犬 を 飼う という こと ドラマ。 犬を飼うということ ~出会い、喜び、楽しさ、そして別れの寂しさ~

犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜|2011年4月スタート新ドラマ|テレビ朝日 金曜深夜

犬 を 飼う という こと ドラマ

ドラマ 犬を飼うということ このドラマを見ててどうしても納得出来ません。 ペット禁止の団地で犬を飼うって話ですが、どう理解しようにも、仕方ないよね…とは思えません。 制作サイドは美談でいきたいんだと思うのですが、ペット禁止のマンションなどは、臭いや鳴き声だけが嫌なんではなく、毛などのアレルギーの方が深刻だと思います。 そんな中、開き直って犬を飼って、回りの人達の冷たい視線の中、娘に散歩させて… どうしても私には素直にいい話だと思えないのです。 確かに泣いてしまうシーンはたくさんあります。 だけどやっぱり根本のルールを無視したこのドラマをいい話だと思えなくて… だけど素晴らしいと言われてる方が多いようなので質問させてもらいました。 上記の問題についてはどのように消化してるんでしょうか? 何をもって素晴らしいと言われるんでしょうか。 普通、団地で禁止されているペットを飼うと 犬だろうが猫だろうが、禁止事項を破ったなら即退去になるんですがね… 私の実家が市営団地でしたので、一時期ペットではないけれども、ベランダに遊びに来るノラ猫たちにエサをあげていたところ、近所の誰かからの密告で市役所員が数名調査に来ましたけど… 現実は普通、こうなんですけどね… こういう非現実的なストーリーを美談として書いて放送してしまうと 「ドラマではペット飼ってるじゃない!」 って真似して飼って、違反がバレたら逆ギレする主婦が現れるんじゃないですかね。 クレーマーとか、モンペとか 今、逆ギレでこういう支離滅裂な事を言う人が増えてますから… あまりいいドラマとは言えませんね。 第1回の放送から「?」でした。 娘が拾ってきた犬を「絶対飼わない」と言っていた母親が 犬を抱いて町内一周(?)してきたくらいで 「やっぱり飼っていいよ」というのも安易過ぎ。 おいおい、捨てに行ったんじゃなかったんかい! しかもそこはペット不可の団地。 でも命は大切。 まっ、なんとかなるさってスタンスなんでしょうな。 他にも人間の食べ物を与えたらいけないことすら知らなかったり、 そういうことをクリアしながら家族がまとまっていく~的に 話が進んでいくんだろうなぁと思って見ています。 犬を飼っている人達は毎週ヒヤヒヤしながら見てるんじゃないでしょうか。 最初に犬の保護センター(?)を出してきた割には そのほかの部分がテキトー過ぎ。 極端な話、ドラマやアニメでモラルや法律を破りまくったり人を殺したりするものさえ作品のキャラや思想に感情移入したり、同情したりすることも決しておかしい事ではないはずなので作品に関してそういった根本のルールを無視することはそれほど問題ではないような気がしますけども まあでもそういうことじゃないですよね そういった世界観とは違いすぎるので少なくともこれは犬を飼うという話であって問題は主人公が被害者ぶって理不尽な思いをしている体だけれどもその実、ルールを破ってまわりに迷惑をかける姿勢を肯定していることですよね この作品において何が素晴らしいかというと白い目で見られようが根本のルールを無視しようが今、犬を飼うことを何よりも優先したいという、犬へのあくなき愛情とかそういうことじゃないですか? まあだとしたら、一軒家に住めとか、ホームレスになって犬と暮らせとかもしくはルールを無視してもいいなら人を殺してもいいのか?などそういった疑問が浮かぶと思いますけど まあそのような極端で非現実的なものを求めるべきでないと思いますし このドラマを視聴したことないのに勝手なこと言ってスイマセン.

