艦 これ ss 後悔。 提督「…辞めて欲しい?」

【艦これSS】艦隊ウラこれくしょん 高雄型重巡姉妹編 任務【「高雄」型重巡姉妹の一番艦と二番艦にオマ●コで奉仕させよ!】第01話

艦 これ ss 後悔

提督「鈴谷、平成26年度の調達予定品の書類なんだが」 鈴谷「・・・・・・」 提督「個人装備の89式小銃、実はこれ折曲銃床式なんだ。 追記しておいてくれ」 鈴谷「はぁ? 自分で気づいたんだから、自分で直せば良いじゃん?」 提督「おいおい、この書類を作成したのお前だろ?」 鈴谷「うっざ! やれば良いんでしょ? やれば!」パシ 提督「・・・・・・」 鈴谷「なんでこんなクズの指揮下にいるんだろ・・・はぁ」 提督「あと、研究・評価用弾薬等購入の欄にHK-416用フランジブル弾も追加しておいてくれ」 鈴谷「鈴谷は今さっきの書類の直しをしているの。 ったく、お前が秘書艦なら持ってきてくれても良いのに・・・」 鈴谷「なんで鈴谷がそんなことしなくちゃいけないわけ? 自分の昼食なんだから、自分で持ってくれば?」 提督「はいはい、お前も食ってこい」 鈴谷「きっも・・・マジで死ねば良いのに・・・」スタスタ 鈴谷「 ・・・今日もダメだった 」 提督「さて、今日の日替わり定食は・・・お! 肉じゃがか!」 間宮「お疲れ様です、日替わり定食になさいますか?」 提督「ええ、頼みます」 龍鳳「今日は私も手伝っているんです!」 提督「お、そうなのか! いやぁ~、楽しみだなぁ!」 龍鳳「ふふ・・・」ニコ 鈴谷「・・・・・・」イライラ 鈴谷「 あんなにニヤニヤして・・・鈴谷だって、提督がびっくりするくらい美味しいカレー作れるんだから! 」 金剛「Hey, 提督ぅー! 一緒に食べまショウ!」 榛名「提督、席をご一緒してもよろしいでしょうか?」 提督「ああ、良いぞ」 金剛「今日は人生で初めてのNattoに挑戦しマース!」 提督「え? お前イギリス生まれだからそれは・・・」 榛名「金剛姉様、無理をなさらずに・・・」 金剛「大丈夫デース! イタダキマース!」パク 金剛「・・・・・・」モグモグ 金剛「」 提督「おい、金剛・・・?」 榛名「金剛姉様・・・?」 金剛「Th... This isn't how I wanted things to go...! こ、こんなはずでは・・・! 」プルプル 榛名「金剛姉様、大丈夫ですか?」 金剛「も、もちろんデース!」プルプル 提督「Be strait with me. We take this at your pace. 正直に言ってくれ。 無理をするな 」 金剛「・・・提督ぅー、そのニクジャガ、美味しそうデースネー」チラ 提督「はぁ・・・ほら、俺のはまだ手つけていないから、それをこっちに寄越せ」 金剛「提督ぅーっ! I love you! 」ギュ 提督「おい、食事中だ。 あと納豆臭い」 榛名「良いなぁ・・・」 鈴谷「・・・・・・」 金剛「提督ぅー、一緒にお昼寝するネ!」ギュ 提督「おいおい、まだ午後の2時だぞ?」 榛名「提督、少しくらい休みましょう?」ギュ 提督「榛名まで・・・」 鈴谷「」イライラ 鈴谷「ちょっと提督。 まだ仕事終わっていないでしょ」 提督「いや、俺の分は一区切りついたよ。 あとはここ1週間の出撃の際の作戦書の作成だけだ」 鈴谷「今やれば良いじゃん。 つーか、鈴谷がまだ終わっていないのに自分は呑気に仮眠とるんだ。 へぇ~!」 鈴谷「なら、鈴谷の分も手伝ってくれても良いじゃん! なんでこんな面倒くさいことばっかり鈴谷にやらせるの!? パワハラ!?」 提督「と言っても、すぐ終わりそうだろ。 すまんな、俺もちょっと最近疲れが溜まっていてな・・・ちょっと寝るよ」 金剛「ワタシが子守唄歌ってあげマース!」 榛名「じゃあ榛名は傍で提督が眠るまで見守っています」 提督「冗談だろ? ハハハ」 鈴谷「・・・・・・」 鈴谷「熊野ーっ! 金剛さんと榛名さんがぁ!」 熊野「はいはい、今度はどうしたんですか?」 鈴谷「あの2人が提督にベッタリし過ぎなの! 提督もニヤニヤして!」 熊野「仲が良いのは良いことではありませんか」 鈴谷「あのやり取りを見ていると、凄く嫌な気持ちになっちゃうの!」 