ウーバーイーツ 大阪 現金払い。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で現金設定が出来ないときの対処法!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いが使える配達エリア一覧【2020年最新】

ウーバーイーツ 大阪 現金払い

Uber Eats 2020. 16 2020. 配達パートナーとして働くことも可能で自由に時間に縛られない働き方が人気を集めています。 支払いに関してもキャッシュレスに対応しているUber Eats ウーバーイーツ ですが、 地域によって現金払いは可能です。 また、現金払いの際、配達パートナーはどのような対応をすればいいのでしょうか。 地域によって現金払いも可能。 での支払い方法はクレジットカードやデビットカードが一般的です。 注文時にスマホやウェブ上から決済を完了させることができるので、後は配達パートナーから料理を受け取るだけで済みます。 非常にやり取りや手続きがスマートで便利なサービスではありますが、一方で現金払いに対応していないと何かと不便を感じる人もいるでしょう。 そんな中Uber Eats ウーバーイーツ でも 現金払いに対応するエリアが出てきました。 配達エリア全域をカバーしているところもあれば、エリア内の一部地域のみに対応しているという場合もあります。 Uber Eats ウーバーイーツ の現金払いが未対応の地域 ・広島 ・岡山 ・石川 金沢 ・愛媛 松山 ・富山 ・宇都宮 ・奈良 ・静岡 静岡市・浜松市 自分が利用しているエリアが現金払いに対応しているかどうかを確認しておきましょう。 注文者が現金払いをしたい場合どうすればいい?現金払いの手順を解説。 Uber Eats ウーバーイーツ で料理を注文する側が現金払いを使いたい場合、どのような対応をすればいいのか解説します。 やり方は簡単です。 まず内で注文する内容が決まったら、 「カートを見る」を選択します。 「小計」の下に、支払い方法を選択できるボタンが表示されているので、クリックしましょう。 これで現金払いになります。 注文の際はプロモーションコードを利用しないともったいないので、下記のクーポンを利用してください。 この場合、「お支払い方法を追加する」を選択することで、 「LINE Pay」または「デビットカード」での支払いは可能です。 徐々に対応していくと思いますので、辛抱して待ちましょう。 利用する際は下記のクーポンでお得に利用できます。 ちなみに、 東京にお住まいの方で、Uber Eatsの初回注文クーポンが使えない方はで注文するのもお得です。 下記のページでですぐ使える合計2000円引き のクーポンを配布しています。 Uber Eatsより高級店が現在多い印象です。 当サイト限定menuの1000円引きクーポンコード tpg-4fs5j5 さて、Uber Eatsですがクレジットカード払いや現金払いについて、注文者側としてはそれほど大きな違いや影響があるというわけではありません。 むしろ現金払いで影響を受けるのは配達パートナー側といえるでしょう。 配達側はどうすればいい? で現金払いの対応をする配達パートナーがしなければならないことやメリット、デメリットをまとめていきます。 クレジットカード払いであれば、側が決済を自動的に行ってくれるので、配達パートナーは料理を届けるだけで済みました。 しかし、現金払いとなると配達パートナーが料金を受け取るというやり取りが発生します。 このような点などを詳しく見ていきましょう。 まず、下記の手順で「デビットカードまたはクレジットカード情報」を登録しないと、「現金払い」の配達ができません。 登録したクレジットカードによって現金で支払われた料金から、商品代金や手数料などの差額が引かれていきます。 これでクレジットカードの登録が完了です。 現金払いは後少しで対応できるようになります! 続いて、下記の手順で「現金払い」を受け付けていきましょう。 そして、表示される「右下の2本線」をクリックします。 「クレジットカードまたはデビットカードの登録」が完了していないと「右下の2本線」が表示されないので、登録できていない人は上記を参考に先に登録してください。 現金払いを受け付けるをタップして、青色に変われば、「現金払いを受け付けている状態」になります。 クレジットカードの登録から2本線が表示されるまで数日かかることがあるので、表示されていない場合は少し待ちましょう。 また、クレジットカードの登録が完了している人は、最初から現金払い対応になっていることも多いです。 注文を受けたら料理を配達、受け渡し時に代金を受け取って配達完了となります。 その際に必ず準備しなければならないのが「お釣り」です。 注文者が必ずしも代金ぴったりの現金を用意しているわけではありません。 時にお釣りを渡す必要性が発生します。 そして、そのお釣りは配達パートナー側が用意しなければなりません。 