アブ アナフィラキシー。 昆虫アレルギー(こんちゅうあれるぎー)とは

アナフィラキシーの症状|アナフィラキシーってこんな病気|アナフィラキシーってなあに.jp|マイランEPD 合同会社

アブ アナフィラキシー

蜂とアブの違いの見分け方 見た目 蜂 蜂はスズメバチやアシナガバチ、ミツバチなどを含め、黄色と黒の縞模様、または黄色の種類が多め。 黒と黄色の縞模様は警告色であり、自分は危険だぞと周囲の動物に警告する効果があると言われています。 ただし、クマンバチなど全身真っ黒の種類もいる。 アブと比べるとやせていて、腰にアリのようなくびれがあるのが特徴です。 アブ アブは蜂より全体的に黒っぽい色をしている。 ただし、蜂と同じようにおしりの方が黄色いアブもいる。 また蜂と比べてセミのような体型でくびれがなく、ずんぐり太っている。 またアブはハエ目、ハエ亜目に属し、ハエと同じような見た目で蜂と比べて目が大きいのが特徴です。 色がちょっと蜂に似てるだけで体はハエでなので見た目に大きな違いがありますね。 ただし、蜂の中でもクマンバチなど、種類によってはくびれがなく太っていて区別がつきにくいです。 クマンバチ(左)とアブ(右) アブの姿が蜂に似ているのはアブが天敵から身を守るための擬態(蜂に姿を似せることで自分を強く見せる)のためとも言われています。 飛び方 蜂 蜂は飛ぶスピードは遅く、ぐるぐる回るようにホバリングして飛ぶことが多い。 アブ アブは飛ぶスピードが速く、直線的に飛ぶことが多い。 人に対する攻撃性 蜂 蜂は意外のも攻撃性は低く、基本自分からは攻撃しません。 スズメバチですらもこちらから刺激しなければ攻撃してきません。 巣に近づいたり刺激したりすると人を襲い、お尻にある毒針で刺します。 アブ アブは吸血目的で人を襲います。 ただし、血を吸う前に口で皮膚を噛みちぎる必要があるため、血を吸われるまでの間にタイムラグがあります。 なのでこの間に振り払ってしまえば害はありません。 以上の蜂とアブの違いを見ると、まず見た目で黒ければアブかなと判断できる可能性は高いですが、黄色いアブもいるし飛んでるので見分けにくいですよね。 でも色よりも圧倒的に簡単な見分け方は 飛び方です。 直線状にブーンと鋭い羽音を立てて飛んでくるのがアブで、その場で静止したりしながらゆっくり飛ぶのが蜂。 飛んでるところを見れば一目瞭然です。 また意外にも蜂の攻撃性は低く、相手から攻撃されない限り普通は人を襲いません。 対してアブは吸血目的があって襲ってくるので注意しましょう。 蜂に刺されたときの症状と対処法 次に蜂に刺されたときの症状と対処法を紹介します。 症状 蜂の場合、毒針で即効性があり、かなり痛いです。 そして結構腫れます。 ただ蜂の毒は実はそれほど強くなく、1000匹以上に刺されても生きてる人がいるほどですが、とにかく痛みがひどいです。 痛みがひどいのは1~2日で、その後はゆるやかな腫れや痛みが1週間ほど続いて治りますが、人によって2~3週間治らないこともあります。 また体質によってはアレルギーによるショック症状が起きることがあり、この場合は命に関わります。 これはアナフィラキシーショックというもので、蜂毒アレルギーがある人が蜂に刺されることで発症します。 基本的には2回目以降に刺されたときに起こりやすい現象ですが、1回目で起こることもあります。 蜂で死者が出るケースのほとんどがアナフィラキシーショックが原因です。 アナフィラキシーショックの初期症状• 吐き気、めまい• 口の渇き• 呼吸困難• 胸の締め付け• 動悸がする• 全身の倦怠感 など このような症状が見られたらためらわず救急車を呼びましょう。 命にかかわりますから! 対処法 で、蜂に刺されたときは以下の手順で対処します。 まず安全な場所まで逃げる• 傷口から毒針を抜く ミツバチに刺された場合のみ• 毒を指でつねって絞り出す• 抗ヒスタミン軟膏やステロイド剤などの薬を塗るか、病院に行く 傷口を温めるのは蜂の毒がタンパク質でできていて熱に弱いからです。 昔は冷やすのが一般的でしたが、実は冷やすと毒が活性化し、痛みが増します。 なので必ず冷やすのではなく温めるようにしましょう。 最後にくれぐれもアナフィラキシーショックの疑いがある場合は最悪15分で心肺停止するのですぐに救急車を呼んでください。 アブに刺されたときの症状と対処法 症状 アブの場合、血を吸う前にがっつり皮膚を噛まれるので結構痛いです。 