教授 メール 質問。 教授へのメールの書き方|お礼/謝罪/質問/挨拶/留学/大学院

【例文つき】教授へのメールの書き方・返信のマナーとは? 大学生は要チェック!

教授 メール 質問

日本の大学は基本的に学生や教授に学校用のメールアドレスが配布されています。 そのため、教授や先生は基本的に学校のメールアドレスで仕事や学生に対してやりとりしていることが殆どです。 そういった理由から、できるだけ個人で使用しているメールアドレスは使用しないようにしましょう。 無断で連絡してしまうと送り先の教授や先生を不快にさせてしまったり、メールを見落とすことになり返信が届かないといったトラブルを起こしてしまう可能性があります。 大学に属している教授や先生は、色んな人々とメールアドレスなどで連絡を取り合っています。 そのため、分かりやすい内容で伝えることはなるべくはやく返信をもらうため以外にも円滑なコミュニケーションをとるために必要です。 内容をわかりやすくするのはなにも言葉遣いにこだわるだけでなく、適度に改行を入れるなどしても読みやすくすることができます。 送られる相手の立場になって読みやすくわかりやすい文章を送るように心掛けていくことで、社会に出ても円滑なコミュニケーションをとることができるでしょう。 これは大学だけでなく誰かしらにメールを送るうえでの基本的なマナーのひとつと言えます。 特に教授や先生は先にも触れたように多くの人と接しているわけですから、必ず身分を明かすようにしてください。 具体的な内容としては、氏名以外にも学年や学部といった所属を書き記します。 大切なのは一目で相手が誰だかわかるように意識することです。 身分に関してメールに記載するときは、必ず冒頭におくようにして、それから本題に入るようにすると相手にとって見やすい文章となります。 これは先に触れた「内容はわかりやすく」に共通したポイントとなっており、相手に対して物事を伝えるうえでも大切なマナーです。 学生と教授は異なる立場になりますから、できるだけ丁寧な文章を心がけましょう。 失敗例としてフランクな文章にしてしまったり、記号を用いてしまうことがありますが、これはマナー違反です。 目上の人とコミュニケーションをとっていることを意識して、丁寧な言葉遣いにするだけでなく正しい日本語を使うことを意識しましょう。 大学においてゼミは重要な科目のひとつであることから、教授や先生と学生が多く言葉を交わす内容のひとつでもあります。 そういったことから、ゼミに関して了解を得る際はその内容をしっかり明記しておきましょう。 教授や先生は多くの学生と交流しているわけですから、その内容を覚えていないことも多くありますので、了解を得る場合は詳しく内容を書くようにして了解を得えるようにしましょう。 先に紹介したゼミと同じように学生は課題に関して教授や先生と多くやりとりすることの多い内容です。 場合によっては自身の成績に大きく関わる内容になりますから、しっかりマナーを守るようにしましょう。 教授や先生によっては多くの講義を行っていることもありますので、より詳しい日時を書いておくとスムーズに質問の答えを得ることができるでしょう。 大学において教授や先生は忙しい身でありますから、突然の訪問は不躾になります。 そのため、あらかじめメールでアポイントメントをとるようにするのがマナーとなっています。 例文としては、「〇〇の件について研究室に訪問したいと考えております。 あくまでこちらの都合に合わせていただくわけなので、相手の都合が合うかどうか確認する意味合いを含んだ内容を送るようにしてください。 大学生活にとって課題の締め切りをまもれなかったり、単位を落としてしまったときなどの失敗をしてしまったときは教授や先生に対して謝罪しなければならない場面も出てきます。 そういったときの例文としては「〇〇といった理由で、締め切りが守れませんでした。 申し訳ございません」といった内容にすると良いでしょう。 どうして謝罪するのかについて自分の非を明確かつわかりやすく書き記すだけでなく、心を込めて誠意を持った謝罪の言葉を記すことが大切です。 こういった内容において返信を催促する場合に大切なのは、「どういった内容のものか」すぐにわかるようにしておくことです。 関連記事においては返信する際のビジネスマナーについて詳しく解説されています。 今後のやりとりしておいくうえでしっかりマナーを守れるように読んでおくと良いでしょう。 このケースの場合は、再度確認の旨を伝えるだけでなく、期限が迫っているなどの場合はそういった内容も丁寧に伝えておくことで相手に対して返信が欲しいことを伝えることができるでしょう。 内容としては、「先日にアポイントメントに関しての相談はご確認できましたか」といった確認から始まり、期限を伝えます。 それから伺うことが可能な日程を書き記しておきましょう。 このとき、一日だけでは相手の都合がつかないこともあるので、複数の日時を伝えるようにすることで、相手に猶予を与えてあげてください。 正しいマナーを理解して大学教授とのメールのやりとりをスムーズに行おう! 今回は、大学において教授や先生とのメールをやり取りする際のマナーについて詳しく解説しました。 内容はケースバイケースではありますが、基本的なマナーを守ることでスムーズな返信を行えるようにしましょう。 まずはしっかりマナーを理解して、円滑なコミュニケーションとしてメールを活用してください。

次の

大学教授へのメールの書き方は?質問・研究室訪問のアポなど目的別!

