早稲田大学 職員 倍率。 試験内容…早稲田

大学職員は仕事が楽で超ホワイト!地上の楽園ってここのことかぁ?

早稲田大学 職員 倍率

私立大学職員は究極に楽でホワイト 大学職員は楽でホワイト高収入、これはれっきとした事実です。 でも条件があって ホワイト高収入なのは私大で医学部がない大学に限られます。 国立大は公務員だから給料安いし、医大は教授の権力が強いから一般職員が出世できないですし、医学部があるとコストがかかるから年収が100万円ぐらい低くなります。 でも、一般的な私大の職員は教授と立場が対等で、最終的に大学の経営にまで携わることができます。 早稲田の場合、大学職員が教授に「さん」付けで呼んでいるほどです。 教授たちからはかなり不満でしたが 大学職員は、労働時間の割に高収入だが休日は? 大学職員は40歳で900万から1000万円程度の高収入が約束されています。 残業も少ないというか、仕事自体やることがあまりないです。 民間から私大職員になった私の友達は、月曜日から水曜日までに一週間の仕事が全部終わってたらしいです。 つまり、仕事しているのは一週間のうち3日だけだったということです。 けっきょく彼は刺激のない毎日に飽きて転職してしまいましたが、仕事が楽なことだけはれっきとした事実です。 たまに休日出勤がある ただ、 学校行事の都合でたまに休日出勤があるのが大学職員のデメリットです。 入試のシーズンやスポーツのイベント 駅伝の応援とか 文化祭などはふつうに休日出勤があいます。 ただし、休日出勤したら代休が取れます。 代休と長期連休を合わせて10連休などを取ることも可能です。 夏休みはある? あと、大学職員には夏休みがあるみたいな書き込みをたまに見ますが、今はそんなものはないです。 夏休みは土曜日出勤の代わりにまとめて休みを取ってただけです。 今は殆どの大学が土日休みなので、夏休みや冬休みなどの長期休暇は大学職員にはないです。 とはいえ10連休ぐらいは普通にあるようなので、一般企業と比較した場合は段違いでホワイトな待遇といえるでしょう。 中堅~無名私大の大学職員が狙い目 ただ、同じ業界でもブラック企業とホワイト企業があるように、大学同士で職員の待遇差があります。 特にあなたに覚えておいて欲しいのは、 マンモス大学(学生数が多い大学)の職員はそれなりに忙しいってことです。 特に 早稲田、明治、法政、同志社、などの有名大学は普通の会社並みに忙しいことで有名です。 こういう有名大学は組織運営のため、一般企業並みに仕事しています。 早稲田の職員やってる先輩に聞いてみたことありますが、普通に残業とかもあると言っていました。 有名私大でも民間企業よりはずっと楽 ただし、大学職員は残業代も出ますし、給料も非常に高い(平均年収1000万以上)ですし、何より同じ年収レンジの民間企業よりもずっと楽なのですが笑 なので、楽したいなら比較的無名な私大(都市部に限る)に転職することをお勧めします。 定員割れしてる大学や地方の零細私大とか、 オワコンでなければ組織も小さいから仕事も楽ですし、給料もそこまで安いわけではありません。 無名の私大であっても、都市部の定員割れしていない学校であれば40歳で最低800万ぐらいはもらえます。 楽な大学職員にすぐ転職する方法 大学職員に転職する方法は一般の企業と何ら変わらなないです。 