金沢 大学 附属 中学校。 【コメントに返答】金大附属中学と公立中学の違い

アクセス・キャンパスマップ

金沢 大学 附属 中学校

概要 [ ] 旧制には男子部・女子部のそれぞれに附属小学校が設置されていたのを、4月、それぞれに附属中学を併設。 1949年4月、石川青年師範学校に附属中学校が設置されたが、3つの附属中学を統合、石川師範学校附属中学校として金沢市広坂通88の校舎で設置される。 1949年5月、金沢大学石川師範学校附属中学校と改称する。 1951年3月、金沢大学教育学部附属中学校と改称する。 戦後の1949年5月31日、が発足する。 金沢大学は戦前からの系譜をもつ総合大学であり、金沢市の人口に見合わない難関大学となる。 そのため、金沢大附属には金沢圏の受験上位層が集中し、金沢大附高は全国屈指の進学校の一つとなり、金沢大附中は金沢圏ののとっかかりとなった。 ただし、附属高校とのは現在でも採用していない。 附属中学校からの進学は定員55名である。 9月、、と共にの所在する平和町キャンパスへ移転した。 なお、旧校地の広坂には2004年9月にが開館している。 教育 [ ] 自由闊達を気風とし、広い視野と豊かな人間性を持ち、将来、社会的使命を果たす生徒を育成することを教育目標としている。 ESD Education for Sustainable Development 「」も視野に入れ、そのために、協働活動の充実、学力の定着、体力の増進に努めている。 金沢大学人間社会学域学校教育学類のであるため、前期を進化発展させるための教育研究の実証、および等を通した学生の指導を行う。 協働活動の一環として、当校の生徒は全員、委員会または係()のいずれかの役職に就かなければならない。 近年では、伝統文化教育の研究 を進めているのが特徴的である。 行事 [ ]• 4月 入学式・新入生歓迎会• 6月 合唱コンクール• 7月 球技大会• 9月 教育実習・運動会• 10月 柏樹タイム発表会• 11月• 12月 球技大会(3年生)• 3月 球技大会(1・2年生)・卒業式 新入生歓迎会 生徒会執行部より:部活動紹介、生徒会活動、教員紹介が行われる。 各クラスが4つの団に分かれ得点を競い合う。 3年生による応援披露も見物である。 それぞれの種目は委員会ごとに考えるため、毎年様々な種目が行われる。 合唱コンクール で行われる。 各学年に最優秀賞、優秀賞が送られる。 これらは、担任を持っていない10名程度の教員により審査される。 また、生徒による投票もあり、最も投票の多かったクラスには「柏賞」が送られる。 これは例年3年生のいずれかのクラスが手に入れる。 金沢大学人間社会学域学校教育学類から毎年約80名の実習生が来る。 通常は各クラスに5~10名の実習生が来る。 生徒会執行部運営のパフォーマンスパラダイスに参加する実習生もあり、実習生は生徒との仲を大変深めることのできる一ヶ月を過ごす。 柏樹タイム発表会 1年生はシルエット劇、2年生は総合学習の発表、3年生は各クラスごとによる劇が演じられる。 3年生の劇は最後の学校行事とあって、各クラスが趣向をこらした劇を演ずる。 運動会のようにクラスごとに順位はつけない。 委員会、係 [ ] 代表職 [ ]• 会長(クラスリーダー)• 副会長(クラスサブリーダー)• 書記(予定黒板の記入)• 議員(議会に参加) 委員会 [ ]• 総務委員会(各クラス会長、副会長が属する)• 公安委員会(朝、終礼での生徒の貴重品の回収)• 整備委員会(学校の掃除)• JRC委員会(ベルマーク、エコキャップ集め)• 体育委員会(体育館、運動場の見回り)• 文化委員会(行事の運営)• 放送委員会(毎日の放送を行う)• 図書委員会(図書室の管理)• 園芸委員会(花壇の整備)• 保健委員会(朝礼での健康チェック)• 選挙管理委員会(選挙の管理)• 柏樹編集委員会(文集柏樹の作成)• 新聞編集局(校内新聞の作成) 係 [ ]• 数学係• 英語係• 理科係• 社会係• 国語係• 保健体育係• 技術家庭係• 音楽係• 美術係• その他の教科係• お茶係• エコ係• 配達係 部活動 [ ] 進学校にもかかわらず、部活動が盛んに行われている。 