熊野「では、自分でどうにかして下さい」 鈴谷「それができないから、相談しているの!」 熊野「そんなにいつもイライラしていては、戦闘の際に命取りになりますわよ?」 熊野「 はぁ・・・事態が悪化して、取り返しのつかないことにならなければ良いのですが・・・ 」 夕立「提督さーん! 一緒に遊ぶっぽい!」ワフワフ 提督「ダメだ。 今日も外の雪掻きだ」 時雨「ほら、夕立。 僕達も一緒に提督を手伝おう?」 夕立「むぅー・・・じゃあ雪合戦で良いっぽい」 提督「もっと散らかしてどうする・・・まったく」ナデナデ 夕立「むふー」ワフワフ 鈴谷「」イライラ 時雨「じゃあ、行こうか」 鈴谷「いい加減にして! なに仕事サボろうとしt」 ウーーーーーーー!! 提督「警報!? 今日は深海棲艦の動きはみられないはずだぞ!?」 時雨「こういう時もあるさ。 夕立、出撃準備するよ!」 夕立「うん!」 提督「仕方がない、鈴谷! こんな悪天候の中悪いが、旗艦を頼む!」 鈴谷「はいはい、わかったよ」 提督「鈴谷! そんなふざけた態度をとらないでくれ! 今日の海の状態は非常に危険なんだ!」 鈴谷「そんな危険な状態の海に鈴谷を出撃させるのは提督でしょ! 自分は何もしないくせに!」 提督「・・・!」 鈴谷「良いよね、提督は。 自分は安全な鎮守府にいて、ただ指示すれば良いだけなんだから」 鈴谷「何かあればすぐ命令だ、って言うんでしょ? 本当、あんたが戦ってそのまま死ねば良いのに」 時雨「な、なにもそこまで言わなくても・・・!」 夕立「とにかく急ぐっぽい! 提督さん、他の艦娘の構成は?」 提督「金剛と榛名、熊野をつけよう。 考え事は良くないですよ?」 鈴谷「・・・・・・」 夕立「・・・ふんっ」 時雨「・・・・・・」 金剛「ちょっと海が荒れているデース・・・この戦闘、早く終わらせた方が良いデース」 榛名「・・・! 敵艦発見! 主砲、砲撃開始!!」ズガァァン!! 鈴谷「く・・・!」ズガァァン!! 時雨「何とか勝った・・・みんな! 無事かい!?」 夕立「夕立は大丈夫っぽい!」 金剛「ふぅー・・・ちょっと危なかったデース」 榛名「はい、榛名は大丈夫です・・・」 熊野「鈴谷さんがいませんわ!」 時雨「え!?」 熊野「鈴谷さんがいませんの! 視界不良なので、戦闘に集中していて・・・」 夕立「そんな・・・こんなに暗いと見えないっぽい!」 榛名「おまけに海も大分荒れています」 金剛「もう燃料もないネ・・・」 時雨「・・・一旦帰投するしかないようだね」 熊野「そんな!? 鈴谷さんを置いてはいけませんわ!」 夕立「そうは言っても、まだ他の深海棲艦もうろついているかもしれないよ?」 榛名「そう遠くには行っていないはずですが・・・このまま捜索をするのは危険です」 金剛「ワタシ達も無傷ではないデス。 捜索を開始したかったのですが、総員の状態、天候、視界不良を考えて一時撤退をしました・・・」 提督「鈴谷を見失ったのはどこだ?」 熊野「今回戦闘を開始した海域から、そう遠くへは行っていないと思います」 提督「・・・出撃した艦娘のうち、誰がまだ動けるんだ?」 熊野「はい? 私と夕立さん、榛名さんが小破ですが・・・」 提督「すまん、熊野。 俺を先程行った海域まで誘導と援護してくれないか?」 熊野「提督? まさかこの悪天候で捜索をするのですか?」 提督「当たり前だ! 哨戒艇を1隻用意する。 鈴谷の入渠が終わったら、傍にいてやれ」 提督「とりあえず、鈴谷には明日から事務の方はやってもらおう。 今日はゆっくり休むよう、伝えておいてくれ」 熊野「はい・・・」 熊野「鈴谷さん・・・!」ダキ 鈴谷「熊野・・・」 熊野「本当に心配しましたわ! 無事で良かった・・・!」 鈴谷「あはは・・・ちょっと迷子になっちゃった」 熊野「今日はゆっくり休むよう、提督からご伝言を頂きましたわ」 鈴谷「・・・うん」 熊野「明日は鈴谷さんからも提督にお礼を言って下さいね?」 鈴谷「・・・・・・」 提督「鈴谷、体調は大丈夫か?」 鈴谷「・・・・・・」 提督「やはりあの悪天候をもう少し考慮するべきだった・・・俺のミスだ、本当にすまん」 鈴谷「 ・・・言わなきゃ 」 提督「今日からまた秘書の仕事を頼んで、すまんな」 鈴谷「・・・・・・」 鈴谷「鈴谷を助けて、恩に着せたつもり?」 