プリコネ 対魔法。 魔法少女シオリ(ピュアリーシオリ マジカル?)を育成すべきか否かについて

リマ(プリコネ) (りま)とは【ピクシブ百科事典】

プリコネ 対魔法

みなさん、こんばんわ!Zhuyuです! みなさんは、〈プリンセスコネクト!Re:Dive〉、通称プリコネというゲームをご存知でしょうか? 2018年2月15日にサービス開始し、最近1. 5Year Anniversaryを迎えたこのゲームですが、筆者もサービス開始日から現在までプレイし、日々楽しんでいます さて、前置きが長くなりましたが本日からプリコネに現在参戦しているキャラの性能、評価を筆者の個人的な主観で一人一人簡単に紹介していきたいと思います!ちなみに、1〜5の五段階評価、専用装備が実装されているキャラは専用装備込みの評価になります。 記念すべき第一回目は 物理アタッカー編1となります!物理アタッカーは数が多いので、数回に分けて紹介します! お待たせしました!では、キャラ評価の方を始めさせていただきます! レイ 前衛 アリーナ2点 クランバトル3点 総合2. 5点 まあまあ火力のある単体UB、カウンタースキルを持っている前衛キャラ。 カウンタースキルは珍しいものの基本的にタンクキャラが攻撃を受けるため現在これと言って活きる場はなく、硬直してるだけ時間の無駄なのでなるべくUBでキャンセルしよう。 専用装備で物理防御デバフが追加されたのでクラバトでデバフのメンツが足りなければ使うのも可。 ただし、スキル周期はよくないので注意。 前衛の中ではかなり後ろの方なので、それを活かせる時が来るかどうか。 ヒヨリ 前衛 アリーナ2点 クランバトル2点 総合2点 UB、スキル1、スキル2全てが攻撃系のキャラ。 スキル2で単体攻撃しながら自身に物理攻撃バフをかけ、UB、スキル1で単体攻撃しつつ小範囲を巻き込んで戦うスタイル。 だが単体、範囲共に火力不足は否めないかつ上位互換キャラが多く存在するので活躍の場は少ない。 マルチターゲットで範囲攻撃と拳キャラ特有のTPの溜まりやすさを活かして活躍できるか それでもトモという壁は存在するが… タマキ 前衛 アリーナ4点 クランバトル3点 総合3. 5点 初代対魔法兵器。 今でこそアリーナの出番は減ったが長い間、対魔法アタッカーとして活躍していた。 UB、スキル1、スキル2全てで魔法攻撃力が一番高い相手を狙い、UBはそこそこ威力の高い連続攻撃なのでほとんどの魔法アタッカーを1発で落とせる。 スキルで魔法攻撃力ダウン+スタン 専用装備 、TP吸収もできるので妨害も完璧な猫。 ただしクウカなど挑発持ちがいると無力化されるので注意。 最近は範囲攻撃インフレで出番が減っているがTP吸収は貴重なのでまだまだ現役。 ちなみに猫のくせにカナヅチ。 カオリ 前衛 アリーナ2点 クランバトル4点 総合3点 クラバト御用達の シーサー琉球犬。 開幕に精神統一 スキル2 を使い以降5回殴るまでダメージを上昇させ続け、その後はスキル1と通常攻撃を繰り返すという特殊な周期。 余計な小細工はせず殴り続け、専用装備もシンプルに火力上昇と性格を象徴するかのような潔さからか対単体の火力は絶大。 拳キャラなのでTPの溜まりも良好で、UBがクリティカルすると15万ダメージを叩き出す 化け物琉球犬。 単体攻撃特化なので範囲攻撃人権のアリーナでは使われないため総合点は低いが、実質4点はあるので是非育てよう。 エリコ 前衛 アリーナ2点 クランバトル 5点 総合3. 5点 歩くヤンデレ。 動く狂気。 主人公のためならなんでもする地獄の主。 …真面目に評価するとまさしく鬼神であり、オブセッション スキル1 で短時間物理攻撃とクリティカルが頭おかしいくらい上昇するのでUBは必ずこの間に使用、ただし専用装備がないとカオリ以下の火力なので専用装備は最優先でつけるように。 UBが全クリティカルすると余裕で20万ダメージは出るが、機嫌が悪いと全くクリティカルが出ずトータル50万ほどダメージがブレるので常日頃からエリコ様の機嫌はとっておくように。 カオリと同じくアリーナでは使えないがクラバトではその鬼火力で無双するので実質4. 5点くらい。 3秒後くらいまで残っているので、多少の慣れは必要だがこの0. 3秒の間にUBを打つとGJ。 と、簡単になってしまいましたがどうでしたか? これから残りのキャラの評価も載せていこうと思うので、応援よろしくお願いします! ではでは、またまた〜.

