ユニオン キャリアー。 ユニオン・キャリアーカード情報・考察

ユニオン・キャリアーの可能性

ユニオン キャリアー

このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。 元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び、攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 この効果でデッキから装備した場合、ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない。 特殊召喚などの直接的なアクセスではありませんが、これによって「デッキから場に引っ張りだしてくる」事が出来、バウンスにより手札に加えたり一度墓地へ送って回収したり出来ます。 「何にでもアクセス出来る」ことの重要性 今回はギミック単位ではなくカード単体の紹介記事なのですが、その汎用性の高さはかなりのものです。 1枚のカードに焦点を当てる記事としては以前 《妖醒龍ラルバウール》に関する記事を書きましたね。 《妖醒龍ラルバウール》の際にも書きましたが、「どんなモンスターにでもアクセスできる」というのは遊戯王においてとても貴重な要素です。 アクセスしやすい属性・種族などがある程度決まっている現在の遊戯王において、不遇なステータスのモンスターを主軸にしたい場合の救世主となってくれます。 オススメモンスターその1.装備状態で強いモンスター まずは基本的な使い方、「モンスターに装備する」という所を活かせるカードを紹介していきます。 《ユニオン・キャリアー》の効果で装備したモンスターは「攻撃力1000アップ」という効果をデフォで持つことになりますが、装備するモンスター次第ではそれ以外にも効果を付与する事が出来ます。 それは、装備に関連するテーマに特に多く存在する「装備されている時に適用される効果」を持つモンスターたちです。 自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。 このカードを装備していたモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。 出典: それぞれ、「エクストラデッキからの特殊召喚」「墓地のモンスターの効果発動」「表側の魔法罠の効果発動」を封じる事が出来ます。 特に展開に直接影響を与える 《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》は強力で、先攻で装備しておけば次ターンの相手の動きをかなり制限する事が出来ます。 自分の手札・フィールドからこのモンスターを攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。 装備モンスターは戦闘では破壊されない。 デッキから「フォトン・オービタル」以外の「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える。 出典: 装備状態の効果によって「フォトン」または「ギャラクシー」モンスターを手札に加えることが出来ます。 光属性なので 《ユニオン・キャリアー》に直接装備する事が出来、そのままサーチに繋げる事が出来るので、実質 《ユニオン・キャリアー》を「フォトン」「ギャラクシー」のサーチ効果として使う事が出来ます。 場に既に「ギャラクシー」モンスターがいる場合は 《銀河眼の残光竜》や 《フォトン・バニッシャー》を加えて展開したり、手札に光属性が居る場合は 《銀河戦士》からランク5に繋げに行ったり等、サーチ先によって幅広い展開が望めます。 このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、装備モンスターのレベルは3つ上がり、攻撃力・守備力はこのカードのそれぞれの数値分アップする。 また、装備カード扱いとして装備されているこのカードを墓地へ送る事で、フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。 出典: 純粋に単体除去として機能します。 また、地味にレベルが3つ、攻撃力が500ポイント上昇するので戦闘やレベル合わせの補助にもなります。 デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。 そのモンスターを手札に加える。 出典: それぞれ装備状態のモンスターが戦闘を行う事でデッキ・EXデッキから好きなモンスターを墓地へ送ることが出来ます。 《サイバー・ダーク・カノン》は墓地へ送られた際に効果のある様々なモンスターやアクセスしたいモンスターを落とす事ができ、 《サイバー・ダーク・クロー》も 《旧神ヌトス》や 《虹光の宣告者》などの墓地へ行った時に使える効果を発動する事が出来ます。 