南京 玉 すだれ 由来。 トラックロープの荷台への結び方!輸送結び・南京結び・もやい結びまで

タマスダレ

南京 玉 すだれ 由来

南京玉すだれとは・・・昔、富山の民謡「こきりこ節」の中に「さらさ踊り」があり、これが発端で江戸時代に江戸の遊芸となり、明治に入り寄席に登場。 自由自在変化する妙技は一見の価値有り。 古人の自由な発想と工夫の色々を味わうことで喜びは倍増する。 芝辻しげを の演目で「南京玉すだれ」: 一千年の歴史、古典芸能『南京玉すだれ』、生まれは富山県の五箇山に伝わる編竹(ささら)踊りの伴奏に使われた編竹(ささら)と言う楽器がルーツ。 何故『南京』か? 等々、由来の口上と唄、踊り、形作りを演じ、客にも即席の体験上演をしてもらう芸。 芝辻しげを「南京玉すだれ」の写真あり: *だんだん見えてきましたよ。 以上、調べたら有りましたね。 写真で見ると細い竹製の巻き寿司を作る時のあれみたいです。 だから「小竹簾」が適切みたいですね。 どうして南京玉と言うのか口上の中で説明するそうです。 普通は「南京~~」というと、中国から渡ってきた渡来物って感じでしょうか。 南京豆・南京錠・南京袋・南京銭など。 古い昔に日本語になった「南京玉」というのは、陶製やガラス製のごく小さな孔のあいた飾り玉のことらしいです。 そして首飾りやビーズにして使用したそうです。 *「アさて、アさて、さては南京玉すだれ・・・」という大道芸人?の口上が長々と続くようです。 口上を述べながら玉すだれを使って小技をどんどん出していく芸能でしょうか。 そして「さぁこれは一体何でしょう」みたいなニュアンスで周りの見物に問うているような気がしました。 -------------------- そこで中国語ですが、これは難しいなぁ!! 実物を見て、どんな顔してどんな仕草でやったかを知ることが出来たらなんとと無く翻訳できますが・・・(汗)。 「あ~! さて、あ~! さて、さては南京玉すだれ だぞ~ッ 」と仮定すると・・・ あ~! は注目を集めるための「掛け声」。 さて、 は「さてはてなんだろう」。 以上を繰り返し。 さては は「さてはて!」「さ~てハテナ?」。 南京玉すだれ は「小竹簾子」。 '子'または'儿'はちっちゃな物・可愛らしい小物の語感を出します。 だぞ~ッ は 「ai! ai ya ya ai! ai ya ya 這就是南京小竹簾 子 的 wa! 」。 ai1!または wei4!:ai 口編にムの下に矢 でもしもしと人に呼びかける語。 wei 電話の掛け声のウエイと同じ文字 注意を促す。 ai1 ya1 ya1:ai 口編に艾 ヨモギ。 三文字一組で さ~てさ~てはたして の感嘆助詞。 這就是南京小竹簾 子 的:これこそは南京玉のれんだ ぞ~。 wa 軽声 :哇。 語気詞で「~だぞ」みたいなものです。 すみません、訳すことはできないのですが、日本語の意味がよくわからない……とのことなので。 「南京玉すだれ」と言うのは、すだれをいろいろな形に変えて見せる伝統的な大道芸の一種です。 昔はテレビなどでも見かけましたが、最近は見なくなりましたね。 この「あ、さて あ、さて さては南京玉すだれ」というのは、芸人さんが南京玉すだれをはじめるときのセリフです。 このあと「ちょいと伸ばせば、ちょいと伸ばせば……」などと続きます(技によってセリフは変わります)。 どちらかというと古い日本語ってことになるんでしょうか。 ご質問のセリフは、この芸の導入部分に当たりますので、「さあさあ、始まるよ!見てください!」という感じなんだと思います。 ですので、この「さて」は、物事を始めるときの掛け声で、たとえば、「さて、ご飯を食べよう」とか「さぁ、行こう」の「さぁ」と一緒なのではないでしょうか。 最後の「さては」は、深読みすれば、「(いろいろ形は変わるけれども)やっぱり(ただの)南京玉すだれ」と読めないこともないですが……調子を整えるために「は」がくっついただけで深い意味はないように思います。 回答にはなっていないと思いますが、ご参考になれば…… こんにちわ。 「a1! 看起来... a1! ai1 ya1 看起来可真是南京珠簾子ya1」= 深く感じ入って、多少疑り深く、見たところ、もしかして、南京玉のすだれじゃん。 「あッ! やっぱり、やっぱり、さては南京玉すだれ だ 」の感じなら; 「a1! 果真,果真,果然是南京珠簾子ya1」= 深く感じ入って、多少疑り深く、思い直して、案の定、南京玉のすだれだった。 以上を適時組み合わせて遊んでみてください。 私も頭の体操をしてみました。 ------------- 参考単語; a1:口編に阿。 (感嘆詞)。 驚きのア。 ai1:口編に艾 ヨモギ。 呀ya1:感嘆詞。 驚きのア。 思わず発するアッ。 呀ya 軽声 :語勢を整えるため文末に付加する助詞。 ai1 ya1:さてさて。 あれまぁ。 おいおい。 あれあれ。 珠zhu1:たま。 簾lian2:簡体字は穴冠に巾。 布製のカーテン。 のれん。 簾子:すだれ。 竹や葦で編んで日よけなどに用いる。 珠簾:たまだれ。 たまのれん。 小珠が数珠繋ぎになっていて玄関廊下やキッチンの入り口などに垂れ下がっている暖簾(のれん)のようなもの。 珠簾子:玉すだれ。 果然guo3 ran2:案の定。 看起来kan4 qi3 lai2:見たところ。 ------------ *果真:はたして。 やはり。 案の定。 果真是他=やはり彼だった。 果真是這様,那就... =やはりこうだった、それなら・・・。 他果真還活了=彼はやはり生きていた。 *竹lian2:竹製のすだれ。 竹の薄板すだれ。 細い竹のすだれ。

次の

「さては南京玉すだれ」の南京はどこ?

