台湾 ランタン フェスティバル 2020。 2020年台湾ランタンフェスティバルに行ってきました!(台中編1)

台湾ランタンフェスティバル2020の見どころ!日程と開催場所は?

台湾 ランタン フェスティバル 2020

「2020年台湾ランタンフェスティバルに行ってきました!(台北編」)に続き、今回は台中のランタンフェスティバルについて書いていきます。 台中のランタンフェスティバルは、メイン会場の后里森林園区、サブ会場の文心森林公園の2か所に分けて開催されていました。 メイン会場の后里森林園区は台中の中心地から離れているため、出来るだけ天気の良い日に行きたいと思っていました。 週間天気予報をチェックし、先にサブ会場の文心森林公園に行くことに決めました。 文心森林公園は、台中の中心地にあるとはいえ台中駅からは離れています。 宿泊するホテルやその日の予定にあわせて、アプリなどでバスのルートを調べるのがおすすめです。 私は今回初めて中華電信のSIMカードを購入しました。 私はandroid系格安スマホ使用者ですが、台北、台中共にサクサクと動いてめちゃくちゃ快適に使えました。 観光中はgoogleマップで今いる地点から行きたい場所までのバスを調べるのに大活躍。 台中は地下鉄MRTがまだ開通していないですし、タクシーも台北ほど多くは走っていないので個人旅行ではバス利用がマストです。 台中を観光するにはネット環境がないと厳しいなと実感しました。 台中はバス網が充実しているので、逆に言えばネットさえ使えれば快適に移動できますよ。 ちなみに今回はランタンを見る前に台中国家歌劇院へ行っていたので、5番バスで乗り換えなく文心森林公園へ向かいました。 (時間によって同じ発着でもベストなバス停&バスルートが変わるので、直前にgoogleマップでチェックするのがおすすめです) 文心森林公園のランタンは、ひとことで言うと「しゃくれ祭」でした。 ってご存知ですか?タカラトミーのカプセルトイで、数年前に日本で人気に火が付いた商品なのですが、台湾でも大人気だったようです。 私は以前に友人からそのことを聞いてはいたものの、まさかランタンフェスティバルとコラボするまでの人気だとは思わずびっくりしました。 子供のカンガルーもしっかりしゃくれていました。 台北市のランタンフェスティバルでは全ての飲食店の出店が中止されましたが、台中ではたくさんの露店が出ていました。 ざっと30店舗以上はあったでしょうか。 夜市ではおなじみの食べ物が色々ありましたよ。 また台北ではあまり見かけない地方ならではなのメニューも目立ちました。 私たちはランタンを見た後火鍋の人気店無老鍋に行く予定だったので、ぐっと我慢して露店は目で楽しむだけ。 サブ会場はそれほど広くはなかったので1時間くらいで退散しました。 15分ほど歩いて公益路沿いにある無老鍋へ行き、お店を出た後も、食後の運動のために15分ほど歩いてホテルへ戻りました。 次はメイン会場である様子について書きたいと思います。

