お金を返さない人復讐。 お金を返さない元カレに復讐しいたいです

お金を返さない相手に法律の範囲内で仕返しをしたい!

お金を返さない人復讐

このページの概要• 人からお金を借りておいて返さない人の特徴 親、兄弟、友達。 「お金を貸して!」と気軽に言ってくる人はいます。 押しに負けて貸してしまった、でもいつまで経っても返す気配がない。 不安であり不愉快であり、貸した側がどうしてこうもやきもきしなければならないのかと思いますね。 人からお金を借りる人の特徴はありますが、借りておいて返さない人の特徴とはどんなものがあるでしょうか。 あいまいにしたまま忘れるのを待つタイプ 「後で返す」 「もうちょっと待って」 「来月には・・・」 その都度言い逃れをしてひたすら時がたつのを待つタイプです。 返す気がないかといえばそうではなく、大金が手に入ったら返そうとは思っているけれどもまず優先するべきは返済ではなく自分の生活を保つこと。 さらには趣味にかけるお金はあっても返すお金はないというパターンもあります。 貸した側は忘れるはずはないのですが、しつこく返済を迫らなくなれば「忘れたな、ラッキー!」と思うでしょう。 恩情を求めて情に訴えるタイプ 「今、どうしてもお金を返せなくて・・・ごめん」 「給料が減っちゃったんだよ、生活ができないくらいなんだ」 「子供にかかるお金があって・・・」 自分の不幸な境遇や環境を惜しげもなく全面に出して、それなら仕方がないなと思わせたいタイプです。 言い訳が嘘なのか本当なのかは定かではありませんが、そちらの都合と返済をごっちゃにするのは非常に卑怯な方法です。 いつか返すという気があるかもしれませんが、かわいそうだから返済を待ってあげようという思いにつけこみます。 貸した相手を罵倒するタイプ 「返せ返せとうるさいんだよ!」 「返すって言ってるだろ!」 「警察呼ぶぞ!」 本末転倒タイプです。 借りていながら返さないことに都合が悪いのか、怒鳴って相手の口撃を黙らせようとします。 ひどい場合には暴力に訴えることもあるため注意が必要です。 個人間のお金の貸し借りで傷害事件に発展する可能性があるといえるタイプでしょう。 しつこく返済を請求するとこちらがけがをすることも考えられます。 第三者の介入が必要でしょう。 返したと言い張るタイプ 「先月返したじゃん」 「この間の飲み会の支払いでまとめて返したよ」 嘘でごまかそうとするタイプです。 返したと言われればそうだっけと言わざるを得ない状況も作り出せると考えている詐欺師とも呼べるでしょう。 挙句の果てには返していない証拠を求め始めることもあります。 返したと言い張っていれば、それが嘘であっても相手も引っ込むのではないかととぼけ続けます。 周囲を巻き込んで貸した人を悪者にするタイプ 「あいつ、ちょっと借りただけなのに俺を悪者にしてしつこいんだよ」 「今すごく苦しいのに返済返済って優しさがないよな」 周囲から固めて追い込むタイプです。 聞いている側も「借りたやつが悪いだろう」とは思っています。 それでも人を悪く言うことで周囲の同情を買うことを求めています。 周囲に言いふらすことで自分が友達から借金をしたことを触れ回っている事実に気が付きません。 いずれ孤立するでしょう。 貸したお金を返してほしい!警察に言えばどうなる? 個人間のお金の貸し借りに警察が介入することはできません。 民事不介入です。 例えば相手にお金を返す意思がなくても詐欺とはなりません。 借用書と公正証書の違いは? 借用書だけであれば返済に関するトラブルは裁判を起こすことになります。 公正証書であれば裁判を省くことができます。 借用書のテンプレートはこちらでご紹介しています。 まとめ 個人間でのお金の貸し借り。 それが友達であればなおのこと対処が難しくなりますがやむを得ない場合には弁護士に相談をしましょう。 弁護士は相談無料となっているところも増えてきているため信頼できる弁護士を探せるはずです。 警察に相談をしても「返す意思がない」と判断することは難しく詐欺や盗難にすることはきわめて困難です。 いざ調べてみるとお住まいの近くに非常に多い弁護士がいることに驚くでしょう。 弁護士を探す方法は• 無料見積もりがあること• 相談無料であること この2点は最近では珍しくはありません。 自治体が行っている無料弁護士相談もありますが、これでは残念ながら真摯に話を聞いてもらえるかといえば限りなく可能性は少ないもの。 事前に料金が明確になるように無料見積もりがあり、これまで30分5000円の相談料が相場だった弁護士業界でも時間を気にすることなく、料金を気にすることなくしっかりと相談ができる体制が整っていることが弁護士選びでは重要になります。 問題を解決したいために利用する弁護士探しで、弁護士料金が法外だったなどトラブルにならないよう入念に調べていきましょう。

