白 猫 テニス ローテーション。 【白猫テニス】ローテーションマッチの概要と対象キャラ

【白猫テニス】ルカ(先輩)の評価と対策キャラ【白テニ】

白 猫 テニス ローテーション

試合に勝つ!立ち回りのコツ 相手のスキを見逃さない 前衛や後衛の位置とスタミナに注目しよう。 相手の位置と反対側に打つことで走らせることができ、相手のスタミナを大幅に削ることができる。 後衛同士のラリー中、前衛が少しでも中央に移動したらストレートを抜くチャンス。 わずかなスキを見逃さないように立ち回ろう。 ドリンクは早めに取る ドリンクはどちらかが、 「少し減ってるな」と感じたら取ると良い。 ドリンクは再び降ってくるので、ラリーが長引いて取るタイミングを見失うよりはずっと良いぞ。 ドリンクを取るタイミング解説はこちら コートのスキを作らない 後衛が大きく移動する場合など、ペアがそのスキを埋めるように立ち回りを変える必要がある。 上記画像の場合、フランがロブに対応するため、エクセリアが左に移動してスキをなくす行動がベスト。 スタミナが無いペアをフォロー ペアが後衛であれば後ろに下がる ペアのスタミナが無い時は、フォローしよう。 スタミナが無いペアが後衛の場合、ロブを打たれたら取ることが難しい。 その際、前衛はあらかじめ後ろに下がっておき、すぐに対応できるようにしておこう。 ペアが前衛時はそのままで良い スタミナの無いペアが前衛の時は、そのままプレーをしても構わない。 後衛で相手の前衛に注意しながらラリーをし、チャンスを狙っていこう。 詳しい前衛・後衛の動き方はこちら ピンチな時は後ろに下がる チャンスボールを返してしまった場合は、相手のスマッシュに構えるため2人とも後ろに下がろう!返球さえできれば体制は立て直せるぞ。 その際は中央へのスマッシュでお見合いしないように。 ペアへの過度なカバーは不要 上記画像のように、スタミナがないペアを無理にカバーしにいく必要はない。 かえってミスを招くことが多いので、あくまで自分の守備範囲を守ることを第一に考えて立ち回ろう。 相手の高速ショットを前衛で止める 前衛で止められたら上級者! 高速ショット系のスーパーショットを持っているキャラは、基本的に前衛に向かって使う傾向にある。 そのため、前衛で高速ショットを受け止めることができれば、それだけで失点をしなくて済む。 前衛を担当するなら、高速ショットを受け止める練習をしよう! 相手が使いたいタイミングを予測! 相手の立場に立って、相手がSSを使いたい場面を予測しよう。 相手コートにスキがあったり、相手が油断しているタイミングを見極めて打っているはず。 相手も同じように考えているので、タイミングさえ把握できれば返球はできる。 立ち回りの注意点 相手も同じことを狙ってくる 「相手のスキを突く」ということは、当然相手プレイヤーも狙ってきている。 いかにミスせずに、相手のミスを誘えるかが重要なポイント。 チームダブルスの報酬まとめ チームルーンを入手 各コートの色に合わせたチームルーンが手に入る。 勝敗と得失点によってドロップ数が変化するぞ。 チームルーン関連記事• 各種ルーンが入手できる キャラ・ギアに使うルーンも獲得できる。 また、チームのリーグランクによってドロップするルーンもグレードアップする。 チームランクを上げるポイントを獲得 ランクアップで施設レベルの上限開放 チームのランクを上げることで、チームタウンの施設「訓練所」のレベル上限を開放できるぞ。 チームタウンの効果が上がればその分恩恵が大きくなる。 開催中はなるべくダブルス戦をこなしたい。 チームタウンの詳細はこちら 他の白猫テニス攻略関連記事.

