西武 球場 前 駅 から 池袋 駅。 池袋駅の「西武池袋線」乗り場の場所&行き方

西武球場前駅 :西武鉄道Webサイト

西武 球場 前 駅 から 池袋 駅

今回の動画は、西武池袋線 池袋から西武球場前へ 西武ドームへ野球観戦に行ってきました。 動画中の西武山口線は間違いで 西武狭山線になります。 訂正させて頂きます。 池袋からは、急行飯能行きで西所沢 西所沢からは2駅で西武球場前です。 東京モノレールがおすすめです。 イベント開催時は「ドーム号」という 特急電車を使った臨時列車も運行されます。 あらかじめ予約することも可能です。 野球観戦の様子を少しだけお届けします。 改修が完成し2020年シーズンもオープン戦がはじまります オルガンが演奏されるこの球場は 空調が設置できない構造で 屋外の雰囲気も感じられます。 ライブ観戦の見え方等ご参考になったら幸いです。 ----------------------------------------------------- LIVE専門ちゃんねる開設しました ツイッターはじめました。 くま旅ちゃんねるでは、 車・鉄道・飛行機・自転車・ラン・歩き 問わず 旅をすることで、非日常世界を求めてまいります。 どうぞよろしくお願いします。

次の

西武球場前駅 :西武鉄道Webサイト

西武 球場 前 駅 から 池袋 駅

概要 [ ] ・の本拠地球場である(命名権名称、メットライフドーム)に隣接して立地する、ならびに「レオライナー」の終点駅である。 開業当初の駅名は 村山公園駅(むらやまこうえんえき)であったが、 村山貯水池際駅(むらやまちょすいちぎわえき)、 村山駅(むらやまえき)、 狭山湖駅(さやまこえき)と三度の改称を経て、西武ライオンズ球場(当時)開設に先立つ(昭和54年)3月に現駅名に改称された。 西武ライオンズ球場はその後、ドーム化や取得に伴って名称を複数回変更しているが 、当駅の名称は「西武球場前」のまま変更されていない。 当駅は駅舎ならびに各路線のが地平に建造されているであるが、立地する場所の地形の関係から、狭山線における当駅手前の区間は上り勾配を伴う高架構造となっている。 駅番号導入に際しては、狭山線と山口線で個別に設定されることになり、狭山線は SI41、山口線は SY03となる。 駅構造 [ ] 西武ドームにおける埼玉西武ライオンズ主催の公式試合開催時、ならびに各種イベント開催時においては多数の利用客が当駅を利用する。 多数の利用客を迅速かつスムーズに輸送する必要性から、スペースは広く取られており、通常供用される改札口のほか臨時改札口を併設する。 また、常設のに加えて多客時にを発売する臨時窓口も設置されている。 改札口正面に設置されている狭山線のは、多段表示式のものが採用されている。 狭山線のホームはとなっており、ホーム始端部に駅舎、ならびに改札口が設置されている。 催事輸送に際して増発される臨時列車運行に対応するため、3面のホームと6本の発着番線を有するが、3 - 6番ホームについては臨時ホームとして扱われ、通常ダイヤによる運行時は駅構内南端の1面2線のうち片側の1番ホームのみを使用する。 臨時ホームは臨時列車運行時のほか、西武鉄道が主催する各種イベント等のための電車留置にも使用される。 なお、1 - 6番ホームのには、埼玉西武ライオンズの球団である「吠えろライオンズ」が用いられている。 山口線のホームは1面2線構造で、狭山線ホーム南方に隣接する。 地形の都合上狭山線ホームより高い場所に位置し、改札口・狭山線ホームから状の通路を経由して山口線ホームに至る形態である。 なお、当駅の東側には山口線の車庫である山口車両基地がある。 2012年度にトイレの改修工事を行い 、年度末までに完了した。 のりば [ ] ホーム 路線 行先 備考 1・2 狭山線 ・・・・方面 3 - 6 臨時ホーム 7・8 山口線(レオライナー) 方面• 通常ダイヤにおける狭山線は、西所沢駅折り返しの区間列車および池袋線池袋駅発着(一部所沢駅発着もあり)の直通列車のみの運行となるが、臨時列車増発時には方面および()・横浜・渋谷方面(発着:・・)からの直通列車が運行される。 歴史 [ ] 山口線(後の西武狭山線)は、村山貯水池(多摩湖)を中心としたへの観光客輸送を目的として 、(昭和4年)5月1日に西所沢 - 村山公園間が開通したが、当駅は山口線の終着駅 村山公園駅として同日開業した。 開業当初の当駅は西所沢から4. 8km地点、村山上貯水池と同下貯水池を区分する堤体寄り、現在の西武第二球場付近に所在した。 当時における都心部から日帰り可能な手軽な観光地の一つであった狭山自然公園への観光輸送を巡っては、(旧)西武鉄道が村山線(現・)「」を、多摩湖鉄道(武蔵野鉄道への合併を経て、現・)が「」をそれぞれ同時期に開業しており、当時はいずれも別事業者に属した三路線は利用客獲得のため熾烈な争いを繰り広げた。 