麻雀 役 初心者。 麻雀初心者講座・・・これだけは覚えたい役

麻雀の役!一覧表まとめ!

麻雀 役 初心者

麻雀の初心者が覚えやすいアガリ役10選 初心者の方が麻雀を始めたいと思っても、上がる役を覚えなければどの牌を集めて良いのか分からないはずです。 比較的簡単に覚えられる役は、• 立直(リーチ)• 断么九(タンヤオチュー)• 平和(ピンフ)• 一盃口(イーペーコー)• 役牌(ヤクハイ)• 七対子(チートイツ)• 混全帯么(ホンチャンタイヤオ)• 三色同順(サンショクドウジュン)• 一気通貫(イッキツウカン)• 混一色(ホンイーソー) です。 様々な役があるため、最初は 比較的作るのが簡単な役から覚えていくようにしましょう。 立直(リーチ) チー、ポン、カンなどの『鳴き』がなく、テンパイした状態で メンゼンで『リーチ』と宣言することで役になるアガリ役です。 次の一手で上がることができる状態に持っていくことがリーチをかけることができる条件になります。 牌の組み合わせは関係なく、メンゼンでテンパイしている状態で『リーチ』と宣言することで役が発生します。 リーチのかけ方は、• メンゼンでテンパイしたら、牌を捨てるときに『リーチ』と宣言する• 捨てる牌を横に向ける• さらに自分の1000点棒を中央の場に出します。 リーチと宣言し、麻雀牌を横に置き1000点棒を供託します。 リーチ後は自分の待ち牌を変えられないので注意 基本的にリーチ宣言後は、自分の手を変えることができません。 ただし、暗槓はできます。 ツモってきた牌は、アガリ牌以外はすべてそのまま捨てることになります。 他の3人に振りそうな牌であっても捨てるようになります。 また、アガリ牌がすべて場に出ている場合もあるのでリーチをかける場合は、一度確認するようにしましょう。 テンパイしていないのにリーチをかけた場合は、チョンボになります。 リーチをかけて上がった場合、裏ドラが乗る リーチを宣言してアガリの場合、通常のドラの他に『裏ドラ』が乗る場合があります。 裏ドラとは、ドラ表示牌の下にある牌の事です。 五萬の下にある牌が裏ドラ表示する牌になります。 断么九(タンヤオチュー) 断么九は 数牌の萬子、筒子、索子の2~8だけで構成される役です。 一般的な呼び方は、 タンヤオです。 刻子や順子関係なく、作ることができ比較的簡単に覚えることができます。 チー、ポン、カンなど鳴きもありです。 タンヤオは早アガリするのに便利 タンヤオは、数牌の2~8を使うだけなので、牌の数も多く他の役に比べて早く完成させることができます。 親や他の人が高い手を狙っているようなときに、 早く逃げたい場合に有効です。 平和(ピンフ) 『平和』と書いてピンフです。 『へいわ』ではありません。 雀頭の他に、『一、二、三』や『六、七、八』のような 順子が4つで構成される役になります。 チー、ポン、カンの鳴きはできません。 平和の雀頭に三元牌は使えない 平和の雀頭には『白』『撥』『中』の三元牌を 使用することはできません。 場風、自風の風牌も使用できない 平和の雀頭は少し特殊で、 場の風牌と自分の風牌を雀頭にすると平和の役が成立しないので注意しましょう。 つまり、• 東場で自分が 東家の場合、 『南』『西』『北』はOK• 東場で自分が 南家の場合、 『西』『北』はOK• 東場で自分が 西家の場合、 『南』『北』はOK• 東場で自分が 北家の場合、 『南』『西』はOK• 南場で自分が 東家の場合、 『西』『北』はOK• 南場で自分が 南家の場合、 『東』『西』『北』はOK• 南場で自分が 西家の場合、 『東』『北』はOK• 南場で自分が 北家の場合、 『東』『西』はOK となります。 例えば、東場で自分が南家の場合は上記のアガリで平和の役が付きます。 場風、自風以外の風牌を雀頭にするように役作りをするようにしましょう。 待ちは両面の2面待ちか多面張になる 平和の待ちは、必ず両面待ち、もしくは多面張になります。 上記の場合、筒子の5か8が待ちになります。 雀頭待ち、カンチャン待ち、ペンチャン待ちは平和の役が付かないので注意しましょう。 一盃口(イーペーコー) 一盃口とは、 牌の種類、数字の並びを同じ順子で2組作るアガリ役です。 雀頭や一盃口以外の牌は暗刻、順子でもかまいません。 一盃口はメンゼンでのアガリが条件なので、チー、ポンと鳴くと役がなくなります。 (暗槓は除く) 一盃口に関係していない牌を泣いても同様に役がなくなりますので注意しましょう。 