お釣りを用意しておかないと配達時に面倒なやりとりが発生する可能性が生じます。 基本的には注文者の方が近い金額のお金を支払ってくれるため、 1円玉・10円玉・100円玉が数枚あれば大丈夫なことが多いです。 注文者が1万円札で支払いを行っても対応できるだけのお釣りは用意しておきましょう。 7日以内に差額を支払う。 クレジットカード払いでの配達では、注文者支払う代金から諸経費が差し引かれた上で、配達パートナーは受け渡し料金や距離料金の報酬を受け取ります。 必ずしも代金と報酬が一致しているわけではありません。 現金払いの場合、配達パートナーが直接代金を受け取る形になるのですが、 その後、差額をアプリ上で支払います。 ここで事前に登録しておいたクレジットカードが使われます。 代金の支払いで受け取った現金に対して、 配達パートナーが受け取る報酬との差額が発生した場合、登録したクレジットカードから差額分が請求されます。 ここで代金と報酬の調整が行われます。 具体的には、現金で受け取った金額が、自分の報酬金額を上回っていた場合、7日以内に支払いを請求されます。 下記で具体的に流れを詳しく解説しますが、 アプリ上で簡単に支払えるのでパートナーセンター に行く必要はなく、とても楽です。 なので、配達パートナー側が現金を受け取った後に特別な手続きなどをする必要はありません。 日本はまだまだ現金主義の人が多く、のようなサービスを利用している人の中にも現金払いのニーズがあると考えられます。 クレジットカードなら料理を受け渡して配達完了となるのですが、現金払いだと配達パートナーが現金を受け取り、必要に応じてお釣りを支払わなければなりません。 そのため、 受け取った現金はそのまま報酬として受け取ることが可能です。 現金払いで受け取る金額は商品代金をそのまま受け取ることが多いため、 例えば3000円の注文だと、3000円そのまま現金で手渡しされることになります。 現金で受け取った金額と、実際にもらえる報酬の差額は7日以内の支払いでいいので、「今日の夜までにどうしても現金が欲しい」、「明日までにどうしても現金が欲しい」、という方にはかなりありがたいものになっています。 1週間後に、登録しているクレジットカードまたは、デビットカードで差額「報酬料金-受け取った商品代金」の支払いがなされます。 現金払いの方が報酬をより早くもらえるため、今すぐにお金が欲しいという人にとってはメリットがあります。 25000円がでかい。 Uber Eats ウーバーイーツ の現金払いについてみていきました。 これから配達する人、現在配達している人いると思いますので、Uber Eats ウーバーイーツ の進化系のようなサービスをお伝えしておきます。 現在の対応エリアは東京都内のみとなっていますが、 都内に関していえば、Uber Eats ウーバーイーツ と合わせての兼用がおすすめです。 前提として、もちろんまだまだUber Eats ウーバーイーツ も稼げますが。 Uber Eats ウーバーイーツ は2016年ごろから始まっていますが、はほぼ、2020年開始で、配達員がまだまだ足りていないので、 配達員への報酬の還元率が高くなっています。 例えば、現在招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、 通常報酬とは別に追加ボーナスとして、25,000円もらえます。 早速登録して始めたい方は、から登録できます。 下記の招待コードの入力を忘れると25000円の追加報酬が受け取れず大幅に報酬が減ってしまうので、注意してください。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)現金払いの設定【稼ぐには対応必要か?】メリットとデメリット

ウーバーイーツ 大阪 現金払い

Uber Eats大阪のレストラン一例• CRITTERS BURGER(ハンバーガー)• マルサンカクシカク(デザート)• オムちゃん食堂(洋食)• ハラペコ食堂(韓国料理)• 新世界じゃんじゃん横丁 串かつ 勝大(串かつ)• B(サラダ)• エッグスンシングス(カフェ)• 不二の茶(タピオカドリンク) 今までデリバリーしてなかった個人レストランがUber Eats(ウーバーイーツ)のお蔭でデリバリーしてもらえるのは嬉しいですよね! ちなみに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は家や会社だけではなく、公園やカラオケなどにも配達することができます。 大阪城公園や靭公園などでピクニックするときにも直接配達してくれるんですよ。 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪のおすすめレストラン5選 大阪市内にあるUber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店の中で、Uber Eats(ウーバーイーツ)の評価4. 