墓地へ送られた場合および効果で墓地へ送られた場合に発動できるモンスターは以下の記事の該当項目が参考になります! その他の装備時に適用される効果のあるモンスター カード名 属性 種族 効果 《甲虫装機 ギガマンティス》 闇 昆虫 元々の攻撃力を2400にする 《甲虫装機 ギガウィービル》 闇 昆虫 元々の守備力を2600にする 《甲虫装機 ギガグリオル》 闇 昆虫 元々の攻撃力を2000&貫通付与 《甲虫装機 ホッパー》 闇 昆虫 墓地へ送りこのターン直接攻撃 《甲虫装機 グルフ》 闇 昆虫 墓地へ送りレベルを変動 《DZW-魔装鵺妖衣》 闇 悪魔 戦闘破壊されず、相手が破壊されなかった場合0にして再度攻撃 《比翼レンリン》 闇 ドラゴン 元々の攻撃力は1000になり2回攻撃 《Vサラマンダー》 炎 魔法使い X素材を外し相手のモンスター全破壊 《ZW-阿修羅副腕》 炎 鳥獣 全ての相手モンスターに攻撃可能 《ZW-不死鳥弩弓》 炎 鳥獣 相手を戦闘破壊した時1000ダメージ 《ZW-雷神猛虎剣》 光 獣 場のZWがカード効果で破壊されない 《A-アサルト・コア》 光 機械 相手のモンスター効果を受けない 《B-バスター・ドレイク》 光 機械 相手の魔法を受けない 《C-クラッシュ・ワイバーン》 光 機械 相手の罠を受けない 《ヴァイロン・プリズム》 光 雷 戦闘時攻撃力1000アップ 《ヴァイロン・ステラ》 光 天使 戦闘を行った相手をダメージ計算後破壊 《暴風竜の防人》 光 ドラゴン 貫通付与&破壊身代わり 《ZW-一角獣皇槍》 光 獣 戦闘を行う相手の効果をバトルフェイズ中無効 《SZW-天聖輝狼剣》 光 獣 戦闘破壊した時、墓地のZWを回収 《トルクチューン・ギア》 光 機械 攻守500アップ&チューナー化 《運命の戦車》 風 天使 直接攻撃可能&ダメージ半分 《ZW-風神雲龍剣》 風 鳥獣 効果対象にならない 《ZW-荒鷲激神爪》 風 ドラゴン 1ターンに1度罠を無効 《戦乙女の戦車》 風 天使 攻撃宣言時攻撃力500アップ 《ドラグニティ-ピルム》 風 ドラゴン 直接攻撃可能&ダメージ半分 《アーマード・サイバーン》 風 機械 攻撃力1000ダウンしてモンスター破壊 《ドラグニティ-パルチザン》 風 ドラゴン チューナー扱い オススメモンスターその2.墓地へ送られて強いモンスター 《ユニオン・キャリアー》でモンスターを装備し、その装備先のモンスターをリンク素材にするなどして墓地へ送る事で、「フィールドから破壊された」扱いで墓地へ送ることが出来ます。 これによって、「フィールドから墓地へ送られた」「破壊された」などの条件を満たして効果を発動する事が出来ます。 デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。 このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。 出典: 例えば、闇属性のモンスターを対象に 《クリッター》を装備し、そのモンスターをリンク素材にすることで攻撃力1500以下のモンスターを手札に加える事が出来ます。 《ユニオン・キャリアー》で装備したモンスターはそのターン特殊召喚出来ませんが、墓地へ送られた時にサーチ・リクルートなどを行うモンスターを経由して別のモンスターを呼びだせば問題なく特殊召喚などして展開に絡める事が出来るので、どの属性を対象にとったときにどういった事が出来るのか、というのを把握しておくのが重要になります。 自分の手札・墓地から地属性モンスター3体を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。 レベルの合計が8になるように、デッキから岩石族モンスターを3体まで選んで手札に加える。 出典: 最大で3枚もの岩石族を加えることのできる強力なサーチカードです。 《ギガンテス》などを加える事で展開につなげる事も出来ます。 墓地からの特殊召喚効果はこのターン使えませんが、次ターン以降には問題なく使えるので後続展開用の墓地リソースにもなります。 これによって 《妖仙獣 右鎌神柱》 《妖仙獣 左鎌神柱》をサーチする事でP召喚のサポートにもなったり、「メガリス」カードで儀式の展開を行ったりと、サーチからの展開の択は幅広いです。 フィールド上に存在する上記のカードを墓地に送った場合のみ、融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。 出典: 《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》などの一部の特殊な召喚条件を持つ融合モンスターは、「フィールド上に存在する上記のカードを墓地に送った場合」などの表記により、モンスター以外の状態であっても素材として墓地へ送ることが出来ます。 