左 脇腹 痛い。 左わき腹(肋骨の下辺り)が痛い・・!?

左脇腹の痛み【女性男性で鑑別方法】鈍痛ズキズキチクチクで病気が違う

左 脇腹 痛い

左脇腹がチクチク痛む原因 筋肉の疲労 まずは、筋肉が疲れが考えられます。 この場合は特に何か内臓系の病気にかかっているというわけではないので安心してください。 左脇腹だけにチクチクした痛みを感じる場合は、 普段から体のバランスが左に傾いていて左脇腹に負担がかかっているのかもしれません。 机に向かっている時間が多く、猫背になっている• いつも肘をついて横になって長時間テレビを見ている• 座っているとき、足を組むのがくせになっている このようなことが習慣化している場合は左脇腹の筋肉が疲労して傷んでしまいます。 対処法としては、姿勢の悪さを改善しなければなりません。 どうしても自分で正すことができないような場合や骨盤がすでに歪んでしまっている方は整骨院などで正しい姿勢になる施術を受けるといいですね! ストレス ストレスは私たちの体にさまざまな悪影響を及ぼします。 そのひとつの症状として左脇腹の痛みとして表れている可能性があります。 またストレスにより後述するようなさまざまな病気が引き起こされる根本的な原因ともなります。 日ごろから適度な運動をしたり、休養をしっかりとることで体にストレスをため込まないことが大切です。 便秘 意外に思う方も多いかもしれませんが、便秘により左脇腹が痛くなることはよくあります。 実は左脇腹はちょうど腸の終わりの部分に位置しており、そこに便が固まってしまうことで痛みが生じるのです。 実際に便秘の場合は左脇腹を触ってみると硬くなっていることが多いです。 便秘の改善にはこまめに水分を補給したり、食物繊維をしっかりと摂取することが大切です。 便秘は下腹部がはれてしまったりするとともにさまざまな症状を引き起こします。 女性を中心に悩まされている方も多いと思いますが、食生活を中心に改善していきましょう。 左脇腹の痛みが教えてくれる7つの病気 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 そのチクチクした痛みは胃や十二指腸の病気が原因かもしれません。 これらは、ピロリ菌という細菌に感染することにより発症してしまいます。 ピロリ菌が消化器官に感染すると、消化器官を守るための粘膜が弱まってしまいます。 これによって、潰瘍ができてしまうのです。 左脇腹のチクチクした痛みの他に、みぞおちにも痛みを感じたり息苦しさを感じるような場合は胃潰瘍や十二指腸潰瘍かもしれません。 急性膵炎 お腹の左側には膵臓(すいぞう)があります。 膵臓とは、食べ物をしっかり消化するのを助けるための臓器です。 この膵臓が急に炎症を起こしてしまう病気を急性膵炎といいます。 急性膵炎になってしまう原因は、 飲酒であることが特に多いです。 アルコール類を毎日過剰に摂取していると、急性膵炎になる確率が高くなってしまいます。 また、症状としては左脇腹の痛みとともにお腹の上の方や背中側も痛くなることがあります。 さらに下痢や吐き気も伴うことが多いです。 アルコールをいつも多く摂取していて、このような症状があらわれた方は、急性膵炎の疑いがあります。 内科に受診することをおすすめします! 膵臓がん 膵臓がんの初期症状のひとつとして左脇腹の痛みがあげられます。 膵臓がんはがんの中でもかなり危険な病気になります。 なぜかというと、進行が速いうえに明らかな症状も出にくいからです。 気づいたらかなり悪化していたという可能性も高くなってしまうのです。 なので、しっかりと初期症状を理解し、早期発見につなげることがとても大切です。 膵臓がんの初期症状としては以下のようなものがあげられます。 左脇腹の痛み• 背中・みぞおちの痛み• 吐き気• 下痢 このようにただの風邪かと思うような症状が膵臓がんの初期症状となるので注意しなければなりません。 また、膵臓がんの主な原因としては、• 膵炎の悪化• 糖尿病による併発• 肥満 などがあげられます。 特に50代以上の高齢の方に膵臓がんは発生しやすいと言われていますので、左脇腹の痛みなどの症状があらわれ、少しでも『おかしいな?いつもの風邪と違うな?』と感じた場合は検査を受けてみることをおすすめします。 肋間神経痛 肋間神経痛では、肋骨のまわりなどの神経が筋肉などで圧迫されることにより痛みを生じます。 これにより左脇腹に痛みに痛みを生じることがあります。 明確な原因やメカニズムは未だに明らかになっていませんが、 最も影響があることはストレスであるとされています。 私たちの体はストレスを受けると筋肉が緊張し硬くなります。 これにより、神経が圧迫されてチクチクとした左脇腹の痛みが生じるのです。 ストレッチなどを行い、痛みがする部分の筋肉を柔らかくしてあげることで改善することができます。 入浴後などにぜひ試してみましょう。 尿路結石 激しい痛みを伴うことで有名な尿路結石の前兆である可能性もあります。 尿路結石を発症する可能性が高い年代と性別は30~60代の男性です。 脂肪をたくさん含んでいる偏った食生活をおくっていると 尿路に胆石がたまってしまう原因となります。 尿路結石を発症すると、激しい痛みに襲われるほか、血尿や吐き気なども起こしてしまう可能性があります。 予防には水分を多くとることが大切です。 これにより尿量や尿流が多くなり結石が結晶化しにくくなるのです。 尿路結石なると尿が白く濁ることが多いです。 こちらの記事も参考にしておきましょう。 参考: 帯状疱疹 帯状疱疹は体中に湿疹があらわれる病気ですが、初期の症状として神経痛が起こります。 