ウイルス 性 胃腸 炎 潜伏 期間。 ウイルス性胃腸炎はうつるの?【潜伏期間と感染経路や症状】

ウイルス性胃腸炎の症状、潜伏期間は?食事はどうする?

ウイルス 性 胃腸 炎 潜伏 期間

ウイルス性胃腸炎の症状 ウイルス性胃腸炎の症状について見ていきます。 主な症状としては、腹痛による嘔吐や下痢で、その影響により脱水症状にも発展します。 ウイルス性は細菌性のものよりも軽微ではありますが、 冬季に感染するウイルス性の 特徴の一つとしては 発熱が出ることもあるので、嘔吐・下痢などに加えて頭痛などがある際はウイルス性である可能性は高いと言えます。 ウイルス性と一言で言っても何種類か存在します。 ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス、サッポロウイルス、アストロウイルス、エンテロウイルス、 B 型インフルエンザウイルスなど。 今回はこの中でも代表的な3つのウイルスについて、それぞれ特徴を見ていきます。 ノロウイルス 今では有名なこのノロウイルスは赤ちゃんからお年寄りまでの 幅広い年齢層がかかるので、集団感染の恐れもあり十分な注意が必要となってきます。 このウイルスの症状は、腹痛・下痢・吐き気・嘔吐・発熱・脱水症状が挙げられます。 流行時期は 秋の終わり頃~冬の中頃までで、 発症期間は 1 ~ 2 日間ほどで治まります。 ロタウイルス このロタウイルスは母親であればご存じとは思いますが、 乳幼児が最も感染しやすく 5 歳くらいまでは感染する恐れがあります。 流行時期は 冬の中頃~春先までで、 発症期間は 1 ~ 2 週間という長期間におよびます。 その場合の特徴として排泄した 下痢が白っぽくなりますが子供ほどの重症にはなりません。 アデノウイルス アデノウイルスもロタウイルスに似ていて、最も感染しやすい年齢は 乳幼児から小学生くらいまでの子供が感染します。 このウイルスは他の症状とは少し違い、胃腸炎のみではなく 喉(咽頭炎)・眼(結膜炎)・発熱(高熱)を発症するところが特徴です。 流行時期は基本一年通じてですが 夏の発症率が高く、 発症期間は 5 日間ほどの発熱などが続いた後に一週間ほどで回復します。 アデノウイルスの実体験はこちらに詳しく書いていますので、参考にしてください。 ウイルス性胃腸炎の原因・感染経路 ここではウイルス性胃腸炎の原因とも言える感染経路と予防について見ていきます。 ノロウイルス ノロウイルスの感染経路は、経口感染といって口から入ることで感染します。 便や嘔吐物を触れた手からやそれらが乾燥した時の 空気感染であったり、くしゃみなどによる 飛沫(ひまつ)感染などが挙げられます。 飲食については牡蠣(かき)などの二枚貝や井戸水を飲まない・食べないことが重要ですが、調理時も感染者の手から食べ物等に感染するので、 飲食時・調理時は消毒の徹底が不可欠となってきます。 ロタウイルス ロタウイルスは増殖力が強いウイルスであり、なおかつ 微量でも感染するほどの力があります。 感染経路についても経口感染であり、対象年齢(0~5歳)のお子様がいる家庭では注意が必要です。 例えば、期間中は オムツの交換時は手袋をしたり、お子様がトイレに行った際には必ず除菌するなどの工夫が必要になります。 アデノウイルス アデノウイルスは プール熱を発症する原因とも言われているだけあって、 水・飛沫(ひまつ)・目ヤニ・便・接触などの感染経路があります。 感染を予防するには、マスクの常備や手洗い・うがいの徹底とタオルやハンカチを借りるなど同じ物を使わないことです。 ロタウイルスと同じく子供が感染しやすいウイルスとは言え、疲れていて 体力が低下している大人も感染するウイルスと言えます。 感染予防のための基本は 手洗いとうがいですが、手洗いの際に特に注意していただきたい点が水道の蛇口です。 はじめはウイルスがある状態かもしれないので、手洗いした石けんまたはハンドソープでその 蛇口も洗うようにしましょう。 スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎の潜伏期間・治療法 ここでは潜伏期間と治療法について見ていきます。 潜伏期間 まず潜伏期間についてですが、その前に『潜伏期間』とはどういうものかについて触れておきます。 潜伏期間とは感染してから病気(ここでは嘔吐・下痢など)を発症するまでの体内に潜んでいる期間のことです。 インフルエンザなどのウイルスが感染するタイミングとしては、この期間が最も多いと言われていますが、胃腸炎の場合はすでにご説明した通りです。 ノロウイルス 潜伏期間は 1 ~ 2 日で発症しますが、 次の感染者を増やさないためにも 発症日から 1 週間程度は注意が必要となってきます。 ロタウイルス 潜伏期間は 1 ~ 2 日で発症しますが、ロタウイルスの場合は他のウイルスとは違い なかなか完治しないことが多いので、 常に感染者を増やさないようにしなければなりません。 アデノウイルス 潜伏期間は 5 ~ 7 日で発症しますが、次の感染者を増やさないためにも 発症日から 2 週間程度は注意が必要となってきます。 治療法 ウイルス性胃腸炎の治療法について、主な症状が同じということで治療もどの種類であっても同じ対処となります。 主な症状が嘔吐や下痢ということで、 脱水症状になる可能性が高くなります。 そのため、 水分補給を欠かさず安静にしておくことが最も重要になってきます。 この時にしっかり水分補給できないようであれば、電解質飲料や白湯(病院であれば点滴)なども検討してください。 ウイルス性胃腸炎に感染しないための対策についてはこちらの動画をご覧ください。 なお、胃腸炎の際の食べ物や飲み物についてはこちらの記事に詳しくまとめています。 胃腸やお腹など消化器官が気になる方はこちらの記事を参考にしてください。 まとめると以下の通りになります。 ・ウイルス性胃腸炎は主に 3 種類に分類され、冬季に感染しやすく発熱がある場合はそのサインと言える ・ウイルス性胃腸炎の感染経路は、経口感染や飛沫感染が多いので手洗い・うがいの徹底が不可欠 ・ウイルス性胃腸炎の治療法については、これといったものが存在しないが脱水症状や飲食物から気をつける.