次の

犬を飼うということ全部紹介!覚悟や費用、子供に与える影響とは?|イヌノツドイ

犬 を 飼う という こと ドラマ

"あの顔"、また見たいなあ...... 今月こそ、出かけよう。 幸い近所に海があったり大きな公園があったり、それなりにいい環境で暮らせてはいるのだけど、散歩のたびに「父ちゃん、いい加減どっか連れてってくれよ」とか「もう公園飽きた...... 」など、無言の圧力をかけられている気がしてならないのだ。 自責の念からくる思い込みということもあるけれど、リードを通じて彼の意思が感じられるような気もしている。 モーフとの散歩でよく通る道沿いに、極小サイズのプードル(いわゆるティーカップ・プードルレベルの小ささ)を1年前くらいから飼い始めた家がある。 特に面識があるお宅というわけではないのだけど、家の前を通るとリビングの窓越しによく吠えているので、その犬の存在に気が付いた。 初めは、トイ・プードルを飼い始めたのかなくらいに思っていて特に気にしていなかったのだけど、これまで外で出会ったことが一回もないことに最近違和感を持ち始めた。 リビングの窓越しでしか見たことがないなんて......。 子犬の入手先によっては、超小型犬は散歩の必要がないと言っているところがあるとも聞く。 「もしかして、一度も散歩に出したことないのかな?だから、通る人や犬にひたすら吠えているんじゃ...... 」 もちろん、これは私が見た一部の状況から勝手に推測したことに過ぎないし、ここでその真偽についてどうこう語りたいわけではない。 でも飼い主さんの中には、真顔で「散歩は週に1回くらい」と言えてしまう人もいるのは事実。 そして、「私にとってこのコは家族同然なんです~」って本気でおっしゃる。 その言葉に嘘はないだろうけど。 犬は家族。 時に恋人であり、時に我が子と"同等の存在"であり、まさにかけがえのないパートナーであると、私も思う。 人間の育児も経験してみて、あらためて犬との暮らしは、まさに子育てそのものだなぁとも思っている。 親(飼い主)と長い時間過ごすことも大切だし、友達(犬友)と仲良く遊べること、日々の勉強(しつけ)、好きなことや得意なことを生かした習い事(トレーニング)も、そのコの犬生を豊かにするはずだ。 しかし、そのためには犬を犬として正しく理解することが欠かせない。 "家族"="可愛くて大切な存在"というだけではないはずだ。 汚れるから泥遊びはさせない、雨の日は外出しない、散歩も排泄のために近所をぐるっと15分。 "家族"のはずなのに、狭いところが落ち着く"犬"なんだからと、サークルに入れて平気で長時間留守番させたりしちゃう。 飼い主にとって都合がいいだけの擬人化は、犬という生き物を本当の意味で"家族"として育んでいるとは思えないのだ。 飼い主と愛犬の関係性が世の中を変える 人間社会でペットとして生きていく犬にとって、そのコの犬生は飼い主次第だ。 わずか10数年の寿命をどう生きるのかは、飼い主の手にかかっている。 docdogで連載を持っていただいているを借りるなら、愛犬は「永遠の小学5年生」だと言う。 私も、その言葉にはとても共感する。 その短い一生を、飼い主のもとから巣立つことなく"小学生"のまま終えていく。 "家族"であるそんな子どもら(愛犬)の意思、想い、能力を最大限尊重し、可能性を広げてやりたいと、私は思う。 それは、人間の子どもたちとなんら変わらない。 だって、私にとってモーフは"家族"だから。 大切なのは、どう折り合いをつけていくかなんじゃないかと思うのだ。 そして、折り合いをつけるために必要なのが、しつけ、トレーニング、訓練である。 強制や矯正ではなく、まさに共生していくためのコミュニケーションであり、双方ストレスなく日々暮らしていくための絆づくりだとも思う。 例えば、犬の靴・靴下。 これも、ケガさせないため、滑り防止のため、災害対策のためと、一方的にただ履かせようとしても、素足での生活が基本の犬たちにとってはストレスの方が大きい。 その上で、ケガをしそうなタイミングや老犬の歩行サポートなど適切なタイミングで履かせてあげること。 それが、人との暮らしの中で折り合いをつけていくということなんだろうと思う。 なんて、偉そうなことを書き連ねているけれど、私とモーフの関係も冒頭書いたように日々多くのことに反省しつつ一進一退、ちゃんと折り合いつけられているのかどうなのか微妙なところだ。 完璧にコントロールなんてできないし、たまに散歩をサボってしまうこともある。 でも、誰よりもモーフのことを見ているし、気持ちも含め理解しようとしている自負はある。 繰り返しになるけれど、やっぱり実の子どもたちとの生活、育児と、同じだなと思う。 少し前に風邪で寝込んだ時の写真。 散歩をせがむでもなく、遊びに誘うでもなく、この日はひたすら私に寄り添っていてくれた。 想像以上に、犬たちって飼い主のことを見ているし感じている。 愛犬が「言うことを聞いてくれていない」といった愚痴をよく聞くけれど、大半は飼い主である私たちのコミュニケーション能力不足が原因だと、私は思う 犬がいる暮らし、犬との生活は、本当に素晴らしい。 こればかりは、飼い主としてその責任を引き受け、犬と暮らしてみなければわからないだろう。 けれど、それだけに思いつきや勢いでスタートさせるようなものではない。 その出会い方、飼い始めるきっかけはさまざまだと思うけれど、原則、一度引き受けたはずの責任を放棄してはならないのだ。 これから犬を飼い始めようという方は、その覚悟を持って、どんなパートナーを迎え入れるべきか考えていただきたい。 docdogもこのイベント趣旨に賛同し、会場でちょっとした仕掛けを用意している。 このあたりの詳細は、別記事でまとめるのでそちらを参照いただくとして、たくさんの保護団体さんたちが一堂に会すこの場に来ることで、「殺処分の状況」や「新しいペットとの出会い方」を、その目で、耳で、リアルな情報として受け取っていただけたらと思う。 人と犬の幸福な関係を追及していく上で、解決しなければいけない社会的課題はたくさんある。 そのためにキーになるのは、一人ひとりの飼い主とその愛犬との関係性なんじゃないかと思うのだ。 私たちdocdogは、強い絆で結ばれた"家族"を、またそんな"家族"との繋がりを、プロダクトやサービスを通じて広げていきたい。 追伸; 会場で見かけたら気軽にお声掛けください。 ひとりでも多くの人に、ペットショップ以外の出会いの場があることや、日夜頑張っている各動物保護団体の活動を知ってもらい、1頭でも多くの保護動物たちに新しい家族を見つけることを目的として開催される。 当日は35団体、保護動物は犬160頭以上、猫140頭以上が参加! 動物保護団体もそれぞれに特徴があり、譲渡の条件やルールが違うのだが、こんなに複数の団体が一堂に会していれば、自分の家族とマッチする保護動物や団体と出会える確率が増えるはず。 保護犬ってどうなんだろう、迎えるのは大変かな、などの疑問がある人も、とにかくまず保護犬を知ることから始めてみよう。

