アマビエ 水木。 [境港]NHK・ヤフーニュースで話題!疫病から守ってくれるアマビエを見てきた「水木しげる記念館」

アマビエ

アマビエ 水木

アマビエとは… 1846年(弘化3年)に熊本の海に現れ、疫病の流行を防いだと伝えられる妖怪のこと 妖怪アマビエが描かれた江戸時代の瓦版(京都大付属図書館所蔵) 江戸時代、肥後国(現在の熊本県)の海中に、夜ごと光るものが出た。 役人が行ってみると、海の中からあやしい姿のものがあらわれ、「わたしはアマビエというものである」と名乗った。 そして、「当年から六年の間はどこも豊作である。 しかし、病気がはやったら、私の姿を絵に写して、できるだけ早く人々に見せよ」などど、予言めいたことを言い残して、ふたたび海中にもぐってしまったという。 アマビエがツイッターで注目を浴びるきっかけになったのは、2月27日の妖怪掛け軸専門店『大蛇堂』によるツイート。 とんでもない勢いで某ウイルスが流行ってますが妖怪の中に「流行り病がでたら対策のためにわたしの姿を描いて人々にみせるように」と言ったのがいるんですよ。 アマビエって言うんですけど。 描いたら人に見せないといけないようなので。 疫病退散。 わしの解釈として足のビラビラをアメフラシのイメージ、髪はイソギンチャク風味のアマビエ様。 鱗あるし。 海上で見えるという事はかなりでかい。 目撃されたのは、本当はこんな生物だったかも? 【アマビエ】その肉が万病に効くとされる海竜。 これを狩る漁師を募るため図が流布されたものの、意図は伝わらず、ただ図が流布されただけだった。 — G. 下記の漫画家の松田未来先生のイラストを参考にさせて頂きました。 あなたの力で コロナウィルス終息させてください🥺 妖怪博士 境港妖怪検定 巻寿司特任大使 巻寿司大使 あじかんmakizushi倶楽部 ミカ巻キネン デコ巻寿司 妖怪 新型コロナウィルス コロナウィルス終息 緊急事態 — mikamakkinen mikamakkinen1 そろそろ晩ごはんなのですが、今日はアマビエさんにぼくのうどんをあげて疫病退散をおねがいしました。 見た方が少しでも楽しい気分になってくれれば幸いです。

次の

アマビエ、いち早く描いていた「国民的漫画家」コロナウイルスで注目

アマビエ 水木

妖怪漫画の第一人者・水木しげるさんが描いた妖怪『 アマビエ』がTwitterで話題となっています! アマビエは疫病を沈静化する妖怪と言い伝えられているようで、新型コロナウイルスが世界中に蔓延している現状には是非とも出現してもらいたい妖怪です。 現代の疫病が消えますように 水木しげるさんが描いたアマビエの絵を投稿したのは、水木プロダクション公式サイト「げげげ通信」のです。 「アマビエ」です。 水木しげるの原画を撮影しました。 江戸時代、熊本の海に現れ「疫病が流行ったら私の写し絵を早々に人々に見せよ」と言って海中に姿を消した妖怪、というより神に近い…もの。 現代の疫病が消えますように。 — 水木プロダクション mizukipro アマビエは江戸時代後期の肥後国(現・熊本県)にゆかりがあるといい、絵からも分かるように半人半魚の妖怪。 光輝く姿で海中から現れ、疫病や豊作などを予言すると言われています。 「 疫病が流行ったら私の写し絵を早々に人々に見せよ」と言って海中に姿を消していったというアマビエ。 こんな世の中だからこそ、多くの人にアマビエの絵を見てもらいたいですよね。 ちなみに、こちらはコピーして彩色したものだそうです。 色付されると印象が変わりますね。 先ほどの絵はペンと墨汁で描いたもの。 これをコピーして彩色したものはこちら。 これも原画を撮影しました。 — 水木プロダクション mizukipro 「 アマビエチャレンジ」が話題に アマビエが疫病を沈静化する妖怪ということで、Twitterでは「 アマビエチャレンジ」というハッシュタグを付け、描いたアマビエの絵を投稿したり、樹脂粘土で作ったアマビエを投稿する方々が多数見受けられました。 投稿には、「妖力により、蔓延する疫病がこの世から退散しますように!」「早く世界中の人が安心して健やかな毎日を過ごせますように!」という言葉が添えられており、多くの人が平穏な日々が戻ってくることを願っている様子が伝わってきました。 皆さんも新型コロナウイルスの沈静化を願い、アマビエの絵を見たり、描いたりしても良いかもしれませんね!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 出典:Twitter( mizukipro) 関連記事リンク(外部サイト).

次の

アマビエ、いち早く描いていた「国民的漫画家」コロナウイルスで注目

アマビエ 水木

「アマビエ」です。 水木しげるの原画を撮影しました。 江戸時代、熊本の海に現れ「疫病が流行ったら私の写し絵を早々に人々に見せよ」と言って海中に姿を消した妖怪、というより神に近い…もの。 現代の疫病が消えますように。 — 水木プロダクション mizukipro 新型コロナウイルスの感染拡大が収束し、早く普通の生活に戻りたい…そんな人々の願いを受けて、SNSでは「アマビエ」に注目が集まっています。 「アマビエ」とは、疫病が流行ったら自身を写した絵を人々に見せるように告げて消えたという日本の妖怪。 現代の疫病である新型コロナウイルスを静めてくれるのではないかと、「アマビエ」のイラストなどの作品をSNSに投稿する「 アマビエチャレンジ」が広がっています。 そんななか、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家・水木しげるさんが描いた「アマビエ」を水木プロダクション()がツイートしたところ、9. 3万リツイートと19. 3万いいね!がつき話題になりました。 また、同日に彩色したアマビエの原画も投稿され、こちらにも2. 3万リツイートと4. 7万いいね!がついています。 ペンと墨汁で描かれた水木しげるによるアマビエ。 」「妖怪界を旅している水木先生、どうか日本と日本人を御守りください!アマビエにお会いになりましたら、疫病退散の願いをお伝えください。 」と原画に願うみなさん。 水木プロダクションの代表・原口尚子さんに聞きました。 ペンと墨汁で描いたものと彩色したものの2枚とも、水木が描いています。 漫画と同様アシスタントさんの力も借りています。 2週間ほど前からSNS上で多くの人がアマビエの絵を描いて投稿しているのを見て、水木しげるのアマビエもツイッターに投稿しようと思いました。 アマビエは予言をする妖怪(神?)で「今は平和だが、今後疫病が流行ったら自分の写し絵を人々に見せよ」と言って海中に消えたといわれます。 多くの人に水木のアマビエを見てもらって、今のこの新型コロナウイルスの災厄から早く逃れることができればと考えたのですが、想像以上の反響で驚いています。 水木プロダクション 在りし日の水木しげる先生。

次の