仕事 お疲れ様 英語。 「お疲れ様」は英語で?今すぐ使える7つの用法まとめ

「お疲れ様です」って英語で何て言うんだっけ?仕事で役立つ5つのビジネス英語表現

仕事 お疲れ様 英語

Gです。 追加させてくださいね. 状況が分かりました. すこし、愛情 異性への感情 も込めてもいいのかな。 ですね、これを、I hope you are not too tired. と変えることによって,もう少しやさしさの感情を入れることが出来ますね. もっと入れたいのであれば,I'm always worried when I see you so busy and tired all the time! という心配している,という感情を入れることも出来ますね. 基本は,You've gotta be tired You must be tired です. これをどのように,感情を込めるかによって,相手を「どのように」ねぎらう事が出来るかが変わってくるわけですね。 とagainをつけることで,文章の重みが変わってきますね。 また、I know you have to work hard but I hope you will take it easy once in awhile. と分かり易く、たまには無理しないでね. と出来ないのかもしれないけど,少なくとも無視しないでと願っています,というフィーリングを示す事ができるわけです. ねぎらいとは相手を思う気持ちです. その気持ちを伝える為には,そのための表現もする必要もある、と言うことですね. これが、単なる同性友達であれば、You sure look tired out today again! Come-on! Take it easy and don't work too hard! と言うラフな言い方をするわけです. 恋人であれば,Sweetheart, I'm concerned about your health whenever I see you are so tired from busy days! I want you to know I worry about you. と、忙しくて疲れているのを見ると心配でしょうがない. 審判しているんだ. と言う表現であなたの持つやさしさをあらわすことができますね。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 ちゃんとした英語のわからない私なら、適当に I hope you haven't got tired. have got なんて今まで使ったことがないので意味を知らない。 とか、Wish xxxx とか、 1リンクの先のを書いて、I meant this as "otukaresama" in English, poor translation though. It's a Japanese saying. Almost all Japanese workers use this word after the job or.... ナンたらかんたらで押し通しますね。 だいたいメールともなると、向こうも日本人が見たこともないような言葉を使ってくるわけで、理解不能の手紙の結語が日本人に理解できないように、向こうの人が日本人のあいさつ言葉が理解できなくてもいいじゃない。 アメリカに35年ちょっと住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 ちょっと違った視点から見てみましょうね. もしGood Morningと言う意味を知らないとしますね. そして,このサイトに「日本語で言うと? 」と言う質問があったとしたらどうお答えになるでしょうか. 良い朝,或いは,Wish you a good morningの意味ですとお答えになるでしょうか. たぶん違いますね。 おはようございます。 と言う意味です、とお答えになるでしょう. そして,このお答えで全く問題ないと感じる人がほとんどだと思います。 これを読んでいる方々も,もう一度考えて見てください. いかに、今の英語教育を質の面で向上させなくてはいけないか、と言うことを。 つまり、Good Morningをおはよう,と100%教えているにもかかわらず,意訳を重要視していない、と言うことです. 前置きが長くなりましたが,Good morningという「良い朝を」と言う習慣が英語圏ではありますが,日本にはないですね. でも其の時,日本では,おはようございます、と言うわけです. 日本的に,お疲れさま,をいう習慣はこちらにはないんですね. よって,良い朝を,の代りに,おはようございます,というのと同じように,同じ状況だったら,どんな表現をするか、と言うことになります. これをフィーリング英語と私はよんでいます. >友人に、お仕事大変だったね。 おつかれさま。 というねぎらいの気持ちを英語で言うには、どう言えばよいでしょうか?? 退社する人に向かってではない時ですね. こちらでは,簡単に, You've gotta be tired. Aren't you? 疲れたでしょう,どう? Why don't you sit down and take a break? ちょっと座って休んだら. 疲れた顔をしていればまじめな意味で言いますし,大変だったよ,というのであれば,それに対して冗談ぽく言う時もあります. Do you want me to get you some drink? 何か飲むかい? これも両方のフィーリングで使います. How was it? どうだった? I hope you didn't work too hard. We still have 4 hours before we can get out here. 