Sponsored Link 平和(ピンフ)との複合になりやすい 一盃口でテンパイになるとこのような状態になるときがあります。 待ちは、筒子の2と5です。 筒子の2で上がれば 一盃口、タンヤオ、平和になります。 が、5の場合は、タンヤオ、平和だけになります。 役牌(ヤクハイ) 役牌とは、 三元牌や場風、自風の牌を3枚、もしくは4枚揃えているアガリ役の事です。 ポン、カンなどの鳴きも有効です。 数牌をチーしたとしても、役牌を持っていれば上がることができます。 三元牌は1種類でもあれば良い 三元牌は、『白』『撥』『中』それぞれで役が発生するので、刻子で持っているだけで上がることができます。 満貫になる小三元や役満の大三元にも発展します。 場風牌や自風牌を持っているだけで良い 場が東場の場合、『東』を刻子で持っているだけで場風牌として成立します。 また、自分が南家の場合、『南』を刻子で持っていれば、自風牌として成立します。 場の風、自分の風を集める方法も1つの手段です。 東場で自分が東家の場合、『東』を刻子で持つと『ダブ東』になります。 南場で南家でも同様に『南』を刻子で持つと『ダブ南』になります。 1つの刻子で、場風牌と自風牌の2つの役割を果たします。 役も2翻に発展します。 役牌は鳴いても良い 役牌は泣いても成立します。 素早く上がりたいときや、逃げ切りたいときに有効です。 七対子(チートイツ) 七対子とは、 異なった7つの対子をそろえて上がるアガリ役です。 数牌、字牌は関係なく対子であることが条件です。 鳴きは、できません。 待ちは必ず単騎待ちになります。 4枚の同じ牌は成立しない 7つの異なった対子なので、上記は 成立しないことになります。 同じ牌4枚の場合は、成立しないので注意しましょう。 間違って上がってしまうと、チョンボになります。 混全帯么(ホンチャンタイヤオ) 混全帯么(ホンチャンタイヤオ)とは、 雀頭と4つのメンツに数牌の1と9、あるいは字牌を組み入れて作るアガリ役です。 通称、チャンタと呼ばれます。 雀頭は、必ず数牌の1か9、もしくは字牌になります。 順子の場合、『1、2、3』または、『7、8、9』のみになります。 鳴いても成立します。 1と9の端牌と字牌の組み合わせと覚えておきましょう。 三色同順(サンショクドウジュン) 三色同順とは、 萬子、筒子、索子の3種類の数牌で、同じ数字の順子を3組そろえて上がるアガリ役です。 通称、サンシキと呼ばれます。 上記の例は1、2、3の順子になっています。 雀頭や、3種類の順子に関係ない他の1組のメンツは何でも良いです。 三色同順は鳴いても成立する 三色同順は鳴いても成立します。 3種類の数牌の数字が揃っていることが条件です。 一気通貫(イッキツウカン) 一気通貫(イッキツウカン)とは、 3種類の数牌のどれか1種類で、『1、2、3』、『4、5、6』、『7、8、9』の順子を作るアガリ役です。 通称、イッツーと呼ばれます。 雀頭と一気通貫に関係ない他の1組のメンツは何でも良いです。 一気通貫は鳴いても成立する 一気通貫は鳴いても成立します。 同じ種類の数牌で1~9まで揃えることが条件になります。 ただし、鳴くと場に鳴いた牌が見えるようになるので、他の人にばれる心配があります。 混一色(ホンイーソー) 混一色(ホンイーソー)とは、 数牌のどれか1種類と字牌の組み合わせで上がる役になります。 字牌は何種類使用しても良く、数牌も順子、刻子、槓子と何でも良いです。 混一色は鳴いても成立する 混一色は鳴いても成立します。 数牌のどれか1種類と字牌の組み合わせをすることが条件になります。 数牌を鳴くと、場にさらすことになるので、他の人にばれる可能性があります。 また、捨て牌からも使わない数牌はすべて捨てるようになるので、感づかれる可能性があります。 さいごに 麻雀は、親は14牌、子は13牌を持ってのスタートです。 親から牌を捨てるため14枚待つことになります。 つまり、鳴きがない場合は基本自分の手元には13枚あり、14枚目を自分で引くか、相手の捨て牌で上がることができます。 同じ牌を3つ、もしくは連番で3つそろえたものを4組と雀頭と呼ばれる対子の同じ牌を2枚持つことで成立します。 国士無双、大三元、緑一色、字一色などいろいろありますが綺麗なアガリ役です。 その分、難易度が高く他の人にばれやすい傾向があります。 綺麗な手牌ほど、点数が高いと覚えておきましょう。

