グーグル スプレッド シート プルダウン。 Googleドライブ スプレッドシートで行を固定する方法。 » ブロードヒューマンネットワーク社員ブログ

Google スプレッドシートが英語表記の時の直し方

グーグル スプレッド シート プルダウン

印刷方法 Step. 1 メニューバーのコピー機のマークをクリックします。 もしくは、「ファイル」メニューの中の「印刷」からもいけます。 Step. 2 「印刷設定」の画面が現れます。 ここで、印刷する情報や改ページの設定などをおこないます。 (詳しくは後述) 右上の「次へ」をクリックします。 Step. 3 ブラウザの印刷画面に移動します。 画像は、Chromeの場合です。 ここからは、通常通り、印刷の仕方や用紙などを設定します。 印刷ができました! 印刷設定 ここからは、Step. 2の「印刷設定」画面について上から順に説明します。 2018年4月のアップデートで改ページの調整が可能になったことで、より印刷がしやすくなりました。 一般の設定• 印刷 印刷する箇所をプルダウンから選択します。 特定のセル範囲だけを印刷したい場合は、先に範囲を選択してから印刷設定の画面を開くと、ここで選択することができます。 用紙サイズ プルダウンから選択します。 ページの向き 横向きか縦向きかを選択します。 スケール 用紙に対してどのような大きさで印刷するか、プルダウンから選択します。 「カスタム値」を選択すると、倍率の数字を入力することができます。 余白 余白の広さを設定できます。 「カスタム値」を選択すると、上下左右それぞれの余白を百分の1ミリの単位で調整することができます。 カスタムの改ページを設定 リンクをクリックすると、エクセルの「改ページプレビュー」のような画面に移ります。 改ページが青い点線で表示されているので、点線を左右または上下にドラッグすることで、改ページを調整することができます。 操作はエクセルに近いので使いやすいです。 以前まではこの機能がなかったので、行列を増やしたり減らして微調整をしながらプレビューを繰り返し見て調整していたため、とてもありがたい……! 右上の「改ページを確定」をクリックすると、改ページが保存され設定画面に戻ります。 印刷形式 「印刷形式」の右側の下向き三角をクリックすると、さらに細かい設定ができます。 ページの印刷順序 印刷する順序を、シートの上からか左からかを、プルダウンで選択します。 配置 用紙に対して、水平方向と垂直方向それぞれどのように配置するか、プルダウンから選択します。 チェックを入れると、プレビュー画面に情報が追加されます。 デフォルトで右上・左上などに配置されますが、次の項目で変更できです。 カスタム欄を編集 リンクをクリックすると、ヘッダーとフッターの編集画面に移動します。 それぞれ表示する項目の位置や表示形式をカスタマイズすることができます。 たとえば、ページ番号は右下ではなく中央下に「1」ではなく「P. 1」の形式で表示させたい、といったことも、エリア・項目・表示形式を選択するだけで可能です。 右上の「確定」を押しましょう。 行と列の見出し シートの行や列を固定している場合、チェックボックスをONにすると、固定された行や列を2ページ目以降にも追加して印刷することができます。 ページをまたいで大きな表を印刷する場合などに便利です。 さいごに LIGでもそうですが、ペーパーレス化がどんどん進んでいる時代だと思います。 そんな中でもGoogleスプレッドシートは、需要に応じて必要な機能を排除せず、アップデートしてくれるところがありがたいですね。 今回も読んでいただき、ありがとうございました。