この神経痛は左脇腹に限った痛みではありませんが、左脇腹に痛みが生じることもあります。 痛みがでて数日後に体に赤い湿疹があらわれた場合は、帯状疱疹ではないかと疑ってみましょう。 参考: 左脇腹の痛みに伴う症状 ここでは左脇腹の痛みとともに表れる症状から原因となる疾患をお伝えしていきます。 よくある症状をお伝えしていきますのでご自身に当てはまることも多いはずです。 咳や深呼吸をすると痛い場合 咳やくしゃみ、しゃっくり、深呼吸をしたときに痛みを感じる場合は 肋間神経痛である可能性が高いです。 咳や深呼吸などで左脇腹周辺の筋肉が動き神経が圧迫されてしまうからです。 食後に痛みを感じる場合 食後に痛みを感じる場合は 胃潰瘍が原因である可能性が高いです。 胃潰瘍は胃酸が過剰に出て胃にダメージを与えてしまう病気です。 食事をしている間や食後にいつも痛みを感じる場合は胃潰瘍を疑ってみましょう。 吐き気もある場合 左脇腹の痛みとともに吐き気がある場合は、 胃潰瘍・急性膵炎・十二指腸潰瘍である可能性が高いです。 吐き気があるということは消化器系の内臓が影響しているということなので上記のような病気が隠れていることが考えられます。 下痢も伴う場合 下痢も伴う場合は、 過剰なストレスによる影響か急性膵炎・膵臓がんなどの膵臓疾患の疑いが考えられます。 過剰なストレスを受けるとお腹が痛くなったり下痢をしたくなってしまいます。 また、すい臓系の疾患でも下痢が引き起こされます。 背中にも痛みがある場合 左脇腹だけでなく背中にも痛みがある場合は 急性膵炎やすい臓がんなどすい臓系の疾患である可能性が高いです。 膵臓が悪くなると背中やみぞおちなどにも痛みを生じます。 悪化するとかなりやっかいな病気なので早期改善を心がけていきましょう。 参考: 女性の場合 最後に女性の場合は、 女性特有の婦人系の病気が影響している可能性があります。 子宮や卵巣などの病気が原因となっている場合です。 この場合は脇腹よりもやや下に痛みを感じる場合が多くなります。 まとめ 左脇腹がチクチク痛むときの原因についてお伝えしました。 いろいろな内臓系の病気を紹介しましたが、多くの場合は筋肉の異常やストレス、便秘などが原因であることが多いです。 普段使わないような筋肉を使うとチクチクとした痛みを感じることがあります。 尿路結石など思わぬ病気の兆候の可能性もありますので、痛みが続くようでしたら病院で診察を受けてみることをおすすめします。

次の

左脇腹の痛み【女性男性で鑑別方法】鈍痛ズキズキチクチクで病気が違う

左 脇腹 痛い

ホーム 脇腹が痛い原因! 右側か左側?どちらが痛いのか? これらの脇腹の痛み?も人それぞれです(汗) 例えば・・・・ 右脇腹が痛い?左脇腹が痛い? など、痛みの度合いにも個人差があるものです。 そして、脇腹の位置は、ちょうど脇の下から、まっすぐ下へ、ちょうどおヘソの横あたりまでになります。 体を、ねじってしまうような動作に心あたりはありませんか?普段の何気ない動作でも、想定外な痛みにつながる事もあります。 もしかしたら、少し肋骨が弱っている?のかもしれません、このように何かの動作が原因で脇腹にも無理な力が加わり、急性的な痛みが出る場合もあります。 また、風邪をひいて咳が長引いた場合や、蓄膿症や花粉症などでクシャミが連発して出ている?ような状況になると、慢性的に脇腹に負担をかけてしまう事になります(汗) 当然のこと、このような状況が長引けば、知らず知らずのうちに肋骨を痛めてしまい、慢性的な脇腹の痛みに変わってしまいますので、たかが鼻水やクシャミと思わないで、早めの対処が大切になります。 また、スポーツなどをやられる方などは、普通の方よりも脇腹への負荷も多くかかる?事が予想されますので、筋肉痛もしくは肉離れになってしまったりするリスクも多くなるかもしれません。 それ以外にも、仕事がら、ずっと同じ姿勢での作業をして見える方、ずっと、しゃがみ込むような姿勢も、骨には負担です。 普段の当たり前のような生活の中で、気がつかないうちに、慢性的に肋骨を無理させている?のかもしれません。 私達の無意識の動作の中には、意外な落とし穴が結構ありそうです。 その結果、病院で詳しく検査したら、助骨にヒビが入っていた?なんてことも・・・ さらには、それだけにおさまらず、ポキッっと骨まで折れていた?・・・なんてシャレにならない事も、実際にはありますので、普段から注意する必要があります。 疲れたな?と感じたら、一度立ち上がったり、体勢を変えるなどの工夫をして見ると良いかもしれません。 心あたりがある?と言う方、このように負荷が原因で痛みが出る場合は、体を動かした時に痛い!と言う、とても分かりやすい特徴がありますのでご確認下さい。 しかし、特に心あたりがない?場合や、じっとしてても痛い?なんて場合は、内臓が弱り、何らかのシグナルを出してきている場合も、中にはありますので、ストレスから来る場合もありますが、一度血液検査や、画像診断を受けられると良いかもしれません。 脇腹は、下記のように内臓に近い部分にあります。 それゆえに、肝臓や、膵臓、胆のう、腎臓、脾臓、大腸など内臓から発するシグナルになりやすいのかもしれません。 比較的、患部に近い側の脇腹が痛む傾向があります。 脇腹の痛み以外に、他にも症状がないのか?等も重要です!病気を見つける上で、大切な判断材料になりそうです。 胆石症?胆のう炎 胆のうの位置は、見ての通り、脇腹の右側にあります。 右わき腹の痛みの原因として、疑われるものに、この胆石症がありますが、痛みなどの症状がなければ、健康診断などで偶然見つかるケースが多いようです。 