飛鳥 時代 出来事。 飛鳥時代についてわかりやすく【1】聖徳太子と蘇我氏

歴史の勉強に!語呂合わせ暗記マラソン2【古墳時代・飛鳥時代】約3世紀中頃〜710年

飛鳥 時代 出来事

西暦 世界の主なできごと 天皇中心の国づくりをめざす。 593 聖徳太子、推古天皇の摂政(せっしょう)となる。 603 冠位十二階の制をつくる。 604 憲法十七条を制定する。 607 小野妹子を隋におくる。 法隆寺が建てられる。 610 イスラム教、成立する。 642 蘇我入鹿・勢力をふるう。 618 隋が滅び、唐がおこる。 645 中大兄皇子・中臣鎌足、蘇我氏を滅ぼす。 (大化の改新). 629 玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)がインドに旅立つ。 652 班田収受(はんでんしゅうじゅ)の法が行われる。 658 有間皇子、むほんの罪により殺される。 661 イスラム帝国が確立する。 663 日本の百済救援軍、白村江(はくすきのえ)で唐・新羅連合軍に大敗する。 667 都を大津京にうつす。 668 中大兄皇子が即位する。 (天智天皇)てんじてんのう. 668 高句麗が滅ぶ。 670 庚午年籍(こうごねんしゃく)が作られはじめる。 (〜671). 672 大海人皇子(おおあまのおうじ)、大友皇子(おおとものおうじ)を滅ぼす。 (壬申の乱)じんしんのらん. 673 飛鳥浄御原(あすかきよみがはら)で大海人皇子が即位する。 (天武天皇)てんむてんのう. 684 八色(やくさ)の姓が制定される。 694 藤原京に都を移す。 698 渤海(ぼっかい)ができる。 律令政治(りつりょうせいじ)が始まる。 701 大宝律令を制定する。 奈良時代 奈良時代 西暦 日本の主なできごと. 西暦 世界の主なできごと 708 和同開珎ができる。 710 元明天皇、都を平城京(奈良)に移す。 712 太安麻呂(おおのやすまろ)らによって「古事記」ができる。 713 諸国にめいじて「風土記」をつくらせる。 713 イスラム帝国がイベリア半島を支配する。 718 藤原不比等(ふじわらのふひと)ら養老律令を制定する。 720 舎人親王(とねりしんのう)らによって「日本書紀」ができる。 723 三世一身法を制定する。 727 渤海が日本に使いをおくる。 729 長屋王、むほんの疑いをうけ自殺する。 730 光明皇后が施薬院・悲田院をつくる。 732 フランク軍がイスラム軍をやぶる。 このころ、国を守る力があるとして、仏教が強く信仰される。 733 高僧を招くため、第九次遣唐使船で栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)が唐に渡る。 735 新羅が半島を統一する。 737 天然痘が流行し、藤原の四兄弟など多数が死ぬ。 740 藤原広嗣(ふじわらのひろつぐ)が九州で乱をおこす。 741 都を恭仁京(くにきょう)に移す。 諸国に国分寺建立の詔(みことのり)を出す。 742 紫香楽宮(しがらきのみや)をつくる。 栄叡と普照、鑑真(がんじん)に会って来日を願う。 743 墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)が公布される。 大仏建立の詔が出される。 744 このころ、唐の李白や杜甫(とほ)が活躍する。 745 都を平城京にもどす。 東大寺の建立が始まる。 747 大仏の鋳造がはじまる。 751 最古の漢詩集「懐風藻」(かいふうそう)ができる。 751 製紙法がイスラムに伝わる。 752 東大寺大仏ができ、開眼供養会(かいげんくようえ)を行う。 754 六回目の渡航で鑑真来日に成功し、仏教をととのえる。 755 安史の乱がおこり唐が弱まる。 756 聖武上皇(しょうむじょうこう)がなくなり、遺品を正倉院におさめる。 756 ローマ教皇が、始めて領土をえる。 イスラム帝国が東西に分裂する。 757 橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)がむほんの罪で殺される。 養老律令が実施される。 759 鑑真が唐招提寺(とうしょうだいじ)をたてる。 このころ「万葉集」ができる。 このころ、朝廷をめぐる争いで、政治が乱れる。 764 藤原仲麻呂(恵美押勝:えみのおしかつ)が乱をおこす。 765 道鏡が太政大臣禅師(だいじょうだいじんぜんじ)となり、翌年、法王となる。 768 フランク王、カール大帝が即位する。 769 和気清麻呂(わけのきよまろ)が宇佐八幡宮のお告げを報告し、流罪(るざい)となる。 770 称徳(考謙)天皇がなくなり、道鏡は下野国(しもつけのくに)に流される。 780 陸奥で蝦夷の反乱がおこる。 桓武天皇らが、律令政治の建直しにつとめる。 784 桓武天皇、都を長岡京に移す。 785 国司が税を自分のものにすることを禁止する。 藤原種継(ふじわらのたねつぐ)が暗殺され、早良親王(さわらしんのう)が皇太子から外される。 788 最澄(さいちょう)、比叡山寺を創建する。 このころ、イスラム帝国が栄える。 792 軍団をやめ、建児(こんでい)をおく。 794 桓武天皇、都を平安京に移す。 ・・・・・・・.