次の

お金を返さない人に仕返しする方法!一生泥棒扱いできる権利。

お金を返さない人復讐

中にはうっかりで借りたものを返さない人もいますが、明らかにお金を返そうという意志が見られない、または返さない自分を楽しんでいるような、そんな風に見える人もいます。 人に物を借りたら、返すのは当たり前。 こんな常識が通用しない、「お金を返さない人」には一体、どんな心理が働いているのでしょうか? 【借金したことある?】 お金を返さない人が「お金を返そうとしない」理由、3パターン お金を「返せない」のではなく「返さない」人には、大まかにわけて3パターンあるようです。 一つ目はうっかり忘れてしまうタイプ。 二つ目は「こんなにかわいそうな境遇にいるんだから、大目に見て」という、恩情を求めているタイプ。 三つ目は、「お金を返さない」ことで自分や他人を否定し、そのことで何らかの欲求が満たされる、もしくは恍惚(こうこつ)感が味わえるゆがんだ自己満足タイプです。 うっかりタイプと恩情を求めるタイプは、問題がこじれにくい!? うっかりタイプと、恩情を求めるタイプは、「この人にお金を貸したら、きっと返ってこないだろうなあ」とわかりやすいため、問題が大きく膨れ上がって、手に負えなくなることは比較的少ない傾向にあります。 なぜなら、うっかりさんはお金以外のことでもだらしないところが多く、容易にお金が返ってこないことが想像できるからです。 また恩情を求めるタイプでは、第三者から見て「返せそうにない」状況にいるため、よほど相手が切迫していない限りはお金を貸そうと思わない(もしくはあげるつもりで貸す)ことが多いもの。 そのため、大きなお金を貸したり、裏切られたりという事態になりにくいのです。 お金の問題で、一番問題になりやすいのが、三つ目のパターンです、「お金を返さない自分に、ゆがんだ自己満足を感じている」ケースです。 「お金を返せない自分」、「借金を踏み倒す自分」にひたる困った心理とは お金を返せない人の中で一番困るのが、この自分や他人を否定することで満足するというタイプの人です。 このタイプは自分、もしくは他人を否定することを好む傾向があり、例えば自分を否定して満足する人なら、お金を返さないことで「やっぱり自分は自分の思った通り、ろくでもない人間だな」と感じて満足します。 また他人を否定するのが好きな人なら、「ろくでもない人間の金を踏み倒してやった」と満足します。 さらに自分も他人も否定するのが好きな人なら「この世は、借金を踏み倒したり、安易に金を貸す、ろくでもない人間ばかりだ」と考えて満足します。 ここまで行ってしまうと、お金を返さないことに罪の意識はないため、自分で悪いことをしているという意識が働かず、さらには「自分の心に問題があるかもしれない」と気づくこともできないため、事態が深刻になりがちです。 このような人は、心の治療に詳しい専門家に診てもらうのが一番適切ですが、本人が気づかないため事態が深刻になってしまうのです。 まとめ 三つ目のパターンの人には、「自己否定・他人否定」の手助けをしないよう、しっかり借金を断るのが大事です。 困った時はお互いさまですが、その優しさがあだとなることもあります。 ぜひ注意して相手を見てからお金を貸すようにしてくださいね。 奨学金や学生時代の借金、車のローンで月々7万円もの返済があり、生活に余裕がないと言います。 しかも、奨学金は40代後半まで続くので、子育てと両立できるのか不安だそう。 返済すべきことが多すぎて不安でたまりません。 なるべく安い食材を探してほぼ毎日自炊したり、自分で開発した化粧品を使ったりするなど、生活費を抑える工夫をしていますが、お金に余裕がありません。 自動車のローンが毎月3万円で、返済期間はあと3年くらい。 奨学金の返済は毎月3万円で、返済は40代後半まで続くので、子育てと返済が両立できるかが心配です。 さらに、学生時代に友人から借りた60万円があり、こちらの返済ペースは毎月1万円で30万円を返し終えました。 友人には一刻も早く返済したいので、残り30万円を銀行から融資してもらってでも返したほうがいいか、悩んでいます。 