教授 メール 質問

教授の住所や電話番号が大学の教職員名簿に記載されていたこともありましたが、現在ではそれは個人情報として、一般には公開されていません。 そのかわりに、オフィスアワーというものが設定されていて、週に1度その時間に教授の研究室に行くと教授に会って話ができることになっています。 しかし今すぐに教授と連絡をとりたいという場合、オフィスアワーまで待っていられません。 またその時間に他の学生も来るので、順番が回ってくるまで待たなくてはならないこともあります。 それに会って話すほどのことではないということもあります。 そんなとき手持ちのスマホから教授にメールができたらいいのですが、教授にメールをしていいのでしょうか。 教授に電話をかけてもいい? 以前は履修要項などに教授の住所や電話番号も掲載されていました。 現在では個人情報保護の考えが一般的ですので、そのような名簿は公開されていません。 しかし、電話帳などで教授の自宅の電話番号を調べることは可能です。 スマホが身近なものになった現代でも、電話は手近な連絡手段であることにかわりはありません。 しかし、電話をかけるということは、相手を電話口に呼び出すということですから、場合によっては失礼になってしまいます。 相手が教授の場合は、自宅で研究をされていることもありますので、たとえ電話番号がわかったとしても電話をかけてはいけません。 メールならば、教授の都合で見ることができますので、教授への連絡にメールを使うのが最適です。 事務室に教授への伝言をお願いする 個人情報保護の観点から、事務室で教授の住所や電話番号を聞いても教えてくれません。 ただし、事務室はあなたが教授に伝えたいことを伝言してくれます。 しかし「私に連絡をください」などというような伝言はダメです。 書面に書くということは、それなりにきちんとしたものでなくてはなりませんから、気軽に教授と連絡がとれるというものではありません。 それに、その書面がいつ教授の手元に届くのかわかりませんし、ほかの書類と紛れてしまうこともあります。 書面でこちらの意向を享受に伝えるよりは、教授へのメールのほうが簡単です。 教授に手紙かメール、どっちがいい? メールには必ず「件名」を記入する部分があります。 これに何も書かないでメールを送ると「(件名なし)」という表示でメールが送られてしまいます。 いろいろな迷惑メールが飛びかっている現在、教授へのメールでこれは避けてください。 教授に対して失礼になるだけではなく、読まれることなく削除されてしまうこともあります。 では、ここに何を書けばいいのでしょうか。 たった1行ですから、そんなに多くのことは書けません。 最初のメールのときには、学籍番号と名前をきちんと書いて、誰からのメールなのかをはっきりさせる必要があります。 また教授は、他の大学でも教えておられることでしょうから、所属大学・学部・学科・学年などの情報も添えておくといいでしょう。 教授に用件を伝えるためのメールのマナーを学びましょう 体調をこわしたために授業を休んでしまうこともあります。 大学の授業では、教授の講義を聞くだけのこともありますが、学生に分担が回ってきて発表することもあります。 自分が発表をする番だったのに欠席したらとても迷惑になります。 そのことを謝罪するとともに、「ずる休み」ではなかったことをきちんと伝えておきましょう。 当日高熱が出てしまい、どうしても出席することができませんでした。 」 質問 大学での勉強は、教授の話を聞いてそれを丸暗記すればいいというものではありません。 そこから何か啓発されて、自分でいろいろ調べてみる必要があります。 そうすると、いろいろな疑問点とぶつかることがあります。 そんなとき、教授にメールで質問をすれば、あなたに対する教授の評価もあがります。 先生にひとつ質問したいことがありまして、失礼とは存じながらメールをいたしました。 先生が授業でおっしゃったことについていろいろ調べてみたいと思うのですが、どの文献から読みはじめたらいいのか、お教えください。 」 挨拶 大学でいろいろ学んでみてさらに勉強を続けたいと思ったら、大学院で学ぶのがいいでしょう。 大学院では学部より学生数も少ないので教授とより親密になってより深く学問を学ぶことができます。 しかしそのためには、大学院で指導を受ける教授とのコンタクトが大切になりますので、大学院受験を考えたら指導教授にしたい教授にメールでその意志を早めに伝えておきましょう。 少し以前から、大学院に入学して先生のご指導をさらに受けたいという気になってきました。 」 留学 留学にはいろいろな方法がありますが、あなたが指導を受けている教授にうかがって、留学先の先生を紹介してもらうのが一番です。 ただしその際は、自分が留学先で何を学びたいのかをはっきりさせておく必要があります。 まずはメールで教授にあなたの意志を伝えてみてください。 先生のもとでいろいろ勉強していて、外国の大学でこのことについてさらに別の角度から学ぶことができないかと考えるようになりました。 」 あなたのメールが失礼なものだったり、返事する価値もないようなものだったりしたら、教授は返信してくださらないでしょう。 しかし、研究と教育が大学教授の重要な仕事ですから、学生からの真面目なメールに対しては、教授から返信があります。 教授からの返信を受けとったら、かならずあなたのメールに答えてくださったことに対するお礼のメールを出してください。 ご丁寧にお答えくださり、感謝しております。 またこれからもなにかと先生にはメールでいろいろなことをお伺いしたく存じます。

