コロナ怖い。 無職の女さん(31)「コロナ怖いから東京から帰るわ」マッマ「」: 燃えよVIPPER

新型コロナは結局どれくらい怖いのか。データが示す「集中すべき対策」

コロナ怖い

新型コロナウイルスが広がり、消毒用のエタノールが品薄となるなか、代替になりそうな「次亜塩素酸水」が注目されてきた。 名前の似た「次亜塩素酸ナトリウム液」には、新型コロナに対する有効性が認められている。 だが両者は別物で、勘違いや混乱が少なくない。 次亜塩素酸水については5月末、検証していた経済産業省などが「現時点では有効性は確認されていない」との中間結果を示した。 これに次亜塩素酸水生成器のメーカーなどが「効果を示すデータはある」と反発し、対立も生まれている。 どう考えればよいだろうか。 この話には、つまずきの石がいくつも転がっている。 ちょっとややこしくて、誤解しやすいのだ。 つまり、 【問題1】次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム液、どちらの話題か? と混同しがちで、この両者それぞれに、 【問題2】ウイルスや菌に効くのか? また新型コロナにも効くか? という有効性の疑問がからみ、さらに、 【問題3】手や指に使って大丈夫か。 室内で噴霧しても安全か? といった安全性の問題が重なるからだ。 食い違いや誤解が二重三重に積み上がって、対立も複雑になりがちだ。 だがそもそも「感染症の被害やリスクを抑えたい」という切なる願いは、みんなに同じはず。 いがみ合いばかりが深まれば不幸だ。 まずは順番にこれらの問題点を整理してみたい。 混乱1 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いは? いささか不遜な言い方だが、ごく基礎的な化学知識がある人にとっては、ここで混乱が生じることを想像しづらいようだ。 もうすこし身近なもので置き換えて、直感的につかんでみてはどうだろう。

次の

新型コロナが怖い方々と怖くない人達との違い、共存方法 — 藤川 賢治

コロナ怖い

6月 無職女さん「はやくWi-Fiつけてよ!」マッマ「は?つけんわ」 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、自称・東京都に住む無職の31歳の女です。 女は6月16日午後2時ごろ、札幌市東区の共同住宅の1室で 60代の母親の首を手や荷造り用のビニール紐で締め殺害しようとした疑いがもたれています。 警察によりますと、女は「母親の首を絞めた」と自ら110番通報し、警察に自首したということです。 母親の首は赤くなった程度で、けがはありませんでした。 警察の調べに女は、「殺そうと思った。 日ごろのうっぷんがたまり、突発的にやった」と容疑を認めています。 女は4月上旬、北海道の方が新型コロナウイルスに感染しずらい可能性があるとして東京から実家に戻り、母親と暮らしていました。 しかし実家にはWi-Fiの環境がなく、「つけるように頼んでもつけてくれない。 お金が大事で私のことを何も考えていない。 母親はうそをつく」 などの不満があり、事件直前に口論になっていたということです。

次の

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし

コロナ怖い

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 新型コロナウイルスは夜の街にも大きな打撃を与えた。 多くの性風俗店やラブホテルがひしめく県内有数の歓楽街「栄町」(千葉市中央区)。 コロナ禍でも、ここで働き続ける女性や店主たちの声を聞いた。 5月上旬の夕方。 栄町に人影はほぼなかった。 だが、ここには昔からある店舗型のソープランドだけではなく、派遣型のデリバリーヘルス(デリヘル)やイメージクラブなど、多様な形態の性風俗店があり、立ち並ぶマンションのどこかで女性たちが待機している。 客の男性がラブホテルに入ると、女性が後からホテルの部屋に来る仕組みだ。 インターネット上で見ると、100店舗以上の性風俗店が栄町にある。 「この業界は基本、その日稼いだ金で生きていく自転車操業の世界。 自分も家族がいるし休みたいけど、店を閉める余裕はない」 栄町で15年以上デリヘル店を営む男性オーナー(42)は言う。 栄町、船橋、柏、松戸の計4店舗を経営し、250人の女性が在籍するという。 店のホームページでは、多数の若い女性たちが顔をぼかして紹介されている。 夕方以降の料金は60分で総額2万円程度だ。 県は4月14日に休業要請を出し、そこには店舗型や派遣型の性風俗店も対象に入った。 男性オーナーは「店を休んだら、事務所の家賃や広告料が払えなくなる」。 休業要請後も4店舗は時短営業を続けたが、先月の売り上げは普段の3分の1ほどに落ち込んだ。 中小企業に最大200万円が出る国の持続化給付金も、性風俗店を営む事業者は対象外となっている。 在籍女性の多くは「在宅勤務で家族が家におり、そこで外出すれば仕事がばれる」「感染が怖い」などの理由から、次第に出勤を見合わせるようになった。 一方で、生活のために出勤せざるを得ない女性もいる。 感染拡大に伴い、医療事務の仕事を辞めた女性(21)もその1人だ。 医療事務の仕事に就いたが、人….

次の