よる の ばけ もの 読書 感想 文。 楽天ブックス: ドラえもんの国語おもしろ攻略 読書感想文が書ける

夏にピッタリ!小学1、2年生におすすめの、かわいいおばけのお話

よる の ばけ もの 読書 感想 文

「よるのばけもの」住野よる著 新年1発目! 2017年もよろしくお願いします。 今年もマイペースにいろんな本を読んでいきたいと思います。 2016年から2017年にまたいで読了した住野よるさんの「よるのばけもの」。 大好きな作家さんの本で新年を迎えられてしあわせだなあ、と心から思いました。 住野さんの作品が大好きで大好きで既刊全部単行本で買って読了してます。 「君のをたべたい」と「また、同じ夢を見ていた」。 とくに同じ夢の空気感がたまらなくて、幸せのかたちっていうのは人と同じ数あるものだっていうことを肌感覚で教えてもらった。 何度も読み返して近くに置いておきたいと思えるくらい大切な本です。 この「よるのばけもの」も、いつまでも手元で大切にしたいと思える物語でした。 男子中学生である主人公は、夜になると化物になってしまう体質。 睡眠を必要としない彼は、体が化物になってしまうのと同時に夜の町に出ていろんなところを渡り歩く。 砂浜で海を眺めて過ごすのがお気に入りになりつつあったある日、課題を教室に忘れてきたことに気づいて初めて夜の学校へ忍び込んだ。 そこで出会ったのは、普段教室で完全に浮いている、同じクラスの女生徒。 彼女はなぜこんなところに? 不思議なイントネーションで話す彼女はにんまりと笑いながら、「夜休み、なの」という。 ざっくりとしたあらすじはこんな感じ。 教室内の空気感って独特なものだと思っていて 特に中学や高校の教室って思い出すだけで胃が縮こまってくるような 居場所がないような、いつも誰かがこっちの様子を伺ってるような 必要以上に自意識過剰にさせられる空間っていうイメージが未だにあります。 わかりやすいイジメじゃなくても いじられ役というか、ちょっと変わってる人ポジションというか、そういうのは絶対にあるし 絶妙なバランスで保たれていた大事なものがひょんなきっかけで向こう側に倒れちゃって戻せなくなる、そんなことも簡単に起こり得る空間。 住野さん自身が現役の中学生じゃないと納得いかないくらい 細かい部分が精密に病者されていてこわいくらいでした。 「自分」がいて 「クラスでちょっと浮いてる人」がいて 仮に周りに誰もいない状態で一体一で向かい合ったら、きちんと一人の人間としてお互いを認識できるのに そこに「第三者」っていう世間の目が現れると途端に時分の立ち位置を考える。 思考がそういう方向にシフトしていく。 ここで彼や彼女を肯定する発言や態度をしてはいけない、とか わたしは大多数側ですよ、とアピールしなきゃいけないとか いろんなことを考える。 人対人のコミュニケーションに「第三者」は関係ないはずなのに! 改めて、そういう自分の中のエゴを見つめ直すきっかけを与えてもらった気がします。 少しネタバレですが、決してこの物語も気持ちのいい終わり方をするわけではないです。 誰もが認めるハッピーエンドじゃない。 でも、作中の「彼」や「彼女」にとっては少なくとも、1歩を踏み出した大切な記憶になるんだね、と思える。 それにしても住野さんの作品が好きすぎる! 今年も楽しみです。 たくさんたくさん、ジャンルを問わず様々な作品に触れて 自由に吸収していきたいな、と思います。

