出産祝い 結婚祝い 祝儀袋。 出産祝いのご祝儀袋。知っておくべき正式な書き方とカジュアルにしたいときのマナー

これで完璧!結婚祝いご祝儀袋の書き方と金額・マナー徹底解析

出産祝い 結婚祝い 祝儀袋

「出産祝い用の封筒って決まりがあるの?」「結婚式のときと具体的にどう違うの?」など、マナーについて疑問や不安を抱えている方も多いでしょう。 慶び事の際、紅白の飾りの付いた封筒に現金を包むのをよく見かけますよね。 正しくは「ご祝儀袋」、または「のし袋」などと呼びます。 種類はいくつかあり、それぞれにふさわしい場面で使うのがマナーとされています。 例えば水引(紅白の飾りひも)ひとつとっても、出産祝いに適した水引と、結婚式に適した水引は違うのです。 今回は、ご祝儀袋について詳しく解説します。 表書きの書き方や、郵送する際の宛先などについてもご紹介しますので参考にしてくださいね。 出産祝いに使う水引は「蝶結び」 はじめに、出産祝いの水引についてご説明します。 「水引」とは、ご祝儀袋の周りに付けてある、布などでできている紐のことで、慶事用は紅白の色のものが主流です。 水引には様々な結び方があり、使うシーンによって選ぶべき形が異なります。 出産祝いにふさわしい水引は 「蝶結び」です。 蝶結びは別名「花結び」とも呼ばれています。 紐を引っ張ると簡単に解けて、また簡単に結び直せることから「何度あっても良い縁起ごと」の時に使用されるものです。 出産は何度あっても嬉しいお祝い事ですので、蝶結びの水引を選んでください。 最近では、おもちゃや動物をモチーフにした水引や、フェルトなどの素材でできたご祝儀袋も販売されています。 このようなおしゃれにこだわったデザインのご祝儀袋は親しい友人や家族に赤ちゃんが生まれたときに贈ると喜ばれるでしょう。 反対に、職場の上司や取引先の人、目上の方などに贈る場合は、伝統的なご祝儀袋を使うようにしましょう。 可愛いからといって、どんな相手にもおしゃれなデザインのものを選ぶことはおすすめできません。 正式なものが良い場合とカジュアルでも許される場合、それぞれをわきまえて上手に使い分けましょう。 結び切り・あわじ結び・梅結びはNG 水引は蝶結びの他にも、「結び切り」「あわじ結び」「梅結び」などがあります。 水引の端が上向きで、紐が固く結ばれており、どれも簡単には解けません。 これら3種の結び方は、一般的には出産祝いにふさわしくないとされています。 その理由と、それぞれに込められた意味を見ていきましょう。 ・結び切り…固く結ばれて解けないことから「一度きりでありますように」という意味で、結婚式や快気祝いなどのお祝い事で使用する。 ・あわじ結び…「あわび結び」とも呼ばれる。 アワビの形を模したような結び方で複雑になっているため、「結びつきの強さ」を表すとされ、こちらも結婚式に適している。 ・梅結び…結び切りやあわじ結びよりもさらに高度な結び方で簡単には解けません。 華やかな見た目からも、結婚式で高額を包む場合に使用されることが多い。 このように、水引には様々な種類がありますが、 出産祝い・入学祝い・開店祝いなどの、何度あっても嬉しい慶び事には「蝶結び」がいちばん適しています。 間違って蝶結び以外を出産祝いに使ってしまうと「これ以上子供が生まれないように」という意味に受け取れてしまい、大変縁起が悪く失礼に当たります。 水引の違いはマナーの重要ポイントですので、正しい意味を理解して、マナーに沿って気持ちよく受け取ってもらえる出産祝いを贈りましょう。 出産祝いに向かないご祝儀袋は? 出産祝いに向かないご祝儀袋の特徴を4つご紹介します。 結び切り・あわじ結び・梅結びの水引 先にご説明した通り、出産祝いに適した水引は「蝶結び」です。 そのため、結び切りやあわじ結び、梅結びの水引は避けましょう。 ご祝儀袋を購入するとき、「出産祝い用」なのか「結婚式用」なのか、封筒を包んでいるビニール袋や商品名に記載されていることがほとんどです。 もしはっきりしないようならお店の人に必ず確認してから購入しましょう。 