次の

感染性胃腸炎の症状を解説!原因と期間、潜伏期間もチェックしておこう!

ウイルス 性 胃腸 炎 潜伏 期間

ウイルス性胃腸炎とは? よく 「ウイルス性胃腸炎」という言葉を多く聞きますが、 厳密にいうと「感染性胃腸炎」と言います。 感染性胃腸炎には、ウイルスだけでなく細菌などが原因の疾患も含まれていますので、ザックリとした表現で言うと 「感染性胃腸炎」の「ウイルス部門」ということになるでしょうか。 最近、毎年のように「ウイルス性胃腸炎」は、テレビなどでクローズアップされています。 ウイルスの種類によっては大流行することも珍しくないので、ホントに注意が必要です。 ウイルス性胃腸炎にも色々ある? みなさんも、 「ノロウイルス」や 「ロタウイルス」「アデノウイルス」という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 なにやら不思議?な名前のウイルスたちですが、これらのウイルスたちが、ウイルス性胃腸炎を起こし、私たちに悪さをする代表的な原因ウイルスなんです。 今回は、代表的なこれら3つのウイルス性胃腸炎について、それぞれの特徴をまとめてみます。 ノロウイルス胃腸炎とは? ノロウイルスは、人の小腸の粘膜で増えるウイルスです。 昔は、「小型球形ウイルス」と言われていました。 ノロウイルスは、秋から冬(特に11月から3月)にかけて、大暴れをして胃腸炎を引き起こします。 ノロウイルスは、100個以下という少量の数でも発症します。 感染力がとても強いため、子ども達や高齢者の方々が集う、保育所や高齢者施設などでは、集団発生を引き起こしやすいです。 もちろん、ノロウイルスは頑強な大人であっても、油断をすると発症します。 つまり ノロウイルス胃腸炎は、全年齢に感染するウイルス性胃腸炎と言えるでしょう。 抵抗力の弱い乳幼児や高齢者は、重症化しやすいのでより注意が必要です。 ノロウイルスの潜伏期間は? ノロウイルスの潜伏期間(感染から発症までの時間)は、24~48時間と言われています。 ノロウイルス胃腸炎の主な症状は、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱は軽度です。 多くは、これらの症状が1~2日続いた後に治ります。 しかし、ノロウイルスに感染しても、発症しなかったり、発症しても軽い風邪のような症状の場合もありますので、本人が知らないうちにスルーしている場合もあります。 ロタウイルス胃腸炎とは? ロタウイルス胃腸炎の場合は、3月から5月にかけて、特に乳幼児を中心に流行が起こるウイルス性胃腸炎です。 ロタウイルスの大きさは、ノロウイルスの2倍ぐらいの大きさ。 また、 感染者の下痢便1グラムの中に1000億から1兆個も含まれているというから驚きです。 ロタウイルスが口から入ることで感染して、とくに乳幼児では重症化する場合があります。 ロタウイルス胃腸炎の潜伏期間は? ロタウイルスは、2~4日が潜伏期間(感染から発病までの期間)です。 症状としては、水のような下痢や嘔吐が繰り返し起こります。 その後、重い脱水症状が数日間続いたり、発熱や腹部の不快感などもよくみられます。 