提督「え・・・?」 鈴谷「これは戦争なんでしょ? なんであんな悪天候の中、捜索なんかしたの?」 鈴谷「深海棲艦の被害に逢うかもしれないんだよ? 他の仲間も危険な目に逢わせる気?」 提督「お、俺はそんなつもりで・・・!」 鈴谷「鈴谷、お礼なんて言わないから」 提督「・・・・・・」 鈴谷「 また言ってしまった・・・ 」 熊野「いい加減にして下さい!」バン 鈴谷「・・・・・・」 熊野「何を考えているのですか!? 自分を助けてくれた人に向かって!」 鈴谷「・・・・・・」 熊野「はぁ・・・馬鹿馬鹿しい。 もう知りませんわ、どうぞご勝手に」 鈴谷「・・・ゴメン」 鈴谷「 どうしてあんな酷いことを・・・鈴谷、病気なのかな・・・? 」 鈴谷「 もうヤダ・・・今度こそ提督に嫌われた・・・ 」 鈴谷「・・・?」 鈴谷「 執務室から話声がする・・・ 」コソ 時雨「あの後、鈴谷さんとはどうなんだい?」 提督「・・・・・・」 時雨「その様子だと、上手くいっていないようだね」 夕立「上手くいっていないどころか、もっと酷いこと言われたんじゃない?」 提督「・・・・・・」 夕立「・・・うわぁ」 時雨「ちょっと許せないなぁ・・・提督をこんなにして・・・」 提督「そう鈴谷を責めるな・・・俺が悪いんだ・・・」 時雨「・・・まだ秘書艦を変更するつもりはないの?」 提督「ああ・・・俺は鈴谷を信頼している。 あいつは俺のことを心底嫌っているがな」 時雨「・・・・・・」 夕立「夕立達じゃ、ダメっぽい?」 提督「え・・・?」 夕立「ん・・・」チュ 提督「んん!?」 時雨「あ! ズルいじゃないか! 僕も・・・」チュ 提督「んん!!」 時雨「ん・・・はぁ・・・これが僕達の気持ちだよ」 夕立「夕立達は本気で提督さんのことが好きっぽい・・・」 提督「夕立・・・時雨・・・」 時雨「・・・僕達をもっと頼ってほしいな」 夕立「お仕事いっぱい頑張るっぽい」 提督「・・・ありがとう、でももう少し考えさせてくれ」 時雨「・・・わかった」チラ 夕立「・・・・・・」チラ 鈴谷「・・・!」 時雨「」ニヤ 夕立「」ニヤ 鈴谷「っ!」ダッ 提督「? どうしたんだ?」 夕立「何でもないっぽい・・・」 時雨「・・・・・・」 鈴谷「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ねね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね 」 鈴谷「 提督・・・鈴谷の提督・・・鈴谷を助けてくれた提督・・・ 」 鈴谷「 鈴谷を秘書艦にしてくれた提督・・・鈴谷を信頼してくれた提督・・・ 」 鈴谷「・・・・・・」 提督「はは・・・まさか、夕立達があんなに思っていてくれたなんて・・・」 鈴谷「・・・・・・」ガチャ 提督「おぅ、鈴谷。 戻ってきたか」 提督「今日の業務は終了して良いぞ。 」 龍鳳「」チラ 龍鳳「」ヒソヒソ 鈴谷「・・・・・・」 金剛「おぉ~と! 手が滑ったデース!」ツル 鈴谷「」バシャ 金剛「Oh, 鈴谷! こんなところにいたんデスか! そんなところに座っていると、邪魔デース!」ニヤニヤ 榛名「まぁまぁ・・・ほら、鈴谷さんも、金剛姉様もワザとやったのではないんですから、ね?」クスクス 鈴谷「・・・・・・」 金剛「・・・なんデスか、その目は? シッ!」ドカ 鈴谷「うぐっ・・・!」 榛名「少し、お仕置きが必要なみたいですね・・・」ガッ 鈴谷「うぅ・・・」 扶桑「まぁまぁ、その辺で・・・」 扶桑「皆さんも見ていますし、ね・・・?」 山城「・・・・・・」 金剛「・・・チッ、行きマショウ、榛名」スタスタ 榛名「・・・・・・」スタスタ 鈴谷「・・・・・・」 山城「・・・勘違いなさらないでね? 私達は別に貴女を助けようと思っているわけではないわ。 落ち着きを取り戻したときには 既に遅かった。 時雨と夕立の制止を振り切り、鈴谷への対応を改めさせることに成功する提督。 歪んだ愛情表現でも、 自分を愛してくれた鈴谷を受け止めた提督。 