手取り年収240万円、手取り月収16万円。 家賃1万円。 社宅に住んでおり、会社から補助があるため、住居費が安く抑えられている。 ただし、今年の春から自己負担額が毎月2万円に増える予定。 できればそろそろ引っ越したいが、貯金がないのと会社から遠くなるので決断できずにいる。 ローンや借金の返済総額が毎月7万円、貯蓄は毎月1万円。 フランス旅行に行きたいと思っており、貯金は旅行費用と車検費用にあてるつもり。 結婚式に出席する機会が増えてきたので、臨時出費用として毎月3万1,000円をよけておき、何かあれば、ここから使うようにしている。 花輪 手取り16万円のうち、7万円がローンや借金の返済に消え、残り9万円ですべての生活費をやりくりするとなると、かなり生活は厳しくなりますね。 編集部 奨学金と車のローン、友だちへの借金と返済先が複数あると、今の状況を改善しようと思っても、どうしたらいいのやら……。 「奨学金やクレジットカードのキャッシングは借金である」という自覚が持ちづらいのも一因ですね。 編集部 一度にぜんぶを返済するのは難しそうですが、まずはどれから返せばいいのでしょうか。 花輪 まずは友だちへの借金を返しましょう。 利息などがないから、毎月1万円ずつと少しずつ返せると思うかもしれません。 でも、友だちへの借金は信用と引き替え。 借りた本人はもちろん、周囲にもネガティブな印象を与える可能性もあります。 多少、生活費を切り詰めてでも、一刻も早く返したほうがいいですね。 編集部 優先順位のトップは友だちへの借金返済だとすると、次は自動車のローンでしょうか? 花輪 そうですね。 もし、クレジットカードのキャッシングなどがあれば、そちらを先にきれいにします。 自動車ローンはさほど金利が高くないなら、予定どおり3年で返済しても大丈夫です。 編集部 奨学金はどうでしょうか。 花輪 繰り上げ返済ができればベストですが、難しいようなら当初の予定通りのんびり返済してもいいと思いますよ。 でも、結婚して子どもが生まれたあと、現実的に子育てと奨学金返済を両立できるかどうかが心配だとか……。 実際、これらは両立できるものでしょうか? 花輪 共働きすることが前提になりますが、二人で月々の手取りが40万円弱になれば、十分暮らしていけますよ。 編集部 となると、最初に解決すべきは、友だちへの借金ですね。 編集部 その場合、どのあたりの項目が削れそうでしょうか? 花輪 まず、洋服代を見直したいですね。 「友だちへの借金を返済し終えるまでは新しい洋服は買わない」くらいの覚悟が必要。 クレジットカードもいったん封印するか、せめて限度額を30万円以下に下げましょう。 編集部 そうすれば、一目惚れして、値段も見ずに洋服を買ってしまうという失敗も自然となくなりますね。 花輪 私自身もかつてそうだったんですが、借金があると、その後ろめたさから気持ちも後ろ向きになるし、何をしていても気もそぞろになってしまうんです。 自分のために使うお金を最大限に絞ってでも、短期集中で借金を返すのがオススメです。 花輪 その通りです。 もし、手元に海外旅行をするための貯金があるのなら、その分は友だちへの借金返済にあてたほうがいいです。 残り30万円を返済するまでの一時的なことだと割りきって、交際費もグッと低く抑え、自動車保険も見直しましょう。 編集部 こうやって浮かせたお金をすべて借金返済にあてるわけですね。 花輪 がんばれば半年ぐらいで友だちへの借金は返済し終えるはずです。 すると、毎月1万円の余裕が生まれますから、その分は貯蓄に回すこともできますよ。 自分の収入で返済できる借金には限度があります。 一定額以上に膨らむと、従来の仕事だけでは返済しきれなくなることに。 これでも金利15%以内なら何とか返済可能というギリギリのラインです。 収入が少なければ少ないほど、借金を抱えるリスクは大きくなります。 「貯めてから使う」というマネースタイルは自分と、将来の家族を守る、大切な生活習慣でもあるのです。 (花輪陽子).