対応する融合モンスター• 《E・HERO アクア・ネオス》• 《E・HERO エアー・ネオス》• 《E・HERO カオス・ネオス》• 《E・HERO グラン・ネオス》• 《E・HERO グロー・ネオス》• 《E・HERO コスモ・ネオス》• 《E・HERO ストーム・ネオス》• 《E・HERO ネビュラ・ネオス》• 《E・HERO ブラック・ネオス》• 《E・HERO フレア・ネオス》• 《E・HERO マグマ・ネオス》• 《E・HERO マリン・ネオス》• 《剣闘獣アンダバタエ》• 《剣闘獣ガイザレス》• 《剣闘獣ゲオルディアス》• 《剣闘獣ドミティアノス》• 《剣闘獣ヘラクレイノス》• 《VW-タイガー・カタパルト》• 《VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン》• 《XY-ドラゴン・キャノン》• 《XZ-キャタピラー・キャノン》• 《XYZ-ドラゴン・キャノン》• 《AtoZ-ドラゴン・バスターキャノン》• 《ABC-ドラゴン・バスター》• 《YZ-キャタピラー・ドラゴン》• 《アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン》• 《影六武衆-リハン》• 《合神竜ティマイオス》• 《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》• 《混沌幻魔アーミタイル》• 《青眼の双爆裂龍》 《ユニオン・キャリアー》を使った展開例 緩い素材条件から様々な展開につなげる事が出来る 《ユニオン・キャリアー》の装備先の豊富さをここまで紹介してきました。 では、実際にどのように運用していくのか、その例を見て頂きます。 展開例1.《星杯の神子イヴ》を使ったシンクロ展開 初動条件:場に4体のモンスターを並べる うち2体の種族or属性が一致 1. 《ユニオン・キャリアー》と闇属性リンク2モンスター( 《ミス・ケープ・バーバ》など)を並べる 2. 《ユニオン・キャリアー》の効果で闇属性リンクを対象とし、 《クリッター》を装備する チューナーの絡まない展開からシンクロ召喚に繋げる動きです。 似た動きとして 《アークロード・パラディオン》からの 《マギアス・パラディオン》の展開がありますが、こちらはエクストラの消費を 《ユニオン・キャリアー》と任意の闇属性リンクで行えるため、エクストラの自由度が高い上、既に何かしらのリンクモンスターがEXモンスターゾーンを埋めてしまっている場合などにも行う事が出来ます。 出典: 雷族が全く絡まない状況から 《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を出す事の出来る貴重な動きです。 展開の流れの中で別の「サンダー・ドラゴン」カードをサーチする事も出来るので、他の手札に応じて更に強い動きをする事も出来ます。 展開例3.《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》を使った封殺展開 初動条件: 場に4体のモンスターを並べる うち2体の種族or属性が一致 1. 《ユニオン・キャリアー》をリンク召喚 2. 《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》をリンク召喚 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》 によりカード効果を1度無効にしつつ、エクストラデッキからの特殊召喚を封じる事が出来ます。 「汎用リンクで出来る事」を把握しておくことの重要性 《ユニオン・キャリアー》のような「モンスターを2体並べるだけで使える」というようなモンスターが出来る事を把握しておく事によって、デッキを構築する際、「この初動はどういう事が出来るのか」をざっくりと認識する事が出来るようになります。 例えば、「岩石族のテーマのデッキを作ろう」と考えた際、「ユニオンキャリアと地属性を並べれば 《ブロックドラゴン》から岩石の展開に繋ぐことが出来る」と把握しておけば、そういったプロセスでの展開ルートを採り入れる事が出来るわけです。 召喚方法やステータス単位での知識だけでなく、汎用性の高いモンスター、特にどこからでも触れるエクストラデッキのモンスターに出来る事を把握しておく事は現代の遊戯王においてとても重要ですので、今後もこういった1枚のカードに焦点を当てた記事も書いていく予定です。 皆さんも是非、こちらの記事を参考に 《ユニオン・キャリアー》を使った面白いデッキを考えてみてください! 最後まで読んで頂きありがとうございました!.

