即位 礼 正殿 の 儀 イラスト。 「即位の礼」とは?どんな行事でいつ行われる?祝日や休日になるの?

10/22は祝日で休み。「即位礼正殿の儀」とは

即位 礼 正殿 の 儀 イラスト

2019年10月22日 火。 平成30年12月14日、 この日が2019年の一度限りの祝日になることが法律で決定しました! 2019年のゴールデンウィーク真ん中の5月1日が休みになって、それに伴い10連休になることはほとんどの方がご存知かと思いますが、この日も祝日になることは意外と知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか? そして実は、かくいう私も最近までこの日が祝日になったことを知りませんでした。 単語としてもなんか難しい字が多く、 見ただけではいったいどんな儀式なのか分かりません。 そこで調べてみたところ、Wikipediaにはこのように書いてありました。 即位の礼の中心となる、即位した天皇が日本国の内外に即位を宣明する儀式である。 諸外国における戴冠式、即位式にあたり、皇居宮殿・正殿松の間で行われる。 引用元: これでも何となくは分かりますが、まだちょっと分かりにくので、 噛み砕いて一言で説明すると下記の通りとなります。 新しい天皇陛下が、天皇になったことを世の中に宣言する日 そうなのです。 この日は、新しい天皇陛下が天皇になったことを世界中に宣言する日だったのです。 新しい天皇の即位自体が5月1日に行われるのですが、 即位したことをお知らせしてお祝いするのがこの日なのですね。 結婚式でいうと、5月1日は挙式、10月22日は披露宴といったところですね。 この日が祝日になった理由 次はこの日が祝日になった理由をお話します。 でもまあ、ここまでこの記事を読んでくださったあなたらな、もう理由は分かりますよね。 そう、その理由は、 日本中で新しい天皇陛下の即位をお祝いするため ですね。 天皇陛下は、国民の象徴であり、我々日本人にとってはとても尊くて大切な存在です。 そんな天皇の即位を、 祝日にすることによって国民全体でお祝いできるようにしたのですね。 また、この日は日本国内にとどまらず海外からも多くの来賓が招かれ、その国で一番偉い人などそうそうたるメンバーが天皇即位の祝福に訪れます。 過去の一度限りの祝日 ここからは少し話が変わって、 過去の一度限りの祝日を振り返ってみましょう。 実は、天皇陛下の慶事または弔事によってその年限りの祝日となった事例は、2019年が初めてではありません。 2019年以前でも、 こちらの4回ほどその年限りの祝日が定められたことがあります。 日付 祝日名 1959年4月10日 皇太子明仁親王の結婚の儀の行われる日 1989年2月24日 昭和天皇の大喪の礼の行われる日 1990年11月12日 即位礼正殿の儀の行われる日 1993年6月9日 皇太子徳仁親王の結婚の儀の行われる日 過去の一度限りの祝日、あなたのご記憶にはありますでしょうか? ちなみに、1985年生まれの私は、直近3回の祝日は生まれていたはずではありますが、まだ小さかったせいか全く記憶にはありませんorz まとめ 以上で、2019年10月22日がこの年限りの祝日になった話を終わります。 まとめると、下記の通りです。