小さな胆石でしたら、ビールが効きます。 ビールの成分に、胆石などの小さな石を流す効果がありますので、お好きな方は、ラッキーぃ!と思われるかもしれません(笑) でも、胆石があると言う事は、言わば胆石になりやすい体質なのかもしれません。 胆石によっては、何も悪さをしないで、ただソコにある!ってだけの、非常に大人しいものもありますが、それでも油断は禁物・・・もし胆石が見つかった場合、その大きさにもよりますが、しばらく様子を見ましょう!と言われるかもしれません。 しかし、もし自分に胆石が見つかったら、そのまま放置しないで、薬で散らすなどの対策を、事前にとると思います。 (理由は、後に・・・)まだ小さな胆石であれば薬で散らす事ができるからです。 ですので、胆石が見つかったのであれば、様子見ではなく薬で散らすに超した事はないと思うのです。 あと、胆石を除去する方法として、薬でダメな場合は、レーザーで胆石を砕く方法もあります。 なぜ、胆石は放置しない方が良いのか? たかが胆石?と甘くみると、実は、怖い!!と言うのを、身内が発症した病で知る事となったからです。 胆石くらいだと、病院に行っても、あまり深刻にはならず、適当に様子見的な流れがほとんどです。 自分の身は自分で守るしかない!事を、ある日、痛感しました。 胆石ができても、自然に流れて体外に排出される場合もありますが、移動する途中で胆管に詰まると、男性の方でも、のたうち回る程の、激しい痛みに襲われます。 実は、胆石の怖さは、それだけではありません!胆石をそのまま放置してしまう事で、隣接している臓器にもリスクも伴うからです。 それは、肝臓、胆のう、膵臓です。 この3つの臓器は、言わばチームのようなもので、まさに連携プレー的な臓器です。 このうち、どれか一つの機能が低下したとしたら、この連携プレーが上手くいかなくなるのです。 胆道ジスキネジー あとは、胆のうなどは、ストレスなどの影響も受けやすい臓器です。 ストレスや疲労が蓄積してしまうと、胆道ジスキネジーと言われる病気の発症につながる事もあります。 その場合、胆石症のように、右の脇腹や肋骨などに痛みを伴う事もあります。 ただ、この病は検査しても、胆石や腫瘍らしきものは、見つかるわけではありません。 他の症状としては、熱が出たり吐き気を伴う事があります。 右脇腹の痛み以外に、熱や吐き気があれば、一度この病気も視野に入れてみましょう。 ストレスに影響されやすいので、まずは、心の安定が大切です! 癌化のリスク? 一番初めに、悲鳴をあげた臓器以外に、これらの隣接する臓器の機能まで低下させる事があります。 例えば、そのまま放置された、胆石周辺の患部が、時間の経過と共に、分厚くなる?現象が起こる事があります。 それは、いずれ各臓器を癌化させる事につながります。 それは、胆のう癌や胆管癌のリスクだけでなく、膵臓にも影響し膵臓癌になるリスクまでも増す事になるからです。 私の母もそうだったのです。 胆石症でした。 今は、非常に残念な事に膵臓癌です。 い今は、あまり聞かなくなってきましたが、難病の肝内結石の方も御注意下さい。 胆石で、病院を受診しても、このようなリスクがある事までは教えて頂けませんでした。 後から分かったのは、胆のう癌や膵臓癌になった人は、同時に胆石も見つかるケースが非常に、多いのが現状なのです。 このようなリスクは、回避するに超した事はないと、こうなった今だから、なおの事思うのです。 肝臓からのシグナル? 肝臓の位置は、下記(図を参照)のように、右側にあります。 脇腹の痛み以外に、吐き気などの症状があったり、手足や顔、目の白目部分が黄色くなる事もあります。 このような黄疸の症状は、肝臓に異常がある時にもあらわれます。 また、黄疸に加え、ここのところ疲れやすいなどのダルさはありませんか?1日ぐっすり寝れば治るような疲労的なダルさと違い、肝臓からのシグナルの場合は、慢性的に疲れやすさや、全身の倦怠感も感じます。 盲腸? 盲腸の位置は、下記(図を参照)のように上行結腸下部の下側に、ちょろん?とついている小さな袋状の臓器です。 皆さんご存じの、虫垂炎を発症すると、みぞおちの痛みから始まり、しだいに右側の腹部、つまり盲腸のある位置に近づいてきます。 また、熱や吐き気も伴いやすくなります。 その痛みはどんどん移動しますので、右脇腹の痛みへとつながる可能性もあります。 また、処置が遅れてしまうと、激しい腹痛と共に腹膜炎を起こしてしまいます。 右脇腹の痛み意外に、他にも症状がないか?もご確認下さい。 上行結腸に出来た、大腸憩室症?上行結腸癌 上行結腸の位置は、下記(図を参照)のように、ちょうど大腸の右側を上行する部分になります。 この部分に炎症が起こると、右側の脇腹にも痛みを感じる可能性もあります。 上行結腸は、大腸憩室炎が比較的出来やすい場所でもあります。 右側の下腹痛と同時に、右脇腹の痛みにつながる可能性もあります。 あとは、上行結腸癌にも注意しましょう。 十二指腸潰瘍? 右側のみぞおち、あたりから、右の脇腹周辺にかけて痛みが伴う事があります。 右脇腹にしこり? 右の脇腹に、しこり?らしきものを感じませんか?疲れやすく、黄疸症状も出ていましたら、肝機能低下や、肝臓癌も疑われますので、今の現状を知る為にも、一度血液検査と画像診断をお勧めいたします。 肝機能の低下は、血液検査だけでも一目瞭然です。 左わき腹の痛みは、脾臓や下行結腸癌、S字結腸癌などの病気の疑いもあります 脾臓? 脾臓の位置は、下記(図を参照)のように、膵臓の左側、つまり左脇腹に近い位置にあります。 脾臓内への血液が低下したり、外部からの強い衝撃で。 