次の

飛鳥時代中心の年表

飛鳥 時代 出来事

年号・天皇・和暦・出来事がわかる奈良時代の年表 西暦 和暦 天皇 出来事 710年 和銅3年 元明天皇 元明天皇が都を平城京に遷都 711年 和銅4年 法隆寺完成する 712年 和銅5年 太安万侶が「古事記」を撰上する。 713年 和銅6年 714年 和銅7年 715年 和銅8年 霊亀元年 元正天皇 716年 霊亀2年 717年 霊亀3年 養老元年 718年 養老2年 藤原不比等らが「養老律令」撰定を始める。 719年 養老3年 720年 養老4年 舎人親王ら「日本書紀」を撰上する。 721年 養老5年 722年 養老6年 723年 養老7年 三世一身法(さんぜいっしんのほう)を施行 (開墾した土地を三世代に渡って所有できる制度) 724年 養老8年 神亀元年 聖武天皇 蝦夷の反乱起こる。 725年 神亀2年 726年 神亀3年 聖武天皇、興福寺東金堂を建立 727年 神亀4年 728年 神亀5年 729年 神亀6年 天平元年 長屋王の変 (右大臣長屋王、謀反の嫌疑をかけられ、妃吉備内親王および諸王子と共に自害する) 730年 天平2年 731年 天平3年 732年 天平4年 733年 天平5年 734年 天平6年 735年 天平7年 736年 天平8年 737年 天平9年 738年 天平10年 739年 天平11年 藤原広嗣の乱 (藤原広嗣、玄昉、吉備真備の排斥を求めて九州で挙兵する) 740年 天平12年 741年 天平13年 聖武天皇、全国に国分寺や国分尼寺を建てさせる。 742年 天平14年 743年 天平15年 墾田永年私財法を施行 (開墾した土地を永遠に所有できる制度) 聖武天皇が廬舎那 大仏建立の詔を発布した。 744年 天平16年 745年 天平17年 746年 天平18年 747年 天平19年 748年 天平20年 749年 天平21年 天平感宝元年 天平勝宝元年 孝謙天皇 750年 天平勝宝2年 751年 天平勝宝3年 752年 天平勝宝4年 東大寺建立。 東大寺大仏が完成。 753年 天平勝宝5年 754年 天平勝宝6年 唐の僧である鑑真が来日して律宗を伝える。 (鑑真は律宗の開祖) 755年 天平勝宝7年 756年 天平勝宝8年 正倉院が完成 757年 天平勝宝9年 天平宝字元年 「養老律令」施行される 【橘奈良麻呂の乱】起こる、大伴古麻呂、拷問の上殺害される 758年 天平宝字2年 淳仁天皇 759年 天平宝字3年 鑑真、奈良に唐招提寺を建立する 760年 天平宝字4年 恵美押勝(藤原仲麻呂)、太政大臣となる 761年 天平宝字5年 762年 天平宝字6年 763年 天平宝字7年 764年 天平宝字8年 称徳天皇 恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱 (吉備真備、中将大将に任じられ藤原仲麻呂を三尾(近江国高島郡)にて討つ) 765年 天平宝字9年 天平神護元年 766年 天平神護2年 767年 天平神護3年 神護景雲元年 768年 神護景雲2年 769年 神護景雲3年 770年 神護景雲4年 宝亀元年 光仁天皇 771年 宝亀2年 772年 宝亀3年 773年 宝亀4年 774年 宝亀5年 775年 宝亀6年 776年 宝亀7年 777年 宝亀8年 778年 宝亀9年 779年 宝亀10年 780年 宝亀11年 781年 宝亀12年 天応元年 桓武天皇 桓武天皇(山部親王)が即位する 782年 天応2年 延暦元年 783年 延暦2年 784年 延暦3年 【長岡京遷都】 桓武天皇によって長岡京に都が移される 785年 延暦4年 786年 延暦5年 787年 延暦6年 788年 延暦7年 789年 延暦8年 790年 延暦9年 791年 延暦10年 792年 延暦11年 793年 延暦12年 794年 延暦13年 【平安京遷都】 桓武天皇によって平安京に都が遷される 奈良時代の天皇・年号・出来事がすべてわかる年表を紹介しました。 覚えた日本史の人物や出来事を整理したり、流れを確認したりするのに便利だと思いますので、ぜひ活用してください。