次の

スプレッドシートのプルダウン選択でセルの色を変更する方法

グーグル スプレッド シート プルダウン

この記事のURLをコピーする Microsoft officeを脅かす存在でもある、Googleスプレッドシート。 導入企業も増えてきているようですね。 個人的には、先日紹介したLibreofficeの記事も含め、 Microsoft officeがPC に入っているかどうかは大きな問題ではなくなってきたと考えています。 特にPCを買うときにはofficeが入っているかどうかで何万円も変わってきますから、無料で使えるofficeソフト・アプリはどんどんシェアを伸ばしていくでしょう。 そんなときの変更方法をお伝えします。 左上の三本線をクリック 下記のように、全部英語になってしまっています。 左上の三本線をクリックしてください。 Settingsをクリック すると、Google Sheetのメニューバー? が出てきますので、Settingsをクリックしてください。 Settingsの中にある、Languageを変える ここのLanguageが[English]になっているから、全部英語なんですね。 これを[日本語]に変更しましょう。 日本語に切り替わった! スプレッドシートのメニューに戻ると、無事日本語に変わっています。 シート内の表記も日本語になってる スプレッドシート内もすべて日本語環境に変わっています!これで快適にスプレッドシートを使うことができますね。 まとめ Googleの無料サービスは本当にどんどん進化しています。 5年前・10年前にはお金を払わなければいけなかったことが全てGoogleが無料で使えるようにしてくれています。 企業、特にスタートアップの会社などには本当に強い味方となってくれるので、今後もどんどんGoogleのサービス・情報を使いこなせる必要性を感じます。 このブログでも適宜紹介していきたいと思います。 お疲れ様でした!.