でも毒はないのであまり腫れないが、痒みも出ます。 治るのには意外と時間がかかり、早くて1週間、長いと1か月かかることもあります。 対処法 患部を水で洗い流す。 この際毒を絞り出すようにすると効果的 抗ヒスタミン軟膏やステロイド剤などの薬を塗る。 アブには毒はないですが、かじるときに流血を促す成分を入れられているので血を止めるためにそれを絞り出した方がいいです。 蜂に刺されないための対策 蜂に刺されないためにはまず刺激しない事です。 刺激しなければ普通蜂は刺しません。 しかし例外があります。 それは 巣に近づいてしまったとき です。 蜂は縄張り意識が強く、巣に近づいてきたものを敵として認識し、攻撃対象にします。 森の草木の中や地面に蜂の巣があったりすると知らずに近づいてしまい、蜂を怒らせて刺される可能性があります。 たとえば実際に合ったことですが、マラソンランナーが橋を渡るときに蜂に襲われ、100人以上が刺された事件がありました。 橋の下に蜂の巣があったのです。 おそらく橋の上を走る人の足音で蜂の巣に振動が走り、巣を攻撃されてると勘違いした蜂を怒らせたのでしょう。 気づいたときにはもう手遅れ、というわけですね。 しかし中には刺されずに済んだ人もいたそうです。 それは白い帽子を被っていた人です。 蜂は黒いものを攻撃多少に狙う性質があります。 だから白い帽子を被っていると刺されにくいのです。 もし蜂の巣があるかもしれない場所、たとえばキャンプ場とか、山の中に行くときは白い帽子に、白か薄い色の服を着ていると刺されにくくなるでしょう。 また、もし気づかずに巣に近づいてしまい、刺されてしまった場合は仕方ないです。 刺されたらすぐにその場から逃げてください。 蜂の毒にはフェロモンが含まれており、その場に留まっているとすぐに他の蜂からも襲われてしまいます。 ただスズメバチなどは攻撃する前に敵の前でホバリングしながら顎をカチカチ鳴らして敵を威嚇します。 この行動を見てすぐに立ち去れば刺されずに済むかもしれません。 ただし慌ててダッシュで立ち去ると蜂を刺激して刺される危険があります。 立ち去るときはなるべく音を立てずに静かに立ち去りましょう。 またもし蜂を手で振り払おうとすると攻撃されたとみなして反撃に刺されるので気を付けましょう。 反射的にやっちゃうかもしれませんが、もしやっちゃったときは全力でダッシュして逃げてください。 蜂の活動時期は? 蜂は春から活動を始め、秋の終わりまで活動します。 その中でも危険な時期は夏~秋にかけてです。 蜂は夏に繁殖し、秋にその数がピークになります。 秋は冬に備えて餌が必要ですが、その餌が少なくなってくるので凶暴になるのです。 秋は蜂の巣にちょっと近づいただけで刺される危険があるので気を付けてください。 アブに刺されないための対策 アブは人間の血を求めて刺しに来ます。 だからアブに刺されないための対策はまず服を着ること。 長袖長ズボンで肌の露出部分を極力少なくするのが一番の対策です。 しかし夏は暑いのでそうもいかないでしょう。 その場合に役立つのは虫よけスプレーです。 アブは市販の虫よけスプレーで対策できます。 また、ハッカ油を薄めてスプレーしても虫よけスプレーと同じ効果が期待できます。 またはエアーサロンパスEXが効くとの情報もあります。 ただし、スプレー系は汗をかくと流れてしまったり、蒸発してしまったりするので定期的にスプレーしましょう。 また、アブは体に止まってから刺すまでに一瞬のタイムラグがあるため、刺す前に叩いてしまえば刺されずに済む可能性があります。 アブは比較的大きく、飛んでくるときの音も「ブーン」と大きく鳴るので反射神経のある人なら刺される前に叩けるでしょう。 アブの活動時期は? アブの活動時期は夏です。 ピークは7~8月の真夏。 アブは人の体温や車の排気熱などに寄ってきたりしますので気を付けてください。 まとめ• 蜂とアブは見た目は似ているが飛び方が全然違うので飛び方を見れば簡単に見分けられる• 蜂はこちらから攻撃しなければ基本襲ってこないが、アブは吸血のために向こうから襲ってくる• 刺されたときの症状はどちらも似ていて刺された瞬間の痛みとその後1週間以上腫れや痛み・痒みが続く• 刺されたときの対処としてはどちらも基本傷口を水で洗い流してから薬を塗る 夏は蜂もアブもたくさん発生するのでアウトドアの際は気を付けましょう。