「一緒に幸せになろうな、鈴谷」 「うん・・・愛しています、提督」 [NOMAL END ~海を見つめる鈴谷~] 鈴谷を止めるために動いた時雨と夕立ではあったが、鈴谷が隠し持っていたのは拳銃だった。 発狂した鈴谷には、 躊躇などなく、本気で2人を殺そうとする。 絶体絶命の白露型の2人を庇った提督であったが、人間と艦娘は違う。 大量の出血をしながらも、最期まで鈴谷を責めることなく、こと切れた。 この騒動の後、鈴谷は処罰として解体が 決まった。 しかし、隙をついて脱走、鈴谷が向かったのは、波止場であった。 vip2ch.

次の

[B! あやめ速報] 提督「駆逐艦泣かせたい」【安価あり】 : あやめ速報

艦 これ ss 後悔

提督「提督を…辞めて欲しい?」 元帥「あ、あぁ…実はね…艦娘と提督の立ち位置っていう話になって…」 元帥「今ってさ…全部君が管理してくれてるじゃん…」 提督「まぁ…そうですね…管理とはちょっと違うような感じもしますけど…」 元帥「私はさ、気にしてなかったんだけどさ…他の偉い方々が言うには」 一国の制海権、果ては制空権を担う兵器を、たかだか一人の男に一任させるとは何事か 元帥「って言われちゃってさ…」 元帥「提督君…古い付き合いだから、説得を試みたんだけどさ…」 提督「…早い話、艦娘全員を僕一人に預けるのは不安だってことですか」 元帥「…深海棲艦との戦争が終わって、今のシステムは」 提督「統率力が高いのが逆に仇になってるんですね」 提督「私が艦娘を引き連れて大きなことをやらかすかもしれない…お気持ちは分かります」 元帥「君が一言、断りますと言ってくれれば…」 提督「いえ、承諾しますよ。 偉い人たちが言いたいことは尤もです」 元帥「…本気かい?」 提督「はい、断ったら面倒なことになりそうですし…艦娘の娘達に迷惑はかけられません」 元帥「でも彼女たちは…」 提督「誰かの意思とか、今はそんなことを言ってる暇ではなさそうですしね…元帥が直々に相談してくる時点で、諦めますよ」 元帥「…私は、君が一言いってくれれば」 提督「いいんですよ、そちらも色々大変なようですし、従って事が円滑に進むならその方がいいじゃないですか…」 元帥「…ごめん…本当に、ごめん」ドゲザ 提督「や、やめてくださいよ!そんなに軽い頭じゃないんですから!!」 元帥「…」 提督「…正直、こんな形で辞めることになるのは悲しいですが、仕方がありません」 提督「但し、一つ条件があります」 元帥「…なんだい?」 提督「艦娘の娘達を、よろしくお願いします…彼女達を、守ってください…」 元帥「…分かってる、約束するよ」 提督「それと…」 元帥「…?」 提督「これから私がすることに、一切口出ししないでください」 元帥「…それはどういう…?」 提督「…すぐに分かります。 今日はお帰りください」 元帥「…くれぐれも、変な気をおこさないでくれよ?」 提督「大丈夫ですよ、約束します」 元帥「…では、失礼する」ガチャ 提督「…」 提督(…辞めろ、か…辛いなぁ…いつか辞めなければいけない時が来るとは思っていたが) 提督(まぁ、こんな男に一任させてた今までがおかしかったんだ) 提督(俺は軍人だ、命令には従わなければ…) 提督(何より、下手に反抗して彼女たちに危害が加わるのが一番不味い…) 提督(俺は間違ってない、これからすることは、必要で、しなければらない、間違ってない…きっと…) ガチャ 大淀「失礼します。 提督、お茶をお入れいたしました」ヒョコ 提督「…」 提督「おぉ、丁度よかった。 大淀、いい知らせがあるんだ!」 大淀「?…どうなさったんですか?」 提督「実は今元帥から、昇進の話をだな」 大淀「!…本当ですか!?おめでとうございます!!」 提督「あぁ、ということで俺は提督を直に辞めるから」 大淀「…は?」 提督「いやぁ、長かった…お前らの提督になることが条件だったんだが…」 提督「いや、やっと解放されるよ…」 大淀「か、解放…?そ、それでは、まるで嫌々やっていたと…」 大淀「じょ、条件ってなんですか?