乳首 白い カス。 ムズムズ気になる妊婦の白い乳カス|すっきり上手な取り方は?

助産師さん直伝!授乳中にできる乳首の白い塊【白斑】の原因と取り方|きららぼし

乳首 白い カス

ブログの目次• 乳頭に白斑ができてしまった 私自身、長男・次男と完全母乳で育てています。 長男のときは、本当におっぱいをよく飲んでくれる子で、 何を食べても、不規則な生活をしても、母乳が詰まることはありませんでした。 母乳工場はフル稼働。 授乳でお腹が空いて仕方なかったので、中学生男子のような唐揚げハンバーグエビフライ弁当とかを完食していました。 まぁ、長男のときは、20代で若かったということもありますが…。 しかし、次男の母乳育児中、 乳頭に 白斑ができておっぱいが詰まるという大アクシデントに見舞われました。 生クリームいっぱいのハーフバースデーのケーキ(大人用)を作り油断して食べてしまったことが原因だと思われます。 次男の離乳食の回数が1回から2回になり、母乳の回数が減ったタイミングでもありました。 おっぱいがパンパンになり、もうどうしようもない状態で、知り合いの助産師さんに泣きつきました。 母乳育児中の白斑の症状は? 白斑とは、 乳頭にできる白いニキビや水ぶくれのようなものです。 乳口炎と呼ばれる授乳中のトラブルの一種で、母乳の出口が炎症を起こしている状態や、塞がれて母乳が詰まっている状態のことを言います。 母乳の出口が詰まっているだけで全く痛みもない場合もあれば、炎症を起こして、赤ちゃんに触られたり、吸われたりすると激痛が走る場合もあります。 さらに怖いのは、 放っておくと乳腺炎にもつながる可能性があるので、早めに治すことが大事です。 乳首に白斑ができる原因は? 乳首に白斑ができる原因は、主に5つです。 授乳間隔が空きすぎる また、 授乳感覚が空きすぎるのも白斑ができる原因です。 離乳食を始める時期、卒乳や断乳の時期は、母乳を飲む量が一気に減ってしまうため、注意が必要です。 赤ちゃんだけでなく、ママの体も考慮しながら、徐々に慣らしていくと良いでしょう。 母乳育児中の食生活 ママの体質によっては、食生活は注意した方が良いです。 何を食べても、全く母乳が詰まらない人もいれば、気を付けないとガチガチに詰まってしまう人もいます。 食事に関しては、因果関係がはっきりしていませんが、気を付けるに越したことはありません。 助産師さんによっては 「おっぱいの詰まりは食事と関係ない」という人もいれば 「脂質や糖質を避けた方が良い」という人もいるそうです。 っで、結局どちらがいいの?って話ですよね。 私が教わった助産師さんは 「 白斑ができやすい、母乳が詰まりやすいという方は、脂質や糖質はできるだけ避けた方が良い」との見解でした。 特に、ケーキやアイスクリームなどの洋菓子、揚げ物、ピザやグラタンなど脂と糖質が一緒に組み合わさったものは危険です。 また、 食生活による母乳の詰まりは、乳腺の細い・太いに左右されます。 乳腺が太ければ、食生活の影響は少ないとされていますが、乳腺が細い場合は、流れが悪くなったり詰まりやすくなったりします。 私も助産師さんに聞いたところ、母乳が出る乳腺は多いものの、太くはないので、気をつけた方が良いと指摘を受けました。 乳腺の太さは、生まれてつき決まっているので、どう頑張っても太くすることはできないそうです。 乳腺が細い場合、基本は和食中心のあっさりしたメニューで対応していくと良いでしょう。 特に、ほうれん草や小松菜などの青菜は、血液をさらさらにする働きもあるそうです。 育児が大変でなかなか料理ができない場合は、ケール青汁やグリーンスムージーを取り入れてみても良いですね。 母乳のあげ方 赤ちゃんがおっぱいを吸う時には、 乳輪全体を含ませ、アヒルの口のようになっているのが理想的です。 赤ちゃんが母乳を飲む際、つぶし飲みや浅飲みになりおっぱいに無理な負荷がかかっていると白斑を起こす可能性があります。 毎回同じ方向から飲ませたり、添い乳も原因の一つとされています。 