次の

飛鳥時代とは、簡単に言うと、どんな時代だっと表現できますか?

飛鳥 時代 出来事

詳細は「」および「」を参照• 頃 の統一。 の成立。 以後 しばしば中国に遣使()。 (任那)4県を百済に譲渡• 国造、。 (一説に) の、及びを献ず(伝来、)。 (任那)問題で失脚• 552年 とがを展開• (任那)の日本府がに滅ぼされる。 (帰化人)の来航。 によりがを滅ぼす。 史料上初の派遣(より)。 - の。 を制定。 を制定。 をに遣わす。 607年 の創建。 をに遣わす。 の初め。 (元年) と によって、宗家が滅ぼされる()。 始まる。 (大化2年)• 高句麗が唐・新羅に滅ぼされる。 高句麗人渡来()• に遷都する。 頃 を鋳造する。 を制定する。 、諸国で官舎・民家が倒壊、で田畑が海没。。 にする。 (元年) 、国号を日本に改める。 の成立。 (和銅元年) 銀銭及び銅銭を鋳造する()。 奈良時代 [ ] 詳細は「」を参照• (3年) に遷都する。 (和銅5年) 『』の成立。 (2年) の成立(実施は(元年)から)。 (養老4年) 『』の成立。 ら、による社会事業が諸国で行われる。 (養老7年) を定める。 (6年)• (天平元年) の后にを冊立。 (12年)• (天平13年。 一説に) 諸国にを造らしむ。 (天平15年) を定める。 (4年) の開眼供養。 (天平勝宝6年) 唐僧 、来朝してを伝える。 (天平宝字元年)• (天平宝字3年)頃 『』の成立。 (天平宝字8年)• (元年) 、禅師となる。 (3年)• (元年)• (延暦3年) に遷都する。 平安時代 [ ] 「」も参照• (延暦13年) に遷都する。 (延暦20年) 、を平定する。 (延暦24年) が行われる。 (元年) を置く。 (弘仁元年)• (弘仁7年) このころを置く。 (10年) の撰上。 (9年)• (2年) 、摂政の職務を行う。 (8年)• (貞観11年) 、地大震動、大津波。 (2年)• (3年) 、となる(関白の初め)。 、諸国大震、大津波。 (仁和4年)• (寛平5年) 初めてを置く。 の登場• (6年) 遣唐使を廃止する。 (4年) (、に左遷される。 (5年) 『』の成立。 (5年) の撰上(施行は(4年)から)。 (5年) - (4年)• (承平7年) を下して、を追捕せしむ。 (天慶2年) の乱• (天慶2年) の乱(天慶の乱)• (天慶3年) ・押領使ら、平将門を誅する。 941年(天慶4年) ・追捕使ら、藤原純友を誅する。 939年(天慶2年) - 941年(天慶4年)• (2年)• (2年) の・ら、の非政を訴える()。 1000年 - 1014年頃 の『』、 の『』が成立する。 (元年) 、となる。 (寛仁3年)• (元年)• (6年) 起こる。 (元年)。 初めてを置く。 (延久5年) 院の蔵人所を置く。 (3年) 起こる。 (3年) 、を始める。 (3年) 、大津波。 (2年) 、昇殿を許される(初めて武士がとなる)。 (元年) 、昇殿を許される。 (元年)• (元年)• (2年) 、太政大臣となる。 または(3年)) の編による『』が成立。 起きる。 (元年)• (治承4年) - 1185年(4年) (源平合戦)• 1180年(治承4年)4月 、平家追討のを発し、らとともに挙兵する()。 1180年(治承4年)6月• 1180年(治承4年)8月 、で挙兵する()。 1180年(治承4年)10月• (治承5年)4月• (寿永2年)5月• 1183年(寿永2年)11月• (寿永3年)1月• 1184年(寿永3年)2月 ら、で平家軍に大勝する()。 (寿永4年)2月• 1185年(寿永4年)3月 (平氏滅亡)• (5年)7月 - 同年9月• 1189年(文治5年)8月 中世 [ ] 鎌倉時代 [ ] 「」も参照• 1184年(寿永3年) 頼朝、に・を置く。 1185年(文治元年) 頼朝、を得て、諸国にとを置く。 (3年) 頼朝、に任ぜられ、鎌倉にを開く()。 (2年)• (3年)• (2年)• (2年) の『』が成立。 (元年)• (建保元年)• 1220年(承久2年) の『』が成立。 (3年)• (元年)• (元年) を制定する。 (元年)• 琉球王が即位したと伝わる。 (5年) がに就く。 (文永9年)• (蒙古襲来)• (11年)• (4年)• (8年) (岩戸合戦)• (弘安9年) の議、起こる(翌年、のが譲位し、のが即位。 (元年)• (元年)。。 (永仁5年)• (3年)• (元年)• (元年)• (正中2年)• 1331年? (元弘元年) の『』が成立。 (元年) - (元弘3年)• 1331年(元弘元年) 、で挙兵する。 1333年(元弘3年)5月11日• 1333年(元弘3年)5月12日• 1333年(元弘3年)5月15日• 1333年(元弘3年)5月16日• 1333年(元弘3年)5月22日。 ら、自害して滅亡。 1331年(元弘元年) が即位する(の初め)。 室町時代 [ ] 詳細は「」を参照• 1336年(元年) 後醍醐天皇、へ還幸(の初め)。 (延元4年) の『』が成立。 (3年(北朝 4年))• 1336年(北朝 建武3年) 足利尊氏、・らに命じて『』を制定し、政権の骨格を示す。 (北朝 元年) 足利尊氏、征夷大将軍に補任され、京都に幕府を開く()。 (北朝 2年)• (北朝 元年、南朝16年) 、大津波。 (北朝 元年) を施行する。 (北朝 4年) 、京都今出川付近に新弟()を造営し始める。 (北朝 元年)• (北朝 康応元年) - (北朝 明徳元年)• (北朝 2年)• (9年(北朝 明徳3年)) 室町時代 [ ]• (元年) 足利義満、となる。 (応永6年)• (応永7年)• (応永8年) (勘合貿易)の開始((18年)まで)。 (応永23年)• (応永26年)• (元年)• (正長2年)• が興る。 (10年) - 1439年(永享11年)• (永享12年)• (元年)• (嘉吉3年)• (3年) - (14年) (東国における戦国時代の始まりとする説もある)• (元年)• (元年) 戦国時代 [ ] 詳細は「」を参照• (元年) - 1477年(文明9年) (始まる)• (17年) - (2年)• (文明18年) 、『山水長巻』を完成させる。 (元年) - (2年)• 1487年(長享元年) - (3年)• (2年)• (延徳元年) 、を完成させる(の創建は、翌(延徳2年))。 (2年) (これを戦国時代の始まりとする説もある)• (明応7年) 、東海道大津波。 (永正4年)• (永正7年)• (3年)• (4年)• (天文元年) - (天文4年)• (天文5年)• (天文12年、一説に1542年(天文11年)) 人、に漂着し、。 (天文18年) の 、に上陸し、。 1550年代 はじまる。 (天文22年) - (7年)• 1553年(天文22年) 第1次合戦• (天文24年) 第2次合戦• (3年) 第3次合戦• (永禄4年) 第4次合戦。 最大の激戦。 1564年(永禄7年) 第5次合戦• (元年)• (3年)• (永禄11年) 、を奉じて入京する。 (元年)• 1570年(元亀元年)• (元亀3年)• 1572年(元亀3年)• (元年) 織田信長、足利義昭を追放して、滅亡。 近世 [ ] 安土桃山時代 [ ] 詳細は「」を参照• 1575年(天正3年)• 1576年(天正4年) の築城開始。 1578~1579年(天正6~7年)• 1581年(天正9年)• 1582年(天正10年)• 1582年(天正10年)• 1582年(天正10年) -• 1582年(天正10年) - 1590年(天正18年) が渡来。 1582年(天正10年) - 1598年(慶長3年)• 1584年(天正12年)• 1585年(天正13年) 、となる(翌年、となり、の姓を賜う。 1586年(天正13年11月) 、埋没、倒壊、の娘、乳母ら圧死。 1587年(天正15年) 豊臣秀吉が、を定め、のを追放する。 1588年(天正16年) 豊臣秀吉が、を定める。 1590年(天正18年) 、(豊臣秀吉の関東平定、全国統一)• 1591年(天正19年) 豊臣秀吉、にを命じる。 1591年(天正19年) 豊臣秀吉が、を定め、の身分体系を確定する。 