次の

【遊戯王】「ユニオン・キャリアー」判明、ABCを簡単に出せるようにするリンクモンスターだけど・・・?

ユニオン キャリアー

このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。 元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び、攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 この効果でデッキから装備した場合、ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない。 特殊召喚などの直接的なアクセスではありませんが、これによって「デッキから場に引っ張りだしてくる」事が出来、バウンスにより手札に加えたり一度墓地へ送って回収したり出来ます。 「何にでもアクセス出来る」ことの重要性 今回はギミック単位ではなくカード単体の紹介記事なのですが、その汎用性の高さはかなりのものです。 1枚のカードに焦点を当てる記事としては以前 《妖醒龍ラルバウール》に関する記事を書きましたね。 《妖醒龍ラルバウール》の際にも書きましたが、「どんなモンスターにでもアクセスできる」というのは遊戯王においてとても貴重な要素です。 アクセスしやすい属性・種族などがある程度決まっている現在の遊戯王において、不遇なステータスのモンスターを主軸にしたい場合の救世主となってくれます。 オススメモンスターその1.装備状態で強いモンスター まずは基本的な使い方、「モンスターに装備する」という所を活かせるカードを紹介していきます。 《ユニオン・キャリアー》の効果で装備したモンスターは「攻撃力1000アップ」という効果をデフォで持つことになりますが、装備するモンスター次第ではそれ以外にも効果を付与する事が出来ます。 それは、装備に関連するテーマに特に多く存在する「装備されている時に適用される効果」を持つモンスターたちです。 自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。 このカードを装備していたモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。 出典: それぞれ、「エクストラデッキからの特殊召喚」「墓地のモンスターの効果発動」「表側の魔法罠の効果発動」を封じる事が出来ます。 特に展開に直接影響を与える 《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》は強力で、先攻で装備しておけば次ターンの相手の動きをかなり制限する事が出来ます。 自分の手札・フィールドからこのモンスターを攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。 装備モンスターは戦闘では破壊されない。 デッキから「フォトン・オービタル」以外の「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える。 出典: 装備状態の効果によって「フォトン」または「ギャラクシー」モンスターを手札に加えることが出来ます。 光属性なので 《ユニオン・キャリアー》に直接装備する事が出来、そのままサーチに繋げる事が出来るので、実質 《ユニオン・キャリアー》を「フォトン」「ギャラクシー」のサーチ効果として使う事が出来ます。 場に既に「ギャラクシー」モンスターがいる場合は 《銀河眼の残光竜》や 《フォトン・バニッシャー》を加えて展開したり、手札に光属性が居る場合は 《銀河戦士》からランク5に繋げに行ったり等、サーチ先によって幅広い展開が望めます。 このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、装備モンスターのレベルは3つ上がり、攻撃力・守備力はこのカードのそれぞれの数値分アップする。 また、装備カード扱いとして装備されているこのカードを墓地へ送る事で、フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。 出典: 純粋に単体除去として機能します。 また、地味にレベルが3つ、攻撃力が500ポイント上昇するので戦闘やレベル合わせの補助にもなります。 デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。 そのモンスターを手札に加える。 出典: それぞれ装備状態のモンスターが戦闘を行う事でデッキ・EXデッキから好きなモンスターを墓地へ送ることが出来ます。 《サイバー・ダーク・カノン》は墓地へ送られた際に効果のある様々なモンスターやアクセスしたいモンスターを落とす事ができ、 《サイバー・ダーク・クロー》も 《旧神ヌトス》や 《虹光の宣告者》などの墓地へ行った時に使える効果を発動する事が出来ます。 