意味が分かりません…」 提督「いや、元一般人がなんのコネ無しに軍に入って大出世ってあり得ない話じゃないか」 提督「一定期間提督になることと、功績を挙げること、丁度昨日、それを果たしたみたいなんだ」 大淀「…す、少し待ってください…整理させてください…」 提督「…どうした?顔色が悪いぞ?汗もすごいし」 大淀「…」 大淀「... 嘘だったんですか?」 提督「何がだ?」 大淀「今までの提督は、嘘だったってことですか?」 提督「嘘... と言えば、まぁ、嘘になるなぁ」 大淀「... 辛い時も、楽しい時も、悲しい時も、嬉しい時も、全部、全部、嘘だったんですか?」 提督「まぁ、そうだな」 大淀「私達のこと、どう思ってたんですか?」 提督「どうとも思ってないぞ、出世のためならパシッ 大淀 ビンタ 提督「... 痛いじゃないか」ヒリヒリ 大淀「... 指輪は... あのときの言葉は... 」 提督「そんなものはただの金属の輪だろ... それに、口でならどうとも言える」 大淀「っ... ごめんなさい!気分が悪いので部屋に帰らせていただきます!!」ダッ 提督「!おい、まだ書類が」ガシッ 大淀 ポロポロ 提督「!」パッ 大淀 ダッ ガチャッ 提督「... 終ったな」 提督「... 先ずは大淀... すまない... 赦してくれ... うわあああああん!!」ポロポロ ウワアアアアン 提督「大淀... すまない... すまない... 」 提督 これで誰かが必ず来る... ガチャ 提督「!... 誰だ?」 電「あ... 司令官さん... ?」 提督「... 電か」 電「え、えっと... 大淀さんがさっき... 」 提督「あぁ、泣きながら走って出ていったな... 」 電 今日の司令官さんはなんだか恐いのです... 「そ、その... ど、どうかしたのですか?」 提督「いや、実はな... 」 提督「... という訳なんだ」 電「待ってください... なのです」 提督「いやぁ、全く酷い話だろう?」 電「ま、待ってほしいのです!」 提督「ん?」 電「... 司令官さん... 司令官さんは... 」 提督「... あー、そうだ電」 電「...? 」 提督「そのなのですとか... つくった口調?もう止めていいぞ」 電「っ!ち、ちが!」 提督「正直聞いててイライラするし、本当にそう言うのはいらないから... 」 電「あ... 」 提督「俺に媚を売る必要はもうないんだ」 電「... 違うのです... 違うのです... 」 提督「... 」 電「電は... ただ司令官さんが好きで... 」 提督「だからもう 電「大好きだったのです!!」 提督「!... 」 電「司令官さんの馬鹿野郎なのです!どうにでもするといいのです!!」ダッ ガチャ バタン! 提督「... 」 提督「はは... 分かってはいたいつもりだけど... 」 提督「辛いな... 」 提督「いっそ全員に一度に話すか... 」カチッ ピンポンパンポ-ン.... 提督「と言うことで、俺は提督を近々辞めるから」 艦娘s ザワザワ 提督「文句があるやつは執務室で頼む。 俺も個人に色々言いたいことがあるからな... 」 ーーーーーーーーー 提督「…」 コンコン 提督(…来たか。 一人目…) 提督「…入っていいぞ」 ガチャ 大井「…」 提督「大井か…」 大井「提督、どういうことですか」グイッ 提督「うぉっ…そんなに寄らなくてもいいだろう」 大井「説明してください。 どういうことですか?」 提督「どういうことも何も…言った通りだ」 大井「提督、説明してください。 どういう経緯でそのような事になったんですか?」 提督「…いや、だからな」 大井「提督、何か隠していませんか?」 提督「…隠してなんかいない」 大井「嘘ですよね。 不自然すぎますよ、何年の付き合いだと思ってらっしゃるんですか?」 提督(…誤魔化しきれないな…力押しで行くか…) 提督「…そういうところだよ」 大井「はい?」 提督「そういうところが嫌いなんだよ!」 大井「っ!?」ビクッ 提督「何年の付き合いだと!?知ったことじゃないんだよ!上司と部下の関係だろう?俺の私情にまで首を突っ込まないでくれ!!」 大井「し、私事って…やっぱりなにかあるんじゃないですか!」 提督「あぁ!あるさ!