ホワイトニング シート。 韓国のホワイトニングシート(WHITE NOW)の使い方と効果

クレスト3Dホワイトニングテープを1ヶ月使うと歯が白くなるのか|ホワイトニングテープ体験談

ホワイトニング シート

また「3D WHITE」などと紛らわしい名前がついていても クレストでない類似品が多くありますので通販で購入の際には注意してください。 ホワイトニングテープ《クレスト3D》の成分 ホワイトニング用歯みがき粉との 中身の違いは過酸化水素で、これは歯科医院のホワイトニングで使用するものと同じです。 ただし家庭で使用するのに危険が少ないように濃度を低くしてあります。 その半分以下の濃度ですが決して安全とはいえませんので取り扱いには十分注意してください。 もちろん痛みや炎症の危険が伴う反面、正しく使えばそれなりの効果が見込めます。 ホワイトニングテープ《クレスト3D》の値段 値段は1箱 20日分入り で30ドル前後ですので日本円で3,500円位です。 ただし 1箱に入っている枚数によって値段が異なりますので確認が必要です。 また最近安い値段で見かけがそっくりの非常に紛らわしい中国製品もみかけますので間違わないように注意してください。 ホワイトニングテープ《クレスト3D》の使い方 使用方法はテープを歯に張り付けて30分程度そのままにしてはがすだけです。 下記は公式サイトに掲載されている動画です。

