最強転生オーク。 史上最強オークさんの楽しい異世界ハーレムづくり【単話】(22)は漫画村やzip・rar以外の方法で簡単に無料に読破可能!|無料で漫画を読む方法

楽天Kobo電子書籍ストア: 史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり

最強転生オーク

一言でいうとなろう系の素人っぽさがある作品で、現実逃避したいアラフォーおじさん様達と俺TUEEEEな小学生なら楽しめる漫画になっています。 逆に女性にはオススメできない作品です。 具体的に書きますと… 作者の妄想を固めた感じです。 まず 、異世界転生とい設定ですが全く生かされていません。 最初の10話まで読みましたが、唯一転生したな〜と思うのが料理シーンのため「異世界転生の料理漫画かな?」と思いました。 あと主人公はオークと人間の混血らしいがオークの要素が何一つありません。 他には女を押し倒してはらませろとか言ってるし下品極まりなく女を子供を生むための道具として話しているようです見るに耐えられませんでした。 絵はテラーナイトと言う作品を描いてた人なのでとても可愛いのに内容が残念すぎ絵師の無駄遣いとなってます。 ギャグ漫画として割り切れて、小中学生が書くような異世界転生物が好きな方限定でオススメです。 それ以外の方には紹介できそうもないというのが個人的な感想です。

次の

史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり (ガガガ文庫)

最強転生オーク

*キーワードにもありますが、私のオークのイメージ上、直接的なものはさけつつも性に関する描写があります。 それも下品な方向で。 その手の男性向け描写が嫌いな方はご遠慮ください。 オタクのフリーター、 太田琢郎《おおた たくろう》は童貞のまま、俗に言う魔法使いになれるという30歳を迎える。 その誕生日当夜、実にくだらない死に方をしてしまった琢郎を、腹を抱えて笑いながら謎の空間で出迎える少年。 少年曰く、30歳まで異性と結ばれることなく人生を過ごしてしまった者は、世界不適合者として神様が管理するもう1つの世界へと転生する資格が与えられるという。 そこはいわゆる剣と魔法の世界で、それが『30歳まで童貞を保つと魔法使いになれる』という都市伝説の答えの1つなのだ。 ただし、普通は30歳以後の人生を採点して得たポイントで転生先の希望調整を行うため、当日に死んだ琢郎は、30歳までの人生で決定される魔法の才能だけを加えられ、そのまま初期設定状態で転生することになってしまう。 次に琢郎が自分の意識を取り戻した時、彼はオークとなっていた。 魔法の才能がある反面、オークとしては劣っていた琢郎は、群れの中で底辺層に置かれてしまう。 こっそりと魔法の練習をしつつ、いずれ群れを出ようと考えていたが、その前に冒険者に巣を襲撃される。 1人逃げ延びた琢郎は、前世の人間としての意識から人里に興味を持つ。 生活の拠点こそ人の通わぬ山中に構えるが、食事や生活に必要なものを求めて人間に紛れて町へ通う。 そうした中で、森で1人の少女を助けたものの、その時に正体を見られて少女を町に帰せなくなり、なりゆきで生活を共にすることとなる。

次の

史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり(ガガガ文庫)

最強転生オーク

そのイベントの中で本作、 『史上最強オークさんの楽しい異世界ハーレムづくり』 が5作品の中で1番の盛り上がりを見せています。 大変失礼だが読んだ感想は、あまりに下品。 男から見ても容認できぬ女性蔑視。 作者の人間性を疑う。 反吐が出る。 掲載中止希望。 こんなセクハラじみた話を何を考えれば掲載できるのか、 このコメントを書くためにいいねを押すのさえ躊躇った。 掲載中止を希望する声も… 手厳しい意見が多いですね。 特に女性の扱いの描き方に反感を買われている感じです。 『史上最強オークさんの楽しい異世界ハーレムづくり』が批判される理由 批判される理由を端的に言ってしまうと、 女性軽視を思わせる表現が多いからでしょう。 例えば 「つまり、強ければ女の子に股を開かせることができます。 」 とか 「そして雌は、強い雄の子が欲しくなる生き物なんだ、って気付かされました! 」 なんて表現が非難の対象になりやすそうですね。 あと、 生々しい言い回しを嫌がる人もいるかもですね。 個人的な感想を言わせていただければ、 「めっちゃ面白い! 続きが気になってしょうがない!」 とまでは思い至りませんでしたが、 少なくとも嫌悪感等はありませんでした。 絵はスゴくキレイで見やすいですし、 これからカワイイ女の子をもっといっぱい描いてくれるのかなと、 ちょっとした期待もあります。

次の