医師の夫が不倫。 木下博勝医師の評判が最悪でドン引き!不倫・パワハラ・モラハラ亭主だった?

職場の医師と不倫中。辛いです。

医師の夫が不倫

夫の職場不倫 夫が浮気していました。 夫は医師で、相手は同じ病院に勤める一回り下の独身看護師です。 夫は現在大学病院の医局に籍があり、そこから関連病院に派遣されている立場なので すが、あと1年程は異動がなく同病院で勤務継続となりそうです。 相手の女性との示談は済んでいますが、彼女が奨学金をもらっていた関係上、最短で来年春まで同病院で勤務する必要があり、このままでは両者とも同じ職場に居続けることになってしまいます。 発覚後別れてもらいましたが、職場が一緒だとまた復縁しないかとても不安です。 話し合って離婚はしないことになりましたが、当面の間私は子供を連れて実家に帰り、冷却期間をもつ予定です。 夫は医局に知られるのを極端に嫌がっているため、私から内々に相談し夫の異動希望を申請してみようかと悩んでいます。 その場合はやはり医局内で夫の立場が悪くなりますか。 医療関係者の方やその奥様、似た経験をされた方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いします。 ユーザーID: 0959191578 ご主人の立場が悪くなるだけでしょうね。 教授の心象は悪くなるし、ライバルには弱みを握られることになります。 大学病院での立身出世は諦める事になるでしょう。 あなたが将来の教授夫人を夢見ているなら大人しくしている事です。 もっとも示談なんて妻が出て行って話を大きくした時点で、病院内では 知らない人はない格好のネタになってるでしょうけどね。 それに焼けぼっくいに火がつくのがこわいなら、なぜ今実家へ逃避行? 医師の妻の座を手放したくないなら、今こそ、しっかり家庭を守り、理想の 妻を見せつけて「やっぱり俺にはコイツしかいない」と思わせるべきでは? ユーザーID: 3698978423• 多分やめられない 親戚に男性勤務医が何人かおり、大抵看護婦とデキて離婚騒ぎになっていました。 しかも奥さんたちが騒いで看護婦と別れてもまた別の看護婦と付き合うので、問題は永遠に解決しません。 私が社会人になって趣味のサークルで看護師の女性と知り合い、この件について恐る恐る聞いてみたら、私の親戚のいる科はものすごく激務で精神的ストレスが溜まり、緊急対応も多く拘束時間が異様に長いことが一般的だと知らされました。 また、夜勤が終わっても患者の容態変化や急患ですぐ家から戻されるため、若い医師の過労死もあると。 常に人の生死の瀬戸際に立たされ心身ともに磨り減る異常な世界は、医療関係者でしか分かり合えないところがあり、家族より長い時間を過ごす病院内の不倫はものすごく一般的だそうです。 ただ、あくまでも過酷な状況での特殊な結びつきなので、看護師も離婚を迫ることはまず無く、割り切った関係のようです。 そもそも看護師も手に職持って稼いでいますし。 離婚する気が無いなら、御主人の職場への通報は、やめたほうがいいです。 私の親戚の浮気された奥さんたち(いずれも私と血がつながっていない方)は、親族内では多少騒ぎましたが、結局離婚していません。 女性医師で旦那より稼いでいる方もいましたが、「子供がかわいそう。 あと、女性医師は再婚に苦労するけれど、独身医師に戻る旦那はすぐにずっと若い綺麗な女性が沢山よって来るかと思うと、野に放てない。 」んだそうです。 特殊な職業ですね。 ユーザーID: 2731433182• きついことを言いますが >夫は医局に知られるのを極端に嫌がっているため 身から出た錆。 自業自得。 示談が済んだから終わりではない。 >彼女が奨学金をもらっていた関係上、最短で来年春まで同病院で勤務する必要があり 出来る事なら彼女を遠くにやりたいんですね。 相手の女性だって充分傷ついたはず。 ご主人を遠ざけたいと思っていますよ。 >当面の間私は子供を連れて実家に帰り、冷却期間をもつ予定です。 実家に帰って毎日何をして過ごすつもりですか? 夫の側でしっかり主婦をする方が良いのではありませんか? そんな事をしていたら、焼け木杭には火が付きそう。 