印刷された水引の封筒 出産祝いには、 印刷された水引の封筒は避けましょう。 なぜなら、印刷された水引の封筒は、少額を包む場合やお心付け用に使われる簡易形式からです。 正式なご祝儀袋を購入する時間がなかったからといって、コンビニなどで水引が印刷された封筒を選んでしまうと失礼に当たります。 近しい友人や身内に贈るなら使用しても問題にならないかもしれませんが、職場関係や目上の人に贈るときには必ず実物の水引がついている正式なご祝儀袋を選びましょう。 水引が10本になっているもの 水引が10本になっているご祝儀袋は「結婚式用」です。 出産祝いには相応しくありませんので、選ばないように注意しましょう。 水引の本数は「3・5・7・10本」と4種類あります。 ・3本…粗品を贈る、少額を包む場合など ・5本…基本的な本数 ・7本…少し豪華な品物を贈る場合など ・10本…「割り切れる=別れる」という意味ではなく、「5本が2倍=喜びが2倍、喜びが重なる」などの意味で結婚式に適している それぞれに上記のような意味があります。 そのため、出産祝いでは基本的な5本の水引を選ぶようにしましょう。 自分が包む金額に合わせて、3本や7本を選んでも構いません。 ただし、10本の水引は結婚式に用いるのが慣例ですので留意しておきましょう。 「寿」と表書きされているもの ご祝儀袋の表書き(お祝いの名目)に「寿」と書かれたものが多く販売されていますが、これは出産祝いに適していません。 「寿」という言葉は、お祝い事やおめでたいイメージを持っている方も多いでしょう。 しかし、この言葉も結婚式専用で使われる表書きの言葉です。 一般的に出産祝いには使用しませんので注意しましょう。 ご祝儀袋の表書きの書き方は? 次に、ご祝儀袋の表書きの書き方について解説していきます。 出産祝いの表書きは「御祝」「御出産御祝」 表書きは、「御祝」や「御出産御祝」がおすすめです。 このほかにも「御出産祝」「祝御出産」などの書き方もあり、間違いではありませんが、これらは4文字なのであまりおすすめできません。 4文字は「4=死」と不吉な連想をしてしまうとされているからです。 相手によっては縁起をかつぐ方もいるかもしれませんし、普段なら気にならないことも出産祝いや結婚式などお祝い事の際には気になってしまうという場合もあるでしょう。 できれば4文字の表書きは避けたほうが無難です。 中央下部の名入れ部分は自分の名前を 表書きの直下、水引よりも下の名入れ部分に自分のフルネームを縦書きで書きましょう。 これは、「誰からの出産祝いなのか」が明確にわかるようにするためです。 名前を書く時には「御祝」などの表書きの文字より、少しだけ小さめに書くと全体のまとまりがよく、バランスを整えることができます。 黒の毛筆または筆ペンで書く 出産祝いのご祝儀袋に文字を書く時には、 基本的に「黒の毛筆」または「黒の筆ペン」を使います。 筆の扱いに慣れていない方は難しいかもしれませんが、心を込めて丁寧に書くことが重要です。 もしも、どうしても筆で書くのが難しいと感じたら、毛筆タッチに近いサインペンを使用しましょう。 現在では、筆ペンの文字に似せて書けるサインペンなどが売られていますので、そういったものを利用しても良いですね。 身近な筆記用具として、鉛筆やボールペン・万年筆がありますが、これらをご祝儀袋の表書きに使用することはNGとされています。 普段使っているため書きやすいものですが、正式なお祝い事のときには不向きですので注意してください。 また、色は必ず「黒」を選びましょう。 間違っても 「薄墨色」の筆ペンは使わないでください。 薄墨色の筆ペンは、お葬式や法事で使われる香典袋などに使用される、不祝儀専用のものです。 必ず濃い黒を使用してください。 連名で贈るご祝儀袋の書き方 続いて、出産祝いを複数人で出し合って贈る場合の、連名の書き方についてご説明します。 2人の連名の場合 連名になる相手と上下関係がある場合は、右から格上・年長者、その左に次の格の人という順番で書きます。 