次の

初心者が鳴きを入れる役は3つだけ!【これだけは麻雀】

麻雀 役 初心者

1-2. 「食い下がり」の役を知る 役の中には、 メンゼンで作れば3役ですが、鳴いてしまえば2役になってしまう役があります。 これを「 食い下がり」と言います。 他にも2役から1役、6役から5役に下がる役もあります。 なんでも鳴いてもらってしまえば得だということになりますから、もらうことで役が下がりますよ!ということです。 難しいのは、鳴いても「食い下がり」のない役もありますから注意が必要です。 鳴かないと難しい手は鳴いても下がりませんが、簡単な役では食い下がりが起きます。 簡単に言えばそんなところでしょうか。 1-3. 役数が大きいほど作ることは難しい 役数は1役から6役まであり、それとは別に役満があります。 役数が大きいほど点数が高くなり、作るのも難しくなります。 役満とは特別に定めた役で4倍満です。 それでは1役から解説していきます。 2-3. 役牌 白發中の三元牌、場の風牌、自分の風牌を3枚そろえると1役になります。 これはメンゼン役ではないので鳴いても成立します。 これは以下の記事で詳しく解説しました。 ここがポイント!• 場の風牌、自分の風牌が重なればダブトン、ダブナンと2役になります。 役牌は2枚になると鳴くことができるので、1枚でも少しは大事に持つようにしましょう。 2-4. ピンフ-メンゼン役 メンゼンのテンパイで雀頭以外の4組がすべてシュンツの組み合わせで1役です。 下図では でアガリになります。 ここがポイント! ピンフの条件は4つあります。 アタマが役牌でないこと• すべてのメンツがシュンツであること• メンゼンであること• 待ちの形が両面待ちであること 2-6. 一盃口 イーペーコー -メンゼン役 同じ種類、組み合わせを2つそろえるとイーペーコーといいメンゼンなら1役になります。 あくまでもメンゼン役です。 鳴けばメンゼンとは言いません。 2-7. ハイテイ 牌山の最後の部部のドラ付近は必ず14枚残すというルールがあります。 つまり最後から数えて15枚目、これで最後となる牌でアガル役をハイテイといい1役になります。 ここがポイント!• メンゼンでこのハイテイでツモりアガレば「ハイテイツモ」で2役になります• ハイテイ牌をツモった方は最後に捨て牌をします。 その時に捨てた牌で他者がアガルと ハイテイ振り込みになり1役となります。 なのでハイテイ牌を捨てる時は十分注意します。 リーチ者が最後にハイテイ牌をツモる場合があり、他者はこれを避けるために鳴いてハイテイ牌をずらすことも戦術として行うこともよくあります。 3-8. 三色同ポン マンズ、ピンズ、ソウズの3種類で同じ数字でそれぞれコウツを完成させる役で2役になります。 ポンをしてもかまいません。 もちろんこのような役は食い下がりはありません。 ここがポイント! この手はポンして手作りしなければなかなか完成できない手になります。 出来そうな時はねらってみましょう!上図の場合チャンタやトイトイと絡めるともっと高い手になりますね。 3-9. 三槓子 サンカンツ アンカンでもミンカンでもよく、とにかく カンを3つ完成させる役で2役になります。 ここがポイント! 四槓子になれば役満になります。 三槓子でさえも中々お目にかかれない役になります。 私自身ではやった記憶がないくらいです。 4-2. 純チャン-食い下がり2役 全てのメンツと雀頭に1,9の数牌が含まれる手で3役です。 食い下がりで2役になります。 ここがポイント!• チャンタとの違いは字牌が含まれてはいけないことです• 配牌時に1,9の数牌が多い場合に思い切ってねらってみよう 4-3. 中々作ることは難しくしかもメンゼン役になります。 下図では で二盃口の完成ですね。 ここがポイント! よくある質問で「チートイツにもなりますか?」というのがあります。 チートイツと 二盃口は同時に成立はしません。 チートイツは特別役になりますし、3役の二盃口で考えます。 3役でしかもメンゼンのみですから、中々できない手になりますね。 7-11. 九連宝燈 チュウレンポウトウ -メンゼン役 1,9を3枚ずつと2~8までをすべて使用した清一色をチュウレンポウトウといいます。 例題はなぜかマンズが多いですが ソウズ、ピンズでもOKです。 純正九連宝燈 上図の 純正九連宝燈 の場合は、アガリ牌が ~ までの9面待ちになります。 純正はほとんど出会うことはありません。 通常は下図です。 普通の九連宝燈 上図の場合 の待ちになりますが、 でアガッた場合だけ九連宝燈になります。 それ以外は清一色となります。 ここがポイント! 阿佐田哲也の「麻雀放浪記」の中で九蓮宝燈をツモって息絶えるというシーンがあるため有名です。 なので死を呼ぶといわれるぐらい運を使うということです。 私はアガリましたが生きていますから!ご心配なく!.

