伝説 の 家政 婦 志麻。 志麻さん(伝説の家政婦)の結婚した旦那はロビン!自宅と年齢まとめ

伝説の家政婦・志麻さん直伝。適当でもおいしい料理のコツ

伝説 の 家政 婦 志麻

「家庭料理はもっとラクでいいんです」というポリシーをもち、「変わった食材は一切なし」「超簡単&シンプルにつくれる」のが、志麻さんの家庭料理の特徴です。 そんな志麻さんの料理のなかでも、いちばん簡単でおいしい家庭的なおかずをまとめた一冊『志麻さんのベストおかず』(扶桑社刊)が発売に。 本より、志麻さんの料理テクの一部をご紹介します。 しかし、フランスで料理の修業をし、元々はフレンチの料理人だった志麻さんは「味つけや調理法を毎日変えなくては、と思うのは日本の主婦だけ。 フランスの家庭料理はもっとおおらかですよ」と語ります。 たとえば、肉は塩をふって焼き、野菜は添える。 これだけで献立は十分成り立ちます。 「本来、野菜と肉を同時に調理することは難しいこと。 水っぽくなって、調味料をたして…と、どんどん複雑になります。 なので、肉は肉だけで焼く、野菜は生野菜やゆでた野菜を添えると割り切れば、調味も調理もシンプルになっていくのです」 塩をふって焼くだけではマンネリに…と心配に思う人もいるでしょう。 そんなときは「ソース」に挑戦してみましょう。 「たとえば、余ったジャム+酒にしょうゆを加えると甘酸っぱいソースが完成。 味に変化をもたらしてくれます。 さらにゆで野菜は添えるのではなく、ソースに絡むよう肉にのせてみる。 「オイル系3に対して、レモン汁や酢など酸味のあるもの1、塩ひとつまみで自家製ドレッシングは簡単につくれます。 オイルはサラダ油、オリーブオイル、ゴマ油…など気分で変えて、酸味もその都度変えれば、マンネリにもなりません」 また、少量のタマネギのみじん切りを加えると香りが立ち、特別感のある味に。 「余っているタマネギがあればぜひ試してみて。 ゆで野菜にバターとともにあえるのにもいいですよ」 これらの料理テクや、身近な食材だけでつくれる絶品おかずレシピが108も掲載された料理ムック(扶桑社刊)が絶賛発売中です。 ぜひ書店でチェックしてみてください。 日本に帰国し、老舗フレンチレストランなどで15年勤務したのち、家政婦に転身。 家族構成や好みに応じた料理が話題を呼び、「予約の取れない家政婦」としてメディアで注目される。 現在も家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で料理をする一方、料理教室やレシピの監修、開発など多方面で活躍中.

次の

「伝説の家政婦」志麻 有名フランス料理店を辞めた理由とお店はどこ?