ユーザーID: 9243602129• 恋愛・結婚・離婚ランキング• 俺は医師じゃないが常識で考えろ お気持ち良くわかります。 おつらいですね。 これだけはおやめになれたほうが良いと思いますよ。 必ず、ご主人に奥様からそういったお話があったことは耳に入りますし、それが知られたら、恐らく離婚は避けられないでしょう。 よく主婦の方で「勤務先に相談すれば」という方がいらっしゃいますが、それは組織の論理を知らない方の意見であり、また、勤務先に相談されたことが夫に伝わった場合、間違いなく離婚になるでしょう。 そして、「組織の論理」・・・の前に、「自分が嫌なことをする妻」を好きでいられる、愛せると思いますか? >夫は医局に知られるのを極端に嫌がっている のですよね。 確かに浮気され、傷つけられたのはわかりますが、相手の嫌がることをしてしまえば、ますます気持ちが離れてしまうだけだと思います。 場合によっては「医局に言われた」=「復讐された」になってしまうでしょう。 離婚されたくないのであれば、他者を巻き込んでの大事になさらないことを強くお勧めします。 ユーザーID: 4996257159• 残念ながら 女性医師です。 20年以上みてきて、9割の医者は浮気します。 そんなもんです。 医者と結婚する=夫の浮気は受け入れる覚悟あり と思ってます。 実際、奥様方は寛容に構えてますよ。 私の知り合いの看護師たちも私の同僚たちと結婚しましたが、私からみて浮気をしてないと断言できるのは2人だけで、あとは明らかに浮気をしています(本人が言うことも多々あり)。 若いころはいつ離婚するのかな?と思ってましたが、みなさん離婚されずに黙々と子育てをしているように見受けられます。 それが一番幸せなんじゃないでしょうか? 浮気はしてもしょせん浮気なんですからで〜んと構えてればいいんです。 たった一人、浮気が本気になって奥様と離婚してその浮気相手と再婚した人もいましたけど。 これはちょっと引きましたね。 子供ができる前に盛大に浮気をした場合は結構離婚してます。 そしてすぐ再婚してますね。 医局人事に妻が口を出すなんて非常識にもほどがあります。 ご主人は医局にいられないほどの恥をかき、さらに今後の出世も望めません。 浮気が問題ではなく、人事に口を出す妻を持っているということが問題です。 ユーザーID: 3541245849• 20年目妻 大学病院勤務夫をもつアラフォー妻です。 私ははたらいていません。 もし 私が同じ状況になったらと考えてみました。 もう別れているのなら 目をひからせつつ 追いこまないほうがいいよ! 医局に連絡なんて もってのほかです。 絶対やめてね! ご主人の面目まるつぶれ 逆に看護師の方に略奪 されてしまいますよ。 半分本気でいってますよ。 北風と太陽というお話を思い出してくださいね。 医師はもてます?ので多少の浮気はしょうがないのかなあ だってもし離婚になって お子さん大学進学も国立のみ とかかわいそうですよ。 お子さんのためにさわがないこと。 たいへんだと思いますが、あまり考えすぎないようにして ご褒美にブランドバッグなど買ってもらってね。 追い込むと余計に、向こうが盛り上がって、 一緒になるとか、なるないとか困ると思います。 少し深呼吸して、なにが一番大切なのかよく考えて くださいね。 外部に情報をあたえることは、ご主人のプライドを ズタズタしますからぜったいにしないでね。 ユーザーID: 3947365513• 何もしないほうがいいと思います 同様の経験はありませんが、 夫も関連病院への派遣がある大学病院の医局員で、 私自身はいま他科の医局秘書をしていますので、 状況はよくわかります。 悶々とするお気持ちはすごくよくわかるのですが、 離婚を全く考えていないのであれば、内々に相談とかはしないほうが良いですよ。 そもそも内々に相談って誰にでしょうか。 医局長?現在の病院の科長や院長?逆に下っ端の医局員? 誰に相談しても「内々に」なんて無理です。 人事異動が絡むのですから。 間違いないです。 ご主人の立場は悪くはならないと思いますよ。 ただあなたがこれからずっと「怒鳴り込んできた鬼嫁」として好奇の目にさらされるんです。 構わないのであればだれかに相談してもよいですが、 離婚する気がないならば、あなたがかわいそうなので、お勧めしません。 