1592年(元年) を定め、全国の戸口調査を行う。 (朝鮮出兵)• 1592年(文禄元年) - 1593年(文禄2年) 文禄の役• 1597年(慶長2年) - 1598年(慶長3年) 慶長の役• 1596年(元年)。 、大破。 1598年(慶長3年) 豊臣秀吉、伏見城(後の桃山)で没する。 1600年(慶長5年) 、・のが日本に上陸。 江戸時代 [ ] 詳細は「」を参照 初期• 1601年(慶長6年) ・鋳造開始。 1603年(慶長8年)• 、伏見城で征夷大将軍の宣下を受け、を開く。 現在のが築城され、将軍宣下に伴う賀儀が挙行される。 1609年(慶長14年)• 琉球王国は薩摩藩の支配下に入る• 朝鮮とを結ぶ• 1611年(慶長16年) 、大津波で伊達領大被害。 1614年(慶長19年) - 1615年(元和元年)• 1614年(慶長19年) 大坂冬の陣• 1615年(元和元年) 大坂夏の陣。 豊臣氏滅ぶ。 1615年(元年) (元和令)、を定める。 1616年(元和2年) 欧船の来航を平戸・長崎に制限する。 (元和3年) のがに浮かぶを発見。 1623年(元和9年) 、伏見城で征夷大将軍の宣下を受ける。 1624年(寛永元年) スペイン人の来航を禁じる。 1629年(6年)• 1633年(寛永10年)• 1633年(寛永10年) 以外の海外渡航を禁じ、海外渡航者の帰国を制限する。 1635年(寛永12年)• 1635年(寛永12年) 制を確立する。 1636年(寛永13年) ・・で鋳造開始、確立。 1637年(寛永14年) - 1638年(寛永15年)• 1639年(寛永16年) ポルトガル人の来航を禁じる。 1641年(寛永18年) オランダ人を長崎に移す(の完成)。 1642年(寛永19年)頃• 1643年(寛永20年) を定める。 1651年(4年) 由井正雪の乱()• 1657年(明暦3年)• 1660年(万治3年)• 寛文の二大美事(武家諸法度の改定(寛文令))• 1663年(寛文3年) を禁じる。 1665年(寛文5年) のを廃止する。 1666年(寛文6年) (現存する邦文最古のもの)の初め。 1669年(寛文9年)• (寛文10年) の船がを発見。 1679年(延宝7年) - 1681年(天和元年) 中期• 1682年(天和2年) 、『』を発表。 1683年(天和3年) 事件• 1684年(貞享元年) 、を作る。 1687年(貞享4年) を定める。 (5年) 日本と朝鮮の間にをめぐる領土問題が発生()。 1695年(元禄8年) 元禄の貨幣吹替、・の品位を下げ、通貨量を増大。 1697年(元禄10年) 、『』を刊行する。 1701年(元禄14年)• 1703年(元禄16年) の『』、により初演される。 、大津波、関東諸国大被害。 1707年(宝永4年) 、五畿七道諸国強震、東海道・に大津波。 (誕生)• 1709年(宝永6年) ・を登用する。 1712年(正徳2年) を再び設置する。 1715年(正徳5年) を定める。 1716年(享保元年) 、征夷大将軍となる。 1717年(享保2年) をに登用する。 1721年(享保6年) を設置する。 1722年(享保7年) を定める。 1723年(享保8年) を定める。 1742年(寛保2年) を定める。 1753年(宝暦3年)• 1758年(宝暦8年)• 1767年(明和4年)• 田沼時代• 1767年(明和4年) 、となる。 1771年(明和8年) 、・に大津波。 1772年(安永元年) 田沼意次、となる。 1782年(天明2年) を開墾する((天明6年)に中止。 1784年(天明4年) 開拓を企図し、調査させる。 1785年(天明5年) 下総国を開墾する(翌年完成、洪水にて流失。 1786年(天明6年) 田沼意次、罷免される(翌年、減封され、を収公される。 1783年(天明3年) 噴火• 1783年(天明3年) - 1788年(天明8年)• 1787年(天明7年) 、老中筆頭となり、を発する。 1789年(寛政元年) を定める。 1790年(寛政2年)• 1791年(寛政3年) にを建て、を創設。 1792年(寛政4年) の『』(前年に出版)による筆禍事件。。 