脾臓内で出血してしまう事にあります。 あと、脾臓に何らかの炎症が起こり腫れたり、脾臓に腫瘍ができる事もあるようです。 左脇腹の痛みの原因は、まさに脾臓の痛み?の可能性もあります。 また、炎症による痛みは、脾臓だけでなく、背中にまで及ぶ傾向があります。 あと、これは異常ではありませんが、脾臓内の血流が急激に減少してしまうと、脾臓が一気に縮んでしまう事があります。 運動などで、走った時などに、急に横っ腹が痛くなる?アレ?です。 あれは、まさに脾臓から来る痛みなのだそうです。 この部分に炎症ができると、左側の脇腹にも痛みを感じる可能性もあります。 S字結腸の炎症? S字結腸の位置は、下記(図を参照)のように、ちょうど大腸の出口部分で、S字状のカーブ付近になります。 この部分に炎症ができると、左側の脇腹にも痛みを感じる可能性もあります。 このあたりの炎症は、左下腹部に痛みが出やすい傾向あります。 また、大腸憩室炎が比較的発生しやすい場所でもあるので、腹痛と同時に、左脇腹の痛みにつながる可能性もあります。 あとは、S字結腸癌にも注意しましょう。 帯状疱疹? これは、皮膚病なんですが、過去に水疱瘡を発症した方にだけ、起こります。 特に、免疫力が低下した時に発症しやすく、まだ症状が軽いうちは、良いのですが、日を追う事に悪化する傾向にあります。 一度、悪化してしまうと、痒みやピリピリ感が増し、かなり苦痛な状況になります。 帯状疱疹の特徴としては、片方だけ症状が出る傾向にあります。 例えば、右脇腹もしくは、左脇腹だけ痛いと言う感じです。 症状には、個人差がありますが、湿疹がでる事が多いので、一度全身の状態をご確認下さい。 何か異常が見つかりましたら、すぐ皮膚科でご相談下さい。 飲み薬と、塗り薬が処方されます。 その場合、 痛みには波がある?場合が多いです。 緊急性がある場合は、浣腸をしお腹をスッキリさせる事で治まります。 ウンチが硬くならないよう、できれば、起きぬけから、マメに水分補給をしていきましょう。 あと、便秘がちな方は、大腸癌のリスクも高くなります。 とても抵抗があるかもしれませんが、2年に1回くらいは、大腸の内視鏡検査で、大腸癌を予防しましょう。 静脈からの麻酔を使った、大腸内視鏡検査でしたら、痛みもなく、寝て起きたら、すべてが終わっています。 ただ、すべての病院で受けられる訳ではないので、受けられる病院を、御自分で探す必要があります。 あと、通常よりお値段は、静脈からの麻酔分だけ、上乗せされるので、少しだけお高くなります。 検査で痛いのが苦手な方や、不安で仕方ない方には、麻酔で苦痛が軽減される分、かなり検査も楽に感じました。 検査前に、下剤を含む液体?を2リットル飲まなくてはいけないなど、検査に伴う、事前処置は、麻酔が有り無し、に関わらず必要になります(汗) 癌は、後悔しないためにも、早期発見が第一ですので、この機にご検討してみては、いかがでしょうか? 腎盂腎炎、尿路結石? 腎臓の位置は、下記(図を参照)のように、胃下部の両側にあります。 例えば、腎臓から、膀胱までをつなぐ道の途中で、結石がつまってしまう事があります。 すると、結石のある方の脇腹に痛みが出てくる事になります。 これが尿路結石です。 腎盂腎炎は、膀胱の炎症から始まり、膀胱の細菌が逆流し、腎臓にまで達してしまうと、腎臓にも炎症が生じてしまいます。 膀胱炎の症状なしに、腎盂炎に悪化する場合もあります。 よって炎症のある側の脇腹に痛みが出やすくなり、同時に背中に痛みを感じる事も多いようです。 炎症が起こるのは、片側だけの場合が多いようですが、中には両側で炎症が起こる場合もあるようです。 熱が出たり、吐き気やおう吐には注意して下さい。 膵臓? 膵臓の位置は、下記(図を参照)のように、中央から、やや左よりに、横たわったような形をしてします。 そして、ちょうど胃の裏側にあり、背中に近いので、膵臓に炎症が起こると、背中の痛みや、右、左、もしくは両側の脇腹の痛みが出る可能性もあります。 膵臓は、左から膵頭、膵体、膵尾(下記の図を参照)となっています。 これらの、どの場所で炎症が起きているのか?で痛む部位も変わってくるかと思います。 胃の裏側なので、胃痛だと思っていたら、実は膵臓の疾患だった?なんて事もあります。 胃の検査で異常がないのに、胃痛あるなら、一度画像検査などで、膵臓にも異常がないか?確認されると良いかと思います。 肋間神経痛? これは、一瞬、胸がキューゥと痛くなるので、心臓や肺などの、何か嫌~な病気?なのでは?と私も思ってしまう事もあるかもしれません。 ちょっと心臓に悪そうな痛みです。 きっと、だれでも経験があるのではないでしょうか?これは、子供にもありますからね・・心配になるのは無理ありません(汗) 胸部には、誰でも左右に肋骨があります。 これは、心臓や肺などの大切な臓器を守る、言わばヨロイ?のような装備に近いもの?とでも言いましょうか?。 胸に襲ってくる、この不快な痛みは、この肋骨に走っている神経から来るものなのです。 何の前ぶれもなく、急に来る場合や、何かの拍子に、キューンと締め付けられたような痛みがきます。 しかし、少し、じっとしていると治まります。 しかし、個人差もあるのか、まれに、繰り返し痛んだり、この痛みが長引く方、また、肋間神経痛により、脇腹に痛みを感じる方もいるようです。 リンパ腺が腫れている? もしかして、リンパ腺に腫れ?や痛みはありませんか?この場合、リンパ腺の腫れが原因となり、腫れている方の、脇腹が痛くなる!事もあります。 御自分で、さわってみて、痛くないか?、一度ご確認下さい。 スポンサードリンク 関連記事.

