昭恵 夫人 facebook。 安倍昭恵のフェイスブックにコメント殺到!例の「いいね」真相は?

安倍昭恵夫人 フェイスブック荒れ放題 批判コメントなど2000件近く/芸能/デイリースポーツ online

昭恵 夫人 facebook

そうです。 ・国家犯罪 安倍政権による憲法改正反対です。 憲法9条の改正は独裁政治が推進されて、日本も他国の戦闘に参加させられるようになります。 まず安倍政権指示による自衛隊電波部の、国家犯罪を辞めさせるべきです。 総監視社会となってる現在、国民はエレクトロニックハラスメント 電波攻撃 、音響攻撃、サイバー攻撃と言う科学の力で国家に支配され始めています。 既に防衛省が、国民に対して必要以上の監視、 盗聴、盗撮、通信傍受 と共にかなりの数の国民に使用して、表現の自由や言論の弾圧を行っています。 ・電子マインドコントロール エレクトロニック・ハラスメントとは電波を使用して身体や脳を攻撃し、体調や感情や精神をコントロールするものです。 防衛省のやり方次第ですが、この武器の怖い所は対象の被害者たちが攻撃されてる事実に気付かない事と、個体1人1人に瞬間的に攻撃し、コントロール出来る事です。 出力や周波数により、だるさ、めまい、頭痛、不眠、記憶障害、イライラ、不安、鬱、生理てんかん、咳、腹痛、感情の起伏など様々な症状を引き起こし対象者たちの体調や行動をコントロールします。 デモを起こそうと思っても、攻撃されると気力を失い、友人と話をしてもイライラして仲違いがおきます。 このように、電子マインドコントロールIOT AI知能 を使えば結束力崩壊と分断は簡単に出来る訳です。 武器になる物は手持ちのスマホ、地中ケーブル、電線、屋内配線、その他全ての電子機器です。 ガン、認知症、脳梗塞、統合失調症など様々な病気を誘発し自殺させる事や、暗殺する事も可能で、安倍政権に睨まれた対象者は次々と病気を作られて殺されています。 これは未来の話ではなくて、第二次安倍内閣が発足して以来既に始まっている事です。 今、日本で発症している、癌、認知症、脳梗塞、統合失調症、自律神経失調症などの病気の3分の一程度は防衛省に作られたものだと思って良いと思います。 コミュニケーションの破壊としても使用されており、反安倍政権や、デモ隊、国側を訴えてる市民団体なども同じくこの武器により分断されたり抵抗力を削ぎ落とされる対象となっています。 反安倍政権や反米の1人から、その家族や友人まで飛び火し、何の罪もない人々が知らず内に政府にコントロールされ、病気を作られて殺されてる事は問題だと思います。 癌と認知症と統合失調症はその代表例と言われています。 安倍政権が一党独裁を貫けるのも防衛省の科学技術を使って国民をコントロールして、邪魔な者を暗殺しているからです。 憲法9条の改正 自衛隊の明記 は、この活動の正当化と合法化に向けたものだと言われています。 自衛隊が暗殺を続けた事により、取り返しがつかなくなり、一刻も早く正当性を模索した憲法改正で、北朝鮮は一部、利用されているに過ぎません。 北朝鮮と一戦を、交える事が出来れば日本の自衛隊は必ず死にます。 自衛隊の存在を、国民にアピールするには、自衛隊の戦死を伝えて憲法改正する方法しかないというのが安倍総理とアメリカが考えているシナリオです。 北朝鮮は憲法改正する為に利用された1つのツールです。