このときの名前の配置は、目上の人の名前を中央に置き、目下の人をその左に書く、というケースが一般的ですが、最近では2人の名前全体が左右中央になるようにバランスを取る配置も増えてきています。 また、連名にする相手が友達同士などの同等な立場ならば、五十音順に並べて書きましょう。 夫婦で連名にして贈る場合には、世帯主(主に夫)の名前をフルネームで中央に書き、その左側に妻の下の名前だけを記入します。 夫婦連名の場合は、妻の苗字は省きます。 また、夫婦別姓の場合は2人ともフルネームで記入します。 3人の連名の場合 3人の連名の場合についてご説明します。 3人の中で上下関係がある場合も、右から格上・年長者、その左に次の位の人、その左に一番下の位の人という順番です。 配置は2人の連名の場合と同様です。 一般的にはご祝儀袋の中央に一番格上の人の名前を書き、その左側に後の2人の名前を続けます。 しかし近年では、3人のうち真ん中の人の名前が中央になるようバランスを取る配置も増えています。 友人同士の場合は、五十音順で同じ配置にします。 4人以上の連名の場合 4人以上の人数で連名にする場合には、ご祝儀袋の表書きに全員の名前を書くことは避けましょう。 4人以上になるときは、ご祝儀袋の表書きに代表者1名の名前をフルネームで書き、その左側に少し小さめの文字で「外一同」もしくは「他一同」と書きます。 代表者以外の名前は、和紙や奉書紙(ほうしょし)を用意して書き並べ、ご祝儀袋の中に入れておきます。 和紙や奉書紙に書く時には、まず紙の上段中央部分に「御祝」など、ご祝儀袋の表書きと同じ名目を記入します。 次に、下段に格上・年長者から順に、右から左へと名前を配置していきます。 友達同士なら五十音順で並べましょう。 格や年齢にかかわらず、すべて同じ大きさの文字に統一します。 【中袋】出産祝いの中袋の書き方 ご祝儀袋の中に入れられているシンプルな袋を「中袋」または「中包み」と呼びます。 中袋にも文字を書きますが、こちらも「黒い毛筆」または「黒い筆ペン」で書くのがマナーです。 住所などを書く欄が細く、筆では書きにくい場合はボールペンなどでも問題ありません。 表側には包んだ金額を記入する 中袋の表側には、包んだ金額を記入します。 このときのルールは、「旧字体・漢数字・縦書き」が一般的ですが、難しいようであれば通常のアラビア数字(1、2、3など)でも構いません。 旧字体の漢数字は以下を参考にしてください。 ・5,000円…伍阡円(または、伍阡圓) ・10,000円…壱萬円(または、壱萬圓) ・20,000円…弐萬円(または、弐萬圓) ・30,000円…参萬円(または、参萬圓) ・50,000円…伍萬円(または、伍萬圓) ・70,000円…七萬円(または、七萬圓) ・80,000円…八萬円(または、八萬圓) ・100,000円…拾萬円(または、拾萬圓) 結婚式では、不吉な連想をしてしまう可能性のある数字は避けていますが、出産祝いでも同じ考え方です。 一般的な出産祝いでは、40,000円、60,000円、90,000円は包みません。 ただし、20,000円は包んでも大丈夫です。 結婚式では、基本的に偶数の金額は「割り切れる=別れる」という意味から包みませんが、出産祝いなら20,000円でもそこまで気にする必要はないとされています。 もし、複数人で出し合った結果、包む金額が40,000円になってしまう場合には、30,000円を現金で包んで残りの10,000円でプレゼントを別に用意するのもおすすめです。 また、金額を書く際には必ずはじめに「金」という文字を書きます。 例えば、「金伍阡円」「金壱萬円」などです。 「金」をつけたり旧字体の漢数字で書くのは、簡単に数字を書き変えられないようにするという意味があります。 もしも「一万円」と書いてあれば、「十万円」と簡単に書き変えることができるからです。 金銭トラブルを避けるためにも、旧字体の漢数字で、はじめに「金」という文字をつける慣習があるのです。 裏側の左下に名前と住所を 中袋の裏側には、ご自身の名前と住所を書きます。 これも、中袋だけの状態になったときに「誰からの出産祝いなのか」がわからなくなるのを防ぐためです。 