次の

犬を飼ったことを後悔!でよくありがちなこと

犬 を 飼う という こと ドラマ

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2013年3月)() 完成間近の近くのに暮らす崩壊しかけの本郷家はそれぞれに悩みがあるも、言いだせない4人家族。 ひょんな事から犬・ スカイツリー(通称: スカイ)を飼うようになり、それをきっかけにお互いに向き合っていく。 キャスト [ ] 本郷家 [ ] 本郷勇次〈30〉 演 - 音楽の夢を捨て、家族の為に満員電車に揺られ、機械メーカーの人事担当で年上の会社員にクビを言い渡す毎日。 真面目な性格だが、悪く言えば冒険ができない。 ある日、自分の仕事に疑問を持つも、そのせいで逆に自分がクビになりそうになる。 本郷幸子〈29〉 演 - を目指していたが、妊娠をキッカケに勇次と。 しかし勇次の給料だけでは家計がもつはずもなく、パートを掛け持ち、節約ざんまい。 あのまま看護師の勉強を続けていたら…と思うも、現実からは逃れられず。 子供たちの前では明るい母親として振る舞っていた。 勇次との仲はいたって良好であり「ゆうちゃん」「さち」と呼び合い3人目の妊娠も判明する。 でも実際は双子だった。 本郷大〈8〉 演 - できちゃった結婚で生まれた長男。 何をしても長続きせず、遊びまわっている。 そのため親についているウソも多い。 妙にクールで彼が思うに「スカイツリーが完成するころにはうちはホーカイしてる」。 自分が生まれたことで両親は夢を諦め、貧乏になったと思い、ひとりで悩みを抱え込んでいた。 本郷眞子〈6〉 演 - 犬のスカイを拾ってきた張本人。 家族の行く末を心配している小学1年生。 優しい性格。 周囲からスカイのことや家が貧乏であることを馬鹿にされてもじっと耐えている。 スカイツリー 演 - ダイヤ 本郷家の飼い犬で、。 通称「スカイ」。 勇次と幸子の関係者 [ ] 堀田克彦〈29〉 演 - 幸子に好意を抱いていた高校の元同級生。 幸子のパート先のスーパーで再会する。 家計の苦しい幸子を案じて、具合の悪い彼女に検査を勧めたり、勇次に就職先を紹介したりしている。 しかし、大金をぽんと貸そうとするなど裕福に育ってきたためか悪気はないが配慮に欠ける行動もしてしまう。 川島秀樹 演 - 勇次の元バンド仲間。 今でも夢をあきらめきれず、バイトでお金を稼ぐ毎日。 家族の為にサラリーマンとなった勇次に憧れを抱く。 CrossRoad [ ] 中尾啓介 演 - 勇次が時々足を運ぶバーのマスター。 英語を言葉の端々に使った話し方をする。 店員 演 - ローアングルス [ ] ベースボーカル 演 - 川島のバンド仲間。 CrossRoadのシーンではベースボーカル、ストリートではボーカルのみ。 演じる宗田はリリィノートという実際のバンドでボーカルをしている。 ドラム 演 - 川島のバンド仲間。 CrossRoadのシーンではドラム、ストリートではを演奏している。 眞子と大の学校関係者 [ ] 安住由紀子 演 - 眞子の学校の担任の先生。 畑山静香〈6〉 演 - 眞子の同級生。 仕事ばかりの父と高飛車な母を持つ。 スカイを見て犬を飼いたがっているが、父親の動物嫌いが理由で飼うことが出来ない。 父親の会社が倒産したことで遠くに引っ越すことになった。 眞子のことを取り巻きと一緒にいじめたが、父の倒産のことを眞子にフォローしてもらったため、最後に眞子と友達になる。 静香の友人 演 - 畑山芳子〈32〉 演 - 静香の母親。 