墓地へ送られた場合および効果で墓地へ送られた場合に発動できるモンスターは以下の記事の該当項目が参考になります! その他の装備時に適用される効果のあるモンスター カード名 属性 種族 効果 《甲虫装機 ギガマンティス》 闇 昆虫 元々の攻撃力を2400にする 《甲虫装機 ギガウィービル》 闇 昆虫 元々の守備力を2600にする 《甲虫装機 ギガグリオル》 闇 昆虫 元々の攻撃力を2000&貫通付与 《甲虫装機 ホッパー》 闇 昆虫 墓地へ送りこのターン直接攻撃 《甲虫装機 グルフ》 闇 昆虫 墓地へ送りレベルを変動 《DZW-魔装鵺妖衣》 闇 悪魔 戦闘破壊されず、相手が破壊されなかった場合0にして再度攻撃 《比翼レンリン》 闇 ドラゴン 元々の攻撃力は1000になり2回攻撃 《Vサラマンダー》 炎 魔法使い X素材を外し相手のモンスター全破壊 《ZW-阿修羅副腕》 炎 鳥獣 全ての相手モンスターに攻撃可能 《ZW-不死鳥弩弓》 炎 鳥獣 相手を戦闘破壊した時1000ダメージ 《ZW-雷神猛虎剣》 光 獣 場のZWがカード効果で破壊されない 《A-アサルト・コア》 光 機械 相手のモンスター効果を受けない 《B-バスター・ドレイク》 光 機械 相手の魔法を受けない 《C-クラッシュ・ワイバーン》 光 機械 相手の罠を受けない 《ヴァイロン・プリズム》 光 雷 戦闘時攻撃力1000アップ 《ヴァイロン・ステラ》 光 天使 戦闘を行った相手をダメージ計算後破壊 《暴風竜の防人》 光 ドラゴン 貫通付与&破壊身代わり 《ZW-一角獣皇槍》 光 獣 戦闘を行う相手の効果をバトルフェイズ中無効 《SZW-天聖輝狼剣》 光 獣 戦闘破壊した時、墓地のZWを回収 《トルクチューン・ギア》 光 機械 攻守500アップ&チューナー化 《運命の戦車》 風 天使 直接攻撃可能&ダメージ半分 《ZW-風神雲龍剣》 風 鳥獣 効果対象にならない 《ZW-荒鷲激神爪》 風 ドラゴン 1ターンに1度罠を無効 《戦乙女の戦車》 風 天使 攻撃宣言時攻撃力500アップ 《ドラグニティ-ピルム》 風 ドラゴン 直接攻撃可能&ダメージ半分 《アーマード・サイバーン》 風 機械 攻撃力1000ダウンしてモンスター破壊 《ドラグニティ-パルチザン》 風 ドラゴン チューナー扱い オススメモンスターその2.墓地へ送られて強いモンスター 《ユニオン・キャリアー》でモンスターを装備し、その装備先のモンスターをリンク素材にするなどして墓地へ送る事で、「フィールドから破壊された」扱いで墓地へ送ることが出来ます。 これによって、「フィールドから墓地へ送られた」「破壊された」などの条件を満たして効果を発動する事が出来ます。 デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。 このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。 出典: 例えば、闇属性のモンスターを対象に 《クリッター》を装備し、そのモンスターをリンク素材にすることで攻撃力1500以下のモンスターを手札に加える事が出来ます。 《ユニオン・キャリアー》で装備したモンスターはそのターン特殊召喚出来ませんが、墓地へ送られた時にサーチ・リクルートなどを行うモンスターを経由して別のモンスターを呼びだせば問題なく特殊召喚などして展開に絡める事が出来るので、どの属性を対象にとったときにどういった事が出来るのか、というのを把握しておくのが重要になります。 自分の手札・墓地から地属性モンスター3体を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。 レベルの合計が8になるように、デッキから岩石族モンスターを3体まで選んで手札に加える。 出典: 最大で3枚もの岩石族を加えることのできる強力なサーチカードです。 《ギガンテス》などを加える事で展開につなげる事も出来ます。 墓地からの特殊召喚効果はこのターン使えませんが、次ターン以降には問題なく使えるので後続展開用の墓地リソースにもなります。 これによって 《妖仙獣 右鎌神柱》 《妖仙獣 左鎌神柱》をサーチする事でP召喚のサポートにもなったり、「メガリス」カードで儀式の展開を行ったりと、サーチからの展開の択は幅広いです。 フィールド上に存在する上記のカードを墓地に送った場合のみ、融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。 出典: 《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》などの一部の特殊な召喚条件を持つ融合モンスターは、「フィールド上に存在する上記のカードを墓地に送った場合」などの表記により、モンスター以外の状態であっても素材として墓地へ送ることが出来ます。 