一般的には、中袋の裏側左下あたりに書きますが、裏面の中央あたりに書くこともあります。 どちらでも問題なく、マナー違反になることはないので書きやすいところでOKです。 基本的には、名前も住所も縦書きです。 ただし、住所で使う番地などの数字に関しては、無理やり漢数字にしなくても構いません。 漢数字で書く場合は、旧字体ではなく通常の漢数字で大丈夫です。 また、裏側に包んだ金額を記入する欄が印字されている中袋もあります。 欄が印字されている場合には、表側に旧字体の漢数字で金額を書く必要はありません。 どちらかに記入すれば大丈夫です。 もしも、表側に金額を書いてしまった後に裏に欄を見つけたら、欄は空白にしておきましょう。 名前を書く場所がないガーゼのご祝儀袋について 近年、赤ちゃんへの贈り物として ガーゼで包まれたご祝儀袋なども多く販売されています。 これは包んであるガーゼを洗って、赤ちゃん用に再利用できるようにとデザインされているものです。 しかし、ガーゼの上から表書きや自分の名前を書くことはできません。 もしも、購入したご祝儀袋に名前を書く場所がない場合には、中袋だけに名前と住所を記入しておきましょう。 また、中袋も付属されていないなどで、どこにも名前が書けないという場合には、ご祝儀袋に入るサイズのメッセージカードを準備して、メッセージとともに名前も書いておくことをおすすめします。 メッセージの例は以下の通りです。 ・ご出産おめでとうございます。 母子ともに健康だと伺い、喜びと同時に安心しました。 また時間があるときに赤ちゃんのお顔を見せてください。 赤ちゃんとご家族のご健康とご多幸をお祈りしています。 元気な赤ちゃんに早く会いたいです。 今度お店にも遊びに来てください。 赤ちゃんの健やかなるご成長を願っています。 お金だけ贈るのは気が引けるという方は、ぜひメッセージカードも同封してくださいね。 出産祝いを送る際の宛名書きは 出産祝いをご家族に対して贈るのか、生まれてきた赤ちゃんに贈るのか、命がけの出産を終えたママに贈るのか。 いざとなると、ちょっと悩んでしまうものです。 実は現金でも品物でも、出産祝いを郵送する際の「宛名書き」を誰にすれば良いのか迷う方が非常に多いのです。 出産祝いを贈る相手は、基本的に 出産を無事に終えた母親とされています。 そのため、出産祝いを郵送する際の宛先は「母親宛」にしましょう。 例えば、男性Aさんが、友人の男性Bさんに赤ちゃんが生まれたので出産祝いを贈る、というケースを考えてみましょう。 この場合、出産祝いの宛先を友人Bさんの名前にするのは適切ではないとされています。 Aさんが出産祝いを贈る相手は、あくまでもBさんの妻です。 間違いやすいですが、出産祝いとは本来、出産を終えた母親に対してのものですので注意しておきましょう。 ママと赤ちゃんの連名もOK 出産祝いを贈る時点で赤ちゃんの名前がわかっている場合は、 「母親+赤ちゃんの名前」の連名を宛先にしても良いでしょう。 赤ちゃんへの祝福の気持ちも表現でき、より丁寧な印象を与えます。 名前が決まっていない、または名前を知らない場合は、「赤ちゃん」と宛名書きにしてしまうのは不適切です。 このようなときは、やはりママの名前だけを宛先に書きましょう。 まとめ 今回は、出産祝いのご祝儀袋について詳しく解説しました。 ご祝儀袋は、結婚式の時とは異なるマナーがいくつかあります。 ポイントは以下の通りです。 ・蝶結びの水引を選ぶ ・水引は5本が基本 ・表書きは、「御祝」や「御出産御祝」がおすすめ ・出産祝いを郵送する際の宛先は、「母親の名前」もしくは「母親+赤ちゃんの名前」を記入する 「出産祝いはお祝い事だから、結婚式と同じでいいだろう」と考えるのではなく、出産祝いには出産祝い、結婚式には結婚式に相応しい正式なルールがあることに留意しましょう。 こうしたマナーを知らずにいると、せっかくお祝いを贈っても「あまり祝福してくれていないのかな?」と相手に不快な思いをさせてしまう可能性があります。 基本マナーをしっかり守り、祝福の気持ちをしっかり相手に伝えましょう。