本当はお前たちが大嫌いなんだよ!面倒くさい!疲れたんだ!いい加減休ませてくれ!」 大井「 え ? 」 提督「さっきはまだ優しくいったがな、この際だからはっきりと言わせてもらう!」 提督「そういう約束だったんだ!艦娘の提督になる、引き換えに地位を手に入れる!そのために今日まで頑張ってきた!」 提督「お前達の我が儘に振り回されるのはもうたくさんなんだ!」 提督「お前には北上がいれば充分なんだろう!?どうぞ仲良くしてくれ!いつもみたいに飛んでいけばいいだろう…」 大井「…ぅ…」 提督「…っ!こういう経緯だ、分かったな!?分かったら全員に伝えてくれ!それでもまだ文句のある奴は俺の部屋に来い、そう言ってくれ!」 大井「…」 大井「…ぁ…」 大井「…」 提督「…」 大井「…て…提督…」 提督「…」 大井「……め…さい…」ボソッ 提督「…」 大井「…」ガチャ 提督「…」 提督「…くそっ!!」バンッ 提督「…ごめん…ごめんな… 大井…」プルプル 提督 … 提督(…俺の今までは何だったんだろうな) 提督(…すまない…) ー執務室外ー 大井「…」ボーゼン 北上「…お、大井…っち…」 大井「…」 大井(…大…嫌い…私のことを…) 大井(…いや…何か隠して…でも…もし本心なら…) 大井「…北…上…さん」 北上「えぇと…ど、どうだったの…?」 大井「提督…からは…」 北上「…そ…っかぁ…」 大井「…」 北上「えーと…なら皆に伝えに行かないと…ね…」 大井「…そうです…ね」 北上「…」 北上「あと…さ…」 大井「…はい?」 北上 ギュッ 大井「…?…北上…さん?」 北上「ごめん…大井っち…ごめん…」 北上「大井っちなら提督…どうにかなるかもって思っちゃって…」 北上「ごめん…キツイよね…面を向って言われるの…本当にごめん…!」 大井「…キツイ…何が…ですか?」 北上「大井っち…今にも泣きそうな顔だよ…」 大井「!…っ…」 北上「ごめん…ごめん…!」ギュゥ 大井「…さ…ん」 大井「…ぎたかみ…さん…」ギュゥ 北上「…」ギュゥ 大井「でいとくが…っ!私のこと…大嫌いだって…っ!」ポロポロ 大井「えぐっ…ごめんなざい…ていとく…私…!ひぐっ!私…!…」 北上「ごめん大井っち…ごめん…!」!ギュゥ 提督「…」 コンコン クマダクマ 提督「…入っていいぞ」 ガチャ 球磨「…提督」 提督「…どうした?」 球磨「妹を泣かせるとはどういう用件だクマ!色恋沙汰ならまだしもあんな…突然どうしたんだクマ!!」 提督「おいおい…まるで俺が悪いみたいな言い方じゃないか」 球磨「…そんな事は言ってないクマ。 ただ、どうしたんだと聞いているだけだクマ」 球磨「妹が…大井があんな風に泣くのは初めて見るんだクマ」 提督「妹思いのいい姉だな」 球磨「…提督は、大井が嫌いなのかクマ?」 提督「あぁ、我儘で、自分勝手で、自己中心的、しかも暴言に執務放棄とやりたい放題じゃないか」 球磨「そんな奴を態々秘書艦にして、ケッコンまでしたのかクマ?」 提督「…ケッコンは結局皆とした、大井も例外ではないだけだ」 提督「秘書艦は…あいつは仕事だけはできたからな」 球磨「…分かったクマ。 もういいクマ」 提督「そうか…誤解が解けたなら嬉しいよ」 球磨「これだけは言わせろクマ」 提督「なんだ?」 球磨「二度と私の妹達を泣かせるなクマ…次やったらただじゃおかないクマ…」ギロッ 提督「…善処するよ」 球磨「…」 ガチャ バタン 提督「…」 提督「…」 コンコン 提督(次は…) 雷「し、司令官…?」ガチャ 提督「…雷か」 雷「え、えっと…」 提督「何か用か?」 雷「し、司令官…や、辞めちゃうの…?」 提督「あぁ、辞める」 雷「あっ…えっ…」 提督「…」 雷「…」 雷「ご…ごめんなさい…」 提督「なんで謝るんだ?」 雷「司令官が司令官を辞めたくなったのは、きっと雷が悪かったのよね…」 提督「…なんでそうなるんだ」 雷「ごめんなさい司令官…雷を解体してもいいのよ…」 提督「…だから、なんでそうな」 雷「だからお願い…皆の司令官でいてあげて…なんでもするわ…」 提督「…」 雷「電も暁も…響も皆悲しんでるわ…司令官も気づいてるでしょ…?」 