5以上(最高5. 0)ある人気のおすすめレストランを厳選して5店舗ご紹介します。 大阪カオマンガイカフェ ジャンル タイ料理 住所 大阪府大阪市浪速区難波中2-4-14 注文可能時間 11:00~22:00 詳細 店名にあるカオマンガイはもちろんパッタイやグリーンカレーなどのタイ料理が食べられるお店。 タイ料理ってあまり自宅で作らないと思うので、出前にいいですよね! カオマンガイカフェにはお子様向けの辛みが無いメニューもあるので、家族で食べられます! カオマンガイカフェの店舗はなんば駅から徒歩2分のところにありますが、東南アジア風で雰囲気もいいので、Uber Eats(ウーバーイーツ)だけじゃなくてレストランで食べるのもおすすめです! 渡邊カリー 心斎橋店 ジャンル カレー 住所 大阪府大阪市中央区南船場3-8-11 心斎橋元村ビル202 注文可能時間 火曜~金曜11:30~14:30、17:00~20:00 土曜11:30~17:00 日曜・月曜定休日 詳細 カレーはUber Eats(ウーバーイーツ)の中でも人気のメニューですが、その中でもおすすめなのが渡邊カリー。 渡邊カリーは「毎日食べたくなるカレー」をテーマに鯛と鶏の和出汁にスリランカ産のスパイスを自家調合したオリジナルカレー専門店です。 渡邊カリーは梅田と心斎橋にありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、心斎橋店から配達します。 マゼニボジャンキー アメ村店 ジャンル まぜそば 住所 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-7-30 BEAST本店ビル1F 注文可能時間 11:40~21:50 詳細 マゼニボジャンキーはミシュランガイドのビブグルマンに掲載された「ふく流らーめん轍」の系列店で、まぜそばに特化したラーメン屋さんです。 マゼニボジャンキーとは、煮干醤油の魚介出汁、背脂とパンチの効いた醤油ダレ、青ねぎを少し焦げるくらい炒め、太麺の上にぶっかけた轍特製の味濃い目のまぜそばです。 ラーメンは出前には不向きですが、まぜそばやつけ麺は店舗で食べているのとほぼ同じ味で食べられるので、おすすめです! 〆ご飯が付いているので、ガッツリ食べたいときに最高ですね! 北極星 堀江店 ジャンル 洋食、オムライス 住所 大阪府大阪市西区北堀江3-5-5 メゾン・ド・オーク1F 注文可能時間 15:00~20:00 詳細 大阪で オムライスといえば北極星ですよね!オムライス発祥の店とも呼ばれています。 北極星の美味しいオムライスが、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用すれば自宅や職場で食べられるとか最高ですね! 気を付けたいのがUber Eats(ウーバーイーツ)で注文できる時間が15時~20時までということです。 残念ながらランチタイムは店舗だけで、デリバリーはやっていないみたいです。 北極星は大阪を中心に10店舗以上ありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用できるのは今のところ堀江店だけになります。 くりやん ジャンル 丼もの 住所 大阪府大阪市北区神山町9-13 注文可能時間 月曜~土曜11:00~23:15 日曜11:00~21:00 詳細 くりやんは梅田駅近くにある丼ものやラーメンが食べられる飲食店です。 人気メニューはほうれん草と豚ひき肉の「ポパイ丼」とピーマンと豚ひき肉の「ピー丼」です。 他にも丼ものを中心に、美味しいメニューがたくさんあるので、飽きずに食べられますよ! 大阪でUber Eats ウーバーイーツ を注文する方法 Uber Eats(ウーバーイーツ)では、飲食代の他に、 配送手数料(送料)とサービス料が掛かります。 送料は50円~550円の間で、レストランとの距離や人気などの要素から自動的に算出されます。 基本的には距離が近ければ近いほど安くて、徒歩5分~10分くらいにあるレストランは送料50円~100円で注文できます。 サービス料とは注文した料理代金にかかる料金で、 小計の10%掛かります。 ですので、料理代金が高くなればなるほど料金も高くなるという仕組みです。 また、Uber Eats(ウーバーイーツ)は従来の出前でよくある「最低注文料金」はありませんが、 注文料金が700円未満の場合、手数料150円が掛かります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用すれば夜中に小腹が減った時にコンビニに行かなくてもいいから嬉しいですよね。 もちろんレストランの営業時間によって変わってきます。 朝の早い時間や深夜はマクドナルドや吉野家のような24時間営業している大手チェーン店が多いですね。 大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達に登録するには? 