次の

出産祝いの【祝儀袋・のし袋の書き方】の疑問を全て解決します!

出産祝い 結婚祝い 祝儀袋

出産祝いの書き方 熨斗紙・のし袋 見本 水引きは紅白の蝶結びのものを選びます。 [表書き] 「御祝」「御出産御祝」 「祝御出産」「御出産祝」など [下段] 姓または氏名(フルネーム)を書きます。 [夫婦連名の場合] 夫婦の場合の書き方は中心に夫の氏名を書き、妻の名を左に書きます。 出資したメンバーの氏名を書いた紙を袋の中に入れます。 [封筒タイプの袋やカジュアルな祝儀袋] のし袋ではちょっと堅苦しいと思う方用に、かわいいデザインの出産祝いの祝儀袋も販売されています。 中にはキャラクター付きのものや、赤ちゃんのイラスト付きのものもあります。 また、メッセージを書き込めるカードがついているものもあります。 出産祝いの中袋の書き方1 中袋の表側の書き方 見本 中袋がついているタイプののし袋があります。 金額を記入する欄が枠線などで印刷されているタイプでは枠線の中に金額を書きます。 横書きであればアラビア数字(1,2,3…)で構いません。 それ以外は中袋の表面に見本画像のように金額を書きます。 縦型の封筒の場合には金額も漢数字を使って縦書きにします。 右の見本画像では「一」を旧字体の「壱」にしましたが無理に難しい字を書く必要はありません。 ちなみに「金五千円也」などのように円のあとに「也(読み方=なり)」をつける必要はないとされます。 (はみだし知識…也は帳簿や証書などにおいて、それ以下の端数がないことを表すために使います。 「金五千円也」は、百、十、一の単位の端数がないことを示す形です。 ) 正式には外側の袋と同じ筆記具を使って書くのがマナーですが、書くエリアが小さい場合には黒インクのペンやボールペンを使いましょう。