次の

【クレスト】すぐに効果のあるホワイトニングシート【使い方と口コミ】

ホワイトニング シート

「歯磨き粉タイプ」• 「液体タイプ」• 「スポンジタイプ」• 「ペンタイプ」• 「シール・シートタイプ」• 「マウスピースタイプ」• 「歯ブラシタイプ」• 「パウダータイプ」 など様々な種類があります。 どのアイテムを選ぶがベストなのか分からない!という方のために、まずはこちらの全タイプを比較した表をご覧ください。 歯磨き粉タイプ 歯みがき粉タイプは、普段使っている歯みがき粉と同じように使用するだけでホワイトニングができる 手軽さがメリットです。 ペーストに配合されている研磨剤や洗浄成分が歯の黄ばみや着色汚れを落としてくれます。 また多くの種類が発売されており、 自分の希望にあったものが探しやすいのも特徴です。 継続的に歯を白くしていきたい人• タバコやワインなどの強い汚れが気になる人• ブラッシングが苦ではない人 ホワイトニンググッズを選ぶポイント この記事では市販のホワイトニング商品を紹介していきますが、市販の商品を選ぶ際に注意していただきたい点があるので紹介していきます。 研磨力が強い商品は注意が必要 研磨剤が多く配合されている商品は、ホワイトニング効果が高く目に見えて歯が白くなるのでついつい使ってしまいがちです。 しかし、研磨剤が多く配合された商品を使いすぎると、 歯の表面を傷つけてしまうことがあります。 歯の表面が傷つくと逆に汚れや着色しやすい歯になってしまいます。 使用する際には力加減に注意して、頻繁に使用するのは控えましょう。 配合成分の効能の違いで選ぶ 市販のホワイトニンググッズには、商品によって様々な成分が配合されています。 歯の表面についた汚れや着色を落とすと同時に歯をコーティングする効果のある「ポリリン酸ナトリウム」やナノ粒子でエナメル質に近い成分。 自然なきれいで丈夫な歯をつくる「ハイドロキシアパタイト」などをはじめとして様々な有効成分があります。 自分の求めていない効果まで取り入れる必要はないので、 自分の悩みに合った効果・効能が見込める成分が配合されているかチェックしましょう。 使い続けやすい価格帯を選ぶ 市販のホワイトニングは、歯医者で行うホワイトニングとは異なり、強力な漂白成分などは含まれていません。 そのため、 継続することが歯を白くするために最も大切な要素になってきます。 高価なホワイトニング効果が高い商品を選ぶのも良いですが、継続して使用することを念頭においておきましょう。 実際に使用した人の口コミで選ぶ 製品情報や広告からは分からない使用者だけがわかる製品の良い部分や、悪い部分は必ずあるものです。 特にホワイトニンググッズは、どの程度の効果が期待できるのか気になりますよね。 この記事では全ての商品に使用者の口コミを掲載しているので是非参考にしてみてください。 市販ホワイトニンググッズのランキングTOP3|歯磨き粉タイプ 一番身近である歯磨き粉は、ドラックストアや通販でも数えきれない種類があります。 コスパが良い商品が多いのも特徴です。 3位 オールインワン トゥースペイスト オーガニック製品 ブラッシング コーヒーやお茶が好きなので、歯が黄ばみが気になっていたところこのポリリンキューブに出会いました。 キュッキュと磨くだけで簡単に歯の輝きと白さが取り戻せます。 市販ホワイトニンググッズのランキングTOP3|マウスピースタイプ 本格的なホワイトニングをしたいけれど歯科医院に行く時間がない。 気軽に好きなときに自宅でしたい方にぴったりなのが、マウスピースタイプの市販ホワイトニングです。 ホワイトニングが一般的なアメリカなどではドラックストアなどの店頭でも当たり前にある商品です。 日本では規制などの都合上、まだあまり流通していませんが、効果は期待できる商品が多いです。 3位 スマホワイトプラス 医療機器 強力LED 刺激が少なくて、口の中が痛くないのでとても気に入っています。 手軽にホワイトニングケアができて、財布にも優しいから大助かりしています! LED付き歯ブラシで磨くので毎日少しずつ白くなっていっているのも実感できます。 市販グッズと歯医者はどちらがおすすめ? ・いつでも入手できる手軽さ ・続けやすい料金 を求めている方には市販のホワイトニングの方がおすすめです。 なぜなら歯科医院やサロンでのホワイトニングでは、歯を白くしようと思えば少なくとも数回は通うことになります。 しかし、市販のホワイトニンググッズであれば通販サイトやドラッグストアでいつでも 簡単に入手することができ、サロンや歯科医院に通う必要もあるので楽にホワイトニング対策ができます。 そして歯科医院でのホワイトニングは安くても1万円以上します。 比較的安いセルフホワイトニングでも3000円以上はかかってしまいます。 いきなりそこまでお金をかけて白い歯にしたいと思わない!という人は市販のホワイトニングであれば、500円~から揃えることができるのでおすすめです。 即効性を求めるなら歯科医へ 市販のホワイトニンググッズにも効果がある商品はたくさんありますが、歯の裏側やすみずみまで白くするのは自分ではなかなか難しく限界があります。 「市販グッズでは満足できない!」より白い歯を目指したい方には歯科医でのホワイトニングをおすすめします。 日本では歯科医でしか使用できない活性化水素など専門の薬剤や機器でホワイトニングすることで即効性とより白い歯になることが期待できます。 しかし、その効果が見込める分、費用も高いので継続的に美しい白い歯を維持するためには市販のホワイトニンググッズも欠かせません。 まとめ ここまで今すぐ買える市販ホワイトニングのおすすめ15選【目的・タイプ別】をご紹介してきましたが、いかがでしょうか。 自分に合った市販のホワイトニンググッズで理想の白い歯・健康な歯を手に入れてみてください。