次の

昭恵夫人Facebookコメントも“危機対応の誤り”か

昭恵 夫人 facebook

安倍昭恵夫人がフェイスブック・コメントに「いいね」で批判集中。 天然バカと叩かれている真意は? 安倍昭恵夫人が、自ら開設している フェイスブックに寄せられたコメントに 「いいね」を押して反応している事に、 まるで空気の読めない天然バカと、 世間が叩いている。 更に、安倍昭恵夫人のフェイスブックに 書かれていた野党批判のコメントに 「いいね」を押してしまった事で 関係者からも、思慮不足な上に 世間知らずの天然バカと、 口汚い批判が飛び出た。 何故、安倍昭恵夫人は批判されるのか? 安倍昭恵夫人は 森永製菓創業家の長女として生まれ、 ミッション系スクールから 大学には行かず専門学校に進学し、 卒業後、大手広告代理店に就職する。 安倍晋三氏とは会社員時代に 原宿のパブで出合い、3年の交際を経て 結婚し晴れて、安倍昭恵夫人となった。 そして第1次安倍内閣では44歳の若さで 安倍昭恵夫人はファーストレディに。 当時はただ主人の横に立って、 笑っている事しか出来ず、これと言った コメントも出せない女性と批判され、 そのまま、第1次政権は短命に終わった。 批判を浴びた安倍昭恵夫人は、そこから 奮起して大学院で勉強をし直し、 フェイスブックで、主人の意見と違うと コメントで批判されようが、 自分の意見を主張し始め、 フェイスブック上で多くの「いいね」を 受ける様になって行った。 その中には「脱原発」等、明らかに 主張の違う意見も見られ、一部では既に、 空気の読めない天然バカとの声は 囁かれ始めていた。 しかし安倍昭恵夫人はその一方で、 ラジオDJや居酒屋経営など、 ファーストレディを経験した女性とは 思えない行動に出るが、これも主人の他 政党支持者を増やす一環の行動と 取る事が出来、フェイスブックに届く コメントに「いいね」を付けるのも、 支持者を増やす選択肢の一つとなった。 その為、いかなる批判的なコメントにも 「いいね」を押してしまい、 世間知らずなイメージを持たれた処に、 森友問題が発覚し、安倍昭恵夫人が 問題の中心人物となって、浮上した。 安倍昭恵夫人の関与も不明な点が多く、 籠池氏に名前を使われたと 被害者的一面があるとの見方もある。 この渦中に、安倍昭恵夫人の開設する フェイスブックに 「野党のバカげた質問ばかりで、旦那 さんは毎日大変ですね」 と投稿があり、安倍昭恵夫人が 「いいね」を押して反応した事に、 関係者や有識者からも、安倍昭恵夫人は 全く空気の読めない天然バカとの声が 高まり、天然バカという批判の言葉が 一人歩きをする様になってしまった。 騒動の一部だけ切り取ってみると、 確かに空気の読めない天然バカと 受け取られても仕方のない節はある。 しかし、安倍昭恵夫人の今迄の 活動ぶりを振り返ると、本当に、 天然バカと罵って片付けて良いのか? と、疑問が残る。 スポンサード・リンク 安倍昭恵夫人がフェイスブックで批判コメントに「いいね」 安倍昭恵夫人が、野党批判のコメントに 「いいね」で反応した事で、関係者や 有識者から、空気の読めない天然バカと 批判の矢面に立たされてしまった。 しかしそれまで フェイスブックにて、安倍昭恵夫人が、 自分の意見をコメントしたり、 活動を写真と一緒にあげて、 支持者から「いいね」を集めて来た 一連の行為は、果たして、 天然バカと批判されるべき事だろうか? 安倍昭恵夫人がフェイスブックを使って ユーザーとコミュニケーションを 取る事はサービス精神の一環でもある。 応援やアンチの声は全て、 自分に興味を持って下さっていると言う 証拠のひとつであり、首相夫人として 支持層を増やす事を考えたら 「いいね」を付けて反応をするだけでも コメントを書いた支持者は、 喜ぶものである。 安倍昭恵夫人は第1次安倍内閣の頃、 あらゆるウェブサイトをチェックし、 悪口を言われるのはそれが自分の役割、 悪口を書く人はそれがその人の役割、 「みんな役割分担をしているんだ」と、 それぞれがそれぞれの役割を 果たしていると考え、 悪口が気にならなくなったと、 ポジティブシンキングの考え方に 変わったと言う。 フェイスブックの「いいね」は 押すだけで済むので、 簡単なコミュニケーションではある。 だが反面、 手軽さ故のデメリットとして、 内容を把握せずに「いいね」を 押してしまうという状況が 生まれやすい所がある。 ましてや 安倍昭恵夫人のフェイスブックは フォロワーが約15万人もおり、 毎日、多方面で活動しながら、 その全てに完璧に対応する事は 至難の業と言えるだろう。 仮に第三者が押していたとしても、 自分で管理している以上、 自分で修正をするのは、 管理者として当然の行為である。 ご本人が押していた場合は、 公人の立場を弁えて、より意識して 発言をするべきポイントである。 大きな問題の時、然るべき場所で 事実を述べる事も、必要である。

次の

安倍昭恵夫人は天然バカ?フェイスブック「いいね」に批判のコメントラッシュ!