大阪でウーバーイーツ配達員とも呼ばれているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになるには、 にアクセスしていただいて登録します。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は普通のバイトのように面接も履歴書もありません。 18歳以上であれば誰でも登録できます。 登録したらサイトの指示に従い、身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード)をアップロードし、報酬を受け取るためのアカウント設定を進めます。 Uber Eatsパートナーセンター大阪の外観 住所 大阪府大阪市中央区伏見町4-2-14 WAKITA藤村御堂筋ビル1F アクセス 大阪メトロ御堂筋線淀屋橋駅徒歩3分 営業時間 12:00〜19:00(祝日定休) 地図 大阪のUber Eatsパートナーセンターの場所は御堂筋線淀屋橋駅から徒歩3分です。 入り口は御堂筋沿いにあり、1階にあるので、外からでも分かると思います。 Uber Eatsパートナーセンター大阪に行くのに事前予約の必要はありません。 営業時間内であればいつでも行って登録を完了することができます。 Uber Eatsパートナーセンターでの登録の流れは、まず登録の不備がないか確認します。 問題なければスタッフからUber Eats(ウーバーイーツ)の説明があって配達バッグをもらって終わります。 およそ30分くらいで終了します。 持ち物はスマホさえ持っていけば問題ありませんが、ネット上でアップロードした必要書類に不備があるかもしれませんので、身分証や銀行のキャッシュカードなどを持っていくと安心です。 Uber Eatsパートナーセンターに行って登録が完了したら、もうその日からUber Eats(ウーバーイーツ)で配達することができます。 登録後いつでも辞めれます• 月額費用など一切かかりません リンク先: 登録手続きは全てWEB上で完結できます! 大阪のレンタル自転車で配達する Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達を始めるには、基本的に自転車か125cc以下のバイクが必要です。 単発でやるならママチャリとかでもできますが、長時間やるには結構きついです。 そういった場合は電動自転車のシェアサイクルを利用して配達するということもできます。 docomoが運営している(通称:赤チャリ)が大阪市内を中心にどんどん数を増やして便利になっています。 相互利用できるHUBchariと合わせて、大阪市内にあるサイクルポート約50箇所に置いてある約500台の電動自転車を自由にレンタルすることができます。 さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)からの紹介で登録すると、法人定額会員の価格、 月額4,000円で乗り放題で利用できます。 docomoシェアサイクル(赤チャリ)の詳しい登録方法はをご覧いただくか、淀屋橋にあるUber Eatsパートナーセンターに登録しに行ったときに直接スタッフに確認してください。 大阪のUber Eats配達パートナーの報酬について 大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに支払われる報酬は完全歩合です。 配達すれば配達した分だけ報酬がもらえます。 また、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの 報酬の支払いは週払いです。 毎週日曜日締め(正確には月曜日の午前4時締め) で翌週の木曜日払いです。 つまり、月曜日〜日曜日の1週間分の収入が、その4日後の木曜日に支払われます。 では、大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)の報酬はどうやって決まるのかご紹介します。 大阪のインセンティブは 「ブースト、クエスト、オンライン時間インセンティブ、ピーク料金」の4種類があります。 ブースト ブーストとは配送料に掛け算される倍率で、曜日や時間や地域によって異なる倍率が設定されます。 主に配達依頼が増えるランチタイムやディナータイムにつきます。 ブーストを設定することにより、ピークタイムの配達パートナーの人数を増やすという効果があります。 大阪は東京と比べると基本料金は安いですが、ブーストの倍率は高く、ブースト2倍とか普通にあります。 大阪配達員の皆さま 明日よりブーストが元に戻ります 土日も2. 3に復活 あの低ブーストは一体何だったのでしょうか? — プリッツ UberEats大阪配達員 UberEATSosaka70 クエスト Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、 土日や雨の日は特別インセンティブ(クエスト)が発生することがあります。 