ストレスと疲れ 母乳育児の最大の敵はストレスです。 ストレスが溜まると、血行が悪くなり、母乳の質が悪化します。 わが家は、ダンナさんが長期出張で家にいなく、一人で、子ども二人を育てています。 実家も遠方で、すぐに頼れる親戚はいません。 そのような中、次男の夜泣きが始まり、睡眠も休息も十分にとれていませんでした。 さらに、追い打ちをかけるように白斑ができ母乳が詰まりました。 白斑ができてしまうと、本当にストレスがかかります。 実際、ストレスに押しつぶさて、大人げなく泣いていました。 日頃からイライラや疲れがたまらないように、時短家事や自分時間の作り方など、対応策を考えておくことを強くおすすめします。 ですが、育児中は、外出するのが難しいこともありますよね。 また、自宅で軽いケアをするだけで、乳頭の白斑が取れることもあります。 ここでは、 助産師さんに教えてもらった自分でできる対処方法をご紹介します。 詰まっている方のおっぱいから飲ませる 母乳の詰まりは、赤ちゃんに飲んでもらうことで、ある程度解消されます。 まずは詰まっている方のおっぱいから飲ませるようにしましょう。 テレビやスマホを見ながら授乳すると、赤ちゃんがおっぱいに集中できていないこともあります。 しっかり飲んでもらえるように、 静かな環境を整えてみると良いですよ。 上の子がいて騒がしい場合は、家でも授乳ケープを活用してみるのもオススメです。 痛みが生じる場合は、 事前に乳頭マッサージをし、乳首を柔らかくしてあげると痛みが和らぎます。 また乳頭に傷があり辛い場合は、搾乳で対応し、おっぱいを休めてあげましょう。 針でつぶしたらダメ! 母乳に詰まりがあるからと言って、針を使って取り除くことは、本当に危険です。 乳首を傷つけたり、傷口から細菌が入り、炎症を起こしたり、悪化の原因になります。 授乳中の抱き方を変える 常に同じ方向から抱っこしていると、母乳の飲み残しから、母乳が溜まりやすくなっている箇所ができてしまいます。 なるべくまんべんなく吸ってもらうように、抱き方にバリエーションをつけると母乳が詰まりにくくなります。 しこりができている場合は、赤ちゃんの顎側が一番吸う力が強いから、吸ってほしい場所をその方向を赤ちゃんの顎がくるような抱き方にします。 私の場合は、左胸に左下だったので、 フットボール抱きを勧められました。 (出典: ) フットボール抱きは、フットボールを抱えるように、赤ちゃんをママの脇に抱えて授乳する姿勢のことです。 ママの腕で赤ちゃんの体を挟むようにして抱えます。 赤ちゃんの足はママの体の後ろ側に持っていきます。 この姿勢は、赤ちゃんの顔がよく見えるので、しっかりと飲めているのかも確認できます。 一見難しそうに見えますが、 クッションなどを使うと比較的バランスが取りやすいです。 乳首に痛みがあるならピュアレーン もし、乳首に痛みがある場合は、を使う良いです。 ピュアレーンは、新生児期に乳首が切れてしまったときにも、産婦人科で進められて使っていました。 薬をつけたあと、おっぱいを飲ませることが心配でしたが、 天然の成分でできているため、赤ちゃんが舐めても問題ないそうです。 おっぱいが切れてしまったら、ピュアレーンを乳首に塗り、上からラップでパック。 こうすることで乳首が柔らかくなり、傷も保護されます。 授乳時の痛みもだいぶ緩和されます。 授乳中でも服用できる葛根湯 葛根湯は授乳中でも飲むことができる漢方です。 体の冷えや血流の改善に効果があります。 葛根湯は自然由来の成分でできているので、母乳から赤ちゃんに移行しても害になることはまずありません。 母乳トラブル以外にも風邪の引きはじめなどにも使えるため、わが家の薬箱には常備しています。 おっぱいが張り過ぎて痛いときも、葛根湯を飲むと軽減されます。 葛根湯は、ドラッグストアなどでも購入できます。 ですが、服用が少しでも心配な場合は、病院で処方してもらうと安心です。 