そもそも、浮気していたことを知っていた人は実は多いと思いますよ。 ばれていないと思っているのは本人たちだけ。 まあそれはさておき、 二度と過ちを繰り貸さぬよう、ご主人を厳しく監視するしか手立てはないです。 どうしてもその女と顔を合わせないようにしてほしいのであれば、 もっともらしい理由を付けてすぐに大学に戻ること希望とか他関連病院への移動希望とかを ご主人から教授や医局長に直談判するようにしてはどうですか? 医局内での立場が云々言っているようなら無理でしょうが… もしくは医局をやめて他の民間病院に勤めるとか。 そもそも、しばらくは反省しておとなしくしているでしょうが、 浮気をする人は繰り返すからなあ。 今回の女だけに気を付けても、、 悪い癖は忘れたころにやってしまいますから、 今後ずっと気を付けたほうが良いですよ。 ユーザーID: 9501015077• 長年看護師しています わたしが新卒のころから、先生と先輩看護師の不倫ってたくさんありましたよ。 わたしは、医者から選ばれるような美貌も頭脳もないので、不倫経験はありません。 先生の奥様方って、皆さん、知ってか知らずか、先生たちが不倫しようが、知らん顔でしたよ。 お子様の教育に熱を入れている感じでした。 忙しい先生に代わって、奥様たちが、こどもを医者にしようと頑張っていた印象ですね。 あと、奥様自体が、元不倫相手で略奪婚に漕ぎつけた看護師って、例もありました。 医者って看護師にも患者さんにも、もてますよ〜。 思い切って、あなたも割り切っちゃうか、もしくは、旦那様が2度と、他の女に目を向けないよう、魅力を増してみてはどうでしょうか? ユーザーID: 8114570197• 言っていいと思う 夫婦で病院勤務です。 >夫は医師で、相手は同じ病院に勤める一回り下の独身看護師 医療従事者は人を「みる」のが仕事です。 ある意味、ちょっとした異変等を見逃さないように教育+訓練された集団ですので、当事者は上手く隠し通せた+バレていないと思っていても、案外、周囲は気が付いています。 旦那様とお相手の方がどこで会っていたのか分かりませんが…病院周辺には職員+関係者+患者様+ご家族の方等が沢山います。 旦那様やお相手の方は、その方達の事を知らなくても、相手がお2人の顔を知っている事はあります。 私の周囲では先生が院外で異性と一緒にいたので配偶者等のご家族だと勘違いし、挨拶してしまった事があります。 主様がどのように知ったのか分かりませんが…配偶者より早く、周囲が気が付いている可能性は高いですよ。 大人同士の事なので、敢て何も言いませんけど。 ちなみに私の上司は ・叩けば埃が出るような事はするな ・その時は何もなくても、ここぞと言う大事な時に埃がでる可能性がある ・自分の家族を大事にしない人が、患者様+ご家族を大切に考え治療できますか? と言っていました。 >夫は医局に知られるのを極端に嫌がっている バレては困る事をする方が、いけないのです。 >私から内々に相談し夫の異動希望を申請 旦那様が根本から変わらない限り、移動しても効果は全くないと思います。 逆に全部バレた方が、2度と浮気できないようになるかも知れませんよ。 同じ女性として、主様のご心痛はお察し申し上げます。 ユーザーID: 7280871416• 看護師に辞めてもらう 離婚する覚悟なら、医局にばらそうが、異動願いを出そうが好きにされたらよいかと思いますが、離婚したくないなら黙認一択です。 コンプライアンスに厳しい世の中になったとはいえ、医師の世界ではまだまだ不倫なんて日常茶飯事で、 男の方はそれほど痛手を被らないことも多いですし。 むしろ妻なんか出てきたら、不倫してた男の方が同情されますよ。 めんどくさい女と結婚したんだなぁって。 まあすでに病院中の噂になっているとは思いますけどね。 外で子どもは作らない、これだけは守ってもらえるようにお灸はすえた方がいいかとは思います。 間違いなく夫さんの方が誘ってますし、これからもあると思います。 諦めつかないならさっさと慰謝料もらって離婚をお勧めします。 ユーザーID: 7943185187.

次の

不倫女優 斎藤由貴の結婚は!離婚はいつ!医師とのその後の関係は?