次の

クレスト3Dホワイトの効果と向いていない人 Crest 3Dの使い方

ホワイトニング シート

teaです。 歯を白くできるアイテムとして有名なアメリカ発の「 クレスト 3D・ Whitestrips」。 もはや、ホワイトニング界では知らない人はいないというほど、超人気商品です。 アメリカでは、 歯を白く保つことは常識。 日本でもホワイトニングは徐々に広まってきている感じはありますが「ホワイトニング=芸能人がやるもの」と思われている傾向がまだありますね。 クレスト3Dは、歯医者さんにいかなくても、 自宅でシートを貼るだけで歯を白くできる画期的な商品です。 数々の賞を受賞し、 アメリカ歯科医師会にも認められた唯一の市販ホワイトングアイテムなんですね。 そんなクレスト3Dの口コミをまとめてみました! 歯医者でホワイトングすると?• クレスト3Dでは到達できない歯の白さにできる• 色戻りも少なく、ムラができにくい• 専用マウスピースを作れば、全部の歯を白くできる クレスト3Dで満足できる白さになっても、奥歯までホワイトニングすることができないため、 前歯との色の差が気になってしまう人もいるのだとか。 もし、歯医者に行かずクレスト3Dだけでホワイトニングするなら• 笑った時に見える歯だけ白くできればいい人• 芸能人までの歯の白さを求めていない人 こんな人にはピッタリな商品だということです。 ただ、 漂白成分は歯医者でやるものと同じ成分が配合されているので、白くする効果は間違いありません。 日本のものを買うなら、クレスト3Dを買ったほうがムダなお金を使わなくてすみます。 私も歯医者で白くした歯の限界値を上げるためにも、クレスト3Dは使い続けていくつもりです! それを軽々とこなす、クレスト3D。 なぜ、ここまで結果を出せるかといえば、漂白成分である「 過酸化水素」を配合しているからです。 日本では過酸化水素を配合した商品を売ることはできず、医療機関でしか取り扱うことができません。 だから、みんな海外のホワイトニング商品を買うんです。 日本のものでは、歯を本格的に白くできないから。 そのぐらい、過酸化水素には強力に歯を漂白する効果があります。 アメリカ製なので濃度も決して低いわけではありません。 私も、それなりに覚悟していたのですが、 1回だけキーンと少し強めな痛みが走ったぐらいでした。 使い終わった後に、どんどん痛くなってくるということもなかったですね。 私自身、歯は強い方ではなく、歯医者でのホワイトニングは常にシミ止めが欠かせなかったんですね。 家で使うホワイトニングジェルも、濃度が一番低い10%と16%しか使ったことがありません。 そんな歯でもそこまでしみることがなかったので、よほど歯が欠けていたり、虫歯がある場合でないと強い痛みは出ないと思いますね。 適当に貼り付けると歯茎にもダメージが! 過酸化水素は、歯茎についてしまうと 炎症を起こして痛みが出たり、歯茎が白くなってしまうことがあるんです。 私も何度かありますが、歯磨きが痛くてできなくなってしまいます 笑 クレスト3Dにはそれなりに過酸化水素が配合されているので、なるべく歯ぐきにシートが付かないように貼りましょう。 もし、痛みを感じたらすぐシートを取り外してくださいね。 袋からシートを取り出し、はがす• 短い方のシートを下の前歯に貼る• 長い方のシートを上の前歯に貼る• 30分後、シートを歯からはがして口をゆすぐ おすすめの時間帯は、 夜寝る前。 寝ながらはダメですよ! ホワイトニング終了後は、 一時的に歯がとても着色しやすい状態になります。 安易に飲んだり食べたりすると、歯がより黄色くなってしまうことがあるので、なにも食べる予定のない時間帯に使ってくださいね。 Step. 1 袋からシートを取り出す 中味を取り出すと、2つの透明なシートがあります。 貼り付ける面は、透明な台紙に張り付いている面になります。 触ると、ベタベタしている面を歯に貼り付けます。 Step. 2 シートを歯に貼り付ける まずは、短い方のシートで 下の歯から貼り付けていきます。 コツは、歯ぐきになるべく付かないよう、 歯ぐきのラインに沿って貼りましょう。 上側のはみ出ている部分は 裏側へ折り曲げます。 その後、密着力を高めるために、指で数秒間おさえてください。 歯と歯の間の細かい隙間は、シートが浮いてしまっているので、 爪で押してあげます。 簡単に破れるようなシートではないので、強めに押しても大丈夫ですよ。 同じように、長い方のシートを上の歯にも貼り付けます。 白さは心理学的に、• 清潔感 を相手にイメージさせるため、歯並びが良くても歯が汚いと、それだけで印象は悪くなってしまうんです。 ホワイトニングは若いうちにやるほど、 早く白くなりやすいといわれています。 この先、何十年も一緒に自分の歯と過ごしていくんです。 その間に出会う人は数え切れないですし、汚い歯で人と会話するのはもったいないですよ。 今回、クレスト3Dを取り寄せたサイトは BUYMA(バイマ)というところ。 Yahooショッピングでも取り扱いはありますが、バイマの方が 値段も安く、万が一何かあった場合は 決済を保留できる制度もあります。

次の