ミルクスルーハーブティー 白斑のできやすさは体質によって異なります。 一度できてしまった場合、油断すると再発してしまう可能性が高いです。 おっぱいが詰まって辛い思いをするのはもう嫌。 そんな私がお守り代わりに常備していたのは、 です。 授乳中はストックを絶やさないようにしていました。 AMOMAミルクスルーブレンドは、たまごクラブなどの雑誌メディアでも頻繁に紹介されている、 母乳のスムーズな流れをサポートするハーブティーです。 6種類のオーガニックハーブをブレンドしており、授乳中でも安心なノンカフェインドリンク。 授乳ケアの専門家と、英国ハーバリストが共同開発しています。 育児によるストレスで、ついつい甘いものを食べたくなるときってありますよね。 私は、 ケーキなど甘いものを食べるとき、コーヒーの代わりにミルクスルーブレンドのハーブティーと一緒に飲むようにしていました。 味もアッサリしているのでとても飲みやすく、洋菓子だけでなく和菓子にも合います。 ハーブティーが苦手でなければ、美味しく飲めます。 一袋30個入りで約1,700円。 1杯辺り50円ちょっとで、比較的お手頃価格だったので、無理なく続けることができました。 定期便は送料無料、いつでも解約可能です。 AMOMAでは、母乳育児の初期~卒乳まで授乳の 悩みに応じて選ぶことができます。 今回ご紹介した 「自宅でできる白斑の治し方」は実際にやってみて、効果が高かったものをまとめてみました。 ですが、 この治し方を実践しても、改善されない場合は早めに病院や助産院を受診した方が良いでしょう。 私の場合は、知り合いの助産師さんに早めに相談し、軽く母乳マッサージをしてもらえたので、その後の自宅ケアで何とか乗り越えられました。 急な体調の変化で慌てないよう、母乳の詰まりを予防しつつ、もしものときの場合に母乳外来を実施している機関を探しておくと良いですよ。 赤ちゃんとの生活、大変なことも多いと思いますが、どうか無理をせずにお過ごしくださいね。

次の

助産師さん直伝!授乳中にできる乳首の白い塊【白斑】の原因と取り方|きららぼし

乳首 白い カス

これは乳首の角栓と呼ばれる 「乳垢(にゅうこう)」という皮膚の汚れの1つです。 色が白いのは母乳だから? 乳垢が出来る原因の1つが、妊娠中から授乳中にかけて分泌された 母乳が白く固まったものです。 母乳は出産を行ってから出るようになるものとイメージしている方は多いのではないでしょうか。 実際には妊娠をしてから体内で女性ホルモンであるプロラクチンが分泌されることで、出産後の授乳に備えて母乳を体の中で作り始める働きが活発になっていきます。 妊娠中も母乳が出ることは珍しくないのです。 乳栓を塞いでしまう? 乳垢は人によって形状が異なり、 白いカスのような塊状の場合もあれば、 油っぽい液状の場合もあります。 汚れがたまらないように普段からきちんとケアを行っていないと、 乳垢が乳腺を塞いでしまう乳栓になってしまうので、母乳の出口を塞いでしまう原因となります。 目に見えて乳首に白いカスが付着しているとわかるのであれば、古い汚れが詰まってしまっている可能性があるので、乳首に負担をかけないように優しくお手入れを行っい清潔に保つことが必要になってきます。 妊娠中でないのに白いカスができてしまう事も Q「妊娠していなくても白いカスはできるの?」 A「体質にもよりますが汗が出やすかったり、不潔にしていても乳垢が出来てしまう事があります」 乳首に出来る乳垢は、妊娠中の母乳が固まって出来る白いカスが原因の場合が多いですが、 妊娠中でなくても白いカスができる方もいらっしゃいます。 乳首に汗が出る? 乳首には汗腺があることから、普段から汗をかきやすい体質の方は、皮膚の垢が出やすくなってしまうのでそれが 乳腺を塞ぐ原因となり 白いカスの原因となる可能性も高いです。 特に普段運動を良くするという方は、日頃から体から汗をよくかく生活を送っている場合があるので、体を清潔に保つためにも体を動かした後はかならずシャワーなどを浴びるようにしている方は多いです。 