当駅は(昭和8年)3月に 村山貯水池際駅と改称されたのち 、に端を発する戦局の激化に伴って(昭和16年)4月1日付で 村山駅と改称された。 これは「貯水池」という軍事上重要な施設の存在を隠蔽する国防上の理由によって実施された改称であり 、前述した各路線の駅についても、(旧)西武村山線「村山貯水池前駅」は「狭山公園駅」に、武蔵野鉄道多摩湖線「村山貯水池駅」は「狭山公園前駅」にそれぞれ改称が実施された。 さらに勃発に伴って、各事業者が保有する鉄道路線について、軍事輸送上の重要度が低いものは鉄材供出のために指定される例が相次いだが、観光輸送を目的として敷設された山口線 も例外ではなく、(昭和19年)2月に不要不急線として休止となり 、当駅も営業を休止した。 終戦後の(昭和26年)10月7日付で山口線(西武鉄道の路線としては初代)は「狭山線」と名称変更の上で運行を再開し、当駅も営業を再開した。 営業再開に際しては駅を西所沢方へ300移設の上、寺社風の重厚な外観が特徴の駅舎を新造し 、駅名も 狭山湖駅と改称された。 なお、運行再開当初の狭山線は非電化路線として竣工し 、電化以前の多摩線(現:)などで運用された(ディーゼルカー)によって運行されたが、翌(昭和27年)3月には再び架線電圧1,500V仕様で電化され 、による運行が再開された。 また、(昭和34年)12月には当駅の至近に屋内スキー場「狭山スキー場」が開設されたが、同施設を訪れる利用客によって輸送量増加が見込まれたことからホームの拡幅ならびに有効長延長が実施された。 さらに(昭和38年)には当駅南方に用グランド「西武園球場」が開設されている。 営業再開以降、ユネスコ村や狭山スキー場といった主に近隣のレジャー施設への輸送を担った当駅であったが、(昭和53年)6月に前述「西武園球場」をプロ野球公式試合が開催可能な本格的施設へ改装する工事が開始されたことに伴って、同年11月に西所沢方へさらに300m移設され、従来の2面2線構造から球場観客輸送を念頭に置いた3面6線構造に拡幅の上で現在地へ移転した。 同球場はその後、(クラウンライターライオンズ球団)を西武鉄道のグループ企業であった国土計画(後の)が買収し、本拠地をから移転することが決定したことにより、クラウンライターライオンズ改め西武ライオンズ球団の本拠地球場として使用されることとなった。 「西武ライオンズ球場」と命名された同球場の最寄駅となった当駅は、(昭和54年)3月31日の同球場竣工 に先立つ同年3月25日付で 西武球場前駅と改称された。 また、(昭和60年)4月には多摩湖線方面から西武ライオンズ球場へのアクセス改善を目的として、のへの転換ならびに経路変更が実施され 、当駅は新たに山口線(2代)の終着駅となった。 (平成21年)4月7日より、1 - 6番ホームの発車メロディを埼玉西武ライオンズの球団応援歌「吠えろライオンズ」に変更した。 年表 [ ]• (4年):武蔵野鉄道山口線の 村山公園駅として開業。 (昭和8年): 村山貯水池際駅と改称。 (昭和16年):戦局激化に伴い、 村山駅と改称。 (昭和19年):山口線がに指定され、営業休止。 (昭和20年):武蔵野鉄道が(旧)西武鉄道を吸収合併し、(現)西武鉄道成立。 西武鉄道山口線(初代)の駅となる。 (昭和26年):営業再開。 西所沢方へ300移設の上、 狭山湖駅と改称。 同日付で路線名称も「狭山線」と変更。 (昭和34年):狭山スキー場の開業に合わせ、ホームの延長・拡幅を実施。 (昭和53年):西武ライオンズ球場の開業準備に伴い西所沢方へさらに300m移設、現在地に移転。 (昭和54年):西武ライオンズ球場の開場を機に、 西武球場前駅と改称。 (昭和60年):山口線(2代)の新交通システム転換・経路変更に伴って、山口線用の7・8番ホーム供用開始。 (5年):自動改札機導入。 (平成14年):改札口有人通路をカウンター式に改装し、売店を新設。 自動改札機・自動券売機を移設。 (平成18年):特急「(現:ドーム)」運行に伴い、の窓口発売を開始。 (平成21年):1 - 6番線の発車メロディを「吠えろライオンズ」に変更。 利用状況 [ ] (令和元年)度の1日平均は 13,830人であり 、西武鉄道全92駅中62位。 当駅は西武ドームの最寄駅であることから、埼玉西武ライオンズ主催のプロ野球公式試合開催日やコンサートなどのイベント開催日は非常に混雑する。 その一方で、プロ野球のシーズンオフやイベントが全くない時は閑散としている。 このため、1日平均乗降人員は同施設における試合やイベントの有無に大きく左右される。 近年の1日平均 乗降人員およびの推移は下記の通り。