1789年(寛政元年) が実父にの尊号を贈ろうとするも、幕府に拒絶される。 1791年(寛政3年) 、新たに関白となり、再度幕府に要求。 1793年(寛政5年) ・ら、関東へ下向して幕府の審問を受け、免職される。 1788年(天明8年) 京都、炎上する。 寛政元年。 1791年(寛政3年) 商船号が、に来航。 1792年(寛政4年) 使節、伊勢の漂民・を伴いに来航、通商を要求するも幕府は拒絶。 1797年(寛政9年) イギリス船、蝦夷地に来航。 1797年(寛政9年) (聖堂)を官学校とする。 1798年(寛政10年) 本居宣長、『古事記伝』を完成させる。 1800年(寛政12年) 、蝦夷地を測量する。 1804年(文化元年) ロシア使節、長崎に来航し通商を要求。 1807年(文化4年) 箱館奉行を廃止し、を置く。 1808年(文化5年) 沿岸の砲台修築を起工する。 がを探検しを発見する。 イギリスのフェートン号が長崎に来航して補給を強要、・が引責して自殺()。 1811年(文化8年) ロシアの軍艦艦長、で捕らえられる()。 1825年(文政8年) (外国船打払令、異国船無二念打払令)。 1828年(文政11年) 付のドイツ人医師に諜報の嫌疑がかけられ、連座した・ら処罰される()。 1833年(天保4年) - 1839年(天保10年)• 1834年(天保5年) 、老中となる。 1835年(天保6年)• 1837年(天保8年)。。 アメリカ船モリソン号、漂民を伴いに入港するも、打払令により撃退される()。 1839年(天保10年)• 1842年(天保13年) 天保• 1844年(弘化元年) オランダ国王、親書を送り開国を勧告する。 1846年(弘化3年) アメリカ使節、相模国浦賀に来航し通商を要求。 末期(幕末) 詳細は「」を参照• 1853年(嘉永6年) :艦隊、艦隊来航。 11月改元。 1855年(安政2年) ()、日露和親条約調印。 1856年(安政3年) が下田に着任• 1858年(安政5年)• 、大老となる。 (- 1859年(安政6年))• 3月、改元。 2月、改元。 1862年(文久2年) 、、• 1863年(文久3年) 、、、、。 2月、改元。 、・、、。 (長州征伐)• 1864年(元治元年) 第一次長州征討• 「」に改元。 1865年(慶応元年) 第二次長州征討• 1866年(慶応2年)• 1867年(慶応3年) ・• 1868年(慶応4年)• 、、、、 近代 [ ] 明治期 [ ]• (2年)、、からに改称。 (3年)。 (4年)、締結、の派遣)• (5年)廃止、公布、から間に日本初のが開通、がへ。 (6年)採用、公布、禁教解禁、、。 (7年)設立、設立。 (8年)公布、設立、締結、。 (9年)締結、公布、殺人事件。 (10年)、設立。 (11年)。 (12年)。 (14年)、、結成。 (15年)結成、、強盗事件。 (17年)、、。 (18年)廃止。 (19年)。 (21年)施行。 (22年)発布、全線開通。 (23年)実施。 (24年)。 (26年)。 (27年)締結、。 (28年)締結、。 (29年)第一回開催• (31年)。 (32年)。 (33年)結成。 (34年)建設。 (35年)締結。 (37年)。 (38年)署名、設置、、。 (41年)、。 (42年)。 (43年)締結、。 (45年)崩御、に改元。 大正期 [ ]• ()、、。 (3年)、。 〜 開戦。 「」も参照 戦後の占領期(1945年(昭和20年) - 1952年(昭和27年))についてはも参照。 1946年(昭和21年) - 1950年(昭和25年)• 公布(1947年(昭和22年)5月施行)、、。 ・締結。 (28年)放送開始、返還。 (29年)設置。 (30年)発生。 発効、。 (33年)完成。 発効、、、放送開始。 発生、開催。 (40年)締結。 (43年)開業、返還。 (44年)、が人類初の月面着陸。 (大阪万博)開催。。 、、、調印。 、移行。 (51年)• (53年)、開港、締結。 (60年)開催、。 (63年)。 (64年)崩御、に改元。 平成期 [ ].

次の