次の

ブルーバック

よる の ばけ もの 読書 感想 文

Slideshare uses cookies to improve functionality and performance, and to provide you with relevant advertising. If you continue browsing the site, you agree to the use of cookies on this website. See our and. Slideshare uses cookies to improve functionality and performance, and to provide you with relevant advertising. If you continue browsing the site, you agree to the use of cookies on this website. See our and for details. 図書館利用実態の可視化 および 読書感想文コンクール作品の分析• 図書館利用実態の可視化 および 読書感想文コンクール 作品の分析 八王子市図書館・中央大学共同研究 成果報告会 中央大学 文学部 社会情報学専攻 飯尾 淳• 53, vol. 55, 2018年8月号」に て解説(予定)• Iio, "Lessons Learned on Data Preparation for Geographic Information Systems using Open Data," The 14th International Symposium on Open Collaboration OpenSym2018 Paris, 22nd — 24th Aug. 2018. 713 1. 621 自分 2. 326 1. 239 人 1. 947 1. 466 本 1. 654 3. 265 言葉 1. 223 0. 465 ない 1. 197 0. 632 それ 1. 120 0. 763 何 0. 982 0. 381 今 0. 913 0. 441 気持ち 0. 751 0. 274• 9-12, 沖 縄 石垣, 2017.

次の

読書感想文「よるのばけもの(住野よる)」

よる の ばけ もの 読書 感想 文

ティム・ウィントン・作 小竹由美子・訳 橋本礼奈・画 / さ・え・ら書房 エイベル・ジャクソンと母親のドラは、ウエストオーストラリアのある入江で海と大地の恵みを得ながら暮らしている。 「一日一日が特別な日なんだよ」母親はいつもエイベルにそんな風に言う。 電気も水道も来ていないさびしい土地だが、海を愛する二人の暮らしは、静かで満ち足りていた。 そこに海があればよかった。 巨大な青い魚ブルーバックと出会ってからは、エイベルの一日一日はなおいっそうかがやく。 だがやがて、エイベルが入江を離れなければならない日がやって来た……。 ゆっくりと流れる時間、移りゆく季節、別れと出会い、死と誕生……。 海と共に時を刻む親子の、希望に満ちた物語。 ボクは一気に読んでしまった。 舞台はオーストラリア。 豊かな自然がありながら都市化の波もおし寄せている、そんな所だね。 開発業者によるリゾート化計画、石油タンカーの座礁など、自然保護ものの側面もあるけれど、テーマはもっと大きくて深遠だ。 母、海、命、人の生き方や信念。 そんなことを探求していきたい。 ・入江 母さんは、なぜ一人で入江に残ったのだろう。 土地を売って、エイベルといっしょに都会で暮らすこともできたのに。 これはとても重要な問いだ。 母さんが入江にとどまるのは、祖先から受けついだ場所だから、入江には父さんとの思い出があるから、だけではない。 母さんにとっての入江は、たんなる生活の場、ではないんだよね。 成長したエイベルもまた、入江に帰って同じ暮らしを送る。 けっして後悔しなかった、という。 なぜ?そこにいったい何があるというのだろう?これは、 感傷だけではとらえきれないよね。 入江は、海と陸が接する場所だ。 そして入江には、作者の深い思いがこめられている。 ・ブルーバック 海よりも空よりも青い魚、ブルーバック。 いったいどのくらい生きてきたのだろう……。 きっと、娘時代の母さんとも共に泳いだのだろう。 エイベルは、「もしブルーバックがしゃべれたら、いろいろな海の秘密を聞かせてもらえるのに」と考えている。 そう、ブルーバックは海のなぞを知っている。 そして、ずっと何かを見続けてきた。 何を?これも探求してほしいところ。 この魚、いったい何なんだろう……。 ・母なる海 父さんは海で死んだが、母さんは海をにくむことをしない。 入江にいれば、「孤独感はない」とも言う。 それは、あきらめでも強がりでもない。 自分たちはずっと海のおかげで生活してきた、だから今度は自分が海を守らなければならない、そんなふうに思っている。 この母さんには、何か確かなもの、意志や思想のようなものが感じられるよね。 そして、その確かなものは、エイベルやエイベルの子どもに受けつがれていく。 日本でも半世紀前、いや、つい三十年前までは、みんな母さんとエイベルのように、自然に寄りそって暮らしていたんだよ。 しかし今、海と陸、人と自然はへだてられてしまった。 人は「母なる海」からやって来た。 ボクらの遺伝子にも、海の記憶が刻まれているはずなのに。 ボクらは「海の言葉」をわすれてしまったのだろうか……。 「あたしたちは海からきたんだ。 海があたしたちの故郷なんだよ」。

次の