伝説 の 家政 婦 志麻

伝説の家政婦志麻さんのパーティ料理メニュー10品 おかかとゆかりのおにぎり(30個)• おにぎりを握ります。 おかかとゆかりを付けた2種類を作ります。 フライドポテトのチーズマスタードソース添え• フライドポテトを作ります。 フライパンにチーズを入れて溶かし、牛乳とマスタード入れて混ぜ合わせたソースを作り、セットにします。 アンショワヤード&鮭のチーズソース• お鍋にお湯を沸かし、ゴボウをスティック状に切ったものを入れて茹でていきます。 ニンジン、セロリ、赤パプリカ、黄パプリカなどをスティック状に切って、1のゴボウと一緒に器に盛りつけます。 水に漬けて塩抜きしたアンチョビを細かく刻んでボウルに入れます。 ニンニクをみじん切りにして同じボウルに入れ、アンチョビのオイルを入れて混ぜていきます。 さらにオリーブオイル、お酢の順で入れながら高速で混ぜ合わせてアンショワヤードというソースを作り、添えます。 鮭の缶詰、クリームチーズ(キリ)、牛乳を入れて混ぜ合わせて鮭のチーズソースも作って添えます。 チキンのお米詰めトマトソース• お鍋にお湯を沸かし、生米を入れて茹でていきます。 茹で上がったらザルにあげ、水で洗います。 鶏もも肉の皮と肉の間にお米を詰め込み、爪楊枝で閉じます。 塩を振り、皮面を下にしてフライパンに入れ、弱火で焼いていきます。 ボウルに水を入れ、重しとして上にのせます。 焼き色が付いたらひっくり返して裏面も焼きます。 お皿にトマトベースのソースを敷き、その上に焼いた鶏肉を切って盛りつければ出来上がりです。 お米のサラダ• キュウリ、赤パプリカ、黄パプリカを5mm角程度に切ってボウルに入れます。 そこに先程茹でたご飯の残りを入れます。 レモン汁を絞ります。 ツナ、オリーブオイル、塩を入れて混ぜ合わせたら器に盛りつけます。 半分に切ったミニトマト、アンチョビなどを飾り付ければ出来上がりです。 豚肉の黒ビール煮• お鍋に豚肉のブロック肉を入れて炒めます。 焼き色が付いたら黒ビールを入れてとろとろになるまで煮ていきます。 簡単キッシュ• 玉ねぎを薄くスライスし、フライパンで炒めます。 細切りにしたベーコンを入れて炒め合わせます。 卵・牛乳をボウルに入れてよくかき混ぜ合わせて耐熱皿に注ぎ入れます。 そこに炒めた玉ねぎとベーコンを入れ、オーブンで焼けば出来上がりです。 イルフロタント• 小鍋に砂糖、水を入れ、飴色になるまで混ぜながら中火で熱します。 飴色になったら火からおろしてお湯を入れて溶き、カラメルを作ります。 卵白をメレンゲにし、砂糖を入れて混ぜ合わせたら小分けにし、オーブンで1分焼きます。 ボウルに卵黄、砂糖、牛乳を入れて混ぜ合わせてカスタードソースを作り、器に敷き詰めます。 その上に焼き上がったメレンゲを浮かべていきます。 カラメルをかければ出来上がりです。 フライパンに砂糖(大さじ2)、水(小さじ1)を入れて強火で煮詰め、キャラメルソースを作り、1のボウルに入れて混ぜ合わせます。 型にクッキングシートを敷き、2を流し入れます。 バナナ(1本)をスライスし、3の上にのせます。 お土産用キャラメル• ナッツとシリアルをビニール袋に入れ、フライパンの底で叩いて細かくします。 フライパンにキャラメルソースを作り、1を入れてからめます。 細かく分けてオーブンで焼けば出来上がりです。 感想 いつ見てもすごい志麻さんですが、3時間6,900円は確かに予約殺到しますよね。 わたしも予約してみたいです。

次の

【沸騰ワード】志麻さんのチャーシューとろろ丼のレシピ。神無月さん宅でおもてなし料理を披露!【伝説の家政婦】(3月13日)

伝説 の 家政 婦 志麻

スポンサーリンク 志麻さんの15年修業したフレンチレストランはどこ? 志麻さんが修行したフレンチレストランはどこか気になります。 ミシュラン2018では日本のフレンチレストランで三ツ星をとってるレストランは2軒しかありません。 品川にある「 カンテサンス」と恵比寿の「 ガストロノミー ジョエル・ロブション」です。 「カンテサンス」は岸田周三シェフが2006年5月に立ち上げたお店です。 志麻さんは15年修業したとありますので、年数が合わないですね。 となると恵比寿の「 ガストロノミー ジョエル・ロブション」でしょうか?ここは最近亡くなられたジョエルロブション氏の肝いりで1994年10月いオープンしました。 多分、こちらになると思われます。 日本一高級なお店の一つでしょうね。 引用元:robuchon. jp 「 ガストロノミー ジョエル・ロブション」 所在地 〒153-0062 東京都目黒区三田1丁目13? 1 恵比寿ガーデンプレイス まさにフランス料理の王道ですね。 2008年から11年連続で三つ星を獲得しているお店です。 また志麻さんが働いていたお店のシェフの教えは、• 「 ギリギリまで塩をしないと、素材の美味しさは絶対出ない」• 『料理は愛情』• 『若いうちの苦労は買ってでもしろ』。 だそうです。 なぜ志麻さんはお店を辞めてしまったの? そんな志麻さんがなぜお店を辞めてしまったのか気になります。 すごい腕前のシェフが辞めちゃうなんてもったいないですよね。 やはり結婚がきっかけのようです。 志麻さんはフランス人の男性と結婚して、今はお子さんが一人いらっしゃいます。 フレンチレストランの仕事は激務の連続で「一日19時間の長時間労働とまとまった休みがとれない」のが当たり前だそうです。 もう結婚しても旦那さんとゆっくり会話する暇もないくらいだったのでは?時間的・体力的にも限界を感じての退職のようです。 またそれが家事代行「タスカジ」に登録のきっかけになって、「 伝説の家政婦 志麻さん」が誕生したんですね。 志麻さんのプロフィール 引用元:ダイヤモンド・オンライン 名前 タサン志麻 生年月日 不明 出身 山口県 血液型 不明 出身校 大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業 所属 家事代行サービス「タスカジ」• 大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業• ミシュランの三つ星レストランでの研修を修了• 日本の有名フランス料理店で15年働く• 2015年、家事代行マッチングサービス「タスカジ」に登録• でも最近はテレビに出演する機会も増え、本も出版されたそうです。 カテゴリー•

次の