次の

即位礼正殿の儀はいつ行われるの?場所や参列者のまとめも

即位 礼 正殿 の 儀 イラスト

2019年10月22日 火。 平成30年12月14日、 この日が2019年の一度限りの祝日になることが法律で決定しました! 2019年のゴールデンウィーク真ん中の5月1日が休みになって、それに伴い10連休になることはほとんどの方がご存知かと思いますが、この日も祝日になることは意外と知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか? そして実は、かくいう私も最近までこの日が祝日になったことを知りませんでした。 単語としてもなんか難しい字が多く、 見ただけではいったいどんな儀式なのか分かりません。 そこで調べてみたところ、Wikipediaにはこのように書いてありました。 即位の礼の中心となる、即位した天皇が日本国の内外に即位を宣明する儀式である。 諸外国における戴冠式、即位式にあたり、皇居宮殿・正殿松の間で行われる。 引用元: これでも何となくは分かりますが、まだちょっと分かりにくので、 噛み砕いて一言で説明すると下記の通りとなります。 新しい天皇陛下が、天皇になったことを世の中に宣言する日 そうなのです。 この日は、新しい天皇陛下が天皇になったことを世界中に宣言する日だったのです。 新しい天皇の即位自体が5月1日に行われるのですが、 即位したことをお知らせしてお祝いするのがこの日なのですね。 結婚式でいうと、5月1日は挙式、10月22日は披露宴といったところですね。 この日が祝日になった理由 次はこの日が祝日になった理由をお話します。 でもまあ、ここまでこの記事を読んでくださったあなたらな、もう理由は分かりますよね。 そう、その理由は、 日本中で新しい天皇陛下の即位をお祝いするため ですね。 天皇陛下は、国民の象徴であり、我々日本人にとってはとても尊くて大切な存在です。 そんな天皇の即位を、 祝日にすることによって国民全体でお祝いできるようにしたのですね。 また、この日は日本国内にとどまらず海外からも多くの来賓が招かれ、その国で一番偉い人などそうそうたるメンバーが天皇即位の祝福に訪れます。 過去の一度限りの祝日 ここからは少し話が変わって、 過去の一度限りの祝日を振り返ってみましょう。 実は、天皇陛下の慶事または弔事によってその年限りの祝日となった事例は、2019年が初めてではありません。 2019年以前でも、 こちらの4回ほどその年限りの祝日が定められたことがあります。 日付 祝日名 1959年4月10日 皇太子明仁親王の結婚の儀の行われる日 1989年2月24日 昭和天皇の大喪の礼の行われる日 1990年11月12日 即位礼正殿の儀の行われる日 1993年6月9日 皇太子徳仁親王の結婚の儀の行われる日 過去の一度限りの祝日、あなたのご記憶にはありますでしょうか? ちなみに、1985年生まれの私は、直近3回の祝日は生まれていたはずではありますが、まだ小さかったせいか全く記憶にはありませんorz まとめ 以上で、2019年10月22日がこの年限りの祝日になった話を終わります。 まとめると、下記の通りです。

次の

昭恵夫人、即位の礼で髪型も非礼&バッグ開いたままで“日本の恥”…周囲の助言を聞かず

即位 礼 正殿 の 儀 イラスト

【即位礼正殿・饗宴の儀】ドレスが素敵すぎる!各国出席者のファッションまとめ まるでディズニーのような華やかなドレスが印象的だった「 即位礼正殿 の 儀」と「饗宴の儀」。 各国の出席者のファッションをまとめてみました。 デンマーク/フレデリック皇太子ご夫妻 キラキラのスパンコールが映えます。 大きな花のついた帽子と、袖が特徴的なワンピース。 スタイルがよくないと、着こなせないですね。 スペイン/フェリペ6世国王ご夫妻 鮮やかなピンクが目を引きます。 小さい頃に憧れたプリンセスの象徴のよう。 こちらはグリーンベースの花柄模様。 エストニア/ケルスティ・カリユライド大統領 国鳥のつばめをあしらったドレス。 柄のバランスと丈の長さで、高級感のなかにもオシャレ要素が。 オランダ/ウィレム国王・マクシマ王妃ご夫妻 赤と黒で落ち着いた雰囲気を演出。 ティアラとネックレスもゴージャスですが、品がありますね。 まるでお花をかぶっているかのようなこちらの帽子も素敵です。 ブータン/ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王ご夫妻 民族衣装がとても目立っていて、これはこれでまた違った楽しさがあります。 鮮やかな紫の模様がキレイですね。 こちらはまた違った色遣いです。 映画でも見ているかのようです。 ベルギー/フィリップ・ド・ベルジック国王ご夫妻 ゴールドのロングドレス。 とても上品です。 こちらはパステルピンクがかわいいですね。 40代後半で、こんなにピンクを着こなせる方は他にいないのでは・・? スウェーデン/カール16世グスタフ国王と皇太子殿下 落ち着いた色のシンプルなドレス。 髪をアップにしているのも、素敵ですね。 こちらは鮮やかなブルーのドレスです。 マレーシア/アブドゥラ国王ご夫妻 国王のお召し物がかっこいいですね。 王妃はゴールド系ですが、落ち着いていて布遣いが楽しい衣装です。 パラグアイ/ ベラスケス副大統領ご夫妻 シースルー素材に花柄をあしらった素敵なドレスです。 このはな柄は パラグアイ の 伝統工芸、「ニャンドゥティ」というらしいです。 フィリピン/ドゥテルテ大統領ご夫妻 緑色が鮮やかなドレス。 大胆な生地遣いがオシャレですね。 トンガ/トゥポウ6世国王ご夫妻 落ち着いた色でのコーディネートです。 王妃のレースがインパクトになっていますね。 エスワティニ/ムスワティ3世同妃両陛下 グリーンという落ち着いた色ながら、華やかな感じのドレスがキレイです。

次の