ただ乳首が汗をかくというイメージを持っている方は少なく、どうしてもデリケートな部位であることから、普段からしっかり 乳首を綺麗に洗うという行為をしない女性も多い事があるのです。 乳首の汗腺から分泌された汗をそのままにしておくと、角化した老廃物が蓄積して乳首の白いカスの原因につながってしまいます。 ただ 他の体の部位に比べて乳首は皮膚が柔らかく、とてもデリケートな部位でもあるので綺麗にする場合には 専用のベビーオイルや乳首専用クリームなどを利用してパックをしたり、優しくマッサージを行うだけでも汚れを綺麗に除去し、清潔な状態を保つことが出来ます。 白いカスができる原因は Q「乳垢が出来やすい原因は?」 A「妊娠していないのであれば、汗のかきやすい方は乳垢が出来やすいです」 通常乳首の白いカスは、妊娠中に分泌された母乳が固まった物が原因といわれていますが、 妊娠中でないのに白いカスができる事もあります。 汗をかきやすい体質の方に多く汗をかいたままで放置することで皮膚の老廃物が角化してしまうことで、白いカスの原因となります。 ただ通常の汗であればある程度汗をかいてもそのまま排出されてしまいます。 何時も何食べてますか? 普段の生活習慣の中でも食生活が不規則な方などは、肉類や菓子類、油っこいものを多く食べることが原因で、 皮脂の分泌量が増えてしまい汗自体が油っぽくなってしまう特徴があります。 皮脂が含まれた汗は 毛穴に汚れが詰まりやすくなってしまいます。 それが原因で角栓化を起こしてしまうので、妊娠をしていないのに乳首に白いカスが目立ちやすいという方は、注意が必要になってきます。 野菜中心の食生活をおくるように意識をしたり、普段の生活習慣全体を見直すことも重要になります。 また汚れが蓄積しやすいという方の特徴は他にもあります。 乳首の形状によって溜まりやすい? 乳首の形状は人によって異なりますが、 乳首が内部に陥没した状態になっているいわゆるの方もカスが溜まりやすい 特徴があります。 普段からお風呂に入る時に乳首の中に汚れた皮脂が蓄積しないようにケア等、乳首を常に清潔な状態で保つことように意識することが大切です。 白いカスは乳首の黒ずみの原因に Q「乳垢のそのままにしておくと黒ずみになるって本当?」 A「そのままにしてく事は、皮膚のくすみの原因になり黒ずんでしまう事もあります」 乳首の付着している白いカスは、一見目立ちにくいこともありそのまま気にせずに放置してしまう方は少なくありません。 あなたの乳首には白いカスありませんか? 乳垢や皮脂による垢は老廃物の1つなのできちんと汚れを除去せずに放置しておくと 臭いの原因や乳栓になってしまいます。 また、 乳首の黒ずみの原因など肌トラブルを起こしてしまう危険がありますのできちんと汚れを落とす必要があります。 白いカスを放置していると 乳垢はカルシウム・たんぱく質・脂質などで構成されています。 汚れを放置すると 酸化して臭いが発生しやすくなったり、 皮膚のくすみの原因となり乳首の色が黒ずんでしまうなど見た目の変化にも大きく影響を与えます。 また妊娠中でこれから出産と授乳を行う準備が体内で行われているため、乳首のケアをきちんと行って 母乳の出口である乳腺に汚れが詰まって乳栓となってしまわないように、普段からケアを行うことが大切です。 乳首は皮膚の中でもとても敏感な部位でゴシゴシ洗浄してしまうと、かえって乳首を痛めてしまう危険がありますので、お手入れはできるだけ優しく行い、お手入れを行った後はアフターケアもしっかり済ませるようにすることが重要です。 ケアの頻度は一週間に一度など、ケアの頻度を決めておくとスムーズにお手入れが行えます。 白いカスは臭う? Q「白いカスは臭いの原因になる?」 A「乳垢をそのままにしておくことは、雑菌の繁殖を招く可能性があるので、臭う可能性もあります」 乳首が臭ってしまう原因の一つに 「チチガ」があります。 