医師の夫が不倫

浮気調査のスペシャリストである探偵から見る 浮気の多い職業TOP3 というより、ダントツに浮気調査の多い職種3選をご紹介します• 医者(医師)• 教師や教授といった教育関係者• 会社経営者 その中で、今回は毎年浮気調査のトップクラスに君臨する医者の不倫事情について述べさせていただきたいと思います 医者は看護師など医療関係者に従事する女性にモテる 皆さんご存知の通り、看護師は交代性や夜勤など、とても不規則な職種になります。 一般の独身男性と交際したくとも、そもそも休日が不規則であることから知り合うきっかけが乏しいという状況にある上、交際を進展させるにしても、相手が看護師という職業に理解のある方難しい方でなければ継続自体が難しいというのが実情です。 そのような環境下で、日々身近にいるのは必然的に医療関係者という同業者になります。 中でも、医療関係者のトップといえるステイタスにあるのが、全ての患者や関係者から「先生」と呼ばれて頼られれる上、自身の上司でもある、他ならぬ【医師(医者)】の存在です。 対外的にはどうであれ、多く看護師が夢描く最高のステイタスも、医師との結婚。 所謂、医師の妻という座になります。 その医師が独身であり、且つ、若くイケメンであろうものなら、どれほどモテるのかは想像するまでもないでしょう。 一定数存在する医師崇拝女性 看護師を含めた医療関係者だけでなく、水商売などの他業種の女性の中には、 「不倫でも構わないので医師と交際したい。 」という 「医師の女(愛人)」を求める女性が一定の割合で存在します。 そのような環境下、医師が不倫相手を求めたとしたら・・・ 相当な高い確率で不倫相手女性が見つかるであろうことは、皆さん、異論のないところではないでしょうか。 学会に愛人を伴って出張するのは、日常茶飯事 探偵をやっていて、「医師が愛人を伴って学会に出張する浮気調査」を経験したことがない者はいないと思います。 探偵にとってこの手の調査は日常茶飯事であるはずです。 また、医師の妻は専業主婦であることが多く、「俺が食わしてやっているんだ」との考えからか、不倫に抵抗感がない方が非常に多いように見えます。 医師の間で不倫が蔓延しているという実情も、貞操観念を低下させている原因の1つかもしれません。 お局化しがちな医師との不倫相手女性 医師と看護師など医療関係者女性との不倫調査では、周囲の方が不倫関係であることを認識していながら、暗黙の了解的に不倫が継続されているケースが多々あります。 皆が不倫を知りながら、知らんふりをしている状況ですので、医師が他の女性に乗り換えることは難しくなることから、不倫関係が長く継続されることになります。 交際開始当時は若い女性であったとしても、長年不倫関係が続くことにより今期を逃してしまう結果に・・・。 ただ、病院内での地位は、皆が知る「医師の愛人」というものであることから、口出しが可能なのは限られた地位の方のみという状況から、必然的に周囲からは「お局」と呼ばれる立場になってしまいます。 それでも、例え不倫関係の愛人であったとしても、 「医師の交際相手」であるステイタスに満足感を得、ズルズル不倫を続けるパターンは少なくありません。 医師の妻にとってハードルが低くない浮気調査 一般的に収入が高い医師であるからこそ、その妻が浮気調査を考えた時、一般的なサラリーマン家庭と比べれば、費用に対するハードルはそこまで高くないようです。 また、モラハラとまではいかなくとも、前述した通り亭主関白の傾向が強い医師である夫の性格を考えれば、 「今後の人生は交際女性と歩む」と一方的に通達される可能性もあります。 そういった環境から、浮気調査で不貞行為の証拠を確保した結果、すぐに離婚するかは別として、保険的な意味も含めて、絶対に不利にならないよう「不倫の動かぬ証拠」をご希望される方が多くおられます。 へ 広島の浮気調査なら探偵社ガルエージェンシー.