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 出典 1990年(平成 02年) 11,286 5,671 1991年(平成 03年) 11,435 5,718 1992年(平成 04年) 10,661 5,286 1993年(平成 05年) 11,027 5,490 1994年(平成 06年) 10,943 5,498 1995年(平成 07年) 9,945 4,921 1996年(平成 08年) 8,947 4,589 1997年(平成 09年) 8,332 4,359 1998年(平成10年) 8,444 4,677 1999年(平成11年) 9,369 5,400 2000年(平成12年) 8,499 4,752 2001年(平成13年) 8,056 4,400 2002年(平成14年) 8,334 4,752 2003年(平成15年) 7,782 4,207 2004年(平成16年) 8,283 4,516 2005年(平成17年) 7,797 4,228 2006年(平成18年) 7,970 4,326 2007年(平成19年) 7,604 3,979 2008年(平成20年) 7,975 4,137 2009年(平成21年) 8,565 4,432 2010年(平成22年) 8,723 4,332 2011年(平成23年) 9,356 4,682 2012年(平成24年) 10,480 5,210 2013年(平成25年) 10,669 5,291 2014年(平成26年) 9,964 4,967 2015年(平成27年) 10,286 5,112 2016年(平成28年) 9,575 4,755 2017年(平成29年) 10,874 5,397 2018年(平成30年) 13,869 6,905 2019年(令和元年) 13,830 駅周辺 [ ] 「」も参照 西武ドームのほか、埼玉西武ライオンズの球団事務所、主に二軍の選手が使用する、室内練習場、選手寮「若獅子寮(西武ライオンズ合宿所)」など球団に関連する各種施設が数多く存在する。 西武ドームの手前には優勝ペナント・トロフィーや過去のユニフォーム等を展示する「ライオンズストア フラッグス」が開設されている。 また、かつては当駅南側にも存在したが(平成15年)をもって閉鎖され、跡地は西武ドームの駐車場に転用された。 その他、西武ドームに隣接したによる屋内スキー場「」が駅の至近に立地している。 を挟んだ駅の北側には・(山口観音)のほか、西武系列の植物園「」が存在する。 同地はかつて「」として開園・開発されたものであるが、ユネスコ村は(平成18年)9月末をもって閉園(営業休止)となり、現在はゆり園のみが毎年5月下旬から7月中旬にかけて、期間限定で開園している。 なお、当駅の南側には開業当初の駅名の由来となった(多摩湖)が、西側には現駅名に改称される以前の駅名の由来となった(狭山湖)がそれぞれ存在する。 151 - 153• 同様の駅構造は、のにおいてもみられる。 西武鉄道株式会社 《2018年9月12日閲覧;現在は内に残存》• 106• 「西武鉄道 線路・駅の移り変わり」 1992 pp. 138 - 139• 「西武鉄道のあゆみ - その路線網の拡大と地域開発」 1992 p. 111• 154• 112 - 113• 「西武鉄道 線路・駅の移り変わり」 1992 p. - 西武鉄道• - 所沢市• - 関東交通広告協議会• - 埼玉県• - 多摩ニュータウンタイムズ 2012-03-04閲覧• - 埼玉西武ライオンズ公式 2012-03-02閲覧• - 狭山スキー場公式 2012-03-04閲覧• - 西武鉄道公式Web 2012-03-04閲覧• - 埼玉西武ライオンズ公式 2012-03-04閲覧 埼玉県統計年鑑• 参考文献 [ ] 『』• 益井茂夫 「私鉄車両めぐり 39 西武鉄道 1」 1960年6月(通巻107)号 pp. 41 - 48• 「私鉄高速電車発達史 17」 1968年5月(通巻209)号 pp. 35 - 38• 中川浩一 「私鉄高速電車発達史 21」1969年3月(通巻221)号 pp. 39 - 42• 中川浩一 「西武鉄道の系譜」 1969年11月(通巻230)号 pp. 19 - 23• 「西武鉄道のあゆみ - その路線網の拡大と地域開発」 1992年5月(通巻560)号 pp. 97 - 115• 益井茂夫 「西武鉄道 線路・駅の移り変わり」 1992年5月(通巻560)号 pp. 136 - 149• 小松丘 「西武鉄道の『廃』をさぐる」 2002年4月(通巻716)号 pp. 147 - 159 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (旧)西武鉄道によって開業した、村山貯水池(多摩湖)に隣接する駅。 - 多摩湖鉄道によって開業した、村山貯水池(多摩湖)に隣接する駅。 外部リンク [ ]•

