アブラゼミ 由来。 アブラゼミ 由来が気になっています。 : 健康肌目指してます

アブラゼミ|羽が茶色い世界的に珍しいセミ | 動物図鑑

アブラゼミ 由来

セミの翅は薄くて透明だというようなイメージを持っていたのですが、アブラゼミの翅はこうやってよく見ると不透明でスズメの羽の柄にちょっと似ているような感じです。 アブラゼミのように翅全体が不透明のセミでは、世界でも珍しいんだそうです。 アブラゼミは約6年間地中に潜っていて、地上に出てからの寿命はたったの1週間ほどなんだそうです。 地上に出てからの1週間を楽しく有意義に過ごしてほしいですね。 子供の頃はそんなこととも知らず、蝉取りをして遊んだりました。 今思うと、かわいそうなことをしちゃったな… ・・、 写真のアブラゼミの翅をよく見たら、かなりボロボロになっています。 翅は1週間もてばOKなので、あまり耐久性のないつくりなのかもしれません。 アブラゼミは夕方に激しく鳴き、夜中にも鳴くことがあるそうです。 夜更かしさんなんですね。 地上に出てからの寿命は1週間しかないんだから、寝る時間ももったいないという感じなのかも。

次の

セミ(福光村昆虫記)

アブラゼミ 由来

目次 [閉じる]• アブラゼミの特徴 アブラゼミは日本に生息する代表的なセミです。 「ジーーーーィ」という鳴き声が油の跳ねる音に聞こえることに由来して名付けられたとか言われています。 セミにしては大きな体と茶色い羽が特徴で、羽の色でアブラゼミか否かを見分けることができます。 実はほとんどのセミは羽の色が透明で、羽が不透明という特徴は世界的に見ても無茶苦茶珍しいです。 多くの昆虫が1年も生きられないのに対し、セミは数年あるいはそれ以上生きるものもいます。 アブラゼミも寿命は6年ほどであり、昆虫としてはかなり長生きな部類です。 しかし我々の抱くセミのイメージはなぜか短命な昆虫です。 これは人目に触れる成虫としての期間が1か月程度しかなく、夏の最盛期には喧しいほどに見かけるのに急にいなくなるギャップからくるものと思われます。 アブラゼミの生態 生息地 中国北部、朝鮮半島、日本などに生息します。 主に森林に生息しますが、都市部や郊外などでもその姿を見かけることができます。 普段の生活 幼虫期は土の中で過ごし、成虫になると木の上に留まって鳴いています。 これは求愛行動であり、1か月ほどの短い成虫期間の間に繁殖活動を行うために自分の存在を知らしめています。 草食で幼虫・成虫とも樹液や果物の汁を吸います。 繁殖と成長 卵生で夏に繁殖期を迎え、土の中から出てきて羽化して成虫となります。 オスは何度か交尾するケースもありますが、メスの交尾は1度だけで交尾後は木の裏に卵を産みつけます。 卵は翌年の6月頃に孵化し、幼虫は土の中で脱皮を繰り返しながら少しずつ大きくなります。 6年ほどかけて成長して大きくなると夏頃に土から出て高所に登り、羽化を行って成虫となります。 寿命は6年ほどですがそのほとんどが幼虫としての期間であり、成虫として生きられるのは1月程度です。 記事カテゴリ• 139•

次の

アブラゼミの写真・名前の由来・鳴き声・寿命

アブラゼミ 由来

「アブラゼミ」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 夏になると耳障りなものありますよね。 そうです。 セミの鳴き声です。 聞こえてこないと夏を感じないというのも事実ですが、ただでさえ暑いのに、更にうるさいという現実は我々には不快感しか与えません。 そしてその間違いに気がついたのは最近のことです。 どちらかといえば どちらかというわけはなく 彼らの鳴き声は「ジージー」とか「ジジジジー」なのだそうです。 恥ずかしながら知りませんでした。 セミには不思議がたくさんあるのはご存知でしょうか。 例えば六年間地中にいて、地上に出てきて羽化してもその命は2~3週間程度。 その間最後の最後まで力を振り絞って鳴き続けるのです。 ちょっと切ないですね。 セミには目がいくつあるかご存知ですか? 聞かれるってことは普通じゃないんだ。 じゃ~四つくらい? なんて答えると実は五つ。 又聞きですが へぇ~と共にそんなに必要か?という声も聞こえてきそうです。 でもあの近づいたときの警戒心の強さや 目ざとく泣き止む 身構えた後の見事な逃げっぷり ついでにおしっこを飛ばしてくる を考えると頷けるかもしれませんね。 せっかく地上に出てきたのでこの命全うさせてください的な本能と進化なのでしょうね。 どうでしょう?セミのイメージアップに繋がりましたか? アブラゼミの由来 その名前の由来は、鳴き声から来ているのだそうです。 「ジージー」「ジジジジー」これが、油で揚げるときの音に似ていることからこの名前が付けられたのだそうです。 そんな由来を知ってからアブラゼミ改めて見ると、なんだかその見た目も揚げた後のように見えてくるから不思議ですね。 先日みた「世界の果てまで行ってQ」の中で森三中の皆さんが、アジアへ行き 確か中国 ゲテモノ料理 さそりとかゴキブリとか幼虫とか を美味しそうにいただいていたのを思い出します。 道路に転がるアブラゼミの死体を思い浮かべると、きっと揚げてみたらカリカリして揚げ煎餅みたなんだろうけど、実は昆虫はなんでも掴める野生児の私でも食べるのは勘弁ですね。 補足すると、同じ鳴き声から「ミンミンゼミ」も「ツクツクボウシ」もその名前の由来がきているのだけれど、なぜアブラゼミだけが「油」例えられたかは若干疑問が残りますね。 やはり昔は油で揚げて食べたのかも・・笑 それは、翅 はね に油の染みに似た紋があることや他のセミに比べて油っぽい印象があるからといったことも影響しているらしい。 やっぱ食べたんじゃ・・笑 ただ「ジイジイゼミ」という別名はあるそうです。 ところでセミって世界中にいるの?って調べてみたら熱帯や亜熱帯の森林地帯に分布の中心を持ち、更に亜寒帯の森林、あるいは草原に分布するものもいて、 約3,000種が知られているそうです。 きっとその鳴き声も様々なのでしょうね。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の