合併症として、けいれん、肝機能異常、急性腎不全、脳症、心筋炎などが起こることがあり、死に至る場合もあります。 ですから、ママさんたちとしては、気が気でない胃腸炎ではないでしょうか。 ちなみに任意ではありますが、 ロタウイルスによる感染症については、予防接種ワクチンがあり、乳幼児を中心に接種を受けることができます。 アデノウイルス胃腸炎とは? アデノウイルス胃腸炎は、年間を通して発症する胃腸炎です。 つまりこちらは、いつでも感染する恐れがあるウイルスという事です。 一言で「アデノウイルス」と言っても50種類以上の型があり、そのすべてが胃腸炎を引き起こすわけではありませんが、数が多いだけに何回もかかる場合もあります。 通常は軽症で済むことが多いアデノウイルス胃腸炎ですが、赤ちゃんの場合などは重症化することもあります。 アデノウイルス胃腸炎の潜伏期間は? 多くのアデノウイルスは、体内の潜伏期間が5~7日です。 便や飛沫、直接接触により感染して、感染した場合、扁桃腺やリンパ節の中で増殖します。 症状としては、嘔吐、下痢、腹痛、発熱など。 便の色が白っぽくなることがあります。 そして、この症状は、5〜6日程度続きます。 アデノウイルスは胃腸炎だけでなく、結膜炎、膀胱炎など、様々な症状を引き起こします。 たとえば、 夏場にプールで感染することが多い「プール熱(咽頭結膜熱)」はアデノウイルスによるものとして有名です。 スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎にかかったら何日休むの?! もし ウイルス性胃腸炎にかかってしまったら…。 お子さんたちの場合は、 原則「下痢・嘔吐などの症状が軽快」すれば登校が可能です。 子どもたちの状態によって日にちは異なり「何日休む」とは言い切れませんので、こちらを参考にしてください。 ところで、感染症になった時のお休みの基準に 「学校保健安全法の出席停止基準」がありますが、 ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルスなどの胃腸炎にかかった場合には、基本的には出席停止に該当しません。 ただし、重大な流行が起きた場合などは、学校長の判断で休むことができる場合があります。 (この場合欠席扱いとはなりません。 ) また、大人の場合は、 とくに仕事をされている方はとてもつらいと思います。 大人の場合も、 職場内での感染拡大を防ぐため にも「学校保健安全法」を参考にすることは大切でしょう。 とはいえ同じにする必要はなく、多くの職場では「何日休む必要があるか」「休んだらその扱いはどうなるのか」などについて、本人と職場で話し合って、就業規則等に基づいて休んでいるようですね。 参照 : まとめ 今回は、 代表的な3つのウイルス性胃腸炎の、特徴や潜伏期間、何日休むかなどについて紹介してきました。 これらの情報は、とくにママさんやプレママさんにはぜひ知っていただきたい内容です。 なぜなら、 ママさんたちは家族の中心だから…。 もちろん、パパさんたちもご同様ですよ(苦笑)。 ともあれ、家族みんなで毎日しっかり手洗い・うがいを励行し、「自分がかからない」「大切な家族にうつさない」対策をして快適な生活としたいものですね。