次の

【プリコネR】メインクエストでネネカが強い!という話【初心者向け】

プリコネ 対魔法

概要 リマはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版でも同名のキャラ名で登場していた。 肉体年齢は4歳。 人物 の世界は未来の我々の世界の現実。 フィクションだからやが出てくるのもまぁわからなくもない…かも。 だが、 明らかに日本に馴染みのない動物がゲームに参加してるってどういうことなの…。 しかも無印版のストーリーを見るにこの個体は野生らしい。 マジすか。 ちなみに「リマリマ~」と鳴き、リンゴが好物。 …という来歴があり、人間ではなくまんまなキャラクターがゲームに参加したらさぁ大変。 Re:Diveの世界ができたときに「見た目がアルパカの獣人」という記憶を植え付けられ、種族同一性障害ともいうべき事情を抱え込むことになった。 しかし身長・体重は平均的なのものだし、名前もラマから取られている。 ただ、知名度の問題からかプレイヤーからはアルパカと呼ばれている。 まぁラマとアルパカは近縁種だし、力仕事が得意というラマの性質と毛皮がもふもふというアルパカの性質を兼ね備えているため、混同されるのも仕方ない話ではある。 見た目や身体的特徴がラマやアルパカなこと以外は普通の人間とあまり変わらず、こちらの世界では普通に人語を話す。 心も人間の10代の少女といったものであり、恋やロマンチックなシチュエーションに憧れている。 しかし見た目がラマなため事情を知らない人から魔物と勘違いされてしまうことも。 街に出る時はきぐるみを着てるとしてごまかしている。 また、動物だからか興奮すると唾を吐くクセがある。 2019年以降ののイベントに登場する、リマの姿をした謎のロボットのこと。 ストーリーの詳細についてはを参照。 2019年4月1日、ランドソルに「ロボリマ」が突如襲来。 HP1兆を 全ユーザーが総出で討伐という新たなレイドバトルで、新規プレイヤーにも考慮してか攻撃が全て割合ダメージという試験的なイベントだった。 付随ストーリーは案の定エイプリルフールによるということでからお詫びが来た。 夢の出処を訝しがっていたが、その具現化にはが一枚噛んでいた。 当初は2019年エイプリルフールの一発ネタだと思われたが、2020年4月1日にまたしてもロボリマが襲来する。 ちなみに今回のオチはリマ自身の夢だったというものである。 TVアニメ版 「こんなオシャレしたロバがいるわけないでしょっ!! 」 アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」にも登場。 第4話にて出演し、迷い込んだ森の中で荷馬車のロバが逃げてしまい、困った・により野生動物と間違えて捕獲される。 最初は怒っていたがすぐに彼女らと和解、その自慢のパワーで荷馬車を引いてくれることに。 途中で盗賊に襲われてしまうが「もふもふストライク」を使い追い払った。 原作版ではかなり育てないと見ることが出来ない人間体も披露している。 「メタモルアップル」という特殊なリンゴを食べたことで人間の状態へと変身。 そのシーンは通常形態のリマの中から、着ぐるみのように人間リマが出るような演出となっている。 原作におけるプロフィールの身長が150cmなのに対し、アニメ版では2m近い巨体で現れ、コッコロとスズメだけでなく視聴者をも驚かせた。 おそらくプロフィール値は四足歩行時 つまりは普通のラマ の数値で、それが二足歩行したためこうなったのだと思われる。 ちなみにわざわざ彼女の為に リマ変身シーン原画と リマ作画監督 が用意されるという謎の優遇を受けている。 第6話では再び出演。 