夫の会社が倒産し貧乏になった。 タクマ 演 - いじめっこグループにいじめられ八つ当たりに眞子を突き飛ばし、またスカイのお腹を蹴り飛ばす。 いじめっこリーダー 演 - いじめっこ仲間 演 - 団地住人 [ ] 海老原孝造 演 - 団地自治会長。 団地住人 演 - 住人に責められている幸子に助け舟を出そうとアイコンタクトを送る。 加納義和 演 - 管理人。 団地住人 演 - 、 スカイを堂々と団地で飼っている本郷家に度々文句を言って、幸子を困らせる。 団地住人 演 - リストラ中で就職できず、いつもクダをまいているジャージ男。 花壇を壊しスカイの仕業にしようと企むが勇次に見つかる。 その後、奥村が立ちあげた清掃会社に雇ってもらい、遅刻を繰り返し事務員として働いている幸子に怒られる。 江藤奈津美 演 - 団地の住人に犬を飼っていたことを責められ引っ越した。 幸子が働いているスーパー [ ] 児玉克彦 演 - 店長。 三村喜代美 演 - パート仲間。 動物保護センター [ ] 奈良橋宗一 演 - 動物病院の獣医。 動物保護センターで初対面の眞子に厳しいことを言ったため当初は眞子に怖がられていたが、実際は動物を愛する親切な性格である。 仕事ばかりだったため妻と娘に出て行かれてしまっている。 獣医 演 - 中流機械メーカー [ ] 窪田松夫〈57〉 演 - 勇次の元上司。 複雑な家庭環境の中、勇次からのクビの通告をあっさり承知。 一度はリストラ撤回を求める組合に参加したが、勇次のことを想い、組合を説得しようとした。 窪田初枝 演 - 松夫の妻(病気のために入院中)。 野崎誠吾 演 - 勇次の上司。 自分のメガネに強い拘りを持っている。 曾根田和也 演 - 勇次の同僚。 労働組合員 演 - 勇次が上司にリストラは間違っていると嘆願し、会社を退職したのが切っ掛けでリストラの波が落ち着いた。 その理由で勇次に感謝している。 神埼動物医療センター [ ] 獣医 演 - 院長の息子。 先輩奈良橋に頼まれてスカイの検査を担当する。 動物看護師 演 - 麻酔から目覚めていないのでスカイに会えないこと、また、衛生上の問題でドッグボウルは預かれないことを眞子に優しく諭す。 ルードミュージック [ ] 小清水典和 演 - 音楽プロデューサー。 川島にCD作成費を要求している。 ゲスト [ ] 第7話 [ ] ママ 演 - 喜代美の紹介で幸子が体験入店したスナックのママ。 幸子が妊娠中だと分かると雇えないと追い返した。 スナックの常連客 演 - 、 第8話 [ ] 奥村 演 - (最終話) 清掃会社を立ち上げ、手伝ってくれないかと勇次を誘う。 最終話 [ ] 清掃会社社員 演 - 勇次の仕事する姿を見て、奥村に「彼、いいですね」と言った。 看護師 演 - 幸子が大、眞子、双子の女の子を産んだ病院。 シャイニーストア店員 演 - () 友情出演。 開店祝いでガラガラくじを担当しているお兄さん。 本郷一家が1等ハワイ旅行に挑戦する。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 -• 演出 - 、遠藤光貴、、木内麻由美• 主題歌 - 「」 ()• ゼネラルプロデューサー - 内山聖子• プロデューサー - 木内真由美、大江達樹、池田禎子• 制作 - テレビ朝日、 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2011年4月15日 貧乏家族、小さな命を拾う!? 本木克英 9. 木内麻由美 7.

次の