次の

②左脇腹の痛みは危険?症状の悪化と血液検査の結果

左 脇腹 痛い

Sponsered Link 考えられる病気とは? 左脇腹の痛みがあってもそれほど問題のない筋肉痛のこともありますが、体の左に寄っている内臓は重要な働きをするものも多く、痛みは大病のシグナルとなっている場合もあります。 本記事では、脇腹でも特に左の脇腹が痛いときに、その合併症状からどのような病気になっている可能性があるのか、またその病気になったときの対処法、病気にならないための予防法などをご紹介したいと思います。 日頃の生活のどのようなことが病気のリスクとなりうるのか、またいざというときにすぐに対処できるよう、痛みの症状がある方もない方も一度目を通しておくことをお勧めします。 では、まずは命にかかわるほどではないけれど、日常的に起こりうる痛みの原因からご紹介していきたいと思います。 【普段の姿勢が悪く左脇腹が痛い】筋肉痛 脇腹付近の筋肉は日常的に使うことが少ないので、あまり大きな負担でなくても、筋肉痛になってしまうことがあります。 筋肉に負担のかかる動きをしたことで筋肉痛になっている場合は安静にしておけば症状は改善されます。 しかし、仕事などで無理な姿勢になってしまっていることで、筋肉に負担がかかってしまっている場合は、姿勢が悪くなってしまっている根本的な問題から解決しなければ、筋肉痛は続いてしまいます。 あまり激しい動きをしていないのに、脇腹の筋肉が痛いという時は、普段の姿勢を見直してみるようにしましょう。 では、どのようにすれば正しい姿勢となるのか具体的な対策を紹介していきます。 クッションを使う デスクワークで猫背になっている人は、イスに腰当て用のクッションを挟むことをオススメします。 クッションを挟むだけで、正しい姿勢になりやすく、座っている姿勢を楽に維持できます。 今は、腰とイスの背もたれの間に置く専用のクッションも販売されているので、チェックしてみると良いでしょう。 クッションの代わりとしては、タオルなどを挟むのも効果的です。 クッションやタオルを挟んだ際には、イスに深く腰をかけ、足もしっかりと床につくよう高さ調節も忘れずに行なってください。 肩甲骨を動かす 肩甲骨が固くなり、動きが悪くなっている人は姿勢も悪くなりがちです。 気がついた時に、手を肩に置きながら腕を回したりしましょう。 オフィスの中でもできるようなストレッチなので、日頃から意識して行い習慣化させていくことが大切です。 呼吸方法を見直す 意外かもしれませんが、呼吸の仕方も姿勢に大きく関わっています。 多くの人は普段、胸式呼吸をしています。 胸式呼吸は体と精神を緊張させる交感神経が働いてしまい、肩が上がりっぱなしになっている可能性があります。 そんな人は、腹式呼吸を意識しましょう。 腹式呼吸を意識するだけで、交感神経をリラックスさせることができ、楽に呼吸をすることができるようになり、姿勢の改善に繋がります。 【左脇腹の痛み、胸焼け、黒い便】胃潰瘍 脇腹の痛みに加えて、以下の症状がある場合は、胃潰瘍の可能性があります。 腹部の痛み• 胸やけ• 食欲低下、吐き気や嘔吐による体重減少• 血を吐く• 黒い便• 背中の痛み• 膨満感 胃潰瘍とは 胃や十二指腸の内側には粘膜があり、そこは常に胃液にさらされています。 胃液は、胃酸といい、強い酸性の消化液や消化酵素を含んでいて、食べ物の消化や、食べ物と一緒に入ってきた病原菌の殺菌を行なっています。 そのために、胃の粘膜は胃酸などによって粘膜自体を消化し傷をつけないようにしています。 胃潰瘍は胃酸が出すぎたり、胃の粘膜が弱ったときになりやすい病気で、この粘膜を保護している仕組みが壊されてしまうと、胃の粘膜が傷ついて、胃液にさらされて粘膜を消化してしまい、粘膜や組織の一部が無くなります。 これが胃潰瘍と呼ばれる症状です。 胃潰瘍は40代以上に多く、十二指腸潰瘍は20~40歳に多いことも特徴の一つです。 痛みの感じる度合いはひとそれぞれで全く痛みを感じない人もいます。 痛みを感じる方は胃酸が出始める食事中や食後に多いと言われています。 悪化すると、胃に穴が開き、空いた穴から胃酸がもれることで腹膜炎を引き起こす可能性もあり、注意が必要です。 胃潰瘍の原因 胃潰瘍の原因には以下のようなことがあげられます。 おもなものとしては、過労やストレス、脳や肺、肝臓などの慢性病、解熱消炎鎮痛薬、降圧剤などの服用などが考えられます。 他にも、以下のようなことも原因となっている可能性があります。 ピロリ菌• 非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の服用• 低用量アスピリン(抗血栓療法)の服用• 熱すぎるもの、冷たすぎるものを食べ過ぎ• 香辛料やかんきつ類などの刺激物を取りすぎている• カフェインや炭酸飲料• 暴飲暴食 上手にストレスコントロールしたり、慢性病の治療に取り組む、可能であれば胃潰瘍の原因となる薬の服用を中止するなどすることで、胃潰瘍は改善されます。 もし、血を吐いたときは、かなり悪化している状況なので、様子を見るのではなく、すぐに内視鏡治療のできる病院へ行きましょう。 救急車を呼んでも良いでしょう。 【左脇腹が痛い、吐き気やお腹の膨張感】急性膵炎 初めはチクチクとした違和感が起き、次第にみぞおちから左の上上腹部にかけて激しい痛みが生じてきた場合は、急性膵炎の可能性があります。 