他のエリザベスパークのメンバーと共にタルグム村へと向かっていたのだが、その途中、謎の存在である「シャドウ」に襲われてしまう。 そのためリマはもふもふストライクでシャドウを追い払おうとしたが、リマのシャドウが同じ技を使いだしたため、メンバーは驚いていた。 その後にも襲撃を受けてしまうが、リマの丈夫な体と腕力で、傷が大きかったやを第7話にて運んで、間一髪タルグム村で救援を受けた。 そして、第4話で顔見知りとなっていたコッコロから治癒魔法をもらい、どこかへ消えてしまったの捜索に向かう。 途中でクリスティーナと対峙した際は、彼女の権能「絶対攻撃」を食らいピンチになってしまうが、ユウキの「」の力によって再び人間形態へと変身。 通常の姿の時とは異なる軽い身のこなしによってクリスティーナに一矢報いた。 バトル開始後、しばらくしてから最前線まで突進してきて、敵の目の前に立ちはだかる。 全キャラ中最も前に立つ物理タンク…なのだが来歴が異質なら性能も異質、タンクとして、いや、あらゆるキャラの中で一際異彩な性能を持つ。 Rank1なら普通のキャラクターだが、Rank2になると「もふもふアサルト」の効果により 初期配置が画面左枠外になり、1ターン目の行動が画面外からの突進攻撃になる。 このときリマは先頭にいないため、敵は2番目のキャラの前まで距離を詰めてくる。 例えば2番目がならその目の前まで迫ってくる。 またリマ以外のキャラが少し後退する。 お互いの距離が近くなるので、互いの範囲攻撃の射程が伸び、また1ターン目と2ターン目でキャラの順番が変化するため、敵の1or2番目狙いの攻撃対象がずれる。 この独特の仕様を利用することで、かなり遠くにいる後列キャラを範囲攻撃で仕留めたり、開幕の厄介な2番目狙い攻撃を3番目に受けさせるといった戦法が取れる。 もう一つの「もふもふヘッドバット」も性能自体は普通だが、スキルのローテーションの関係で 通常攻撃と交互に撃つため、敵の先頭キャラを延々と妨害し続けられる。 ユニオンバーストは範囲攻撃で単発あたりのダメージは低いが、多数巻き込める状況なら(タンクにしては)かなりの総ダメージを叩き出す。 尚、このユニオンバーストは密かに 行動をキャンセルさせる効果があり、厄介なスキルをこれでキャンセルさせられれば占めたもの。 しかし回復スキルを持たないため、支援無しだとあっさりやられてしまうことも。 総じて中・上級者向けのキャラだと言える。 2019年2月29日に実装された専用装備「アンビシャスドレス」をつけると「もふもふアサルト」に 味方全体に物理無効バリアを展開という効果が追加される。 一度しか使わないが開幕で張ってくれるのでアリーナにおけるを筆頭とした物理範囲アタッカーからを護る…といった使い方ができる。 上述した隊列圧縮性能も買われてなどの範囲アタッカー組んでいる場合も多い。 ただ、物理無効バリアという効果そのものが強力なうえ、アリーナに蔓延る厄介な範囲アタッカーは主に物理攻撃なため、特にシナジーを意識せずとも使いやすい性能となり、攻めでも防衛でもリマが使える機会はかなり多くなっている。 高難易度コンテンツ「ルナの塔」でも起用する場面がちょくちょく出てくる、頼りになるスキルである。 ユニオンバーストが「もふもふストライク」から「 メリーウールストライク」に変化し、セットボーナスによってHP・物理防御力が大きく上昇する。 あくまでもファンサービスの一環といったところか。 余談 上述の通りリマは誰よりも前に立って戦うのだが、• 戦闘不能時「乙女なのに傷だらけよ~!」 言ってることとやってることが逆ではないかと突っ込みたくなる要素が多い。 関連イラスト pixivでは人間状態のイラストが多く投稿されている。