次の

医師の夫が子持ち看護師と不倫中

医師の夫が不倫

女性が結婚したい相手の職業としても人気が高いのが医者です。 しかし、その分不倫をしている医者も多いといいます。 看護師も、医師と結婚するために看護師になったという人も多く存在していますし、 病院に行ったことがあれば分かると思いますが、看護師のほとんどは女性です。 基本的に職場は女性だらけで中には医者に対して強い憧れている人もいるのです。。 さらに、医師は合コンでも引っ張りだこです。 医師になる前の医大生の時点から合コン三昧だったという医師もいますので、若いうちから合コンで女性慣れしていれば、どういう態度が女性がにウケるということも分かっているので、モテるのは当然ですね。 今回はそんな医者の不倫事情についてご紹介をします。 サレ妻の記事の目次• 医師に不倫する人が多いのはどうして?外科医の方が浮気をする? 医師や弁護士というと様々な職業の中で最高峰というイメージがありますよね。 特に医師は、高学歴・高収入・社会的貢献度の高さ、全てにおいて最高峰のイメージです。 また実家も医師家系という人も多く生まれながらのお金持ちという人もいます。 それだけゴージャス、ステイタスというイメージがありますし、実際収入も偏差値も高い人が多いのが現実です。 そういう人に誘われた場合、不倫をする女性というのは気持ちがとても舞い上がってしまいます。 というのも、不倫をする女性の多くは どうせ、私なんか・・・ という劣等感を抱えて生きている事が多いのです。 この、どうせ私なんか・・・という気持ちが本人が意識をしていなかったとしても抱えていないと不倫はしません。 普段から、そんな風に思っている女性が、ステイタスがあって素敵な奥さんがいるにも関わらず自分を誘ってくれていると思うと、脳内麻薬が大量に出てしまい、冷静に考える事もなく不倫が始まってしまいます。 価値がないと思っていた自分にものすごい価値が与えられたような高揚感がうまれてしまって不倫がはじまってしまいます。 独身の女性の世代によっては、同世代の男性が恋愛に積極的でないという世代もいるので、人生でこれほどロマンティックなお姫様経験をしたことがないという人もいます。 こんなにステイタスがあって、価値がある男性に、こんなにも私が熱烈に口説かれているという状況はとても抵抗することができない状態です。 このようにして不倫ははじまります。 また医師側の男性もお小遣い制ではなく、必要な分を家庭にいれるというスタイルをとっている人も多くお金の管理が自由な分、不倫もしやすいことの理由としてあげられます。 さらに、外科医や救急担当の医師などは、毎日同じ時間に出勤して、毎日同じ時間に帰宅するというように、決まった時間帯の中で働いていない医者が多くシフト制で時間が家庭に分かりにくいということや、急に患者の容態が変わったなどと、自宅を抜け出したり、外泊するのも理由がつけやすいということも不倫がしやすい理由になっています 特に、外科医は病院の中では花形です。 テレビドラマで医師が主役になる場合、大体は外科医が主役というのをみてもおわかりいただけるのではないでしょうか? 外科医は手術を行うため、手先の器用さや長時間の集中力は他の科の医師に比べて必要になります。 外科医になりたかったけれど手術が下手で他の科の医師になったという人も珍しくありません。 同じ病院で働いている看護婦などは、やはり病院の中でもすごいといわれている人と不倫をして優越感を味わいたいという気持ちが深層心理的にあるので、外科医はたとえ不倫という関係でも人気がでます。 このようなことから、医者は不倫がしやすい職業といえるでしょう。 医師を夫に持つ妻が不倫をされたら離婚する人が多い? もし医師の夫が不倫をしてそれを知ってしまったら? 夫婦のままいるのか、それとも離婚か。 どうしたらいいでしょうか? 医師の夫の不倫が分かった時に多くの人が考えるのが、次のようなことです。 1、離婚後に生活レベルを維持できるか 浮気するような夫でも医師は医師。 年収も高く、裕福な生活ができているのに、離婚後にそれを維持できるか? 子供を同じく医者にしようと思ったら、医学部の教育費でも、夫がいないと医学部にいれられないという人もいます。 子供の教育資金を理由に、離婚を踏みとどまるという人はとても多いです。 2、今の夫以上の再婚相手を見つけられるか 高年収、社会的な地位も高い医師という職業以上、もしくは同等の再婚相手を見つけることができるか。 お金や地位だけが全てではありませんが、やはり気になるところです。 子供がいるかいないかによっても事情も変わってくるようです。 