痛みの感じ方には個人差があるようで、軽い鈍い痛みが継続する場合、転げ回るような激痛が走る場合など様々なようです。 しかし、痛みと重症度が必ずしも比例しているわけではないので注意が必要です。 他にも、• 吐き気や嘔吐• 食欲不振や膨張感がある• 背部痛• 悪寒 などの症状がある場合もあります。 急性膵炎の特徴 急性膵炎は 特に男性に多い病気で、中高年層が最も多いそうです。 最も罹患しやすいのは、男性では50代、女性は70代と言われています。 平均では、59. 3歳と年齢は高めですが、幼児から高齢者まで罹患する可能性は幅広くある病気となっています。 男女比だけでみると、女性より男性の方が2倍近く多く疾患しているようです。 急性膵炎を繰り返すと慢性膵炎を引き起こす可能性が高くなり、慢性膵炎は膵臓がんのリスクを高めるので、注意が必要です。 急性膵炎の原因 急性膵炎は、すい臓に過度な負担がかかる際になりやすい病気です。 まず1番の原因にあげられるのはアルコールの多量な摂取です。 アルコールが原因で、急性膵炎になった確率はおよそ31%で、原因の中で最も多いものとなっています。 また、胆石も原因の1つとしてあげられます。 急性膵炎にかかった人は、胆石症も同時に患っていることが多いそうです。 これは、アルコールの次に多く、女性が男性よりも多いことも特徴の1つとなっています。 他には、暴飲暴食や刺激の強い飲食物の摂取も膵炎のリスクを高めます。 特に、脂肪の多いものを食べるとすい臓への負担が大きくなり、膵炎になりやすくなります。 膵炎が慢性的なものとならないよう、気になる方は、普段から食事のバランスに気を使ったり、お酒はほどほどにするなどして、予防につとめましょう。 もし、慢性的な膵炎になってしまっている方はがんのリスクがあります。 早期発見のためにも、人間ドックを年に一回は受けることをおすすめします。 【脇腹から下腹部にかけて激痛、血尿】尿路結石 尿路結石とは? 脇腹から下腹部にかけて、激痛がある。 尿を出すと血が混じっている。 そのような症状がある場合は、尿路結石かもしれません。 尿路結石は腎臓から尿道までの間に結石が出来る病気で、30〜60代の男性に多いのが特長です。 尿路結石は腎臓や尿管など上部尿路と呼ばれる部分にできるものと、膀胱や尿道など下部尿路と言われる部分にできるものに分けられますが、近年の調査では、約95%が上部尿路に結石が出来ていると言われています。 尿路結石は、3大激痛の1つと言われていて、七転八倒の痛みなどと言われることもあるくらいの激痛がともなう病気です。 もし、前述のような典型的な症状が生じた場合には、すぐに泌尿器科を受診しましょう。 尿路結石の原因 要因はまとめると下記のようなものが原因としてあげられています。 尿路の通過障害• 尿路感染• 水分摂取不足• 偏りのある食事• その他の病気と薬剤 尿路結石の予防法 日常生活の中でできる 予防法として特に大事なものは水分摂取と食事です。 水を多く飲み尿の量を多くすることで、尿の中にあるいろいろな物質が固形化することなく溶けやすい状態になります。 また、たくさん尿を出すことによって、結石になる前の結晶の段階で体の外に出すことができるのです。 特にスポーツなどで汗をかくときや暑さを感じるときは、こまめに水分をとるよう心がけましょう。 また、適度な運動も重要で、代謝が高まれば結石も小さいうちに排出できるようになります。 食事は偏りや食べ過ぎにならないようバランスのとれた食事をすることが大切です。 動物性のタンパク質、脂肪分、塩分や糖分、油の多い食事は結石が出来やすくなるので、食べ過ぎには注意しましょう。 また、寝る前の食事を避けるのも大切なポイントです。 これは食事をした成分から尿が出来るタイミングと、汗などをかいて尿が凝縮されるタイミングが重なってしまうからです。 寝る前に必ずトイレに行くこともオススメします。 痛風や高血圧、高脂質といった症状も尿路結石の遠因となる場合があるため、食事のバランスを考えながら、しっかりと睡眠をとることは基本となります。 アルコールも腎臓に不可をかけるため、加減したほうが良く、飲み過ぎは体を壊す原因となります。 ストレスを貯めすぎないよう、程よく休みを入れることも予防や再発防止には重要となってきます。 【突発的で瞬間的な左脇腹の痛み】肋間神経痛 肋間神経痛とは 胸や脇腹に鋭い針でブスっと刺されたような突発的で瞬間的な痛みを感じた。 そのような症状がある場合は 肋間神経痛の疑いがあります。 肋間神経痛とは、肋間に沿って走っている肋間神経が何かしらの原因で圧迫され、神経痛をおこすことです。 年齢があがると経験することが多い痛みですが、10代でも感じることがあるようです。 肋間神経痛自体は、命が危機にさらされるような病気ではありませんが、心筋梗塞、狭心症、胸膜炎など他の病気が原因で肋間神経痛になっている可能性もあるため、胸の突発的な痛みを感じる際は注意が必要です。 肋間神経痛の原因 肋間神経痛の原因は様々なことが絡み合い、発症するため、一概にコレ!というものはつかめませんが、ストレスによって発症することがあります。 日常ストレスにさらされていると、思わぬところの筋肉が緊張していることがあります。 筋肉が緊張することで、骨や筋肉についている神経が圧迫されて、痛みが生じるのです。 デスクワークなどによって肋間神経痛が起こるのも、同じ姿勢でいることで筋肉が緊張して起こります。 