つまり、 転職サイト経由で応募するのが王道です。 転職サイトに登録して、希望する職種に「大学職員・団体職員」などを希望しておけば、上記のような新着求人やスカウトメールが送られてきます。 大学職員の求人は数そのものが少ないですし、定員も1名~2名しか採用しないことが多いです。 そのため、こまめに転職サイトの新着メールをチェックして、片っ端から応募することが重要です。 おすすめの転職サイト 大学職員の転職を目指すためには、リクナビネクストに登録するのが一番です。 リクナビネクストは求人数が一番多く、大学職員の募集も沢山あります。 リクナビネクストに登録すれば、大学職員の新着求人をメールで受け取ることができます。 このように、 有名大学の求人もしょっちゅう届くので、是非登録しておきましょう。 転職エージェントなら、 担当のコンサルタントに大学職員になりたいとお願いするだけでOKです。 また、転職サイトと違って 面接日程などのスケジュール管理 履歴書などの書類の提出代行 面接・筆記対策 などのサポートを無料で受けることができます。 このため、忙しくて転職に時間が取れない場合や、初めての転職でいろいろ不安な場合は利用することをおすすめします。 また、 水面下でエージェントが交渉してくれるので内定率も高くなりますし、年収アップ交渉などもサポート可能です。 大学職員におすすめのエージェント 大学職員を目指すうえでおすすめのエージェントは、です。 リクルートエージェントは 20万件以上という圧倒的な求人数を保有しているため、大学職員の案件も多数保持しているからです。 ちなみに私の友達で 大学職員に転職した奴は、リクルートエージェントを使ったそうです。 〇〇大学の募集が始まったんですけど受けてみませんか? って連絡が来て、選考を受けたら楽々内定が出たみたいです。 本気で大学職員を目指すなら、リクルートエージェントは絶対に登録すべきですし、私の友達のように最初は相談するだけでも構いません。 たった30秒で登録完了しますので、是非登録してみてください。 なので、複数の転職サイトに登録して、大学職員の求人が出たらすぐに応募するという戦法で転職に成功した友達もいます。 もしあなたに余裕があるのなら、マイナビエージェントとか、ほかのサイトに登録したほうがいいでしょう。 大学職員は求人数が少ないし、人気の職種だからすぐに募集が終了してしまいます。 常にアンテナを張り続けて、求人が出たらすぐに応募できる体制を整えておくことが重要です。 だけどどこも楽なのではなく、毎日定時で帰れて水曜日に一週間の仕事が全部終わるような職場は 中堅以下の私大(定員割れしていない大学)だけです。 ただ、有名大学の場合は年収がケタ違いですし、 普通の企業よりはずっと楽なのでやはり大学職員は全体的にホワイトだといえるでしょう。 最後に 大学職員の転職を目指すのなら、 転職サイトかエージェントに絶対に登録すべきです。 転職サイトは大学職員の案件が多いです。 エージェントの場合、私の友達も使ってたがおすすめです。 まず最初は相談だけでもOKです。 とりあえず、 大学職員の転職に興味があるこの「今」登録しておかないと絶対に後で後悔します。 なぜなら、人間はいったん行動を先延ばしにすると、再びやる気になる前に忘れてしまうからです。 大学職員はこの世の中で最も楽でホワイトな仕事の一つです。