次の

麻雀役/役の作り方

麻雀 役 初心者

1翻役の一覧表 翻牌(ヤクハイ) 鳴いても1翻。 三元牌や場風牌(東や南)、自風牌の同じ牌を3枚以上集めると成立する役です。 断么九(タンヤオ) 鳴いても1翻。 嶺上開花(リンシャンカイホー) 鳴いてても1翻。 暗槓や明槓をして、ツモってきた嶺上牌でツモ上がりする役です。 槍槓(チャンカン) 鳴いてても1翻。 他家がポンをしていた牌の残りの1枚を他家本人が持ってきて明槓(追加の槓をすること)をしたときに、その牌が当たり牌の場合、ロン上がりすることができます。 一盃口(イーペーコー) 牌の種類、数字の並びも同じ順子を2組(1,1,2,2,3,3など)作る上がり役です。 七対子(チートイツ) 七対子は、特殊なアガリ役なので上がり符がつきません。 翻は1翻で点数は 1翻50符の点数が基準となります。 立直(リーチ) 刻子、順子関係なく、メンゼンで聴牌し、立直と宣言することで成立する役です。 場に1,000点を出します。 持ち点が1,000点未満の場合、立直を宣言することはできません。 門前清自摸和(メンゼンツモ) チー、ポン、カン(明槓に限る)をぜずに、自分のツモ牌でのみ上がると成立する役です。 面子の組み合わせは特にありません。 平和(ピンフ) 4つの面子をすべて順子で揃えるアガリ役です。 また、雀頭は数牌かオタ風でのみ成立します。 海底摸月(ハイテイツモ) 最後のハイテイ牌で ツモ上がりすると成立する役です。 河底摸月(ハイテイロン) 最後のハイテイ牌で ロン上がりすると成立する役です。 2翻役の一覧表 三色同順(サンシキ) 鳴くと1翻。 萬子、筒子、索子の3種類の数牌で同じ数字の順子(萬子の2,3,4、筒子の2,3,4、索子の2,3,4など)を3組揃える上がり役です。 一気通貫(イッツー) 鳴くと1翻。 混全帯么(チャンタ) 鳴くと1翻。 雀頭と4つすべての面子に 1,9牌か字牌を入れて作る上がり役です。 対々和(トイトイホー) 鳴いても2翻。 4組の面子を すべて刻子か槓子で揃える役です。 混老頭(ホンロウ) 鳴いても2翻。 雀頭も4つの面子も すべて数牌の1、9牌か字牌で揃える上がり役です。 混老頭は必ず、• 対々和• 三暗刻• 小三元• 混一色• 七対子 と組み合わせになるため、 最低でも6,400点になります。 三暗刻(サンアンコ-) 鳴いても2翻。 メンゼンで3つの面子を暗刻か暗槓で揃える役です。 小三元(ショウサンゲン) 鳴いても2翻。 雀頭と2つの面子を三元牌で揃える上がり役です。 小三元は、2翻ですが和了の形を見ると、『小三元(2翻)、翻牌(1翻)、翻牌(1翻)』となり、 結果として満貫になります。 三色同刻(サンショクドウコー) 鳴いても2翻。 萬子、筒子、索子の3種類の数牌の同じ数字(萬子の5,5,5、筒子の5,5,5、索子の5,5,5など)を刻子か槓子で揃える上がり役です。 三槓子(サンカンツ) 鳴いても2翻。 槓子を3つ揃える上がり役です。 暗槓、明槓のどちらでも役が成立します。 ダブル立直(ダブリー) 親の場合、配牌14枚で聴牌し、最初の捨て牌でリーチをかけ上がると成立する役です。 