子供がいる家庭の場合、とりあえず子供が大きくなるまで(高校や大学を卒業するまで)は夫婦生活を続け、子供が大きくなったら離婚というパターンが多い様です。 子供がいない場合、話し合っても解決しない場合は弁護士に相談してさっさと財産分与と慰謝料をもらって別れる場合が多い様です。 また女性の中には、傷ついているけれども、どこか離婚をしない理由を探して自分を納得させている人もいます。 ただ、中には、夫の不倫をきっかけに自分で事業を起こしたり自分で働くようになって、夫に頼らずに生活ができるようにしていこうと、人生のターニングポイントにして、その後自分の人生を生きるようになったという人もいます。 子供の学費のために夫に不倫をされても耐えるという女性もいるのですが、それが本当に子供の為になっているのか?というと実際は違うケースもあります。 子供というのは、大人が思っているよりも敏感にいろんなことを感じているので、 自分のせいでお母さんが我慢している と思ってしまうと、自己肯定感が下がってしまい、 どうせ私なんか・・・ という思考になることがあります。 そうなると、今度は子供が大人になって不倫をしてしまったり、恋愛でつまづきやすくなります。 無理やり我慢をするのではなく、自分の中で感情の処理をしていくことが一つのポイントです。 医師同士の結婚は不倫が離婚につながる事が多い理由 当たり前ですが、医師同士が結婚することもあります。 男性医師と女性医師の合コンが行われることもこともありますが、それよりも圧倒的に多いのが、医学部時代から付き合って結婚するケースです。 ただ、医師同士で結婚した場合、お互い多忙故にすれ違いが多々あります。 まず、勤務体系ですが、個人経営のこじんまりした開業医以外はほとんどの病院でシフト制となっています。 週に何回かは当直しなければなりませんし、急患が発生すれば帰りが遅くなったり、家に居ても病院に急いで向かわなければならない場合もあります。 お互いがこんな生活を続けていれば家で会っても顔を合わすだけ、一緒に食事をするのも月に何回かしかない、というようなすれ違いばかりの生活になっていきます。 当然の様に家にいて夫婦で過ごす時間より病院にいる時間の方が長いわけですから、医師の夫が病院の看護師と不倫関係になってしまうなんて言うこともザラにあります。 夫が不倫していることを知った時にどういう行動をとるのか? 自分も女医ですから、給与水準はもちろん社会的地位も夫と同じレベルです。 努力して医師という職業に就いているだけあってプライドも高い人が多いです。 そんな人が夫の不倫を黙って許せるかというと、実際はなかなかそうはいきません。 子供がいなければ最大限の慰謝料を請求して、子供がいれば慰謝料と養育費、親権を取って離婚という決着になることが多いです。 今後の生活に困らない医師という職業同士の場合は、夫である医師の不倫が発覚した場合はあっさりと離婚をします。 医師の不倫相手はどのような女性が多いの?既婚でも合コンにいく? 医師の不倫相手としてはどのような女性が多いのでしょうか。 皆さんご想像の通り不倫相手として多いのは看護師です。 職場の若い女性(もちろんベテラン看護師もいますが)と恋に落ちるというのはごくごく自然なことです。 (不倫ですが…) 不倫は医師にかかわらず、職場で出会うケースが圧倒的に多いのです。 その理由としては、同じ職業ということもあり、悩みやストレスを共有しやすいという点が挙げられます。 共通点が浮気のきっかけになることは間違いありません。 また仕事を通じて、一緒につらい思いを共有するということも、親近感がわくので恋愛感情に発展しやすかったり、単純接触効果といって、顔を合わせるほど親近感がわくという理由もあります。 また、既婚者であっても医師が合コンに参加する回数は一般の既婚者より多いと言えます。 自分が既婚であることを隠して合コンに参加する医師ももちろんいるでしょうが、それ以外だと同僚の医師に女性を紹介するというパターンもあります。 不倫をした医師が離婚したいと思う妻の特徴 不倫をした医師が離婚をしたいと思う妻の特徴は、• 自分を理解してくれない• 自分を尊敬してくれない• 家庭に居場所がない• 家庭が居心地が悪い このような時に離婚をしたいと思います。 例えば、仕事が激務で疲れているという事を理解してもらえずに、家庭の中で• 家事を手伝ってくれない• 子供の育児をしてもらえない• 私ばかり大変でつらい このような愚痴ばかりを聞いていると、男性は自分がどれだけ仕事を頑張っているのか?大変な気持ちでいるのか?わかってもらえないと思ってしまいます。 妻も 私の気持ちがわかってくれない 夫も 自分の気持ちがわかってくれない こんな風に思っている時というのは、不倫が起こりやすいのです。 