次の

昆虫アレルギー(こんちゅうあれるぎー)とは

アブ アナフィラキシー

アナフィラキシーとは 「アナフィラキシー」とは、アレルギーの原因物質が体内に入ることによって、一つの臓器にとどまらず複数の臓器に強い症状が現れる過剰反応のことです。 循環器、呼吸器、消化器神経症状と全身に自覚・他覚症状が現れ、血圧低下や呼吸困難、意識障害などに進展する「アナフィラキシーショック」が起こると、命にかかわる危険な状態に陥ることもあります。 アナフィラキシーでは、アレルゲンが体内に入った後、短時間に激しい症状が現れます。 症状が出るまでの時間は、アレルゲンの種類や個人差がありますが、数分で重症に至る場合もあるため、迅速かつ適切な対応が必要です。 最も多い症状は、蕁麻疹や赤み、かゆみなどの皮膚症状で8~9割の患者さんにみられ、続いて呼吸器、消化器、循環器など全身に渡る症状が複数かつ同時に起こるのがアナフィラキシーの特徴です。 アナフィラキシーの症状 自覚症状は• 不安感、無力感• 動悸、胸が苦しくなる• 鼻が詰まる、喉や胸が締め付けられる• 吐き気、頭痛、口の中の違和感、便意や尿意をもよおす• 皮膚のかゆみ• 唇・手足の痺れ、耳鳴り、めまい、目の前が暗くなる 他覚症状は• 冷や汗• 血圧低下、脈拍が弱くなる、チアノーゼ• くしゃみ、咳発作、呼吸困難、ゼーゼー・ヒューヒューという呼吸音• 嘔吐、下痢、糞便、尿失禁• 皮膚が白くなるまたは赤くなる、蕁麻疹、まぶたや口の中の腫れ• けいれん・意識障害 アレルゲン• 食品(最も多い)鶏卵、乳製品、小麦• 食品 落花生、そば、果物、大豆 いくら• 昆虫 アシナガバチ、スズメバチ、ミツバチに刺される• 医薬品 ペニシリンなどの抗生物質、アスピリンなどの解熱鎮痛薬 検査に陥られる造影剤、麻酔薬なども• ラテックス ゴム靴、ゴム風船、手袋やカテーテルなどの医療用具• 運動 運動中または直後にアナフィラキシーを起こす「運動誘発性アナフィラキシー」 発生時の対応 過去にアナフィラキシーを起こした児童については、具体的な症状や時期を家庭だけでなく学校にも共有することが必要です。 食物アレルギーは原因となる食物を除去することが必要ですが、症状の程度には個人差があり、除去する範囲や方法、期間については自己判断せず、医師の診断書や指示書に基づいて対応しましょう。 有明こどもクリニック勝どき院、豊洲院、有明院では、原因と思われる食品を食べてもらい症状の有無を確認する「食物アレルギー負荷試験」も行っており、小児科医の診断の元、お子様の成長を妨げずご家族にも負担の少ない方法をご提案しています。 日頃から充分に対策していても、誤食などにより思わぬ時にアナフィラキシーが起こる場合があります。 例えば、「植物依存性運動誘発アナフィラキシー」は、アレルギーの原因物質となる食物を取り、約4時間以内に激しい運動をしたときに発症します。 運動量の多い小学校高学年からの児童に多いので、学校や部活での活動中の発症に備えが必要です。 「口腔アレルギー症候群」は、原因物質の果物類などを食べたり、ジュースを飲んだりして口の中にアレルゲンが触れたときに、唇・口の中・のどなどに痒みやピリピリ感や腫れ、蕁麻疹などの皮膚症状、気管支喘息症状が出て、時に過剰反応しアナフィラキシーショックに至ります。 学校で児童がアナフィラキシーを発症したときには、症状に応じた適切な対応が必要です。 アドレナリンの自己注射薬「エピペン」など発症に備えて医師から医薬品が処方されている場合には、その管理やもしもの場合の取り扱いについて、ご両親、本人、学校医と事前に充分に話し合っておきましょう。 アナフィラキシーは、わずか数分で心停止に至る場合もあり、アドレナリンの投与が早ければ早いほど救命率が高くなります。 お子様本人が「エピペン」を注射できない状態にあるときはその場にいる先生などが代わりに対応してください。 この場合、人命救助の観点から医師法違反などによりその責任を問われることはありません。 有明こどもクリニックでの取り組みをご紹介 有明こどもクリニックでも、気管支喘息、アトピー性鼻炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患に対応しています。 例えばこれまで「どうもうちの子は風邪をひくと咳が長引くな」と思っている方なども、喘息の可能性が高いので一度受診をオススメします。