次の

お金を返さない人への対処法・知人がお金を返してくれない場合

お金を返さない人復讐

友人にお金は貸さないほうがいい。 これは、友人にお金を貸したら、なかなか返してもらえなかったときの体験記。 僕は友人からお金を借りるなんて絶対にしないんですけど、世の中にはいる。 平気で友達からお金を借りる友人が。 しかも、なかなか返さない人が。 僕の友達にも二人くらいそういう奴がいるんだけど、そのうちの一人にお金を貸してしまったら、なかなか返してもらえなかったことがある。 友人にお金を貸してはいけない。 あげるつもりになれないのなら。 本当にトラブルになる。 読者には同じような体験をしてほしくないので、ここに記事にして残しておくことにした。 友人にお金を貸した顛末 遠方での結婚式のときに ちょっと遠くで結婚式があった。 新婦が共通の友達だったので、僕と、そいつも出席。 で、式の前にこんなことを言い出した。 「ご祝儀を家に忘れてきちゃったんで、貸してくれませんか?」って。 「はあ!?」と思ったけど、結婚式なので、渋々貸してあげることに。 そいつはいつも金がない奴である ご祝儀を忘れても、引き出せばいいじゃんと思うのが、普通。 でも、そいつはいつもお金を持ってない。 飲み会のときも、いろんな人から「ちょっと貸してくれませんか?」とか平気でいう奴。 そういうケースが、何回も。 僕も、何回か仕方なく貸してあげてた。 まあ、数千円ならいいかなと。 返済はいつも遅かったけど。 で、なかなかお金(ご祝儀代)が返ってこなかった 安易にお金を貸すとストレスに ご祝儀代なので、なかなかの額。 友達に貸すには、ちょっと高い。 でも、僕は貸した。 「家にお金あるんで、すぐ返しますよ」とか言う戯言を信じてしまったからだ。 でも、なかなか返さない。 本当、そいつ人間失格だと思った。 ちなみに、その友人と僕の職場は違う そこそこ会うくらいの仲ではあるけど。 なので、すぐ僕の口座に振り込むように言っておいた。 ただ、その場で口座情報と期限を伝えなかったのが、致命的なミス。 「すぐ返す」は信用するな! 「すぐ」って、人によって違う。 そいつにとっての「すぐ」と、僕にとっての「すぐ」は違ったみたい。 お金のやり取りには厳しい僕と、彼の感覚はまるで違った。 「一瞬行ってくる」とか言って、一時間戻ってこないような人もいるので、曖昧な表現は危険かと。 連絡が取れなかった 結婚式が終わった次の日に、口座情報を連絡した。 ところが、数日間応答なし。 仕方なく、そいつと同じ職場の知り合いに「あいつ、金借りといて連絡取れないんだけど、何とかしてくんない?」と頼んだら、頼んだ翌日にそいつから「すみません、ケータイなくしてました!」とか返信が。 「タイミング良すぎるだろ!」というツッコミを入れたのは、言うまでもない。 お金を貸すとき、「返済日と返済方法」は明確に!念を押す! 「すぐ返す」は信用できないので、「~月~日までに、こうやって返せ」というのを、明確にしたほうがいい。 例え、友達でも。 できれば、書面で契約を交わしたいところ。 友達だけど、金銭トラブルを避けるためには、これがいい。 まあ、貸さないのが一番だけど。 なんで自分が友達の生活を援助しなきゃあかんの? そいつ、給料日まで引き伸ばしやがった。 「家にあるからすぐ返す」って言ってたわりには、2週間以上待たされた。 問い詰めたら、僕に返すはずのお金を遊びで使ってたらしい。 こういうことされると、マジで信用なくす。 そのとき、思った。 「なんで、オレが野郎の生活を援助しなきゃいけねーんだよ!」と。 何度も言うけど、僕はお金のやり取りには厳しい。 でも、誰もがそうとは限らない。 それが、世の中ってことか。 前置きが長くなったけど、お金を返さない人の特徴 基本、いつもお金がない そいつ以外にも、なかなかお金を返さないタイプの友人がいる。 その人たちを見てて思うのが、「いつもお金がない」ということ。 まあ、当然か。 お金がないことを公言しない 他人には知られたくないことだから当然だけど、そういう人って、「お金がない」ってことを公にしようとしません。 逆に、そこそこがある人のほうが、「お金がない」なんて言う傾向があるように思う。 約束を守らない 遊びの約束とかしても、平気でドタキャンする。 何かと理由を付けて。 遅刻もしょっちゅう。 僕の「お金を返さない友人」は、チャラ男と草食系なのだけど、こういうところはしっかり共通している。 よく人からお金を借りている そいつらを見ていると、いつも人からお金を借りてる。 かなり頻繁。 しかも、やっぱり「なかなか返さない」が普通。 連絡してもなかなかレスポンスがない これも、そいつらに共通する特徴。 グループLINEで、仲間内で遊ぶ約束の連絡とかしても、そいつらはやたらとレスポンスが悪い。 そいつら、キャラ的には全然違うけど、ホント、こういうところはかなり共通してる。 ギャンブルが好き そういえば、ギャンブル好きなのも共通点。 だから、いつもお金がないのかもしれませぬ。 友人にお金を貸すのはやめよう 経験者から言うと、「絶対に友人とお金の貸し借りをしてはいけない!」になる。 やめたほうがいい。 お金を返さない友人は、金額の大小に関わらず、何かと理由を付けて先延ばしにしてくる可能性が高い。 友人からお金を借りる神経の人はおかしいと思っておいたほうがいい。 それが、お互いの為かと。 助けてあげるだけが友人じゃないっしょ。 お金は、その人の責任。 それを、自分で負うことはない。 マジで。

次の