毎年、県大会に出場する部活がいくつかあり、年によっては北信越大会へと出場する部もある。 ハンドボール、硬式テニスが県内でも強豪として知られている。 中でもテニス部は全国大会に幾度か出場している名門であり男子テニス部は平成19年度に学校創立以来初めて全国大会でベスト16に入った。 その後も全国大会で上位で活躍している。 陸上部は、部員の不足により71期より廃部となった。 運動部• サッカー部• 男子テニス部• 女子テニス部• 男子ハンドボール部• 女子ハンドボール部• 女子バレーボール部• 男子バスケットボール部• 女子バスケットボール部• 女子バドミントン部• 陸上部(第70期生を最期に廃部) 文化部• 囲碁将棋部• 美術部• 合唱部 取得できる検定 [ ]• - 4級、3級、準2級を受験することができる。 しかし生徒の大半はすでに英検2級以上なので今後受けることのできる級が増える可能性がある。 - 5級から2級まで受けることができる。 入試 [ ] 附属小学校からの120名と外部からの40名で構成される。 外部からの入学のみ学力試験が課せられる。 学力試験(1次試験)では、例年40名以上の合格者を出すのが通例となっている。 そして、面接・体育実技による選抜(2次試験)が行われ、最終的な合格者が決定する。 なお、金沢大学の法人化により、それまで義務付けられていた抽選による選抜が、学校側による裁量で実施できるようになった。 時期は例年12月中旬。 進路 [ ] への進学は定員55名となっている。 その他40名程度が県内の他の進学校に進学する。 また、数名ではあるが、県外の有名私立高校へと進学するものもいる。 出身者は県内のみならず全国の要職に就くものも少なくない。 年表 [ ]• - 石川師範学校男子部附属小学校・女子部附属小学校にそれぞれ附属中学校を併設• 4月 - 石川青年師範学校に附属中学校を開設。 石川師範学校男子部附属中学校・女子部附属中学校・石川青年師範附属中学校を統合、石川師範学校附属中学校として金沢市広坂の校舎に開校• - 金沢大学の設置により「金沢大学石川師範学校附属中学校」と改称、生徒会・育友会がそれぞれ会則を制定• - 生徒会が「蛍雪新聞」を創刊• - 金沢大学教育学部に附属学校を設置、金沢大学教育学部と改称する。 主事を廃止して校長を置く。 10月 - 図書館が金沢大学図書館に内包され、分館が置かれる。 - 校内放送設備が完成• 11月 - 生徒会誌「柏樹」を創刊• 3月 - 校歌を制定• 4月 - 研究紀要が創刊• 3月 - 特別教室が完成• 3月 - 体育館が完成• 3月 - 体育館ステージが完成• 3月 - 運動場拡張工事が完成• 10月 - 附中讃歌を制定• - 技術家庭教室棟が完成• 10月 - 放送設備を更新• - 視聴覚室・生徒用新下足置場が完成• 10月 - 生徒用部室を改装• 4月 - 平和町新校舎建設起工式を挙行• 3月 - 新校舎が完成• - 「広坂おわかれ会」を開催• 9月 - 平和町キャンパスへ移転し新校舎での授業を開始、「落成式」を挙行• - 「金沢大学教育学部附属小学校・中学校・幼稚園舎完成記念式典」を挙行• - 1997年度・1998年度「環境のための地球観測学習プログラム」の文部省モデル校の指定を受ける。 4月 - 金沢大学の3学域16学類への学部再編により「金沢大学人間社会学域学校教育学類附属中学校」と改称 著名な出身者 [ ]• (交通ジャーナリスト)• (選手)• () 交通手段 [ ]• (学校の前にバス停あり)• 自転車(冬季は禁止)• 電車(バスとの併用) 脚注 [ ].