これはと同じ遺伝による要素が多く、ケアをしないでいると臭いで不快感になってしまう事があります。 今回ご紹介した乳垢も、汗やたんぱく質などで出来ているため、そのままにしておくと 雑菌が溜まり臭いの原因になってしまう可能性もあります。 汗をかく暑い季節になったり、パートナーの方と夜の一時を過ごすときには大変な事になってしまいます、 とくにチチガの場合、余計に臭いを発生してしまうので、白いカスを見つけたら清潔する事を心がけましょう。 参考 白いカスを取ったり無くすには Q「白いカスを取るには?」 A「優しく取ることも大切ですが、乳首専用クリームで柔らかくしておくことも大切です。 」 パックやマッサージ 乳首の臭いや黒ずみの原因となる白いカスを取ったり、無くすには パックやマッサージを行うことが重要になります。 また 乳首を柔らかくすることや保湿も大切になってきます。 授乳中の女性は赤ちゃんが乳首を吸っても問題がないように、口に入れても安全な保湿剤を乳首に塗り、上からラップで覆うことでパックを行う方法がおすすめです。 妊娠をしていない女性であれば、乳首ケア専用のクリーム等を使うことをオススメします。 汚れを除去しやすくする他に乳口炎や乳腺炎の予防にもなります。 万が一乳口炎や乳腺炎に既になってしまい、炎症が起こってしまっている場合もこのラップケアを行うと炎症を抑えてくれる効果がありますので、上手く活用することをおすすめします。 直接角栓の汚れを除去したいという場合には、ベビーオイルを乳首に軽くなじませてから、2~3分をめどに乳首を親指と人差し指、中指の3本で軽く圧迫をかけながら摘みます。 これを指の位置を移動させながら少しずつケアを行い、最後に軽く乳首を左右にねじって、ベビーオイルを塗ればお手入れは終わります。 オイルを利用すると指の滑りを良くすることが出来るのと、皮膚を保護したり保湿する効果もあるのでマッサージを行う前と、行った後に必ず使用することが重要になります。 高い頻度でケアを行うと乳首が傷つき逆に乳腺炎の原因となるので頻度やケアの力加減を考えてお手入れを行う必要があります。 陥没乳首専用クリーム また先ほどもお伝えしましたが、 乳首の形状は色々あり陥没乳首の方や、形状の影響によって乳垢が溜まりやすくなります。 また乳首が硬い事で、乳垢が溜まりやすくなってしまいます。 乳首の形状によっては、授乳にも影響が出てくる場合もあるので、でセルフケアしていく事も大切になってきます。 乳首用クリームなら、保湿作用や女性ホルモンにアプローチしていくものもあるので、 乳首を総合的にケアしていけます。 まとめ 「乳首に白いカス?!カスができてしまう対策と原因は妊娠したから?」いかがでしたか。 乳首はとてもデリケート。 そして色々な場面で大切な部分でもあります。 清潔にしていく事で、きれいなバスト作りに繋がっていきます。 バストは女性の証です。 正しいセルフケアをして女子力UPしていきましょう。

次の

妊婦の乳のカスの取り方!乳頭の白いモノは母乳?妊娠初期や後期は?|母乳育児のすすめ♪

乳首 白い カス

これは乳首の角栓と呼ばれる 「乳垢(にゅうこう)」という皮膚の汚れの1つです。 色が白いのは母乳だから? 乳垢が出来る原因の1つが、妊娠中から授乳中にかけて分泌された 母乳が白く固まったものです。 母乳は出産を行ってから出るようになるものとイメージしている方は多いのではないでしょうか。 実際には妊娠をしてから体内で女性ホルモンであるプロラクチンが分泌されることで、出産後の授乳に備えて母乳を体の中で作り始める働きが活発になっていきます。 妊娠中も母乳が出ることは珍しくないのです。 乳栓を塞いでしまう? 乳垢は人によって形状が異なり、 白いカスのような塊状の場合もあれば、 油っぽい液状の場合もあります。 汚れがたまらないように普段からきちんとケアを行っていないと、 乳垢が乳腺を塞いでしまう乳栓になってしまうので、母乳の出口を塞いでしまう原因となります。 