子の場合、チー、ポン、カンのない第一ツモで聴牌し、最初の捨て牌で立直を宣言します。 Sponsored Link 3翻役の一覧表 二盃口(リャンペーコー) 一盃口を2組作る上がり役です。 七対子と形が重複しますが、 二盃口が優先になります。 純全帯么(ジュンチャン) 鳴くと2翻。 雀頭と4組の面子 すべてに、数牌の1,9牌を組み合わせて作る上がり役です。 刻子、順子は特に関係ありません。 混一色(ホンイツ) 鳴くと2翻。 雀頭と4つの面子を 字牌と1種類の数牌を使って組み合わせる上がり役です。 刻子、順子は特に関係ありません。 6翻役の一覧表 清一色(チンイツ) 鳴くと5翻。 雀頭、4つの面子すべてを 数牌の1種類だけを使って揃えるアガリ役です。 立てて跳満、鳴いて満貫です。 揃え方によっては、九連宝燈にもなります。 役満の一覧表 国士無双(コクシムソウ) 13枚を3種類の数牌の1,9牌6枚と字牌7種類で揃え、その内1つを対子で揃え雀頭にすると成立する上がり役です。 麻雀で 最も特殊な上がり役です。 四暗刻(スーアンコー) 4つの面子を 全て暗刻か暗槓で揃える上がり役です。 大三元(ダイサンゲン) 鳴き可。 三元牌すべてを刻子か槓子で揃える上がり役です。 字一色(ツーイーソー) 鳴き可。 雀頭と4つの面子を すべて字牌のみで揃える上がり役です。 緑一色(リュウイーソー) 鳴き可。 索子の2,3,4,6,8と三元牌の發の6種類を使って上がる役です。 發が無くても成立しますが、さらに難易度が上がります。 清老頭(チンロウトウ) 鳴き可。 雀頭と4つの面子を 3種類の数牌の1,9牌のみで作る上がり役です。 大四喜(ダイスーシー) 鳴き可。 風牌の4種類を刻子か槓子で揃える役です。 小四喜(ショウスーシー) 鳴き可。 風牌の3種類を刻子か槓子で揃え、残り1種類を雀頭にする上がり役です。 四槓子(スーカンツ) 鳴き可。 4つの面子を暗槓か明槓で揃える役です。 最後は、必ず単騎待ちになります。 天和(テンホー) 親が、初めの配牌14枚で上がっていると成立する役です。 地和(チーホー) 子が第一ツモで上がると成立する役です。 ただし、第一ツモの前に チー、ポン、カンがあった場合は成立しません。 特殊な役一覧表 一発(イッパツ) 1翻。 立直をかけてから、1巡以内に他家からロン上がりするか、リーチ後の最初の自分のツモでツモ上がりすると成立する役です。 ただし、 1巡以内にチー、ポン、カンをした場合は成立しません。 流し満貫 満貫。 1局の最初から流局するまでの捨て牌が、 すべて字牌と数牌の1,9牌だけの場合に成立します。 ただし、捨て牌が 他家にポン、チー、カンされなかった場合のみ成立します。 捨て牌、約18回ほどで流し満貫が成立します。 オープンリーチ 通常は2翻。 立直をかけていない人が振り込んだ場合は 役満。 聴牌している部分だけを他家に公開し、 待ちを見せてリーチをかける上がり役です。 一般的に、先にリーチをかけた人以外、誰も振り込むことはないため、ツモ上がりするのが普通です。 さいごに 麻雀には様々な役があります。 役を覚えなければ、楽しさ半減です。 綺麗な手牌を狙って見てはいかがでしょうか。

次の