また、激しい運動をする人も肋間神経痛をおこす可能性があります。 普段鍛えているので、筋肉は強くて大丈夫なように思えますが、長時間に渡って、激しい運動を行っていると、筋肉も疲れの物質である乳酸を貯めてしまい、それが引き金となって肋間神経痛を起こしてしまうこともあるようです。 他にも、中年以降の女性は、肋間神経痛が高頻度で起こりやすくなっています。 若い人にも起こるのですが、中年以降の更年期を迎えるころから症状は起こりやすくなります。 更年期障害は、カルシウムの吸収が悪くなり不足しがちになり、骨が弱くなります。 すると転んだ程度でも骨折しやすくなり、そのために神経が圧迫されて肋間神経痛になりやすくなります。 肋間神経痛の痛みはふとした時にくるので、痛み自体がストレスとなってしまい、そのストレスが肋間神経痛を悪化させるという悪い循環におちいることもあるので、肋間神経痛の症状を感じた際は、ストレスや運動不足に気を使ってみましょう。 肋間神経痛以外の症状が合わせて出ている場合は、他の病気からきている痛みの可能性もあるので、病院でみてもらうのがよいでしょう。 【脇腹の痛みや胃のもたれ、体重減少、黒色便】胃がん• 胃や胸の凭れる(もたれる)感じ• みぞおちから脇腹にかけての痛みや不快感• 吐き気やゲップ• 食欲不振• 胃や胸周辺の不快感• 軽い黒色便(出血による色の変化)• 体重減少(例えば半年で10%以上)• 貧血による倦怠感・息切れ・ふらつき 引用元: 上記のような症状を感じる方は胃がんになっている可能性があります。 上記は胃がんの初期症状と言われています。 胃がんは日本では肺がんについで2番目に多いがんで、初期症状がわかりにくく、早期発見が難しいがんと言われています。 進行したとしても約半数が無症状なので注意が必要ながんです。 さらに進行した際の症状 さらに胃がんが進行した際の症状には下記のようなものがあげられます。 消化不良による頑固な下痢や軟便• 黒色便• 体重の急激な減少• 息切れや動悸• 口内炎や舌炎• 味覚障害・口腔乾燥• 骨折(骨に転移した場合)• 黄疸(肝臓に転移した場合) 引用元: 胃がんの原因 原因としては下記のようなものが考えられています。 慢性胃炎• ピロリ菌• 乱れた食生活• 塩分の取りすぎ• 過度な飲酒• ストレス 心当たりのある方はより気をつけなければなりません。 胃がんは生活習慣を見直すなどして予防することも大事ですが、何より早期発見が大事です。 早期発見することができれば約98%が完治可能とも言われています。 あてはまる要因が多いと感じた方や症状が心配な方、またそうでない中高年の方も定期検診をわすれずに行い、胃がんの早期発見につとめましょう。 【左脇腹の痛み、げっぷに胃液が混じる】逆流性食道炎• 胃痛(左脇腹痛)• 胸焼け• 吐き気• げっぷかと思ったら胃酸がでてきた• 上腹部膨満感• のどの痛みがでる• 咳がでる 上記のような症状がみられる方は、逆流性食道炎になっている可能性があります。 逆流性食道炎とは? 逆流性食道炎は、なんらかの原因により胃の内容物が逆流し、食堂に炎症を起こす症状のことです。 胃の中にある消化のための胃酸は非常に強く、胃は胃の粘膜を守る機能がありますが、食道にはその機能がないため、胃酸が逆流してくると炎症が起きてしまいます。 逆流性食道炎の原因 逆流性食道炎は中高年によく見られた病気ですが、最近では20〜30代の若い人にもよく見られる病気のようです。 原因としては、今まで加齢により胃の内容物の逆流を抑えている下部食道括約筋の筋力が衰えることで起きやすくなるとされていましたが、脂質、高タンパクの食べ物が増加したことや、嗜好品が増加したことで、若い世代での患者も増えてきたようです。 逆流性食道炎が重症化すると 重症型逆流性食道炎になってしまうと以下の症状が現れる可能性があります。 バレット食道(食道の粘膜が胃の粘膜に変化してしまう症状)• 狭窄(食道内が狭くなってしまう症状)• 出血、吐血• 食道がん このように重症になると、様々な症状が出てしまうため注意が必要です。 症状が続くようであれば、胃腸科、内科、消化器科を受診しましょう。 【女性の左脇腹の痛み】婦人病 女性の左脇腹の痛みは、生理痛を筆頭に子宮筋腫や子宮頸がん、子宮内膜症などほとんどの女性ならではの病気がその症状としてあてはまります。 痛む箇所としては、子宮や卵巣の位置の関係から 脇腹よりもやや下が痛くなるという方が多いようです。 左脇腹の痛みだけでなく、月経とともに痛みが増す、月経過多、不正出血など女性特有の症状が同時にあらわれるようであれば、婦人病になっている可能性が高いでしょう。 子宮や卵巣などの病気は、不妊症や流産・早産の原因ともなり得るので、症状を感じた際は、早めに婦人科にかかることをおすすめします。 ここでは婦人病の一部を紹介します。 子宮筋腫 子宮の筋肉から発生する良性の腫瘍が子宮筋腫です。 筋腫は腫瘍のため、徐々に大きくなりますが、この成長は卵巣から分泌される女性ホルモンに依存しているため、閉経すると子宮筋腫の多くは縮小します。 無症状のことも多いですが、このような脇腹の痛みで気づくこともあります。 他にも、生理痛、生理の量が多い、血の塊が混じるなどがよくある症状とされています。 出血が多いため、貧血状態に陥り、顔色が悪くなる、立ちくらみ、動悸、倦怠感を伴うこともあります。 