目に見えて乳首に白いカスが付着しているとわかるのであれば、古い汚れが詰まってしまっている可能性があるので、乳首に負担をかけないように優しくお手入れを行っい清潔に保つことが必要になってきます。 妊娠中でないのに白いカスができてしまう事も Q「妊娠していなくても白いカスはできるの?」 A「体質にもよりますが汗が出やすかったり、不潔にしていても乳垢が出来てしまう事があります」 乳首に出来る乳垢は、妊娠中の母乳が固まって出来る白いカスが原因の場合が多いですが、 妊娠中でなくても白いカスができる方もいらっしゃいます。 乳首に汗が出る? 乳首には汗腺があることから、普段から汗をかきやすい体質の方は、皮膚の垢が出やすくなってしまうのでそれが 乳腺を塞ぐ原因となり 白いカスの原因となる可能性も高いです。 特に普段運動を良くするという方は、日頃から体から汗をよくかく生活を送っている場合があるので、体を清潔に保つためにも体を動かした後はかならずシャワーなどを浴びるようにしている方は多いです。 ただ乳首が汗をかくというイメージを持っている方は少なく、どうしてもデリケートな部位であることから、普段からしっかり 乳首を綺麗に洗うという行為をしない女性も多い事があるのです。 乳首の汗腺から分泌された汗をそのままにしておくと、角化した老廃物が蓄積して乳首の白いカスの原因につながってしまいます。 ただ 他の体の部位に比べて乳首は皮膚が柔らかく、とてもデリケートな部位でもあるので綺麗にする場合には 専用のベビーオイルや乳首専用クリームなどを利用してパックをしたり、優しくマッサージを行うだけでも汚れを綺麗に除去し、清潔な状態を保つことが出来ます。 白いカスができる原因は Q「乳垢が出来やすい原因は?」 A「妊娠していないのであれば、汗のかきやすい方は乳垢が出来やすいです」 通常乳首の白いカスは、妊娠中に分泌された母乳が固まった物が原因といわれていますが、 妊娠中でないのに白いカスができる事もあります。 汗をかきやすい体質の方に多く汗をかいたままで放置することで皮膚の老廃物が角化してしまうことで、白いカスの原因となります。 ただ通常の汗であればある程度汗をかいてもそのまま排出されてしまいます。 何時も何食べてますか? 普段の生活習慣の中でも食生活が不規則な方などは、肉類や菓子類、油っこいものを多く食べることが原因で、 皮脂の分泌量が増えてしまい汗自体が油っぽくなってしまう特徴があります。 皮脂が含まれた汗は 毛穴に汚れが詰まりやすくなってしまいます。 それが原因で角栓化を起こしてしまうので、妊娠をしていないのに乳首に白いカスが目立ちやすいという方は、注意が必要になってきます。 野菜中心の食生活をおくるように意識をしたり、普段の生活習慣全体を見直すことも重要になります。 また汚れが蓄積しやすいという方の特徴は他にもあります。 乳首の形状によって溜まりやすい? 乳首の形状は人によって異なりますが、 乳首が内部に陥没した状態になっているいわゆるの方もカスが溜まりやすい 特徴があります。 普段からお風呂に入る時に乳首の中に汚れた皮脂が蓄積しないようにケア等、乳首を常に清潔な状態で保つことように意識することが大切です。 白いカスは乳首の黒ずみの原因に Q「乳垢のそのままにしておくと黒ずみになるって本当?」 A「そのままにしてく事は、皮膚のくすみの原因になり黒ずんでしまう事もあります」 乳首の付着している白いカスは、一見目立ちにくいこともありそのまま気にせずに放置してしまう方は少なくありません。 あなたの乳首には白いカスありませんか? 乳垢や皮脂による垢は老廃物の1つなのできちんと汚れを除去せずに放置しておくと 臭いの原因や乳栓になってしまいます。 また、 乳首の黒ずみの原因など肌トラブルを起こしてしまう危険がありますのできちんと汚れを落とす必要があります。 白いカスを放置していると 乳垢はカルシウム・たんぱく質・脂質などで構成されています。 