次の

出産祝い 書き方》連名・メッセージ・中袋内袋・ペン/祝儀袋/五千円/一万円

出産祝い 結婚祝い 祝儀袋

出産祝いに使う祝儀袋の選び方 出産祝いのときに、そのお金を包むのに使う祝儀袋。 日常的なお祝いごとと異なり、人生の中でも記念すべきお祝いごとの出産祝いや結婚祝いで使う祝儀袋はただ裸にせず隠すためのものではなく、それ自体でもお祝いの気持ちを伝えるものです。 相手に思いのあるお祝いができるように、相手に応じて適切なものを選びましょう。 使用する祝儀袋を選ぶ際は、大きく分けて2点あります。 それは、「水引きの結び方や種類」「祝儀額と袋のバランス」です。 せっかくお祝いで渡す祝儀もその袋によって、失礼なものになってしまいます。 ここ数年では出産祝い用にかわいいデザインの水引きも増えてきていますが、目上の人に贈る場合などきちんとしたデザインのものを選びましょう。 水引きの種類 出産祝いの水引きは、紅白の蝶結びの御祝儀袋を使います。 蝶々結びは、何度解いても結ぶことができることから、何度経験してもうれしいという思いを込めて用います。 袋の色は基本「白」 祝儀袋の色は、どんなお祝いのときであっても白が正式なものです。 ピンクやブルーなどのデザイン性の高いものも多く見られますが、親しい友人間で使うのが良いと思います。 金額に見合った祝儀袋を選ぶ 祝儀袋は、贈る祝儀の金額を考慮してその格や豪華さを選びましょう。 袋の格・豪華さもバランスが取れていなければ、贈られた相手がもらった際に恐縮してしまったり、お返しをする際に負担に感じたりしてしまいます。 祝儀袋を選ぶ目安は、以下の祝儀の値段をそれぞれ参照してみてください。 どれもほんの少し異なるだけでマナー違反にあたるのでしっかりチェックしましょう。 結び切り 「二度と繰り返さないでほしい」という思いが込められており、葬式や結婚式などといった、婚礼関係や全快祝い、弔事全般に用います。 水引10本 水引は10本は婚礼関係でのみ用います。 これは、偶数という意味ではなく、奇数の5本を倍数にした二重陽結びのほか、十分に満ちあふれているという意もあり、豪華さを表しています。 印刷された水引き 水引きやのしが印刷されている祝儀袋は、高額の現金を送る際には向きませんので避けた方がよろしいです。 金額が少ない心付けの場合にのみ用いるようにしましょう。 どうしてもこれしか用紙できなかった場合は、中包に和紙などを利用して祝い金を包むという最低限の心遣いをしましょう。 表書きが「寿」 出産祝いのときの正しい祝儀袋の表書きは、「御祝い」や「御出産御祝」です。 「寿」や奇数ではなく偶数の表書きは、マナー違反なので避けましょう。 出産祝い祝儀袋の書き方 正しい選び方がわかったところで次は書き方についてです。 思いのこもった正しい手書きの祝儀袋で渡すお祝いは、相手もずっと喜ぶと思いますよ。 毛筆を使って手書きで書く 最近ではPCやワープロで印刷する人もいますが、これはれっきとしたマナー違反です。 毛筆の準備が厳しいという場合であっても、筆ペンや万年筆、サインペンを使いましょう。 ボールペンはNGです。 また、できるだけ丁寧に楷書で書くようにしましょう。 表書きは「御祝」が基本 表書きは「御祝」「御出産御祝」などが一般的です。 また、「祝御出産」などの四文字の文言は死を連想させるのでマナー違反、「寿」は結婚祝いのときのみ使用するので、注意しましょう。 氏名の記入について 下の段には姓のみ、又はフルネームで記入します。 夫婦連名の場合は中央に夫、左側に妻の名前を書きます。 自分の名前のサイズは、相手方の名前より大きく、主張が強くならないようにしましょう。 中袋について 中袋がついている場合は、表中央に漢数字を使って金額を記入します。 裏面には住所氏名を書きます。 また、職場などでまとめて渡す場合は、中に氏名を書いた紙を入れておきます。 気持ちの良いお祝いを! 出産祝いの祝意袋はお金を包んでいるだけのものと思ってはいなかったでしょうか?しかしそのお祝いは、送る相手にとっては一生でかけがいのないお祝い事。 せっかくお祝いするのであれば、お互いが気持ちよくやり取りができるようにしたいですね!これは他の慶事ごとにも共通しているので、最低限のマナーは抑えておくと今後ずっと生かせますよ。

次の