入れはワンちゃんのストレスになってしまうので注意しましょう。 ミニチュアシュナウザーをはじめとする、「テリア種」と呼ばれる品種は、小動物を狩ることを目的とされており、ミニチュアシュナウザーと同じく眉毛や口ひげが長いタイプがほとんどです。 テリアは口でネズミたち咥えて振り回すのですが、ネズミたちから反撃を受けることもあります。 この時咥え方が悪いとかえってかじりつかれたりしてしまうこともあるので、目や鼻、口を守るためにこれらの部分の毛が長くなったのです。 見た目は愛くるしいポイントですが、口ひげは変色してしまうことがあったり、目の周りの毛が長いことから感染症を引き起こしてしまうこともあるので、定期的なトリミングやお手入れが必要です。 忍耐強く賢い性格なので、飼い犬としての人気も非常に高いです。 覚えたことはきちんと守るので、しつけはなるべく早いうちからおこなっておくとよいでしょう。 小さなお子さんとも仲良くでき、初めてワンちゃんを飼うという方にもおすすめの犬種です。 ただ、飼い主に対する忠誠心が強い分、人間の感情を敏感に感じ取ります。 繊細な部分があるので、間違ってもイライラをぶつけたり、怒鳴りつけたりしないようにしましょう。 しつけが上手くいかない時など、叱る時はなるべく低い声で落ち着いて注意すると、ワンちゃんにきちんと主従関係を覚えてもらいやすくなります。 ドッグランや公園などで他のワンちゃんとトラブルにならないためにも、早いうちからお散歩に行ったり外に慣れておくトレーニングが必要です。 また、祖先となるスタンダードシュナウザーが番犬をしていた名残もあるのか、その警戒心の強さから番犬にも向いているといわれることもあります。 他の小型犬種と同じように高い声で鳴くことがあるので、こちらもなるべく早いうちからコントロールできるようにしておいた方がよいでしょう。 普段からお散歩に出たり、たまにはドッグランなどで思い切り走らせてあげましょう。 雨の日など、外にお散歩に出れない日はなるべくお家の中でも遊べるようにおもちゃなどを用意しておいてあげるとよいでしょう。 あなたは黒シュナ派?白シュナ派?お好きなカラーを探してみて 性格やお手入れの面で見ても、ミニチュアシュナウザーが家庭犬として人気が高いのが納得できますね。 公式で認められているミニチュアシュナウザーのカラーが4種類であることもお分かりいただけたかと思います。 ブラックとホワイトでかなり印象が変わってくるのも面白いポイントですよね。 ミニチュアシュナウザーは退色しやすく見た目が変わることが特徴ですが、お手入れはあくまでもワンちゃんに無理のない範囲でおこなうことをおすすめします。 また、色が変わっていくことも魅力の一つだと思えるほど愛くるしい魅力がたっぷりなので、ぜひお好みのカラーのミニチュアシュナウザーに出会ってみてくださいね。 — おすすめ記事 —.

次の

ミニチュアシュナウザー子犬でお探しの方はこちらへ ペットショップワンラブ

ミニチュアシュナウザー専門店

ミニチュアシュナウザーの歴史 シュナウザーにはジャイアント・スタンダード・ミニチュアと3種類があります。 すべての元になったのはで、これを小型化したのがミニチュアシュナウザーです。 スタンダードシュナウザーは14世紀ごろのドイツで作出され、ネズミ駆除や輸送時の家畜の誘導、小さな荷車を引くなど、使役犬として様々な働きを見せました。 スタンダードシュナウザーはその賢さと警戒心の強さ、主人に対する忠実さを買われて、第一次世界大戦ではドイツの軍犬として情報伝達の役割を与えられほどの優秀さでした。 ミニチュアシュナウザーは、スタンダードシュナウザーとアーフェン・ピンシャーを交配して、ドイツのフランクフルトで作出されたとされています。 その後、アメリカにわたってから一層の改良が進み、小型化のためにほかいくつかの犬種も交配されて、現在のミニチュアシュナウザーの形に固定化されました。 このいきさつからアメリカでは長い間、常に人気ランキングの上位に入っていた犬種でした。 原産国ドイツのケネルクラブでミニチュアシュナウザーが成立したのは1899年でしたが、アメリカンケネルクラブでは1933年までスタンダードシュナウザーと同じ犬種として扱われていました。 この頃にはサイズもほぼ固定化されていたようです。 アメリカでも多くの著名人やハリウッドスターにも愛されたミニチュアシュナウザーは、ブルース・リーの愛犬であったことでも知られています。 ミニチュアシュナウザーは、ドイツで生まれてアメリカで育った犬種とも言えましょう。 日本に入ってきたのは戦後、アメリカ軍人が連れていたのが最初と推測されていますが、当時の日本ではトリミング技術が発達していなかったため、家庭犬としては普及に至らなかったようです。 家庭犬として本格的に迎えられるようになったのは高度成長期の1960年くらいになってからでしたが、2000年頃には人気が上昇し、現在では毎年のようにJKCの登録犬種ランキングの上位に入っています。 ミニチュアシュナウザーの飼い方 ミニチュアシュナウザーの体はがっしりとした筋肉質で体力はありますが、あまり激しい運動は必要ありません。 1日に30分~1時間程度の散歩と、室内の遊びで十分でしょう。 毛質はダブルコートですので、美しい外見を維持するためには、週に数回のコーミングまたはブラッシングが必要です。 手足と眉上、ひげを長く伸ばして整えるスタイルが知られていますが、伸ばさない部分の毛の手入れの方法は、ふたつあります。 ひとつはバリカンで刈っていくこと(クリッピング)、もうひとつは抜いていくこと(ストリッピング)です。 処理後の毛の密度や毛質の関係から、ストリッピングの方が鮮やかな毛色に見えるため、ドッグショーに出る場合はストリッピングが行われます。 ストリッピングで毛を抜くことは、痛くないのかと思われがちですが、技術のあるトリマーがすばやく処理をすれば痛みはないようです。 しかし、高齢になると皮膚が弱くなり、炎症が起きやすく、毛の再生が遅れますので、無理なストリッピングは禁物です。 年齢に関係なくストリッピングの後は細菌などの影響を受けやすくなっていますので、清潔に保ってあげましょう。 トリミングを頻繁に行う場合は、皮膚の保護や体温調節のために衣類を着せることも検討しましょう。 ミニチュアシュナウザーの毛色 ミニチュアシュナウザーは、JKCでのスタンダードでは「ブラックのアンダーコートに漆黒のトップコート」、「ソルト&ペッパー」と呼ばれるグレー、「ブラック&シルバー」、「ホワイト」が認められています。 ミニチュアシュナウザーの気を付けたい病気 ミニチュアシュナウザーは眼病にかかりやすいことで知られています。 高齢になるとかかりやすい白内障ですが、ミニチュアシュナウザーの場合は若年性となるケースがあります。 また、ストルバイト結石やシュウ酸カルシウムによる尿結石ができやすい傾向があります。 尿石は尿管に詰まると手術が必要となる場合があります。 定期健康診断の時は尿検査もしてもらうようにしましょう。 ミニチュアシュナウザーの価格相場 グループサイト、『』における、ミニチュアシュナウザーの直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約 24万円、最高価格は 44万円、最低価格は 11万円です。