次の

パズドラ最速攻略ガイド|パズル&ドラゴンズ

白 猫 テニス ローテーション

いよいよ6月19日に開幕を迎えるプロ野球。 新型コロナウイルスの影響で公式戦日程を再編成した今シーズンは、例年以上の注目が集まっており、多くのプロ野球ファンが開幕を待ちわびていることだろう。 開幕に先立って、12球団の開幕スタメン予想を行なった。 今回は、同年の軸となってくる開幕ローテーションを予想していきたい。 まずは昨シーズンのセ・リーグ王者、巨人だ。 巨人の開幕ローテーション予想 開幕投手に指名されたのは、エース・菅野智之。 2年連続5回目となる大役を務める。 注目したいのは、初の開幕ローテーション入りとなった、戸郷翔征だ。 高卒2年目の戸郷は、ルーキーイヤーとなった昨シーズン終盤に一軍初昇格。 リーグ優勝がかかった試合で、初登板初先発という異例のデビューを果たした。 勝敗は付かなかったものの、ルーキーとは思えぬ堂々たるマウンド捌きを披露。 同試合で、チームはリーグ優勝を決めた。 以降は、日本シリーズでも登板を果たすなど、貴重な経験を積んだ。 背番号が「68」から「13」に変更となり、一軍での活躍が期待される今シーズンは、打ち込まれる試合もあったが、オープン戦、練習試合とアピールを続け、初の開幕ローテーションに当確ランプを灯した。 昨シーズン、主に中継ぎで活躍した田口麗斗は先発に復帰。 メルセデス、桜井俊貴と昨シーズンの先発投手陣も、開幕ローテーション入りを果たした。 新外国人エンジェル・サンチェスは、オープン戦、練習試合ともに打ち込まれる場面が目立ち、不安を残して開幕を迎えることとなった。 課題の修正とともに、日本野球への順応が、活躍の鍵を握る。

次の

ダブルスのタイブレイク

白 猫 テニス ローテーション

ダブルスには、ダブルス特有のルールがあります。 まずは、そのルールについてシングルスとの違いを重点的に説明をしていきたいと思います。 1.サーブの順番 自分のチームがA・B、相手チームがC・Dだとします。 まず、トスを行い、サーブの順番を決めます。 トスで勝ったチームは、サーブ権かコート権を確保します。 サーブ権を獲得した場合、自分たちが先にサーブを打つか後でサーブを打つかを選択します。 コート権を獲得した場合、自分たちがどちら側のコートから始めるかを選択します。 トスで負けた側は、相手が獲得していない権利をもらえます。 (相手がサーブの権利を獲得したらコートを選べるということです )ここで、例えば自分達からサーブを打つということを選択したとします。 そのあと、各チームで先にサーブを打つほうを決めます。 (1セットマッチの場合。 3セットマッチの場合は、セットが終わったときに変更することもできます) 2.レーシーブ(リターン)の順番 レシーブの場合、フォアサイド(デュースコート)とバックサイド(アドコート)のどちらに入るかを最初に決めます。 最初に決めたサイドは、セットが終了するまで変えられません。 どちらのサイドがいいかはペアでしっかりと話しあって決めたほうがよいでしょう。 よくわからないときは、フォアが得意な人が、フォアサイド、バックの得意な人がバックサイドでもよいかと思います。 ただし・・・、実はサイドには役割分担があります。 よって、 積極的にポイントをとりにいける人がこちらのサイドに入るとよいでしょう。 よって、 プレッシャーに強く、堅実なプレーが出来る人がこちらのサイドに入るとよいと思います。 ちなみに、リターンが返ったあとのラリーはどちらが打ってもかまいません。 卓球のように交互だったら大変でしょうね^^; 3.ダブルスにだけあるルール 自分のパートナーが打ったサーブにダイレクトにあたってしまった場合、フォルトになります。 相手チームが打ったサーブが自チームのボレーヤーにあたってしまった場合、失点になります。 ラリー中に自分の打ったボールがパートナーにあたった場合は失点になります。

次の