提督「…」 雷「だって司令官は優しいんだもの、理由もなしに突然辞めるなんてありえないわ…」 雷「大井さんに酷いことを言ったのも、何か理由があるのよね?」 提督「…」 雷「ねぇ、司令官。 電は司令官のことを大嫌いって言ったみたいだけど、どうしたら司令官がここに残ってくれるか必死に考えてるのよ…」 雷「鎮守府の皆、司令官が大好きなの、だから…」 提督「黙ってくれ」 雷「…司令官」 提督「黙ってくれ。 雷、お前に俺の何が分かる?どうしてそう都合のいいように物事を考えるんだ」 雷「…」 提督「皆のために自分を犠牲にする、雷らしいな。 だけどな、口では何とでも言えるし、もうそういう問題じゃないんだ」 提督「いいか?よく聞いてくれ、今までの俺は確かに優しかったかもしれない。 でもな、終わったんだよ。 俺今まで、散々我慢しながら我儘なお前たちの世話をしてきてやったんだ」.

次の

護衛艦が艦これにやって来たっぽい

艦 これ ss 後悔

vip2ch. 31 ID:2Z7RriEM0 妖精「今から俺の維持に従えば助かる、といったらどうかね?」 提督「それは……本当なのか?」 妖精「ああ、どうする?時間がないぞ」 提督「わ、わかった。 35 ID:2Z7RriEM0 妖精「あ、やっぱ無理。 36 ID:2Z7RriEM0 妖精『まぁそこは中間地点みたいなもんだ』 提督「それで、まさか俺に過去をさかのぼって死の原因から潰せってことか?」 妖精『そういうことになるな』 提督「だがガンなんてどう阻止すればいいんだ?俺の生活習慣とかが関わった自然発生的なものなんて……」 妖精『お前のガンは自然的なものじゃない。 86 ID:2Z7RriEM0 妖精「大本営の仕業だ」 提督「大本営が俺を……!?俺はやましいことなんて何も……」 妖精「胸に手を当ててよく思い出せ。 56 ID:2Z7RriEM0 提督「ホモセックスをさせようとしたんだ」 妖精「あのさぁ……」 提督「俺はノンケだ。 掘られるなんて冗談じゃない」 妖精「それじゃあ原因は分かったし止めに行くか」 提督「俺が反逆を企てたのはだいぶ昔だぞ?一体どこまで過去をさかのぼるんだ?」 妖精「何も企てた瞬間にさかのぼるわけじゃない。 15 ID:2Z7RriEM0 提督「憲兵とのホモセックスを断ったことがあったんだ。 もしかしたらその時に……」 妖精「確信犯じゃねーか。 24 ID:2Z7RriEM0 提督「憲兵から愛の告白を受けたんだ」 妖精「もう結ばれちまえよ」 提督「ノンケだって言ってんだろ!」 妖精「てかさ、その憲兵のホモセックス断ってばれたんなら憲兵かなり上の人物なんじゃないの?」 提督「そういえばそうだな……だがあの憲兵、断った時に悲しい顔するだけでとても通報するような奴ではないと思ったが……」 妖精「上位の憲兵には護衛に艦娘がつくことがある。 77 ID:2Z7RriEM0 提督「白露型1番艦の白露だったか」 妖精「あのいっちばーんとやかましい女か」 提督「ん?待てよ……白露は確か俺に常々敵意の視線を向けていた。 63 ID:2Z7RriEM0 提督「まず俺は大本営からホモセックスをせよという命令を受けた」 提督「当然俺はこれを曖昧にしたまま断り続けていた」 提督「だがある日あの憲兵が俺のことを訪ねてきたんだ」 提督「どこかで俺の不信感に気が付いていたんだろうな……あいつとは長い付き合いだったから」 提督「そしてあいつは言った『俺とホモセックスしてくれ!』と」 提督「あの時は意味が分からなかった。 だがあいつは俺のことを助けようとしていたのかもしれない」 提督「大本営のホモセックス命令は一回きりだ。 97 ID:2Z7RriEM0 提督「アイツは俺の強い拒絶に首を横に振った」 憲兵『分かった。 他の方法もあるかもしれない。 諦めずに探そう』 提督「そこでこの件は終わりに見えた……しかし不確定要素があったんだ」 妖精「まさか……」 提督「そう、白露だ。 あの日憲兵は護衛を連れてきていないと言った」 妖精「騙されたってのか?」 提督「いや、あの眼はうそをついてるようには見えなかった」 妖精「なら白露の単独行動だったってことか」 提督「憲兵に恋慕していた白露からしたら俺は邪魔な存在だ。 