次の

試験内容…早稲田

早稲田大学 職員 倍率

大学職員の年収ですが、そこそこの規模の大学なら、日本の一流企業水準の年収です。 実際、東洋経済が出している平均年収の高い会社を見ても、日本航空とか資生堂と同じくらいの年収水準ということになります。 大学別年収ランキング 国立大学 国立大学職員の年収ランキングは以下の通りです。 第1位 埼玉大学 651. 0万円 第2位 東京芸術大学 645. 5万円 第3位 東京医科歯科大学 639. 3万円 第4位 電気通信大学 630,7万円 第5位 東京大学 630. 6万円 第6位 名古屋工業大学 630. 4万円 第7位 東京学芸大学 628. 6万円 第8位 東京外国語大学 627. 4万円 第9位 神戸大学 627. 3万円 第10位 お茶の水女子大学 627. 1万円 私立大学 私立大学の場合は、全大学のランキングをまとめたデータはなく、有名私学の職員の年収ランキングの情報は以下の通りです。 第1位 関西大学 1250万円 第2位 明治大学 1158万円 第3位 中央大学 1158万円 第4位 立教大学 1129万円 第5位 早稲田大学 1100万円 第6位 同志社大学 1058万円 第7位 法政大学 1033万円 第8位 立命館大学 979万円 第9位 関西学院大学 960万円 第10位 慶應義塾大学 923万円 * 45歳職員の平均年収でのランキング 各組合によるまとめ これは完全に盲点でした。 他の試験と比べると、大学職員は教養試験だけで筆記の専門試験もなく、 筆記試験の難易度だけで判断した場合には極めて簡単な部類に入ります。 試験時間は2時間、問題数は40問の教養試験の科目別出題数は、以下のとおりとなっています。 国立大学出身の人は大抵カバーしたことのある科目が多く馴染みやすいと思いますが、私立大出身の人は少し勉強が必要となるかもしれません 科目 出題数 社会科学 政治 1 法律 2 経済 2 社会 2 人文科学 世界史 2 日本史 2 地理 2 思想 1 文学,芸術 自然科学 数学 1 物理 1 化学 1 生物 2 地学 1 文章理解 現代文 3 古文 1 英文 3 判断推理 8 数的推理 4 資料解釈 1 私の友人も他の公務員試験と併願で受けて、国税専門官、地方上級 県庁 を希望していたものの、面接に落ちて大学職員になりましたが、予備校でもそうした人が多いと言っていました。 また、特徴として、筆記試験に受かっても面接のハードルが高いのが特徴的だと思います。 そして、地方の市役所などの「あるあるネタ」だと思いますが、こうしたところは試験が仮に満点を取っていたとしても、なかなか面接で合格させてくれない謎の採用方式を採用しているのが難しいところです() 大学職員の仕事内容 では、そんな大学職員の仕事内容はどんなものなのでしょうか? 細かく見るともっとあるのでしょうが、主に以下の3つに分類できます。 総務系 大学運営全体のとりまとめを行う部署です。 仕事は、教授会などの会議の設定や運営、イベントの企画や運営を行います。 また、大学のインフラの整備なども扱っています。 具体的には、学内LANやPCの管理を行う情報システム関連の仕事は、総務に属している場合が多いようです。 総務部総合職での採用は、出世コースといわれていて、事務局長の出身部署ナンバーワンだそうです。 財務系 大学の予算、決算の処理、支払い、助成金や交付金に関する業務。 一般企業の経理部にあたるものです。 学務系 教務課と呼ばれている部署です。 学生の履修登録や成績証明書などの発行、就職相談などを担当しています。 ほかにも、人事、施設管理、研究支援などの職種があり、大学の運営を支えています。 大学にもよるのでしょうが、公務員と同じように2〜3年周期での部署移動があるのも特徴的です。 魅 力 最後に、こうした業務を行う大学職員の魅力って一体何なのでしょうか? 「学生の成長に携わりたい」とか、「地域に密着して働きたい」という前向きな理由もあるかもしれませんが、大学職員の方々の声をまとめてみると大体以下のような仕事内容以外の理由を挙げていました。 「直ちに私立大学職員に転職しようと思います」 と言いたくなるくらい魅力的な要素がたくさんあります。 私立大学であれば、40代で1,000万程度の年収がもらえる上に、倍率が高い割にはそこまで試験の難易度が高くなく、スーパーホワイトの職場であることが分かりました。 もちろん、私立・国立によっても違いますし、配属される部署によっても異なると思います。 私が学生の頃は、公務員試験の滑り止めで大学職員を受ける人が多かったですが、これまで見てきた魅力を踏まえると、今は大人気の職種になっている理由がよく分かりました。 大学職員がこんなに人気がある職種になっているというのは、こうした働き方を求める学生が多いということの証左となっている気もします。 大学によるでしょうが、基本的にはこんなにストレスフリーな美味しい職種は中々ないとみる人もいるでしょうが、このように恵まれた環境だとしても、「暇でやりがいがない」と耐えられないと感じる人もいるのではないでしょうか?• 2012年:不動産投資に目覚める 都心部に2区分所有(1区分は自宅)• 2014年:株式投資に目覚める 2014年:48.7% 2015年:16.1% 2016年:22.5% 2017年:90.6% 2018年:-18.7% *配当なし、税引後利益• 2018年:ブログ収益化に目覚める 2018年:福沢諭吉12枚程度• 16,866 views• 16,629 views• 16,625 views• 9,238 views• 8,816 views• 8,571 views• 8,328 views• 5,803 views• 5,786 views• 5,595 views• 5,281 views• 4,249 views• 3,960 views• 3,895 views• 3,872 views• 3,685 views• 3,408 views• 3,330 views• 3,200 views• 2,769 views.