次の

池袋駅の「西武池袋線」乗り場の場所&行き方

西武 球場 前 駅 から 池袋 駅

重要 池袋駅では、JRのホームを挟んで 東口(東側)に西武百貨店&西武鉄道の乗り場、 西口(西側)に東武百貨店&東武鉄道の乗り場があります。 ご注意ください。 「西武池袋線」の乗り場 西武池袋線の乗り場は、 西武百貨店池袋店の1階にあり、地下1階で見ると 池袋駅の南東端に位置しています。 1階に 「地上改札口」、地下1階に 「地下改札口」「西武南口改札(7:00〜22:30)」があります。 1・2番線ホーム、3・4番線ホーム、5・6番線ホーム、7番線ホーム、および特急ホームがあります。 2番線・・・各駅停車• 3番線・・・準急・快速• 5番線・・・快速急行・急行• 7番線・・・各種列車• 1・4・6番線・・・降車専用 JR線からの乗り換え時• ホームから 「南改札 」の表示がある階段を下りる。 「JR南改札」を出て、通路を 左に進む。 「有楽町線改札」を通り過ぎ、短い階段の手前を右に進む。 「西武地下改札」を抜けて、1階ホームに上がる。 東武東上線からの乗り換え時• ホームの 先頭側へ進む。 「東武南改札 」を出て、 左にある階段を下りる。 通路を 右へ進む。 「有楽町線改札」を通り過ぎ、短い階段の手前を 右に進む。 「西武地下改札」を抜けて、1階ホームに上がる。 東京メトロ丸ノ内線からの乗り換え時• ホームから 「中央通路中央改札」の表示がある階段を上がる。 「丸ノ内線南通路東改札」を出て、 東口方面に進む。 西武東口方面の表示がある階段(右奥)を上がる。 右に進み、 「西武地上改札」を入る。 東京メトロ有楽町線からの乗り換え時• ホームから 「南通路東改札」の表示がある階段を上がる。 「有楽町線南通路東改札」を出て、 東口方面に進む。 短い階段の手前を 右に進む。 「西武地下改札」を抜けて、1階ホームに上がる。 東京メトロ副都心線からの乗り換え時• 「副都心線西通路東改札」を出て、 左に進む。 中央通路を「東武東上線改札」、「JR改札」、「丸ノ内線中央通路中央改札」と過ぎたら、 西武東口方面の表示がある階段(右奥)を上がる。 右に進み、 「西武地上改札」を入る。

次の