次の

【プリコネR】アリーナ/クエストおすすめのパーティ編成【プリンセスコネクト】

プリコネ 対魔法

クランバトル向け魔法パーティ編成 魔法パーティ編成例1 編成難易度低め 後衛 後衛 後衛 後衛 中衛 耐久力の高いアカリを先頭に配置 アカリは、魔法キャラの中では耐久面のステータスが高くタンクとして使いやすい。 イリヤやアンナなどが先頭配置できない相手の場合はアカリを編成しよう。 魔法パーティ編成例2 正月キャル入り 後衛 後衛 後衛 中衛 中衛 正月キャルのUBを連発させる編成 ユカリやルナのTP支援で正月キャルのUBを連発させる編成。 編成にはいくつかパターンがあるが、基本的には 防御下限を狙えるデバフキャラとTP支援キャラを正月キャルと組ませていく。 ボス次第でどのTP支援持ちも編成される可能性がある TP支援は付与する対象や効果量などがキャラごとに違う。 ボス次第ではクランバトルの適正が低いTP支援持ちも編成される。 キャル編成を組む場合はすべてのTP支援持ちの育成をなるべく進めておきたい。 基本的に通常キョウカ、水着キャル、ネネカは固定で、残り1キャラが自由枠。 UB回転率を伸ばせるルナ、クリチカ、アンが候補になりやすい。 コッコロは高耐久かつ優秀なバフ+回復を付与できるため、かなり適性が高いサポーターだ。 高スコアを狙うためにもコッコロの才能開花を済ませておきたい。 魔法パーティ編成例5 水着サレン 後衛 後衛 後衛 後衛 中衛 持ち越し時間がでる場合にオススメ 水着サレンは開幕のTP回復で、味方全体のUBの初動をグッと上げられるのが強み。 特に「討伐時間を持ち越す戦闘」で優秀で、持ち越しによるスコアの低下を改善できる。 防御力は一定まで下がるとそれ以降下がることはないので、必要以上にデバフキャラを入れないよう注意しよう。 Point! 防御下限に到達したかの判断は、アタッカーのダメージ量で確認するとよいです。 どの敵も防御下限時には与えるダメージは同じになります。 残りの枠にアタッカーを編成 単体火力の出せるキャラを優先に! 必要なデバフキャラを決めたら、残りの枠にアタッカーを編成しよう。 Point! クリスマスチカの妖精に攻撃を受けさせるなども有効です。 ボスの攻撃にあわせて、どのキャラで対策すべきか判断できるとベター。 敵の状態異常が強力な場合 敵の行動阻害などで攻撃頻度が落ち、スコアが下げってしまう場合がある。 その場合はデバフキャラを増やしてみたり、バリアで攻撃を防げるキャラを編成するなどが対策として挙げられる。 Point! ボスのダメージスキルの追加効果で吹き飛ばしなどが発生することが多いですが、 バリアでダメージ部分を0にできれば、追加効果を無効化できる場合があります。 アタッカーがダメージを出せない場合 アタッカーも吹き飛ばしなどの行動阻害によって主力スキルをキャンセルされることがある。 敵の阻害攻撃の種類や範囲、攻撃対象などを調べ、 バリア持ちを入れたり並び順を調整するのが有効な場合が多い。 バリア付与可能なキャラ 5. 魔法パメタのボスである場合 魔法防御力がかなり高かったり、魔法キャラをメタる攻撃をするボスもいる。 物理パで挑むことが推奨されることもあるので、 どうしてもスコアが伸びない場合は魔法パでの挑戦を諦めるのも重要。 できた編成で立ち回りを詰めよう 高スコアを出せるUBタイミングを調べる 編成が完成したら、模擬戦を繰り返して高スコアを出せる立ちまわりを研究しよう。 防御デバフが入りきったときに攻撃UBを発動したり、スキルキャンセルを駆使して1回でも多くUBを打てないか検討しよう。 Point! 終了間際にTPが後少しで溜まりそうな状態で戦闘が終わった場合など、スキルキャンセルを使えばTPを溜め切れる場合があります。 できるだけネネカのUB後に攻撃UBを使おう ネネカは優秀なバフを展開するUBを使える。 最大火力を出すためにも、攻撃UBを持ったアタッカーは極力ネネカのUBの後に打つことを狙おう。 アンのバフとUBを噛み合わせるのも重要 アンを編成する場合はUBを英霊バフ中に発動しないと、追加効果の攻撃バフが付与されずパーティの火力が落ちてしまう。 UBタイミングを調整し、 多少TPが最大の状態が続いても英霊バフ中にUB発動するなども重要だ。 Point! 他のアタッカーのUBも、 アンの英霊バフからのUBを待ってから打つ方が高スコアを狙いやすくなります。 早くUBを打ちたいところをグッとこらえるのも大切です。 魔防の低いタンクがいる編成に有効だ。 