この特別インセンティブが発生する日は結構稼げる日ですので、できるだけ働くことをお勧めします!だいたい前日にメールでお知らせが来ますよ。 今日は10時30分から稼働してるけどクエスト8件達成まで残り5件…時間的に無理???? 新大阪厳しいんかな… — フリーランス1年生 30代から会社に所属せずに生きる LCsPHt2lUdIED6X オンライン時間インセンティブ オンライン時間インセンティブとは、 最低時給保証のようなものです。 アプリをオンラインにしていれば配達依頼が来ようが来まいが、指定された報酬が貰えます。 このインセンティブはあまり頻繁に発生しなく、エリアが拡大したときなどに発生します。 ピーク料金 ピーク料金とは、2019年8月に開始された新しいインセンティブです。 ピーク料金は注文件数が増加したエリアにリアルタイムにインセンティブを発生されます。 このピーク料金はかなりおいしいので、ピーク料金が発生したらそのエリアに向かうことをおすすめします。 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪は時給いくら稼げる? 大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は時給いくらくらい稼げるのでしょうか? 実際に大阪でUber Eats配達パートナーとして働いている人の収入の口コミ・情報をTwitterで集めました。 本業が終わってからのウバ活。 — さっちょ???? それとは別に新たな楽しみ方も見つけれた もう帰ります???? 大阪のUber Eats配達パートナーの時給は、東京より少し低いかほぼ同等の金額が稼げるといっていいでしょう。 大阪で1日Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達すれば、だいたい10,000円~18,000円くらい稼げると思います。 時給でいうと1,000円~1,800円くらいですね。 報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。 近県では、とは時給800円~1,300円、は750円~1,100円くらいが相場です。 そう考えると、大阪はかなり稼げるエリアですね。 もちろん大阪と言ってもエリアは広いので、難波付近で働くのと高槻市で働くのでは時給は変わってきます。 基本的には 栄えているエリアの方が稼げます。 大阪はUber Eats(ウーバーイーツ)の利用者も多く、エリアもどんどん拡大しているので、 でやることもできるくらい稼ぎやすいです。 はもちろん無料ですので、まずは一度、大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)に登録してみてはいかがでしょうか? 大阪ののUber Eats ウーバーイーツ で稼げるエリアやコツ 同じ大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアでも稼げる人と稼げない人がいますが、どうすればより稼げるようになるのでしょうか? 大阪で稼げるエリアはどこかというと、 一番は「」が発生しているエリアです。 ピーク料金は通常の配達料に加え、数百円の追加インセンティブが発生するので稼げます。 また、ピーク料金があるエリアは需要があるエリアということなので、基本的に稼ぎやすいエリアです。 具体的にどのエリアにピーク料金が発生しやすいかというと、やっぱり 梅田~難波辺りですね。 基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)は繁華街ほど配達依頼が多いので、なるべく大きな駅に行くと良いと思います。 シミやばいな 残念ながら今日は夜から・・・ — E. Uber Eats ウーバーイーツ 大阪の情報まとめ 大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)についてご紹介しましたが、ちょっと長くなってしまったので最後にまとめます。 大阪のUber Eatsまとめ• Uber Eats大阪のエリアは大阪市、堺市、吹田市など20市• 大阪のUber Eatsの営業時間は午前9時~深夜0時(大阪市の一部は午前8時~深夜1時)• Uber Eats配達パートナーは18歳以上であれば誰でも登録できる• Uber Eats配達パートナーの報酬は完全歩合制で週払い• 大阪の収入の相場は時給1,000円~1,800円くらい• 大阪で稼げるエリアは梅田~難波付近や大きな駅 は大手チェーンレストランや個人レストランの料理がどこでもデリバリーできますので大変便利です。 料金はお店で食べるより安いですが、クーポンを利用すればお店で食べるより安く食べることができますので、ぜひクーポンを使ってお得に食べてください!.