次の

結局Googleスプレッドシートとエクセルは何が違うの?を検証してみた

グーグル スプレッド シート プルダウン

Googleスプレッドシートとは? 表計算ソフトといったら、ほとんどの人がマイクロソフトのExcel(エクセル)を思い浮かべると思います。 その他にも、フリーソフトの表計算ソフトやキングソフトのExcel互換製品などもありますが、ビジネスの世界でExcelが事実上の標準になっていることもあり、表計算ソフトといえば、ほぼExcelを指すのが実態です。 こうした状況はいまでも変わりませんが、じわじわと人気を高めているのが「」です。 Googleスプレッドシートとは、検索で有名なグーグルが開発した表計算ソフトで、Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。 できることもExcelと似ています。 たとえば、Excelと同じように関数や式を使って数値を自動的に計算したり、グラフを作成したりできます。 もちろん、請求書や名簿などを作成して印刷することもできます。 また、Excelとのある程度の互換性も持っています。 たとえば、簡単な表であれば、Excelで作った表をGoogleスプレッドシートに読み込んで編集することもできます。 では、ExcelとGoogleスプレッドシートは何が違うのでしょうか? 以下では、主な違いについて説明していきましょう。 これがGoogleスプレッドシート。 グーグルが作った表計算ソフトです。 できることもExcelと似ています。 Excelのファイルを読み込んで編集することも可能です。 ただし、完全な互換性があるわけではありません Googleスプレッドシートを利用するにはインターネットが必要? ExcelはWindowsアプリケーションです。 このため、Windowsにインストールして利用します。 これに対して、GoogleスプレッドシートはWebアプリケーションです。 Webアプリケーションは、Webブラウザで動作するアプリケーションのことで、基本的な仕組みは通常のWebサイトと同じです。 このため、インターネットに接続できるパソコンとWebブラウザがあれば、Googleスプレッドシートはどこからでも利用することができます。 逆にいうと、インターネットがないとGoogleスプレッドシートを利用することはできません。 この点は、インターネットがなくても利用できるExcelとの大きな違いです。 ただし、Googleスプレッドシートには、インターネットがなくても特定のファイルを編集できるようにする機能が用意されています。 具体的には、Googleスプレッドシートのファイル一覧の画面で、ファイル右端のボタンをクリックし、メニューの[オフラインで使用できるようにする]をオンにします。 これで、そのファイルはインターネットがなくても編集できるようになります。 なお、この機能を利用するには、WebブラウザにGoogle Chromeを使って、「Googleオフラインドキュメント」という拡張機能をインストールしておく必要があります。 「Googleオフラインドキュメント」は、からインストールできます。 ファイル名の右端にある三点アイコンをクリックし、[オフラインで使用できるようにする]をオンにする GoogleスプレッドシートはGoogleドライブと一体化している? グーグルは、クラウドにファイルを保存できるクラウドストレージサービスとして「」を提供しています。 これは、マイクロソフトのにあたるサービスです。 Googleスプレッドシートは、このGoogleドライブと一体化しています。 具体的には、Googleスプレッドシートで作成したファイルは、自動的にGoogleドライブに保存されます。 また、Googleドライブ上で、Googleスプレッドシートのファイルを新規作成することもできます。 なお、Googleドライブと一体化しているのは、Googleスプレッドシートだけではありません。 ワープロの、プレゼンソフトのも、Googleドライブと一体化しています。 ファイルを保存するGoogleドライブとファイルを作るソフトを一体化することで、より利便性を追求しているわけです。 Googleドライブはグーグルが提供するクラウドストレージサービスです。 [新規]ボタンをクリックすると、Googleスプレッドシートのファイルを新規作成できます。 ワープロのGoogleドキュメント、プレゼンソフトのGoogleスライドも同じです Googleスプレッドシートのファイルはパソコンやタブレット、スマートフォンで表示・編集できる? Googleスプレッドシートで作ったファイルは、Googleドライブに保存されます。 このため、インターネットが使えれば、その他のパソコンやタブレット、スマートフォンからもアクセスできます。 実際に、グーグルはおよびのGoogleスプレッドシートのアプリを提供しています。 iOS用はApp Store、Android用はGoogle Playからインストールして利用できます。 このように、さまざまな端末を使って、さまざまな場所から同じファイルにアクセスできるのは、Googleスプレッドシートの非常に大きいメリットになっています。 iPhone用のGoogleスプレッドシートのアプリ。 iPhoneでGoogleスプレッドシートのファイルを表示・編集できます Googleスプレッドシートは複数人による同時編集が得意? Googleスプレッドシートには、複数人での同時編集が得意です。 Googleスプレッドシートで作ったファイルは、Googleドライブに保存されます。 つまり、クラウド上に保存されているので、そのファイルに、複数の人が離れた場所からアクセスし、同時に編集することができるのです。 この仕組みを使えば、たとえば請求書を作るとき、Aさんが商品名と個数を入力し、Bさんが商品の一覧表を確認しながら単価を入力して、請求書を完成させるといったことも可能です。 また、チャット機能もあるので、同じ請求書を見ながら、「この商品の単価を確認して!」とか「正式な商品名を教えて!」といったやりとりを、リアルタイムで行うことも可能です。 Excelでも同様のことは可能ですが、手軽さはGoogleスプレッドシートの方が優れていると思います。 Googleスプレッドシートは1つのファイルに複数人で同時にアクセスして、同時編集することもできます。 チャット機能でコミュニケーションしながら作業することも可能です Googleスプレッドシートは基本的には無料? 価格についても触れておきましょう。 まずExcelですが、こちらは有料のソフトです。 Officeのプレインストールされたパソコンやパッケージを購入したり、Office 365というクラウドサービスを契約して、はじめて利用することができます。 これに対して、Googleスプレッドシートは、Googleアカウントを持っていれば、基本的には無料で利用できます。 ただし、「」という企業向けのサービス(マイクロソフトのOfficeに相当します)を利用している場合は、その料金がかかります。 Googleスプレッドシートの特徴を活かす使い方は? Googleスプレッドシートの表計算ソフトとしての実力は、ビジネスで十分活用できるレベルです。 そう書くと「Excelとどっちがいい?」と考えたくなりますが、両者は排他的ではありません。 Excelは実績のあるソフトで、仕事はもちろん、他の会社とデータをやりとりするときも必ず必要になります。 したがって、Excelのスキルは間違いなく必要です。 一方、Googleスプレッドシートは、いつでもどこからでもアクセスできて、共同編集もできます。 これはクラウドのメリットそのもので、それを活かすならGoogleスプレッドシートは最適です。 というわけで、両方をうまく活用するのがいちばんいいと思います。 ビジネスの現場を見ると、やはりExcelをメインにして、共同編集したいときなどにGoogleスプレッドシートを使うのが、バランスがよいと思います。 ただし、最近はスタートアップ企業などを中心に、Googleスプレッドシートをメインに活用して、他の企業とやりとりするときにExcelを使うといった逆転現象も起きているようです。 いずれにしても、これからは「Excelだけ使えれば十分!」とはいえなくなりそうです。 ぜひ、Googleスプレッドシートを試してみて、その活用を検討してみてください。 「Google スプレッドシートの使い方」のおすすめ記事• 【関連記事】•

次の