ノゾミやモニカは自由枠 テンプレでは、スタンと行動速度バフスキルを持ち、相手の編成に依存せず活躍できるモニカを採用。 慣れてきたら モニカやノゾミなどは相手のパーティに合わせて調整しよう。 魔法パーティ編成例2 イリヤ編成 後衛 中衛 中衛 前衛 前衛 イリヤの範囲攻撃で突破する 強力な魔法アタッカーであるイリヤを軸とした編成。 イリヤは自身のHPを消費してスキル攻撃を行うため、 基本的に支援役が必須となる。 イリヤはUBで自身のHPを回復できるため、TP供給ができるサレンとかなり相性が良い。 クルミのスタン攻撃でクウカなどのタンクも魔法で突破しやすくできる。 魔法パーティ編成例4 物魔混合編成 後衛 中衛 中衛 前衛 前衛 水着ミフユの攻撃を受けずに戦える 編成例ではネネカが水着ミフユの範囲攻撃を受けずに戦える。 ネネカの本領を発揮しやすい上、突破に時間がかかりがちなクウカもリマたちのスタン攻撃で素早く倒しやすい。 魔法パーティ編成例5 カスミ編成1 後衛 後衛 後衛 後衛 前衛 カスミのスタンを最大限活かす編成 カスミのスタンスキルは、発生フレームが非常に早く敵の行動を潰しやすいのが長所。 リマと組み合わせて敵との距離を近くすることで、スタンを巻き込みやすくして、敵のやっかいな初手スキルなどを潰せる。 魔法キャラは組み合わせが重要 防衛には魔法キャラ対策が多め 現在の防衛には魔法に強いクウカや強力な範囲攻撃持ちが多いため、優秀な魔法キャラを持っていても簡単には活躍させてもらえない。 魔法キャラを活躍させるために、相性のよいキャラを覚えておこう。 魔法パでは強力なコンボが狙える 魔法キャラはカスミの防御デバフフィールドを活用するなどして、一気に火力を跳ね上げることを狙いやすい。 コンボ色が強いため、物理パよりもキャラとキャラの組み合わせが重要になりやすい。 Point! 以下に紹介する相性のよい組み合わせを覚えておけば、編成の一部を変えて臨機応変に戦うことができます。 ネネカ ネネカと相性のよい主なキャラと特徴 ・専用装備ありで物理バリアを付与できる ・範囲攻撃の対象を増やせる ・スタンスキルでクウカ突破の手助けも可能 ・パーティ全体のUB発動支援が可能 ・サレン自身のバフUBも優秀 ・最も近いキャラのUB発動支援が可能 ・隊列移動が起きない限り同じキャラにTP付与し続ける ・最もTPが少ないキャラのUB発動支援が可能 ・編成の工夫をしないと狙ったキャラのTPを回復できない ・魔防デバフフィールドが強力 ・妨害スキルも優秀 ・被弾を受けやすい点に注意 ・ユカリや水着サレンなどと組み合わせたい ・範囲魔防デバフスキルを持つ ・範囲魔法攻撃持ちと相性がよい 単体で編成しやすい魔法キャラ ここでは組み合わせやサポートがなくても活躍がしやすいキャラを紹介する。 物理パに1体入れて、ミヤコなどの物理耐性が高いキャラを突破する際などに適性が高いキャラとなっている。 魔法パを使う上で、所持している場合は優先的に編成したい。 魔法キャラの特徴 魔法防御力が低い敵に有効! プリコネRでは基本的に、物理攻撃のキャラは物理防御力が高く、魔法攻撃のキャラは魔法防御力が高い。 そのため、 物理攻撃をしてくる相手に魔法攻撃は有効。 Point! ただし、一部タンク役の中には物理、魔法どちらも高いキャラが存在するので注意。 魔法ダメージは紫色で表示される 物理攻撃のダメージは黄色、魔法攻撃のダメージは紫色で表記される。 ダメージの数値と色で、 相手がダメージを受けやすい攻撃を判断できる。 物理防御力が非常に高く物理ダメージがほぼ通らない「タートルタイラント」が出現してくるため、魔法キャラを育成する必要がでてくる。 メインクエスト7-8 7-8でも、物理攻撃のダメージをカットする「タートルタイラント」が出現。 ここでは、 遠距離攻撃をしてくる「ビッグル」という敵も出現し、対策しておかないと魔法キャラが倒されやすいので注意。 メインクエスト7-9 7-9では、 タートルタイラントと同様に物理防御力が非常に高い「動く剣士」が出現。 ハードクエスト6-3 出現モンスターの一覧には乗っていないが、物理ダメージをカットする「タートルタイラント」が出現する。 ボスや範囲攻撃の強力な雑魚敵など、 タートルタイラント以外にも強力な敵が多数出現する難所。 経験値クエスト 探索 経験値クエストのレベル2からそれ以降まで、物理防御力の高い敵キャラが出現。 後半のレベルになるほど敵のHPも高くなり、高い戦力が求められる。 魔法攻撃が有効な敵一覧.

次の