次の

ウーバーイーツ配達の現金支払い受付け設定の方法と用意するお釣り、マイナス残高のアプリ操作について

ウーバーイーツ 大阪 現金払い

Contents• Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法の仕組み Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法は、基本的にはクレジットカード又はデビットカードでした。 ユーザーは、アプリの登録時にカードの登録をします。 注文した料理の代金は、登録済みのカードで自動的に決済が完了するという仕組みです。 ユーザーにとってはもちろん、配達パートナーにとってもお会計の手間が無く、非常に便利な仕組みと言えます。 しかし、クレジットカードを使わない人も多いものです。 カードを持っていないと利用できないという点は、デメリットでしょう。 そこで、試験的に始まったのが現金支払いです。 支払方法に現金が追加 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いは、2019年2月より京都・神戸・名古屋・福岡エリアでスタートしました。 2019年4月から東京でも現金払いスタートしています。 現金支払いの特徴や仕組みは以下のとおりです。 ・1度に10,000円(税込)まで可能 ・配達員は商品代金を現金で受け取る ・配達報酬より現金が上回った場合は余剰分をUberに支払う ・酒類を含む配達では対応不可 現金支払いが始まっても、引き続きカード決済での利用のお客さんもいるでしょう。 ですから、配達にはカード決済と現金決済が混在します。 カード決済の配達で得た報酬から、現金支払いの配達で受取った差額を引いた残りの金額が、Uber Eats(ウーバーイーツ)から振り込まれるのです。 現金支払いの方が多い場合は、差額分がカード決済にて引かれる仕組みになっています。 例えば、1,800円の現金決済注文で、配達報酬が300円であったとしましょう。 手元には、1,500円分の余剰金が残ります。 これをUber Eats(ウーバーイーツ)に支払う必要があるのですが、これはカード決済の配達で次に振り込まれる分の報酬から相殺されるという事です。 尚、酒類を含む配達では現金対応不可ですから覚えておきましょう。 現金支払いでUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事はどうなる? 現金支払いがスタートしたUber Eats(ウーバーイーツ)。 しかし、対応をするかしないかは、配達パートナー自身が選択出来るようになっています。 現金支払いに対応する場合は、事前にクレジットカード又はデビットカードの登録が必要です。 パートナーアプリからカードの情報を登録してください。 カードの登録が完了すると、アプリ上に現金配達オン・オフのボタンが表示されます。 そうなれば、現金での注文の配達を受ける事が出来るようになります。 現金支払いに対応したい時だけONにする 現金支払いの対応は選択出来ると解説しましたが、一度対応可にしてしまったらずっと対応しなければならないかと言うと、そうではありません。 その日の気分や状況に応じて、都度選択が出来るのです。 現金支払いを受けたい時は、パートナーアプリの「運転の設定」を開き「現金払いを受け付ける」をオンにしましょう。 現金支払いの注文の場合は、アプリ上に緑色の現金アイコンが表示されます。 このアイコンが表示されていたら、料理を渡す際に必ずお釣りを持って行き現金を受け取りましょう。 現金支払いの配達の流れ 実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして、現金支払いの配達をする際の流れについて見ていきましょう。 1:おつりを用意する 2:アプリの「現金払いを受け付ける」をオンにする 3:配達依頼を受ける 4:配達をする 5:料理を渡す 6:現金を受け取る 現金支払いに対応するのなら、事前におつりを用意しておきましょう。 おつりは1万円分はあった方が良いようです。 まず、アプリの「現金払いを受け付ける」をオンにしましょう。 すると、現金対応の配達リクエストが届きます。 配達依頼を受けたら、アプリの地図に従って配達をします。 お客さんに料理を渡す際にカード決済であれば何もする事はありませんが、現金支払いの場合はここでお客さんから現金を受け取ってください。 