次の

金沢大学附属高等学校

金沢 大学 附属 中学校

そのため、中には実情とは違う情報が掲載されている可能性もございます。 情報に誤りを見つけられた場合や、新たな情報をお持ちの場合は、から投稿をお願いいたします。 回答のあった学校に偏りがあった場合など、必ずしも実情とは一致しない場合もあります。 例えば、実際にはプールのある学校は珍しくなくても、たまたまある地域でプールのない学校ばかりが投稿された場合、プールのある学校は「珍しい」と判定されます。 予めご了承ください。 ガッコムが提供する情報は、すべて公的に利用可能な情報に基づいています。 調査年度について 児童生徒数情報は【年度調査】のものです。 金沢大学附属中学校の情報のご利用上の注意 ・地域や学校により、一部の情報が欠落している場合がありますが、順次追加しております。 ・情報の正確さには万全を期しておりますが、常に最新とは限りません。 どうかご注意をお願いします。 校区マップ 学区地図 について 公立学校のページでは、通学区域 学区 情報を地図上で視覚的に把握することも可能です。 地図上で表示されている通学区域 学区 情報は必ずしも正確とは言えません。 また、通学区域 学区 は毎年見直しの対象となります。 どうかご注意の上、ご参考までにご利用ください。 尚、通学区域は、地域によって「学区」「校区」「校下」等の通称が使用されていますが、当サイトでは主に「通学区域」「学区」を使用しています。 地域別情報について 市区町村別の情報として、以下を掲載しています。 公立小中学校における学校選択制の導入状況 【2012年度】• コミュニティ・スクール 学校運営協議会制度 の指定状況 【2016年4月1日現在】• 公立学校の耐震化率 【2018年4月1日現在】• 公立小中学校における情報化状況 【2018年3月1日現在】• 小中学校における外国人児童数・帰国子女数 【2013年5月1日現在】• 長期欠席者数 【2013年5月1日現在】• 乳幼児医療費援助 【2017年4月1日現在】• 医療従事者数 【2016年12月31日現在】• 火災発生件数 【2008年度】• 事故発生件数 【2009年度】• 犯罪発生件数 【2009年度】 都道府県別の情報として、以下を掲載しています。 公立小中学校における学校選択制の導入状況 【2012年度】• 学級編制の弾力化 少人数学級の導入 について 【2013年5月1日現在】• 学校給食実施率:公立 【2015年度】• 学校給食費:公立 【2018年度】• 不登校児童生徒数:国立・公立・私立 【2017年度】• 生徒一人当たり教育費等:公立 【2016年度】• 公立小中学校における情報化状況 【2018年3月1日現在】• 公立小中学校における空調(冷房)設備設置状況 【2017年4月1日現在】• 小中学校における外国人児童数・帰国子女数 【2013年5月1日現在】• 医療従事者数 【PARADEMIC現在】• 建物火災出火件数 【2008年度】• 交通事故発生件数 【2009年度】• その際には、利用者の皆様からのフィードバックや情報提供が必要な場合もございます。 どうか皆様のご理解とご協力をお願い申しあげます。