次の

ミニチュアシュナウザー子犬でお探しの方はこちらへ ペットショップワンラブ

ミニチュアシュナウザー専門店

種類を指定する• すべて選択• MIX(ハーフ) 826• すべて選択• ゴールデン・レトリバー 74• ラブラドール・レトリバー 78• 秋田犬 41• アイリッシュセッター 2• グレートデン 4• コリー 2• サルーキ 1• シェパード 2• シベリアンハスキー 6• スタンダードプードル 12• セントバーナード 15• ニューファンドランド 3• バーニーズマウンテンドッグ 27• ボルゾイ 4• ロットワイラー 2• ワイマラナー 2• すべて選択• 柴犬 410• ウェルシュ・コーギー 64• ビーグル 55• アメリカン・コッカースパニエル 66• アメリカンピットブルテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 9• ウィペット 2• オーストラリアンシェパード 2• 甲斐犬 8• ケリーブルーテリア 1• シェットランドシープドック 46• スピッツ 25• ダルメシアン 1• チャウチャウ 3• バセットハウンド 4• ビアデット・コリー 5• ブルドッグ 2• ベドリントンテリア 1• ボーダーコリー 45• ワイアーフォックス・テリア 10• すべて選択• トイ・プードル 553• ミニチュア・ダックスフンド 179• ミニチュア・ダックスフンド(スムースヘアー) 4• ミニチュア・ダックスフンド(ワイヤーヘアー) 3• チワワ(ロングコート) 659• チワワ(スムースコート) 78• イタリアングレーハウンド 30• ウエストハイランドホワイトテリア 5• カニンヘンダックスフンド 42• キャバリア 21• ケアーンテリア 2• シーズー 183• ジャックラッセルテリア 55• スキッパーキー 1• スコティッシュテリア 2• スタンダードダックス(スムースヘアー) 2• 狆 3• パグ 58• パピヨン 99• ビション・フリーゼ 23• フレンチブルドッグ 92• ペキニーズ 53• ボストンテリア 18• ボロニーズ 1• ポメラニアン 218• 豆柴 57• マルチーズ 107• ミニチュア・シュナウザー 94• ミニチュア・ピンシャー 62• ヨークシャーテリア 100• ラサアプソ 2 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない 種類を指定する• すべて選択• スコティッシュフォールド 437• アメリカンショートヘアー 291• マンチカン 277• アビシニアン 18• アメリカンカール 82• エキゾチック・ショートヘアー 22• エキゾチック 38• エジプシャンマウ 16• オシキャット 2• オリエンタルショートヘアー 3• オリエンタルズ 3• キンカロー 11• サイベリアン 133• シャム 29• シャルトリュー 23• シンガプーラ 1• ジェネッタ 6• スクーカム 6• スフィンクス 4• セルカークレックス 20• ソマリ 51• ターキッシュバン 1• チンチラ 5• トイガー 4• トンキニーズ 31• ノルウェージャン・フォレストキャット 295• バーミーズ 4• ヒマラヤン 38• ブリティッシュショートヘアー 231• ベンガル 94• ペルシャ 110• ボンベイ 10• MIX(猫) 22• ミヌエット 104• メインクーン 65• ラガマフィン 111• ラグドール 86• ラパーマ 4• ラムキン 2• ロシアンブルー 128 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない.

次の