次の

早稲田大学

早稲田大学 職員 倍率

・その他様々な理由で増減あり。 以下で詳しく見ていきます。 基本データ 大学名 早稲田大学 大学公式HP 学部学生数 41,333人(男25,813・女15,520) 専任教職員数 2,659人(教員1,870・職員789) ST比・SA比 ST比 1:33. 5 SA比 1:52 人件費率 49. (2017年5月1日時点) ・寄付金額は2017年度事業活動収支計算書より。 ・私立大学等経常費補助金額は私学事業団ホームページより。 (平成29年度分) ・教員数には大学院専門、研究専門の教員も含まれているため、ST比はやや高くなっています。 計算ロジックはコメントを確認願います。 競争力に関するデータ 偏差値 82~69 入学定員充足率 1. 02 収容定員充足率 1. 16 退学率 4. ・入学定員および収容定員充足率、就職率は早稲田大学ホームページ「情報公開」より。 ・退学率は読売教育ネットワーク「大学の実力」より。 (学部単位) ・有名企業就職率は大学通信「「有名企業への就職率が高い大学」トップ200」より。 コメント 早稲田は待遇に関する情報があまりオープンでなく、特定年齢のモデル年収というものが公開されていません。 したがってここからは、かなり 予想の領域になりますので、ご注意ください。 基本給と賞与、各種手当について 大学職員は学士と修士で給与テーブルを分けることはあまりなく、学部新卒の22万3,420円と修士新卒の24万8140円の差は、単純に年齢給であることが理由であると思われます。 そうすると、2年で12,360円ずつで昇給している計算になります。 35歳の推定月給を38万円(12,000円程度ずつ昇給)とすると、10万程度の手当がないと辻褄が合いませんので、扶養手当は、 配偶者25,000円、子ども15,000円程度を予想します。 これでもややモデル年収には届かないので、賞与が6ヵ月以上or一律額が20万程度あったり、別の手当て(研修のための費用など)として一律15,000円程度支給されているのかもしれませんね。 大学は横並びを好む文化があり、この水準の各種手当、賞与の一律額などは待遇の良い大学ではかなり似通っている印象があります。 休日について 休日面でも、 完全週休二日で年末年始や夏季も長期の休みがあり、半日休暇という独自の制度もあるなどかなり手厚くなっています。 勤務時間も先にみた慶應より1日15分短い7時間15分で、時給換算すると早稲田の方がかなり高くなりそうです。 高待遇の理由は恐らく専任職員数で、なんと SA比が看護職を除いた慶應の2倍以上あります。 かといって専任職員が2倍働いているわけではなく、恐らくその分を業務委託や臨時職員などで穴埋めしているものと思われます。 専任職員で入るのは狭き門ですが、採用されれば高待遇が期待できそうですね。 将来性・その他について 肝心の将来性ですが、慶應と並ぶくらいのブランド力があり、志願者数や就職先の水準などもぴか一で問題ないでしょう。 驚いたのはこれほどのマンモス校なのに、退学率が極めて低い水準であることです。 これは、中堅以下の大学からしたら垂涎ものでしょう。 ただ、まったく死角がないかというとそうでもなく、近年は給与水準の見直しが行われそう(た?)とのことです。 これら待遇が改悪される可能性があることは心配ですが、それはどの企業にも言えることです(ただ、大学の場合は、給与が上がる見込みがほぼないのが悲しいところですが…)。 よって、すべての項目で高評価であり、 総合評価はSとしました。 *上記評価等は個人的価値観に基づく評価付けであり、大学自体の優劣を論じるものではありません。

次の