次の

アナフィラキシーショックの症状・対処療法から注意事項までのまとめ

アブ アナフィラキシー

虻のアナフィラキシーショック?について 高校生のときに野外活動で1度アブに刺されました。 一瞬の間でした。 そして、大人になってから夏に山道を歩いているときに、またアブに刺されてしまいました。 その日は大したことなかったんですが、日に日に痒くなり、徐々に青紫色になって(少し硬くなってる感じもしました)そんな状態で確か3か月位はずっと痒く、結局患部が元の色(皮膚の状態)戻るのに1年は要した気がします。 情けない事にズボラで、なぜかその時も病院には行きませんでした。 そんな事が数年前にありました。 もしも症状が出ないような薬等が処方されるのであれば、行ったほうが良いのかなとも思いました。 ) 前回のときに甘く見て病院に行かなかったのは私のミスですが、 今後も刺されないように気を付けるしか術はないように思うのですが、 その認識で合っていますでしょうか? もし万一刺されてしまったら、やっぱりその都度病院にお世話になる (完治後?に行っても意味がない)と言う認識で合っていますでしょうか? 変な質問で申し訳ありません。 お詳しい方、宜しければ色々教えて下されば幸いです。 アナフラキシーショックの症状は次のような症状です。 「(1)全身にじんましんがでる (2)咽頭、声門の浮腫、気道収縮によって呼吸ができなくなる (3)血圧が急に低下し、脳に血液がいきわたらず、低酸素状態となり意識がなくなるなどがあります。 これらの症状は1時間以内に出るので、緊急処置をしないと死に至ります。 小児期には軽症ですみますが18歳以上になると重症になるケースが多い」そうです。 だいたい、スズメj蜂でアナフラキシーショックになり、亡くなる人は年間30~40人はいるそうです。 虻はそこまで毒性は高くないでしょうが、恐らくあなたの体質が既に何かのアレルギーになっていれば、虻であっても何回も刺されるとアナフラキシーにならないという可能性は、無いとはいえません。 今回はもう完治したので病院に行く必要はないでしょうが、次回にも虻や、万が一スズメ蜂に刺されるような所へ行く可能性が高ければ、その備え(地震のように)をしておく方が無難ですね。 次のサイトガ詳しいので、クリックして読んでください。 最初の引用もこのサイトからですから。 医師に相談すれば、処方箋を書いてもらい、救急セットが購入できるそうですから、それを買っておけば、準備は万端整ったということになります。

次の