次の

【例文あり】大学教授にメールする際のマナーとは?|インターンシップガイド

教授 メール 質問

日本の大学は基本的に学生や教授に学校用のメールアドレスが配布されています。 そのため、教授や先生は基本的に学校のメールアドレスで仕事や学生に対してやりとりしていることが殆どです。 そういった理由から、できるだけ個人で使用しているメールアドレスは使用しないようにしましょう。 無断で連絡してしまうと送り先の教授や先生を不快にさせてしまったり、メールを見落とすことになり返信が届かないといったトラブルを起こしてしまう可能性があります。 大学に属している教授や先生は、色んな人々とメールアドレスなどで連絡を取り合っています。 そのため、分かりやすい内容で伝えることはなるべくはやく返信をもらうため以外にも円滑なコミュニケーションをとるために必要です。 内容をわかりやすくするのはなにも言葉遣いにこだわるだけでなく、適度に改行を入れるなどしても読みやすくすることができます。 送られる相手の立場になって読みやすくわかりやすい文章を送るように心掛けていくことで、社会に出ても円滑なコミュニケーションをとることができるでしょう。 これは大学だけでなく誰かしらにメールを送るうえでの基本的なマナーのひとつと言えます。 特に教授や先生は先にも触れたように多くの人と接しているわけですから、必ず身分を明かすようにしてください。 具体的な内容としては、氏名以外にも学年や学部といった所属を書き記します。 大切なのは一目で相手が誰だかわかるように意識することです。 身分に関してメールに記載するときは、必ず冒頭におくようにして、それから本題に入るようにすると相手にとって見やすい文章となります。 これは先に触れた「内容はわかりやすく」に共通したポイントとなっており、相手に対して物事を伝えるうえでも大切なマナーです。 学生と教授は異なる立場になりますから、できるだけ丁寧な文章を心がけましょう。 失敗例としてフランクな文章にしてしまったり、記号を用いてしまうことがありますが、これはマナー違反です。 目上の人とコミュニケーションをとっていることを意識して、丁寧な言葉遣いにするだけでなく正しい日本語を使うことを意識しましょう。 大学においてゼミは重要な科目のひとつであることから、教授や先生と学生が多く言葉を交わす内容のひとつでもあります。 そういったことから、ゼミに関して了解を得る際はその内容をしっかり明記しておきましょう。 教授や先生は多くの学生と交流しているわけですから、その内容を覚えていないことも多くありますので、了解を得る場合は詳しく内容を書くようにして了解を得えるようにしましょう。 先に紹介したゼミと同じように学生は課題に関して教授や先生と多くやりとりすることの多い内容です。 場合によっては自身の成績に大きく関わる内容になりますから、しっかりマナーを守るようにしましょう。 教授や先生によっては多くの講義を行っていることもありますので、より詳しい日時を書いておくとスムーズに質問の答えを得ることができるでしょう。 大学において教授や先生は忙しい身でありますから、突然の訪問は不躾になります。 そのため、あらかじめメールでアポイントメントをとるようにするのがマナーとなっています。 例文としては、「〇〇の件について研究室に訪問したいと考えております。 あくまでこちらの都合に合わせていただくわけなので、相手の都合が合うかどうか確認する意味合いを含んだ内容を送るようにしてください。 大学生活にとって課題の締め切りをまもれなかったり、単位を落としてしまったときなどの失敗をしてしまったときは教授や先生に対して謝罪しなければならない場面も出てきます。 そういったときの例文としては「〇〇といった理由で、締め切りが守れませんでした。 申し訳ございません」といった内容にすると良いでしょう。 どうして謝罪するのかについて自分の非を明確かつわかりやすく書き記すだけでなく、心を込めて誠意を持った謝罪の言葉を記すことが大切です。 こういった内容において返信を催促する場合に大切なのは、「どういった内容のものか」すぐにわかるようにしておくことです。 関連記事においては返信する際のビジネスマナーについて詳しく解説されています。 今後のやりとりしておいくうえでしっかりマナーを守れるように読んでおくと良いでしょう。 このケースの場合は、再度確認の旨を伝えるだけでなく、期限が迫っているなどの場合はそういった内容も丁寧に伝えておくことで相手に対して返信が欲しいことを伝えることができるでしょう。 内容としては、「先日にアポイントメントに関しての相談はご確認できましたか」といった確認から始まり、期限を伝えます。 それから伺うことが可能な日程を書き記しておきましょう。 このとき、一日だけでは相手の都合がつかないこともあるので、複数の日時を伝えるようにすることで、相手に猶予を与えてあげてください。 正しいマナーを理解して大学教授とのメールのやりとりをスムーズに行おう! 今回は、大学において教授や先生とのメールをやり取りする際のマナーについて詳しく解説しました。 内容はケースバイケースではありますが、基本的なマナーを守ることでスムーズな返信を行えるようにしましょう。 まずはしっかりマナーを理解して、円滑なコミュニケーションとしてメールを活用してください。

次の