次の

金沢大学附属中学校

金沢 大学 附属 中学校

概要 [ ] (昭和22年)5月24日、に附属中学校(旧制)が付設される。 これは、終戦間際の1945年(昭和20年)1月に発足したを引き継いでいる。 1948年4月1日、金沢高等師範学校に新制の附属高等学校が付設される。 1952年4月1日、金沢大学教育学部附属高等学校と校名が変更される。 戦後、1949年5月31日に金沢市所在の旧制諸学校を包括したが発足する。 金沢大学は戦前からの系譜をもつ総合大学であり、金沢市の人口に見合わない難関大学となる。 そのため、金沢大附属には金沢圏の受験上位層が集中し、北陸のみならず全国的にも屈指の進学校の一つとなる。 では唯一の国立高等学校である。 学区は基本的には石川県内全域となっている。 などの遠方から学校近くにあるへ引っ越し、そこから通学する生徒に加え、のを利用して毎朝通学する生徒もいる。 少数ではあるが、、などからする生徒もいる。 とのは採用していない。 附属中学校からの進学は定員55名である。 2014年度から2018年度まで(文部科学省)に指定されている。 2019年度から2021年度までWWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業(文部科学省)に指定されている。 立地 [ ] 金沢市内中心部から離れた閑静なの中に立地している。 向かい側にはがある。 金沢大学の総合運動施設の跡地へに広坂キャンパスから教育学部附属の幼稚園・小学校・中学校が移転した。 呼称 [ ] 以前は「金沢大学教育学部附属高等学校」だったが、4月に金沢大学が学部を再編し、3学域16学類に改組、教育学部が人間社会学域・学校教育学類に改組されたため、教育学部に当たる部分がそのまま差し替えられて名称が変更された。 当初は、学校としても、簡潔な「金沢大学附属高等学校」への改名を希望していたが、からの許可が下りずに断念した。 したがって、正式名称は「 金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校」であり、(2008年現在)である。 石川県内では「 金大附属」(きんだいふぞく)または「 附属」と略称されることが多い。 学校施設 [ ] 3月には校舎との改修工事が完了し、施設全体が更新された。 全教室が冷暖房完備である。 体育館と、、テニスコート()がそれぞれ一つずつ設置されている。 また、は老朽化により3月に解体され、跡地には後述の創立六十周年記念会館・有朋館が立っている。 屋上にはが取り付けられており、発電したを生徒用玄関の表示板で確認することができる。 象徴 [ ] 校章 [ ] 「剣梅鉢紋」 金沢高等師範学校が開校した際の、中央の文字を「高師」から「高」に直して、そのままの形で引き継がれたものである。 校歌 [ ] 作詞: 作曲: 制服 [ ] 冬服は、男子が、女子が(緑の三本線に緑のスカーフ)。 夏季は生徒による学校側への働きかけにより、から私服登校が可能となっている。 教育 [ ] 教育目標を「地球サイズの教育」、校風を「自主自律」としている。 のみ設置されている。 現在の定員は1学年120名となっている。 教員も常勤の者は20人強と非常に小規模な学校である。 金沢大学人間社会学域学校教育学類のであるため、高校教育の理論的・実証的研究、教育実習などを行う。 多くの教科では教員が自ら作成したプリントを用いて発展的な内容の授業が実施されている。 教育課程 [ ] 各学年ごとにクラス替えがあるものの、「担任団」として教員3名が3年間同じ年度生の担任を担当する。 2年生から文系・理系で授業が分かれる。 校風・特徴 [ ]• 運営の学校行事に関してはおおむね生徒案が尊重され、教員はサポートに回って行事が運営される。 勉学だけではなく、や学校行事にも積極的に参加する生徒が多い。 校内にがないことや、下宿している生徒などに配慮するため、昼休みの校外への買い物やなどでの外食が認められている。 行事 [ ] (『開校記念祭』) 毎年10月下旬に行われる。 土曜日・日曜日の2日間にわたって開催される。 特別合同授業・同窓生による特別授業 特別教育活動として、特別合同授業と同窓生による特別授業が行われている。 特別合同授業は年に2回ほど行われる各界を代表する人物による講義。 同窓生による特別授業は毎年3月中旬に行われる各界で活躍するOB・OGが行う授業で、生徒は自分の好きな授業を1つ選択して参加する。 保護者はどちらの授業も参加でき、同窓生による特別授業では授業間の行き来が自由となっている。 毎年9月に50 - 70名程度の実習生を受け入れて教育実習が行われる。 