嬉々としてこの事態を報告しただろう」 妖精「愛の告白は?」 提督「それも憲兵なりのごまかしだったんだろう。 03 ID:2Z7RriEM0 妖精「それでホモセックスを断ったことがバレ、反逆の意思を見せたお前はしょっぴかれるという結末か……」 提督「なんてこった……」 妖精「だがこれでハッキリしたな。 その白露を潰せば解決だ」 提督「……それは出来ない」 妖精「なんで」 提督「憲兵は確かに俺にホモセックスを申し出た。 だがそれは嘘。 アイツだってノンケだ」 妖精「…………」 提督「それにな、憲兵は白露といつか結ばれたいと言っていたんだ。 49 ID:2Z7RriEM0 妖精「……どうするんだ?」 提督「……俺があの時ホモセックスを断らなかったらこんなことにはならなかった」 妖精「なら申し出を受ければいいじゃないか。 少なくとも命は助かる」 提督「駄目だ。 憲兵を、俺が汚す訳にはいかない」 妖精「じゃあ……!」 提督「もういい、もういいんだ。 23 ID:2Z7RriEM0 提督「俺がこのまま死ねば何も問題は起きずに終わる」 提督「憲兵だって仕事で俺に申し出たんだ。 白露が暴露したのも含めてアイツに危害が及ぶこともない」 妖精「……そうか」 提督「悪いな。 こんな大それたことまでやらしちまって」 妖精「……本当だよ。 俺が、馬鹿みたいじゃないか……」 提督「そう悲しむなって。 胃腸ガンならあと少しだけ生きれる」 提督「放っておいても大本営に殺される未来だ。 死ぬまでにやりたいことやろうや」 提督「な?顔、上げてくれよ。 お前が、そんな顔してたら、俺まで泣きそうになるじゃないか」 妖精「ああ……ああ……」 提督「……強く生きろよ、憲兵。 ありがとうな」 提督「そして妖精。 70 ID:2Z7RriEM0 ………… …… 妖精「数か月後、提督は死んだ」 妖精「アイツは死ぬまでの間、一番輝いていた」 妖精「本当に楽しそうに、影の無い顔でな」 妖精「憲兵は白露とケッコンしたそうだ。 提督の死には誰よりも悲しんでいた」 妖精「本音を言うと白露の奴は俺がぶち殺してやりたい。 だが提督との約束だ、それは出来ない」 妖精「白露のしたことは誰にも言わなければ憲兵と幸せに暮らすだけの未来になる。 63 ID:2Z7RriEM0 金剛「ヘーイ妖精!準備できたネ!」 加賀「今こそ提督の仇を討つ時」 島風「私が攪乱するね!」 大和「この主砲、全ての怒りをぶつけます」 北上「許せないよね~。 さすがの私もぷっつんだわ。 40 ID:2Z7RriEM0 妖精「行くぞ。 これは弔い合戦だ」 妖精「だが決して憲兵と白露のことだけは漏らすな。 35 ID:yORrkEo1o 乙 いい話ネー 知ってました?DMM GAMESに無料登録するだけで500円分のポイントがもらえます やり方 1. DMM GAMESのを行う 2. DMMにクレジットカードの情報を登録する 3. にアクセスして「初回無料500pt取得はこちら」のボタンをクリックする まだ艦これ、やってないの? 艦これはDMM GAMESから配信されているゲームで、アニメ化もされた有名タイトルです。 アニメで初めて知った人も多く、まだゲームをやったことがない人も多いと思います。 DMM GAMESのにアクセスします。 アクセスしたら、「 今すぐ出撃」をクリック。 DMMアカウントをまだ持っていない人は、を行います。 既にDMMアカウントを持っている人はログインして、DMM GAMESのを行います。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 PC版とデータ連動しているので、PCとスマホ、両方で楽しむことができます。 DMMゲームズのアカウントが未登録の場合、を行う。 DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。 カテゴリー• 783• 304• 125• 223• 139• 121• 187• 258• 483• 3 アーカイブ• メタ情報•

次の