フェール セーフ 意味。 フェイルセーフ

職場のあんぜんサイト:フェールセーフ[安全衛生キーワード]

フェール セーフ 意味

フェイルセーフとは? 工場で使用している機械やシステムに 故障やエラーが発生しても危険な方向にいかないよう、安全を確保する工夫をすることです。 例えば、列車やバスでドアが閉まる時、付近に人がいると、挟まれないようにドアの動きが停止しますよね。 このような工夫をフェイルセーフといいます。 工場では機械を誤って操作した時に自動的に動きを停止するようになっていたり、停電しても自家発電で電気が止まらないようにするものがあります。 フールプルーフとは? 人が ミスをしようとしてもできないようにする工夫の事です。 フェイルセーフが、ミスをしても安全な方向へ動作するのに対し、フールプルーフは誰が扱っても安全で、そもそもミスができないようにする仕組みのことを言います。 例えば、自動車はブレーキを踏んだ状態でないとエンジンがかけられないなどの仕組みがこれに当たります。 工場では、プレス機を動かすボタンが両手押しになっており、そもそも手が挟まれないようになっているものなどがあるようです。 まとめ フェイルセーフとフールプルーフは似た思想ですが、考え方は全く異なるものです。 「ミスや故障は必ず起こるもの」という考えがフェイルセーフ、「そもそもそのようなミスや故障が起こらないようにしよう」という考えがフールプルーフです。 このようなシステムが構築されていれば安心ですが、機械を操作する従業員たちへの注意喚起を怠ってはいけません。 そのようなシステムがあっても誤作動がおこるかもしれないということを念頭に置いて、実際に事故が起こってしまったらどのように対処するかを事前に共有し、そのような事態になった時に対応が遅れないようにすることで、より安心して労働災害を防ぐことができるでしょう。 フェールセーフとフールプルーフの違いについて~設計思想と事例~|衛生管理者BLOG フェイルセーフとフールプルーフ~意味の違いと事例|レジリエントメディカル カテゴリー• 239• 113• 148• 16 アーカイブ•