3年生は受験を控えていることから、体育以外の授業は実習の対象から外れている。 課外では、1・2年生の計6クラスに実習生が配置されるため、各クラスに10人程度の実習生が来る。 (現地学習) 入試制度 [ ] 入試には、所属中学校長の推薦(55名)と、学力検査(65名)がある。 学校長の推薦の内訳は、附属中30名と県内の他の中学校25名となっている。 学力検査の試験日は2月の第二土曜日・日曜日の2日間に設定されている。 県内公立、私立高校の試験日等と重なることはなく、併願が可能である。 卒業後の進路 [ ] 地元のへ進学する者のうち半数は医学部医学科に進学する(2015年度は23人中11人が医学部)。 また、の大学へと進学する者も比較的多く、2015年度の場合、が11名、が14名、が17名であった(合格者数)。 創立六十周年記念会館・有朋館 [ ] 2010年5月8日開館。 (一部)の2階建てで、延床面積は約300。 1階には多目的会議室や運動部用の部室など、2階には部室が設置されている。 武道場の後ろ側にあるプール跡地に建設された。 5月で創立60周年を迎えたことから、同窓会が記念事業として、運動部用の部室と同窓会事務局・資料室を兼ねた「創立六十周年記念会館」の建設を決めた。 名称はのちに「有朋館」となった。 同窓会金沢本部が建設資金をすべて募金によって賄うことを決定し、募金総額6,000万円を目指して募金を募った。 当初は6月の竣工を目指していたが、募金が思うように集まらず計画が引き延ばされた。 しかし高校の組織である「育鳳会」からの寄付を受け、上記施設計画を縮小し2009年度に着工した。 同窓会から学校側へ施設を「寄付」するという形式をとっている。 のクラブハウス焼失以来、きちんとした部室がなかった運動各部の部室が復活したことになる。 事件 [ ] 教員用ウェブサイトのハッキング事件 [ ] 9月にが起きた際に的な動きがあり、中国最大規模の組織、が日本政府機関などのを攻撃する計画を立てていた。 からの通達を受け13日が調べたところ、金沢大学が管理する附属高校教員用ウェブサイトが改変されているのを発見した。 金沢大学が確認したところ「不正に改変する」という意味の英語「HACK」や中国語ページが挿入されていた。 14日にページを修復するまでの5日間に、中国から約1400回のアクセスがあった。 尖閣問題に反発しての改変だとみられるが、中国紅客連盟が改変したのかは不明で、なぜ同大学附属高校だったのかも不明である。 アクセス [ ] この項目の内容について、で議論が行われています。 この項目の編集をお考えの方は、必ず確認されるようお願いします。 (1回)- 法学者(行政法)・名誉教授• (5回)- 軍事評論家・名誉教授• (7回)- 、• (7回)- 元長官、元副社長• (8回)- 元• (10回) - 環境学者・名誉教授、小松天満宮• (10回)- 、元• (11回)- 元事務次官・前学長• (12回)- 元アナウンサー、元館長• (13回)- 元、元商務流通審議官、元常務執行役員、弁護士• (13回)- 産業社会学部教授、市民メディア論研究者• (13回)- 元外交官、元教授• (14回)- 元名古屋地方事務所長、名誉教授• (18回)- 宗教学者・名誉教授• (19回)- 医学・フロンティア研究センター免疫学教授• (20回)- 元東北通商産業局長 1998 - 、専務理事• (20回)- 外交官、現:駐レバノン大使• (22回)- 元長、元校長• (本名:山田真理子)(24回)-• (27回)- (医師免許も所有、東京地裁判事時代、裁判被告に無罪を言い渡した)• (30回)- 長• (30回)- 経済学者、教授• (30回)-• (30回)-• (30回)- 平安朝文学研究者、人間文化学部教授• (32回)- 参議院議員(所属)• (32回)- メディア論研究者、教授• (34回)- 政治学者、教授• (35回)- 国際文化交流学部准教授、研究者• (36回) - 建築史家、建築評論家、都市・建築学専攻教授• (37回) - の社員、元• (37回)- 教授、国際研究チーム「アトラス」日本チームリーダー• (44回)- 音楽学者、准教授• (46回) - 運動活動家、認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表• - 弁護士・高下謹壱法律事務所所長• - ジェイ・ユーラス・アイアール取締役• - 日本ユニシス代表取締役社長 教員 [ ]• - 元国語科教官、、元館長、元館長 附属学校園 [ ]• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 脚注 [ ].

次の