お客さんが料金をピッタリ持っていなかった場合は、計算しておつりを渡しましょう。 お客さんが現金を持っていなかった場合 現金支払いの注文を受けたのに、実際に配達に行ったらお客さんが現金を持っていなかったという事もあるでしょう。 そのような場合は、お客さんが持っているお金だけ先に貰い、足りない分は貰わずにそのまま商品を渡してください。 とにかく、まずは温かい料理を提供する事が大切です。 そして、ドライバーアプリ上にある「詳細はこちら」をタップ。 現金を1円も受け取っていない場合は「乗客が料金を支払わなかった」・料金の一部のみを受取った場合は「乗客が料金の一部を支払わなかった」を選択してください。 あとは、続いて表示される指示に従いましょう。 不足分の支払いに関するやり取りは、Uber Eats(ウーバーイーツ)側が行ってくれるので安心です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いの口コミ Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いが始まりましたが、実際にどのくらいの配達依頼があるのでしょうか。 現金支払いの配達をしている配達パートナーの感想も気になります。 SNSでは、リアルな口コミがいくつかありましたので、ご紹介します。 現金案件、僕の場合ですが、6割OVERぐらいで現金です。 おつり用意するのが嫌な配達員は現金払い設定をオフにして仕事を受けなければいい。 カードを持っていなくても注文が出来るのは、非常に嬉しいポイントです。 ここからは、現金支払いの対応をする配達パートナー側のメリット・デメリットについても見ていきましょう。 今後、現金対応をするかどうかの参考にしてみて下さい。 メリット Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で現金支払いに対応する事は、配達パートナーにとっても非常に大きなメリットがあります。 具体的に見ていきましょう。 報酬を現金ですぐに受け取れる Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で現金対応する場合、お客さんが支払いをした現金の中から報酬をそのまま受け取る事になります。 ですから、配達報酬がすぐにその場で貰えるというメリットがあるのです。 通常、配達パートナーの報酬は1週間ごとに振り込まれますが、現金対応ならそれを待つ必要がありません。 金融機関に行ってお金を下ろす手間も無いのです。 直ぐに配達報酬を得たいという人は、現金支払いの配達依頼を受けましょう。 注文が増える可能性がある 現金支払いが始まった事で、これまでUber Eats(ウーバーイーツ)を利用できなかった人の登録も増えています。 現金対応をする事は、その分配達の依頼が増える可能性が高いというメリットがあるでしょう。 現金対応していない配達パートナーもいますから、競争率も通常より低めです。 依頼が増える事で1時間当たりの配達件数が多くなり、より効率的に報酬を得る事が出来るようになるでしょう。 現金支払いのリクエストは受ける・受けないの選択が出来ます。 配達リクエストが中々来ない日や、報酬をアップしたい人は、現金支払いの対応をONにしてみましょう。 差額精算でクレジットカードのポイントが貯まる 先ほども解説しましたが、カード決済でのい報酬よりも現金支払いで受け取った現金の方が多くなった場合は、差額をクレジットカードでUber Eats(ウーバーイーツ)に支払います。 この時に、カードのポイントが付くのも現金対応のメリットの一つです。 買い物をして支払いをした訳でもないのに、ポイントが貯まるのは嬉しい事ですよね。 気が付いたらUber Eats(ウーバーイーツ)の配達だけで数千円分のポイントが貯まっていたという事もありそうです。 お釣り分をチップとして貰える可能性がある Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしていると、稀にお客さんからチップが貰える事があるようです。 実は、チップの習慣がある海外では、Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリにチップの金額を入力する欄まであります。 日本のUber Eats(ウーバーイーツ)アプリにはそのような仕組みはありませんから、カード決済の場合にわざわざチップをくれるお客さんというのは稀でしょう。 