次の

フールプルーフとは

フェール セーフ 意味

概論 [ ] 「フェイルセーフ」との語句は「故障は安全な側に」というのが原意である。 機械は壊れたときに、自然にあるいは必然的に安全側となることが望ましいが、そうならない場合は意識的な設計が必要である。 たとえばは、が故障した場合、エンジンの回転を制御できないような故障ではなく、回転が停止するような故障であれば、自動車自体が止まることになり安全である。 このため、回転を止めるような故障モードへ自動的に(自然に)落とし込むような設計思想が、フェイルセーフとなる。 の場合は、エンジン故障で全推力を失っても滑空して無事できる設計であればフェイルセーフである。 のエンジン停止においては、という飛行方法により飛行機同様滑空して着陸することができる。 (推力を失った場合に滑空出来ない機体設計の場合は、エンジンの搭載機数を増やし、その内一機が故障しても推力を失わないという別の設計思想となどの運用方法で対応する。 ) は、過電流が流れた場合にヒューズ自身が溶けて壊れることにより、それ以上の過電流を止めて基板等の焼損や出火を防止する。 この点で、ヒューズも一種のフェイルセーフであるといえる。 コンピュータシステムや操作している人間の不具合を検知するために、定められた周期に決められた信号を送り続け、相手側で信号の受信が無いと不具合をみなす仕組みをやと呼ぶ。 空気ブレーキ [ ] は、(空気圧で動作する)に故障があった場合、がかかるように設計することがフェイルセーフとなる。 たとえば、においては、何らかの衝撃で車両間の連結が外れた場合は必ず非常ブレーキが作動するようにするため、列車貫通ブレーキ管に空気圧をかけなければブレーキが緩解しないように設計されている。 これにより、連結が外れて配管が切れた場合でも、各車両にある補助空気だめの圧力により非常ブレーキがかかる。 また一部の電車では、非常ブレーキ指令線と呼ばれる信号線を編成内に引き通し、断線等で信号が途切れると非常ブレーキが作動するよう設計されている。 踏切 [ ] のにおいては、「遮断棹が上がっている状態」を維持するために力をかけなければならないよう、設計される。 これがフェイルセーフとなる。 この場合は、などが起きて遮断機が作動しなくなっても、重力によって自然と遮断棹は下りたままになり、踏切内への立ち入りを防止するようになっている。 なお、節電のため列車を運転しない時間帯に故意に停電させている路線では、停電状態でも遮断機が下がらないように調整することが出来る。 信号機 [ ] 道路 [ ] 交通においては、制御機が故障した場合や、停電した場合には、発電機付きの信号を除いて灯火が消えるが、赤点滅と黄点滅をそれぞれの道路に表示して交通の安全と円滑を確保している。 灯火が消えた場合でも明確に「交通整理の行われていない交差点または横断歩道としての注意義務が生じる」と有るため運用上致命的な問題は発生しない。 鉄道 [ ] ではや、が何らかの異常で故障した場合や、停電となった場合は赤信号(停止)を表示するよう、設計されているため、を防いでいる。 例えば自動閉塞方式を採用している路線では軌道を介して閉塞の終端側にある送信用電源から信号機などが設置されている受信側の軌道継電器まで常に電流が流れており、この電流を受信することにより信号は列車の進入を許可している。 この一連の回路を軌道回路といい、回路である閉塞内に列車が在線していることで電流を短絡していると軌道継電器に電流が流れなくなるため信号は赤信号を表示する。 一方でレールの破断など軌道回路を構成する部分の故障によって回路の電流が遮断されたりすると同様に軌道継電器に電流が流れなくなるため信号は常に赤信号を表示するようになるのでフェイルセーフとなるのである。 無灯火状態は、赤信号と同じ効力を持つと定められている。 MIDI [ ] での音楽演奏中には音楽信号とは関係のない「アクティブセンシング」という信号を定期的(約300ごと)に出力している。 出力側が「ノートオン」(音を出す命令)を出すと受信側は「ノートオフ」の信号を受信するまで音を出し続ける。 しかし、ノートオン後に不具合が発生して「アクティブセンシング」の信号が受信できない場合は、強制的に音を止める。 故障した場合は音が止まる方向で動作を停止するので、故障した機器を使わずにコンサートなどが続行できる(逆に故障時に音が出る方向で設計されていた場合、演奏に支障がある)。 脚注 [ ].

次の

そうだったんだ技術者用語 フェイルセーフ、リンプホーム、そして冗長性

フェール セーフ 意味

フォールトトレランス、フェールソフト、フェールセーフの違い フォールトトレランス、フェールソフト、フェールセーフの違い このページでは主にフォールトトレランス、フェールソフト、フェールセーフなどの対障害用語の説明、及び例について紹介します。 スポンサード リンク 用語 意味 例 フォールトトレランス Fault tolerant ・障害が発生しても機能を継続させる設計手法。 広義の意味で「対障害性」と使用される場合もあるが、「フェールソフト」と比較して「障害発生時に 機能を縮小せず に継続する」対障害性を意味する場合もある。 ・電源の二重化 ・ハードディスクのRAID フェールソフト Fail Soft ・障害発生時に機能を縮小してでも継続 ・ 稼動継続を優先 エンジン式の飛行機。 エンジンが一機停止しても、稼動を継続する必要がある。 フェールセーフ Fail Safe ・障害発生時にシステムを安全な状態に移行 ・ 安全を優先 鉄道列車における緊急時の急ブレーキ。 列車の運用より乗客の安全を優先する。 フールプルーフ Fool proof ユーザが誤った操作を行っても安全に稼動させる設計。 OSにおける電源ボタン。 電源ボタンを押した場合、コンピュータがいきなり電源オフされるのでは無く、OSのシャットダウン処理が実行されてから電源がオフされる。 フォールトアボイダンス Fault avoidance 事前対策により障害を回避する ・高品質の部品を採用 ・十分なテスト ・品質管理の徹底 ・教育 フォールトマスキング Fault masking 障害時に障害の影響を他に与えないこと。 ・機器を完全に冗長化し、障害時でも他の冗長化された機器には影響を与えず動作を継続すること。 スポンサード リンク [].

次の