昭恵 夫人 facebook

安倍昭恵夫人がフェイスブック・コメントに「いいね」で批判集中。 天然バカと叩かれている真意は? 安倍昭恵夫人が、自ら開設している フェイスブックに寄せられたコメントに 「いいね」を押して反応している事に、 まるで空気の読めない天然バカと、 世間が叩いている。 更に、安倍昭恵夫人のフェイスブックに 書かれていた野党批判のコメントに 「いいね」を押してしまった事で 関係者からも、思慮不足な上に 世間知らずの天然バカと、 口汚い批判が飛び出た。 何故、安倍昭恵夫人は批判されるのか? 安倍昭恵夫人は 森永製菓創業家の長女として生まれ、 ミッション系スクールから 大学には行かず専門学校に進学し、 卒業後、大手広告代理店に就職する。 安倍晋三氏とは会社員時代に 原宿のパブで出合い、3年の交際を経て 結婚し晴れて、安倍昭恵夫人となった。 そして第1次安倍内閣では44歳の若さで 安倍昭恵夫人はファーストレディに。 当時はただ主人の横に立って、 笑っている事しか出来ず、これと言った コメントも出せない女性と批判され、 そのまま、第1次政権は短命に終わった。 批判を浴びた安倍昭恵夫人は、そこから 奮起して大学院で勉強をし直し、 フェイスブックで、主人の意見と違うと コメントで批判されようが、 自分の意見を主張し始め、 フェイスブック上で多くの「いいね」を 受ける様になって行った。 その中には「脱原発」等、明らかに 主張の違う意見も見られ、一部では既に、 空気の読めない天然バカとの声は 囁かれ始めていた。 しかし安倍昭恵夫人はその一方で、 ラジオDJや居酒屋経営など、 ファーストレディを経験した女性とは 思えない行動に出るが、これも主人の他 政党支持者を増やす一環の行動と 取る事が出来、フェイスブックに届く コメントに「いいね」を付けるのも、 支持者を増やす選択肢の一つとなった。 その為、いかなる批判的なコメントにも 「いいね」を押してしまい、 世間知らずなイメージを持たれた処に、 森友問題が発覚し、安倍昭恵夫人が 問題の中心人物となって、浮上した。 安倍昭恵夫人の関与も不明な点が多く、 籠池氏に名前を使われたと 被害者的一面があるとの見方もある。 この渦中に、安倍昭恵夫人の開設する フェイスブックに 「野党のバカげた質問ばかりで、旦那 さんは毎日大変ですね」 と投稿があり、安倍昭恵夫人が 「いいね」を押して反応した事に、 関係者や有識者からも、安倍昭恵夫人は 全く空気の読めない天然バカとの声が 高まり、天然バカという批判の言葉が 一人歩きをする様になってしまった。 騒動の一部だけ切り取ってみると、 確かに空気の読めない天然バカと 受け取られても仕方のない節はある。 しかし、安倍昭恵夫人の今迄の 活動ぶりを振り返ると、本当に、 天然バカと罵って片付けて良いのか? と、疑問が残る。 スポンサード・リンク 安倍昭恵夫人がフェイスブックで批判コメントに「いいね」 安倍昭恵夫人が、野党批判のコメントに 「いいね」で反応した事で、関係者や 有識者から、空気の読めない天然バカと 批判の矢面に立たされてしまった。 しかしそれまで フェイスブックにて、安倍昭恵夫人が、 自分の意見をコメントしたり、 活動を写真と一緒にあげて、 支持者から「いいね」を集めて来た 一連の行為は、果たして、 天然バカと批判されるべき事だろうか? 安倍昭恵夫人がフェイスブックを使って ユーザーとコミュニケーションを 取る事はサービス精神の一環でもある。 応援やアンチの声は全て、 自分に興味を持って下さっていると言う 証拠のひとつであり、首相夫人として 支持層を増やす事を考えたら 「いいね」を付けて反応をするだけでも コメントを書いた支持者は、 喜ぶものである。 安倍昭恵夫人は第1次安倍内閣の頃、 あらゆるウェブサイトをチェックし、 悪口を言われるのはそれが自分の役割、 悪口を書く人はそれがその人の役割、 「みんな役割分担をしているんだ」と、 それぞれがそれぞれの役割を 果たしていると考え、 悪口が気にならなくなったと、 ポジティブシンキングの考え方に 変わったと言う。 フェイスブックの「いいね」は 押すだけで済むので、 簡単なコミュニケーションではある。 だが反面、 手軽さ故のデメリットとして、 内容を把握せずに「いいね」を 押してしまうという状況が 生まれやすい所がある。 ましてや 安倍昭恵夫人のフェイスブックは フォロワーが約15万人もおり、 毎日、多方面で活動しながら、 その全てに完璧に対応する事は 至難の業と言えるだろう。 仮に第三者が押していたとしても、 自分で管理している以上、 自分で修正をするのは、 管理者として当然の行為である。 ご本人が押していた場合は、 公人の立場を弁えて、より意識して 発言をするべきポイントである。 大きな問題の時、然るべき場所で 事実を述べる事も、必要である。

次の