対応する融合モンスター• 《E・HERO アクア・ネオス》• 《E・HERO エアー・ネオス》• 《E・HERO カオス・ネオス》• 《E・HERO グラン・ネオス》• 《E・HERO グロー・ネオス》• 《E・HERO コスモ・ネオス》• 《E・HERO ストーム・ネオス》• 《E・HERO ネビュラ・ネオス》• 《E・HERO ブラック・ネオス》• 《E・HERO フレア・ネオス》• 《E・HERO マグマ・ネオス》• 《E・HERO マリン・ネオス》• 《剣闘獣アンダバタエ》• 《剣闘獣ガイザレス》• 《剣闘獣ゲオルディアス》• 《剣闘獣ドミティアノス》• 《剣闘獣ヘラクレイノス》• 《VW-タイガー・カタパルト》• 《VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン》• 《XY-ドラゴン・キャノン》• 《XZ-キャタピラー・キャノン》• 《XYZ-ドラゴン・キャノン》• 《AtoZ-ドラゴン・バスターキャノン》• 《ABC-ドラゴン・バスター》• 《YZ-キャタピラー・ドラゴン》• 《アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン》• 《影六武衆-リハン》• 《合神竜ティマイオス》• 《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》• 《混沌幻魔アーミタイル》• 《青眼の双爆裂龍》 《ユニオン・キャリアー》を使った展開例 緩い素材条件から様々な展開につなげる事が出来る 《ユニオン・キャリアー》の装備先の豊富さをここまで紹介してきました。 では、実際にどのように運用していくのか、その例を見て頂きます。 展開例1.《星杯の神子イヴ》を使ったシンクロ展開 初動条件:場に4体のモンスターを並べる うち2体の種族or属性が一致 1. 《ユニオン・キャリアー》と闇属性リンク2モンスター( 《ミス・ケープ・バーバ》など)を並べる 2. 《ユニオン・キャリアー》の効果で闇属性リンクを対象とし、 《クリッター》を装備する チューナーの絡まない展開からシンクロ召喚に繋げる動きです。 似た動きとして 《アークロード・パラディオン》からの 《マギアス・パラディオン》の展開がありますが、こちらはエクストラの消費を 《ユニオン・キャリアー》と任意の闇属性リンクで行えるため、エクストラの自由度が高い上、既に何かしらのリンクモンスターがEXモンスターゾーンを埋めてしまっている場合などにも行う事が出来ます。 出典: 雷族が全く絡まない状況から 《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を出す事の出来る貴重な動きです。 展開の流れの中で別の「サンダー・ドラゴン」カードをサーチする事も出来るので、他の手札に応じて更に強い動きをする事も出来ます。 展開例3.《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》を使った封殺展開 初動条件: 場に4体のモンスターを並べる うち2体の種族or属性が一致 1. 《ユニオン・キャリアー》をリンク召喚 2. 《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》をリンク召喚 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》 によりカード効果を1度無効にしつつ、エクストラデッキからの特殊召喚を封じる事が出来ます。 「汎用リンクで出来る事」を把握しておくことの重要性 《ユニオン・キャリアー》のような「モンスターを2体並べるだけで使える」というようなモンスターが出来る事を把握しておく事によって、デッキを構築する際、「この初動はどういう事が出来るのか」をざっくりと認識する事が出来るようになります。 例えば、「岩石族のテーマのデッキを作ろう」と考えた際、「ユニオンキャリアと地属性を並べれば 《ブロックドラゴン》から岩石の展開に繋ぐことが出来る」と把握しておけば、そういったプロセスでの展開ルートを採り入れる事が出来るわけです。 召喚方法やステータス単位での知識だけでなく、汎用性の高いモンスター、特にどこからでも触れるエクストラデッキのモンスターに出来る事を把握しておく事は現代の遊戯王においてとても重要ですので、今後もこういった1枚のカードに焦点を当てた記事も書いていく予定です。 皆さんも是非、こちらの記事を参考に 《ユニオン・キャリアー》を使った面白いデッキを考えてみてください! 最後まで読んで頂きありがとうございました!.