汚れを放置すると 酸化して臭いが発生しやすくなったり、 皮膚のくすみの原因となり乳首の色が黒ずんでしまうなど見た目の変化にも大きく影響を与えます。 また妊娠中でこれから出産と授乳を行う準備が体内で行われているため、乳首のケアをきちんと行って 母乳の出口である乳腺に汚れが詰まって乳栓となってしまわないように、普段からケアを行うことが大切です。 乳首は皮膚の中でもとても敏感な部位でゴシゴシ洗浄してしまうと、かえって乳首を痛めてしまう危険がありますので、お手入れはできるだけ優しく行い、お手入れを行った後はアフターケアもしっかり済ませるようにすることが重要です。 ケアの頻度は一週間に一度など、ケアの頻度を決めておくとスムーズにお手入れが行えます。 白いカスは臭う? Q「白いカスは臭いの原因になる?」 A「乳垢をそのままにしておくことは、雑菌の繁殖を招く可能性があるので、臭う可能性もあります」 乳首が臭ってしまう原因の一つに 「チチガ」があります。 これはと同じ遺伝による要素が多く、ケアをしないでいると臭いで不快感になってしまう事があります。 今回ご紹介した乳垢も、汗やたんぱく質などで出来ているため、そのままにしておくと 雑菌が溜まり臭いの原因になってしまう可能性もあります。 汗をかく暑い季節になったり、パートナーの方と夜の一時を過ごすときには大変な事になってしまいます、 とくにチチガの場合、余計に臭いを発生してしまうので、白いカスを見つけたら清潔する事を心がけましょう。 参考 白いカスを取ったり無くすには Q「白いカスを取るには?」 A「優しく取ることも大切ですが、乳首専用クリームで柔らかくしておくことも大切です。 」 パックやマッサージ 乳首の臭いや黒ずみの原因となる白いカスを取ったり、無くすには パックやマッサージを行うことが重要になります。 また 乳首を柔らかくすることや保湿も大切になってきます。 授乳中の女性は赤ちゃんが乳首を吸っても問題がないように、口に入れても安全な保湿剤を乳首に塗り、上からラップで覆うことでパックを行う方法がおすすめです。 妊娠をしていない女性であれば、乳首ケア専用のクリーム等を使うことをオススメします。 汚れを除去しやすくする他に乳口炎や乳腺炎の予防にもなります。 万が一乳口炎や乳腺炎に既になってしまい、炎症が起こってしまっている場合もこのラップケアを行うと炎症を抑えてくれる効果がありますので、上手く活用することをおすすめします。 直接角栓の汚れを除去したいという場合には、ベビーオイルを乳首に軽くなじませてから、2~3分をめどに乳首を親指と人差し指、中指の3本で軽く圧迫をかけながら摘みます。 これを指の位置を移動させながら少しずつケアを行い、最後に軽く乳首を左右にねじって、ベビーオイルを塗ればお手入れは終わります。 オイルを利用すると指の滑りを良くすることが出来るのと、皮膚を保護したり保湿する効果もあるのでマッサージを行う前と、行った後に必ず使用することが重要になります。 高い頻度でケアを行うと乳首が傷つき逆に乳腺炎の原因となるので頻度やケアの力加減を考えてお手入れを行う必要があります。 陥没乳首専用クリーム また先ほどもお伝えしましたが、 乳首の形状は色々あり陥没乳首の方や、形状の影響によって乳垢が溜まりやすくなります。 また乳首が硬い事で、乳垢が溜まりやすくなってしまいます。 乳首の形状によっては、授乳にも影響が出てくる場合もあるので、でセルフケアしていく事も大切になってきます。 乳首用クリームなら、保湿作用や女性ホルモンにアプローチしていくものもあるので、 乳首を総合的にケアしていけます。 まとめ 「乳首に白いカス?!カスができてしまう対策と原因は妊娠したから?」いかがでしたか。 乳首はとてもデリケート。 そして色々な場面で大切な部分でもあります。 清潔にしていく事で、きれいなバスト作りに繋がっていきます。 バストは女性の証です。 正しいセルフケアをして女子力UPしていきましょう。

次の