反対に医師の妻として上手くやっていかなければいけない点とは何なのでしょうか? 理想の医師の妻像を観てみようと思います 医者は専業主婦が理想的な人が多い 医師の仕事は激務です。 当直や急患の対応、急な呼び出しなどで家にいる時間は一般的な家庭の夫より少ないでしょう。 医師同士の結婚の場合は共働きも多い様ですが、医師が違う職業の女性と結婚した場合には専業主婦になることが多いです。 家事や育児はもちろん、親戚付き合いまでを妻任せにする医師も珍しくありません。 というか、自然とそうなってしまうことが多い様です。 医師と結婚するのであれば、専業主婦になっても構わないという女性が理想的です。 家事を一通りこなせる 医師は基本あまり家にいません。 当直もあれば、外科の場合だと急患が発生して緊急手術になって家に帰れないこともザラです。 家にいても急な呼び出しで病院に行かなくてはならなくなったり、学会にも参加するとなると泊りも多くなります。 このように、開業医でない限りとにかく他の職業の夫に比べて極端に家にいる時間は少なくなります。 そうなると掃除、洗濯、料理や育児、近所付き合いなどは妻の役目になってきます。 激務をこなして家に帰って来ても家が汚かったり、食事も無いとなると気も休まりません。 医師の妻としてやっていくには家事全般を一通りこなせるようになることも大事です。 金銭面の管理がしっかりできる 医師は一般的な他の職業に比べて高収入です。 勤務医の平均年収は約1700万円にもなります。 (平成29年度厚生労働省調べ) 開業医になるとこの倍以上の平均年収になります。 ただし、収入も多い分、支出もそれなりに多くなります。 学会に参加したり、医師同士の会合があればそれなりの店に行き、女性が接客してくれる高級クラブなどにも顔を出すこともあるでしょう。 医師の妻の集まりがあればやはりそれなりの店に集まることになります。 女性同士の場合、見栄の張り合いになって高級ブランドものの服を身につけたり、あまり使い もしない高級な家具や食器などの調度品を購入してしまうこともありがちです。 いくら高給取りだからといって、節度というものはあります。 家事だけではなく、金銭面の管理をしっかりできることも医師の妻としては大事な要素です。 夫の肉体的・精神的なサポートができる 医師という仕事は体力的にも精神的にも疲弊する職業です。 当直や急患の対応があったり、外来でも患者さんの対応をしなければなりません。 当直ではなくても病院に泊まり込み、なんてことも珍しくありません。 精神的には体力的以上にもっと大変かもしれません。 ちゃんと病気を治せば患者さんから感謝されるとはいえ、ミスを犯せばその場合以上の非難を浴びることになります。 訴訟に発展したリ、社会的な問題になってしまうこともあります。 職場に女性が多いということで、常に彼女たちにも気を遣わなければなりません。 このように、医師という仕事には常に大きな重圧がかかっています。 家にいる時がつかの間の気を休めることのできる時間なのです。 「医者の不養生」なんていう言葉があるくらいですから、健康面も妻がサポートしていかなくてはなりません。 家にいる時くらいは残業や夜勤が多い夫に栄養面や健康に配慮した食事を作って食べさせてあげたり、愚痴や悩みを聞いてあげてストレス発散をさせてあげることも大事です。 医師が不倫をしてしまう妻の特徴とは上記と正反対の女性ということになります。 必ずしも専業主婦である必要はないとは思いますが、家事をやらない、お金をあるだけ使ってしまう、旦那に気を遣わずに好き勝手な生活をする、というような女性は医師と結婚しても不倫をされる確率が高そうです。 医者の不倫の実情まとめ 医師はとにかくモテる職業ですので、不倫をしようと思えばいつでもできる環境にあります。 職場環境としては女性が多く、病院の外でも医師というだけで信用度も高く、高収入であるということは周知の事実なので言い寄ってくる女性も数多くいるでしょう。 また、多忙というのも不倫をする際にいい口実になります。 奥さんへは、当直、急患、学会、この3つの単語を出すだけで家に帰らなくても怪しまれることなく他の女性と一夜を過ごすことができます。 収入も多いので2~3人愛人がいても金銭的に困ることもないでしょう。 せっかく医師と結婚したのに夫の気持ちが不倫相手にしか向かないというのは寂しいことこの上ありません。 もちろん不倫をしない真面目な医師も数多くいますが、家庭をしっかり守って、夫の日々の様子をしっかり観察して、悩んでいたりストレスが溜まっているようならそれを解消する手助けをしようとすることが不倫を防止する一番の良い方法かもしれません。

次の