次の

《ユニオン・キャリアー》の登場で《トーチ・ゴーレム》一枚から凶悪展開が可能に!

ユニオン キャリアー

このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。 1 :自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び、 攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 この効果でデッキから装備した場合、 ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない。 このカードはユニオンデッキの強化カードと思いきや、デッキのモンスターを装備することが出来るのでどのデッキでも主張することが出来る可能性を秘めたカードです。 一番相性がいいのはABCデッキでしょう。 1 :1ターンに1度、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :相手ターンにこのカードをリリースし、 除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類を1体ずつ対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 ABCドラゴンバスターは融合召喚する際に融合は必要とせずに自分のフィールド・墓地のモンスターを除外して融合召喚することが出来ます。 なので自分のA・B・Cモンスターを二体素材にしてユニオン・キャリアーをリンク召喚してデッキからA・B・Cモンスター1体をデッキからユニオン・キャリアーに装備することによって装備カードとなったA・B・Cモンスターと墓地のA・B・CモンスターでABCドラゴン・バスターを融合召喚することが出来ます。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。 2 :装備モンスターは他の相手モンスターの効果を受けない。 3 :このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 このカード以外の自分の墓地のユニオンモンスター1体を選んで手札に加える。 このカードが墓地に送られたときには自分の墓地のユニオンモンスターをサルベージすることが出来るのでアドバンテージを得ながら素材にしていくことが出来ます。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。 2 :装備モンスターは他の相手の魔法カードの効果を受けない。 3 :このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキからユニオンモンスター1体を手札に加える。 このカードはフィールドから墓地に送られたときにデッキからユニオンモンスターをサーチすることが出来るのでリンク素材にすることでアドバンテージを獲得することが出来ます。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。 2 :装備モンスターは他の相手の罠カードの効果を受けない。 3 :このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 手札からユニオンモンスター1体を特殊召喚する。 このカードはフィールド上から墓地に送られたときに手札のユニオンモンスターを特殊召喚することが出来るので更に展開していくことが可能です。 1 :自分メインフェイズに自分フィールドの「フォトン」モンスター または「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。 自分の手札・フィールドからこのモンスターを 攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。 装備モンスターは戦闘では破壊されない。 2 :装備されているこのカードを墓地へ送って発動できる。 デッキから「フォトン・オービタル」以外の「フォトン」モンスター または「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える。 このカードも機械族・光属性なのでデッキからユニオン・キャリアーに装備して効果を発動することが出来ます。 装備されているこのカードを墓地に送ることでデッキからフォトンモンスターまたはギャラクシーモンスターをサーチすることが出来ます。 最後に ユニオン・キャリアーは自身では限界がありますが、他に自分のモンスターがいればそれに合わせて何でもデッキから持ってくることが出来ますので無限の可能性があります。 とても可能性に満ち溢れているカードなので是非皆さん新しい可能性を探してみてください。

次の