次の

2020年台湾ランタンフェスティバルは台中で開催されます 。

台湾 ランタン フェスティバル 2020

「2020 台湾ランタンフェスティバルin台中」は「璀璨台中」を下敷きに、会場の特色を生かしたランタンで会場を飾ります。 メイン展示区のテーマは「森林秘境」。 2020年2月8日から2月23日までの16日間に渡り、現代的な光学テクノロジー、ランドマーク装置芸術などの手法で、会場である「后里花博園区」の特殊な自然の風景を浮かび上がらせます。 「動物狂歓ランタンエリア」、「企業ランタンエリア」では、動物園の楽しげな雰囲気と台中の地場産業のパワーを表現します。 今年12月 21日から来年の2月23日まではサブ展示区「文心森林公園」で親子で楽しめる展示をモチーフに、さまざまな祭りや童話のシーンをランタンで表現します。 65日間の会期はクリスマス、新年、春節、小正月のホリデーシーズンを跨ぐため、休日毎に「円満戶外劇場」でパフォーマンスが上演されます。 海外メディアから「ジェットコースターのないディズニーランド」と絶賛された「2015台湾ランタンフェスティバルin台中」。 あれから5年、台湾ランタンフェスティバルが間もなく再び台中で開催されようとしています。 この5年間、台中では数々の大規模な国際的イベントが開催され、台湾ランタンフェスティバルも各県市で順に開催されてきました。 一方、世界においても、光と影の手法で知られるリヨンの光の祭典、中国四川省自貢の恐竜ランタン祭り、ソウル清渓川のランタンフェスティバルなどが、台湾ランタンフェスティバルが発展してきたこの30年の間に異彩を放つようになりました。 台湾ランタンフェスティバルは一年の初めにランタン工芸を展示し、ランタン観賞の過程を通して、元宵節の民俗祭典ムードを人々に感じてもらうのが目的です。 テクノロジーの進歩に伴い、各種展示素材も大量にランタンフェスティバルに応用されるようになりましたが、伝統的文化価値を守りながら、革新的なテクノロジーを展示することこそ、台中市が「2020台湾ランタンフェスティバルin台中」で国内外の方々に伝えたいと考えている理念です。 「2020台湾ランタンフェスティバルin台中」では初の試みとして、会場ごとに異なるテーマで展示を行います。 会場の特性を活かしつつ、都市の特色を中心に、三つのテーマを設定しました。 メイン展示エリアの森林会場-「森林奇幻境地」は、地域コミュニティと環境が共存できる里山の提唱をはじめとし、持続可能な生態系、芸術美学の政策企画などをコンセプトに盛り込んだ、多様な民族と宗教の融合を象徴するメインランタンエリアです。 また、「アートのミラクルワールド」と命名された馬場会場は、「民俗文化に根ざし、伝統を国際化」という台湾ランタンフェスティバルの趣旨を踏まえ、伝統の飾りランタンに機械メカニズムを取り入れ、テクノロジーとマルチメディアの応用により、ランタンアートの新たなフロンティアを創出します。 サブ展示エリアの文心森林公園-「キッズパラダイス」は、親子で一緒に楽しめる子供の楽園をテーマに、様々なテーマランタンエリアとステージプログラムを企画し、都心に子供の森の楽園を造り上げます。 特に、サブ展示会場は今年12月末より点灯し、クリスマスと旧正月の2大重要行事をまたぐ形で展示が行われ、台中全体を楽しいムードに染め上げます。 メイン展示エリアの后里森林会場以及馬場会場は、敷地面積35ヘクタールで、2020年2月8日から2020年2月23日までの合計16日間にわたって展示が行われます。 サブ展示エリアの文心森林公園は敷地面積8. 8ヘクタールで、2019年12月21日から2020年2月23日までの65日間にわたって展示が行われます。 「2020台湾ランタンフェスティバルin台中」は、テーマの「光輝く台中」を中心コンセプトに、元宵節の祝賀ムードを盛り上げ、伝統飾りランタンの工芸技術を広めるとともに、現代的な表現をコミュニケーション手法に活かした台湾ランタンフェスティバルにより、あらゆる面が整備された成熟した台中市の姿と、台中市の取り組む文化イノベーションを世界に発信します。 関連写真•

次の

スタッフが体験レポート!2020年台湾ランタンフェスティバル見学ツアーに行ってきました

台湾 ランタン フェスティバル 2020

「2020年台湾ランタンフェスティバルに行ってきました!(台北編」)に続き、今回は台中のランタンフェスティバルについて書いていきます。 台中のランタンフェスティバルは、メイン会場の后里森林園区、サブ会場の文心森林公園の2か所に分けて開催されていました。 メイン会場の后里森林園区は台中の中心地から離れているため、出来るだけ天気の良い日に行きたいと思っていました。 週間天気予報をチェックし、先にサブ会場の文心森林公園に行くことに決めました。 文心森林公園は、台中の中心地にあるとはいえ台中駅からは離れています。 宿泊するホテルやその日の予定にあわせて、アプリなどでバスのルートを調べるのがおすすめです。 私は今回初めて中華電信のSIMカードを購入しました。 私はandroid系格安スマホ使用者ですが、台北、台中共にサクサクと動いてめちゃくちゃ快適に使えました。 観光中はgoogleマップで今いる地点から行きたい場所までのバスを調べるのに大活躍。 台中は地下鉄MRTがまだ開通していないですし、タクシーも台北ほど多くは走っていないので個人旅行ではバス利用がマストです。 台中を観光するにはネット環境がないと厳しいなと実感しました。 台中はバス網が充実しているので、逆に言えばネットさえ使えれば快適に移動できますよ。 ちなみに今回はランタンを見る前に台中国家歌劇院へ行っていたので、5番バスで乗り換えなく文心森林公園へ向かいました。 (時間によって同じ発着でもベストなバス停&バスルートが変わるので、直前にgoogleマップでチェックするのがおすすめです) 文心森林公園のランタンは、ひとことで言うと「しゃくれ祭」でした。 ってご存知ですか?タカラトミーのカプセルトイで、数年前に日本で人気に火が付いた商品なのですが、台湾でも大人気だったようです。 私は以前に友人からそのことを聞いてはいたものの、まさかランタンフェスティバルとコラボするまでの人気だとは思わずびっくりしました。 子供のカンガルーもしっかりしゃくれていました。 台北市のランタンフェスティバルでは全ての飲食店の出店が中止されましたが、台中ではたくさんの露店が出ていました。 ざっと30店舗以上はあったでしょうか。 夜市ではおなじみの食べ物が色々ありましたよ。 また台北ではあまり見かけない地方ならではなのメニューも目立ちました。 私たちはランタンを見た後火鍋の人気店無老鍋に行く予定だったので、ぐっと我慢して露店は目で楽しむだけ。 サブ会場はそれほど広くはなかったので1時間くらいで退散しました。 15分ほど歩いて公益路沿いにある無老鍋へ行き、お店を出た後も、食後の運動のために15分ほど歩いてホテルへ戻りました。 次はメイン会場である様子について書きたいと思います。

次の