次の

ウイルス性胃腸炎の症状・原因・治療法〜潜伏期間と感染経路とは〜

ウイルス 性 胃腸 炎 潜伏 期間

ウイルス性胃腸炎の原因や症状 ウイルス性胃腸炎=胃腸風邪は、その原因となる主なウイルスが ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスで、この3つのウイルスの感染経路については、次のようなものになります• ノロウイルス=経口感染・糞口感染• ロタウイルス=経口感染・糞口感染• ウイルス性胃腸炎は 感染力がとても高いため学校や会社など多くの人と接触するような場所へは 集団感染防止の為にいかないようにと病院での診断時に言われると思います。 ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスについての 症状や潜伏期間について詳しく解説いたします。 ノロウイルス 生の牡蠣を食べて感染することが有名ですがきざみ海苔から小学生が集団感染した事例もあり食品全般がノロウイルスの対象になってきています、二次感染が非常に多く、発症した人の吐しゃ物などを処理した人が感染してしまうケースもあるわけなのです。 潜伏期間:1日~2日 症状:激しい下痢、嘔吐、発熱、悪寒 症状が発生する期間:1日~2日 ロタウイルス 幼児がかかりやすい胃腸炎で、排泄物が白くなります。 産後、間もなく免疫力が落ちている状態のお母さんがおむつ処理をした場合などでも感染することがあるので子供の感染症と油断しないようにして下さい 潜伏期間:1日~3日 症状:嘔吐、発熱、白色のゲル状の下痢 症状が発生する期間:5日~7日 腸管アデノウイルス胃腸炎 風邪を引き起こすウイルスの一種で、空気中に飛んでおり、胃酸に強く、胃や腸で活発になることで胃腸風邪を引き起こします。 細菌性胃腸炎の病原菌については、 カンピロバクター腸炎・サルモネラ腸炎・腸炎ビブリオがあげられますのでそれぞれの 症状や潜伏期間について詳しく解説いたします。 カンピロバクター腸炎 鶏・豚・牛の生肉や、犬や猫など動物との接触、井戸水などから主に感染します。 潜伏期間:1日~10日 症状:発熱、下痢、腹痛、悪寒、嘔吐 症状が発生する期間:5日~7日 サルモネラ腸炎 細菌が付着した卵の殻や生卵を食べたときや、ゴキブリ・ネズミなどの害虫が運んできて感染します。 潜伏期間:6~72時間 症状:嘔吐、ひどい下痢、発熱 症状が発生する期間:4~5日 ただし発見・治療が遅れた場合には2週間ほど発熱が続く 腸炎ビブリオ 生の魚介類や、魚介の加工品に残った菌から感染します。 潜伏期間:4~28時間 症状:激しい腹痛、下痢、発熱、嘔吐 症状が発生する期間:2~3日 ウェルシュ菌腸炎 調理後時間のたったカレーやシチューなどの煮込み料理に増える菌で、高い気温でそのまま放置してしまった場合に感染をしてしまうのです。 潜伏期間:4時間~28時間 症状:下痢、腹痛 症状が発生する期間:1日ほど 胃腸風邪の治療法について ウイルス性胃腸炎=胃腸風邪の原因となっているウイルスに直接的に効く特効薬のような 効ウイルス剤がないので 対処療法による治し方が胃腸風邪の治療法となっています。 胃腸風邪は一般的な風邪とは異なり、主に胃腸が悪くなる状態が長い間継続する病気のため、基本的には 胃腸の状態を整えることが対症療法になるのです。 胃腸風邪が原因で腹痛や下痢の症状が続いている場合、できるだけ下痢止めなどは使用せずに、腸の働きを穏やかにする 整腸剤などで、胃腸の調子を整えていくことが 回復の近道になっています。 胃腸風邪のときの食事と食べ物に関する注意点 胃腸風邪にかかった場合、第一に気をつけなくてはならないことは 水分補給です。 下痢や嘔吐が続くとどうしても 体の外に出る水分量が多くなってしまい、複合的に 脱水症状を引き起こしやすくなります。 整腸剤で胃腸内に溜まっているウイルスを排出しても、下痢や嘔吐が続く時は、 こまめに水分補給をして脱水症状を引き起こさないように注意していかなければなりません。 吐き気があると辛いですが、できるだけ 経口補水液を積極的に摂取するようにして下さい。 お粥と一緒に 梅干を添えるのもおススメで梅干は、 塩分を補給できますから、脱水症状を防ぐという視点でも効果的な食べ物になります。 たまねぎ、キャベツ、ニンジンなどをしっかりと煮込んだ 野菜スープもオススメの食事で、野菜を煮ることで胃腸に優しく栄養満点のスープとして召し上がることができますから、 体力を回復させるのに効果的なんですね。 逆に 食べるのを控えたほうがいいのは以下のものになります。 生もの 果物、生野菜、刺身など• 冷たいもの• ねばねばするもの 納豆、オクラ、山芋など• 脂っこいもの・肉• あくが強いもの ほうれん草、タケノコなど• ナッツなど種子類• うどん以外の麺類• 辛いもの• お菓子• ジュース• 菓子パン• 添加物の多いもの• 乳製品• お酒 特に グレープフルーツは薬の飲み合わせによっては強い吐き気をもよおすこともあちますから、胃腸風邪に限らず投薬中の場合には控えたほうがよいでしょう。 胃腸風邪をひいたときには体をとにかく温めることが重要で、無理してお風呂に入らなくてもよいので、 温かい服装をしてしっかりと横になることが大切です。 横になることで回復が早まるので、デスクワーク位なら・・・と無理はしないようにして下さい。 まとめ 寒い時期になると 免疫力が低下してウイルス性の胃腸風邪がはやりやすくなります。 感染しないように気を付けるのはもちろんですが、万が一にもかかってしまった時には 体を温めて横になり、しっかりと 養生するように注意が必要です。 また、もし胃腸風邪に感染した場合には、むやみやたらに 人混みに行かず、感染拡大につながらないように行動することも大切になります。

次の