南京 玉 すだれ 由来

概要 [編集 ] 芸人が 「アさて、さて、さてさてさてさて、さては南京玉すだれ」の威勢良い掛け声とともに玉すだれをおもむろに取り出し、 「ちょいとひねれば、ちょいと、ひねれば、に早変わり。 日米国旗をちょいと伸ばせば、…」といった風に、簾の形状を次々と変えて見せる。 現在町で見かけることはほとんどなく、などで演じられることが多い。 イベントで行われる場合には、数人が並んで同じ技を見せることもある。 使われるすだれの玉数は流派などによっても違いがあり、24本、36本、46本などいくつかのバリエーションがある。 現在、日本にはいくつもの保存会や流派があり、などでも教室が数多く開かれている。 発生と名前 [編集 ] 日本南京玉すだれ協会では、「発祥はで、同県の民謡節に用いられるが原型」としている。 「玉すだれ」はの短歌にもでてくる言葉ではあるが、一般的なすだれと同様に目かくしや日光遮断のために屋内で用いる家具のことであった。 玉すだれを使った「南京玉すだれ」という大道芸が現れたのは江戸期になってからである。 名前から発祥だと勘違いされやすいが、発祥である。 本来は「唐人阿蘭陀南京無双玉すだれ」と称されており、「唐人にも阿蘭陀にも二つとない小さな玉すだれ」という意味で付けられたといわれている。 大国の大都市であった南京の名をつけることで、すだれの希少性を強調し芸の価値を高める意図があったと思われる。 歌詞 [編集 ] 以下は、南京玉すだれを演じる際の歌詞の一例である。 1 アさて アさて アさて さて さて さて さては南京玉すだれ チョイと伸ばして チョイと伸ばせば 浦島太郎さんが浜辺にて 魚釣る竿にさも似たり 魚釣る竿がお目にとまれば元へと直す 2 さてさてさてさて さては南京玉すだれ チョイと伸ばして チョイと伸ばせば 瀬田の唐橋 唐金擬宝珠 擬宝珠ないのがお慰み 瀬田の唐橋 お目にとまれば元へと直す 3 さてさてさてさて さては南京玉すだれ チョイと伸ばして チョイとひねれば 越すに越されぬ 箱根の関所 関所が お目にとまれば 炭焼き小屋に早変わり 炭焼き小屋が お目にとまれば元へと直す 4 さてさてさてさて さては南京玉すだれ 東海道は五十と三次 中山道は六十と九次 西へ東へ飛脚の姿 あまた宿場になくてならない 茶店の看板 さも似たり 茶店の看板 お目にとまれば元へと直す 5 さてさてさてさて さては南京玉すだれ チョイと伸ばして グンと伸ばせば 阿弥陀如来か釈迦牟尼か 後光に見えればお慰み 後光が お目にとまれば 元へと直す 6 さてさてさてさて さては南京玉すだれ チョイと返して チョイと返せば 日本三景天橋立 浮かぶ白帆にさも似たり 浮かぶ白帆がお目にとまれば 元へと直す 7 さてさてさてさて さては南京玉すだれ チョイと返してチョイと返せば 万国国旗にさも似たり 万国国旗が お目にとまれば しだれ柳に早変わり しだれ柳に飛びつく蛙 かわず 蛙いないがお慰み それでは皆様 お達者で あらエッサッサ〜 関連項目 [編集 ]• 玉簾の特技を持ち、CMで披露したこともある。 ::玉簾の芸ができる。 :扮する「かげろうの影太郎」の殺しの道具が玉簾。 表稼業はそれを扱った大道芸人。 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる(ポータル 日本・)。

次の

質問!ITmedia

南京 玉 すだれ 由来

表演南京玉帘的道具套装,内含变出鱼竿和等不同形状的说明书 ,日本积极进行唐化,并从中国输入了许多唐代的生活器物,当中包括了 ( 日语 : )。 ,(即现在的一带)的药商在、和等大城市推销时,在河边、桥头或广场等多人行经的地方表演此类曲艺,借此吸引行人目光,然后再贩卖商品。 随此之后,南京玉帘慢慢演变成一种受欢迎的街头艺术,并演化出不同流派。 截至2013年,协会在日本全国共有79间南京玉帘教室 ,更曾受邀在、、(檀香山文化节)和等地进行演出。 演出 南京玉帘的表演者会首先拿着竹制玉帘(标准长度为一、即约33 ,但一般长20至30厘米不等),并将玉帘耍成、、、、像、、阴历十五的圆月、等各种形状,而在近代也加入了新的演出元素,如和日美等。 天山网. 2010-09-16 [ 2014-06-11]. (存档于2014-07-14). scrapbase. 2013-02-26 [ 2014-06-11]. 2014-01-18 [ 2014-06-11]. ギネス世界记录. 2013-06-04 [ 2014-06-11]. 日本伝统芸能南京玉すだれのホームページ. [ 2014-06-11]. (存档于2013-03-07). 日本南京玉すだれ协会. [ 2014-06-11]. (存档于2013年12月6日). 日本伝统芸能南京玉すだれのホームページ. [ 2014-06-11]. (存档于2013-06-01).

次の