しかし、現金支払いの注文では現金でのやりとりがありますから、チップを貰える機会が増えるかもしれません。 今日も現金配達行ってきたけど お客さんはウーバーイーツ自体初めてで凄い感激してくださってて 2780円の会計で3000円貰って おつりでコーヒー飲んで下さいって… ちゃんと還元します!!!!! — IORI@Uber Eats 名古屋 iori0822uber 「小銭が増えるのが面倒」「チップを渡したかったけど機会が無かった」というお客さんなら、現金支払いを機にお釣り分をチップとして貰える可能性もあるでしょう。 デメリット 配達パートナーにとって様々なメリットのあるUber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いですが、デメリットと言える部分もあります。 現金対応をする前に、しっかりと把握しておきましょう。 お釣りを事前に用意する必要がある Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いに対応するデメリットは、事前にお釣りを用意しなければならない事です。 小銭はもちろん千円札や5千円札まで、両替をして細かく用意しなければなりません。 配達でお釣りが出れば、再度両替をしに行く必要もあります。 お釣りの残りを常に確認する必要があるというのは、手間に感じる人も多い事でしょう。 また、小銭は重たいという点もデメリットと言えます。 お釣りを入れるケース等の備品も自分で用意しなければなりません。 常に現金を持ち歩くためセキュリティに気を使う Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いに対応する事は、おつりを用意しておくという事です。 常に現金を持ち歩くのは、セキュリティにも気を使わなくてはなりません。 これまで以上に配達に気を使う事が増えますから、ストレスに感じる人もいるでしょう。 配達の度にお釣りの出し入れをするのは面倒です。 ウエストポーチ等に入れていつも肌身離さず持ち歩けば、セキュリティ面はもちろん出し入れの手間も省けるでしょう。 受け渡しの際のお客さんとのやりとりが増える Uber Eats(ウーバーイーツ)では、配達の際にお客さんと接触するのは受け渡しの際のほんの数秒程度です。 「玄関先に置いておいて」と言われた時などには、お客さんの顔を見ないまま配達が完了する事もあります。 しかし、現金支払いになる事によって、お客さんとのやりとりが増えるのです。 接客が好きな人にとっては良いかと思いますが、そうでない人にとっては緊張のひと時かもしれません。 また、会話が長引けばその分時間が掛かりますので、1回あたりの配達時間が増え高率が悪くなってしまう可能性もあるでしょう。 支払いという手間が増える 現金支払いに対応するという事は、当然その分配達の工程が1つ増えます。 カード決済の場合は、到着したらお客さんに料理を渡して直ぐに次の配達に向かう事が出来ました。 しかし、現金決済ではそこで、支払いという手間が増えるのです。 お客さんがお釣りの無いように代金を用意しておいてくれた場合は良いのですが、そうでない場合はある程度の時間を要するでしょう。 受け渡しが暗い場所や狭い事もありますから、おつりを出すのにも一苦労という事もあります。 現金を落とさないようにするのには、気も使う事でしょう。 まとめ カード決済が主流であったUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、2019年2月より一部の地域で現金支払いが可能になりました。 ユーザーにとっては利便性が増し、更に利用者は増える事でしょう。 配達パートナーが現金決済の配達を受けるかどうかは、自分で選択する事が出来ます。 対応する場合は、事前にクレジットカードの登録が必要です。 現金対応では、配達時にお客さんが支払った金額の中から、配達報酬を現金で受け取る事が出来ます。 その後、カード決済の配達で得た報酬から、現金支払いの配達で受取った差額を引いた金額がUber Eats(ウーバーイーツ)から振り込まれます。 報酬よりも多くの現金を持っている場合は、反対にその分がカードによって引かれるという仕組みになっています。 現金支払いの配達を受けたい時には、パートナーアプリの「運転の設定」から「現金払いを受け付ける」をオンにしましょう。 事前にお釣りを用意しておく必要があります。

次の