筋腫は大きくなると膀胱や骨盤内の臓器を圧迫することがあるため、尿が近くなったり、下腹部が重苦しい、腰や下肢が痛む、しびれるという症状が起きることもあります。 子宮頸がん 子宮の入り口の付近に発生するがんです。 普通の婦人科での診察で観察・検査がしやすいため、発見はされやすいがんです。 早期に発見すれば、比較的治療しやすいですが、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要になってきます。 初期の子宮頸がんは、普通は全く症状がありません。 そのためにも、子宮がんの検査を受けることが進められています。 月経中でないときや、性行為の際に出血する、普段と違うおりものが増える、月経血の量が増えたり月経期間が長引くなど、他にも気になる症状がある場合は、早めの受診をおすすめします。 子宮内膜症 子宮内膜が正常ではない場所にある場合を子宮内膜症といいます。 月経に伴って組織の中に出血するため月経痛がひどかったり、性交痛を訴える人もいます。 発症の原因がはっきりと解明されていない病気ですが、20代〜40代の女性に多いと言われています。 月経周期が短く、月経の期間が長い人も子宮内膜症になりやすいともいわれています。 症状としては、不妊症、月経困難症、不正出血、経血量が多い、骨盤痛などがあげられています。 月経を重ねる度に、月経痛がひどくなっていくことが特徴のため、思い当たる節がある方は、早めの受診をおすすめします。 【胸から脇腹にかけて水ぶくれができて痛い】帯状疱疹 帯状疱疹とは? 胸から脇腹にかけて赤い水ぶくれ(疱疹)ができて痛い。 それは帯状疱疹の可能性が高いです。 帯状疱疹の原因は水痘ウイルスです。 この水痘ウイルスは実はワクチン接種によって予防することができます。 保険のきくワクチンではないようなので、気になる方は予防のために病院でワクチンを打ってもらうと良いでしょう。 発症の1番のリスクは加齢と言われています。 50歳から発症が増えて、ピークは60歳以降と言われています。 80歳までに3人に1人はかかる、意外と身近な病気といえます。 最近では、20〜30歳代の若い世代にも増加していることも特徴です。 帯状疱疹の症状 帯状疱疹はその症状が出る前に胸の痛みがあるときもあり、疱疹が出る数日から一週間ほど前から、胸がチクチク、じりじりと痛むと言われています。 痛みを感じた際は、帯状疱疹を予期すると良いでしょう。 帯状疱疹になると、肋間神経痛を併発してしまうこともあります。 帯状疱疹で併発した肋間神経痛は他の肋間神経痛に比べ痛いと言われています。 帯状疱疹になった際は、早めに病院にかかり治療を行うようにしましょう。 帯状疱疹になったときに気をつけるべきこと! 帯状疱疹になったときには、何点か気をつけなければならないことがあります。 ますは、水疱を潰さないことです。 帯状疱疹の水疱の中には、帯状疱疹のウイルスが含まれています。 そのため、水疱を潰してしまうと、手などを媒介してウイルスが他の人の体内に入ってしまう恐れがあるのです。 このウイルスは人から人へ感染していきますので、注意が必要です。 2点目は、子どもに接触しないことです。 すべての水疱が乾いてかさぶたになるまでは、水痘の予防接種を打っていない赤ちゃんや、水痘に罹ったことのない人に接触してしまうと、このウイルスへの抗体がなく、水痘に罹ってしまう可能性があります。 3点目は、妊婦に接触しないことです。 妊婦さんが水疱瘡になってしまうと、お腹の中の赤ちゃんが危険にさらされてしまいます。 流産や、先天性の発達障害等のリスクを高めてしまうため注意が必要です。 帯状疱疹になってしまった場合は、とにかく早い治療が必要になりますので、少しでも気になった場合は、すぐに病院にかかるようにしましょう。 【左脇腹を押すと痛い】便秘 ずっと 便秘でお腹が重いのであれば、左脇腹のあたりを強めにおさえてみてください。 強くおさえると痛みがあるはずです。 痛みを感じる部分は大腸の終わりの部分で、便が大腸の終わりの部分で固まってしまうような体質である方は、左脇腹が張ったり痛くなったりするようです。 お腹が痛くなるほどの便秘は、実は内臓に相当なダメージが加わっている可能性があるそうです。 もし、血便が出たり、お腹の痛みが強い場合は便秘が原因で、腸のがんになっている可能性もあるので、すぐに病院にかかるのがよいです。 便秘で悩む女性は多いですが、下記は便秘に効果があると言われています。 1日1.5〜2リットルの水を飲む• 起床後5分以内に白湯をのむ• つま先立ちをする• 適度な運動をする• 姿勢を改善する また、便秘に効くツボやマッサージもあるようなので、下の動画を参考に試してみてください。 気になる場合は早めに病院へ! いかがでしたでしょうか? 左脇腹の痛みの原因は軽い病気もあれば、重い病気からくるものもあるということがお分かりいただけたかと思います。 当たり前のことですが、病気は日頃の不摂生やストレスが原因となっていることが多く、病気にならないためには、生活習慣を見直す必要がある方がほとんどだと思います。 また、もし病気になってしまった際は、早めに適切な対処ができるかどうかで予後が変わってきます。 がんなどは早期発見できなければ命取りになりかねません。 本記事を読んでいただいたことをきっかけに、健康に気をつかってより素晴らしい毎日を過ごせる方が増えることを祈ってます。 こちらも読んで健康になりましょう.

次の