頑張りすぎなかっただろうな,ここをでられるまでにまだ4時間あるぜ 働かんといかんのだぜ 冗談ぽいフィーリングで言うときもあります。 デートがあることになっているなら, You may be too tired for us to go out tonight. Are you OK? 今日のデート,大丈夫? これは冷やかしにも,また、デートの相手が気遣っていうまじめな表現でもあります) と言うように,ねぎらいの気持ちがこもった言い方をアメリカ人はするのですね. しかし、この気持ちがなければ,何も言いません. つまり,日本みたいに,事務所に帰ってくると,誰もが「お疲れ様でした」と挨拶する,と言う事はありません. 冗談ぽく言う事もまた,それなりに,ねぎらいのフィーリングがこもっているんですね. 友達同士だからできることですね. つまり、ねぎらいの挨拶ではなく,ねぎらいのフィーリングを英語では言う,と言う事になります. これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 I will wait for you. どちらでも。 I will talk to you then. I wait for your call. or message いずれでも大丈夫です。 waiting for youだけを取り出すとリスクがある響きですが、ご指定の状況なら特に問題ありません。 不特定多数に対して waiting for you というとあらぬ誤解を招く事があります。 A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、 May happiness lead your life always. May your life be always fulfilled with Happiness. 最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ! と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います. そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、 I wish you be always filled with Happiness! アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う... A ベストアンサー 他の方が回答されている内容でまったく問題ないと思いますが、あえて別の表現で。 You are very welcome always to visit Japan. こうすると「来てください」という命令形にならず「いつでも歓迎します」という感じになります。 具体的なスケジュールが決まっていないわけですからこの方がいい?かな... You'll be missed very much. これは We miss you very much. の受動態ですが私自身がアメリカから帰国する際に送っていただいた言葉で「なるほどそういう言い方もできるのか」と印象に残ったフレーズです。 他には定番ですが Keep in touch 「連絡くれよ」というのもありますね。 A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 英語を使いこなすと言う事は、今回のように日本語の表現を英語に同じフィーリングを出せるように直す、と言うこのなのです。 つまり、この表現を一種の社交辞令的な表現としているだけであれば、この「気をつけてね」にはそれほどフィーリングが「こもっていない」と言う事になりますね。 しかし、この表現を言う人がこの出張に行く人に対して特別なフィーリングを持っている人であれば、または、シカゴの南部地域に出張する事を知り治安の悪いところであるということを知っているのであれば、イラン・イラクに出張と言う事であれば、自然とこの表現に心がこもるわけです。 社交辞令をして言おうとする・言わないとまずいかなと感じる情況、なんて言うフィーリングではないわけです。 ですから、この「気をつけてね」と言う表現に「安全な旅行・出張をしてください」と言うフィーリングで、Have a safe trip. とかI hope you will have a safe trip. とかもう少し具体的に、Please be careful there, OK? と言うような表現を英語ではするわけです。 また、そんなに危ないところへ行くわけじゃないけど、事故にあわないようにね、とか、食べ物・水には気をつけてね、というような具体的な表現もしますね。 気をつけてね、の「目的語(何に気をつけたら良いのか)」がすなわちこの具体的な「心配」になるわけです。 男同士だったら「向こうの女には気をつけろよ」と言うフィーリングをこめて冗談ぽい表現もしますね。 Hey, Jack, just be careful with ladies when you get there, OK? と言う感じ(笑)を入れた表現になるわけです。 しかし、ただ単なる社交辞令的な表現であるのであれば、これらの人間的フィーリングを出さないということになりがちですね。 楽しんできてね、と言うフィーリングを出す時もありますね。 と言う表現になるわけですが、「気をつけて」出張に行って来てね、とはかなり違う表現である、問う事でもあります。 Have a safe trip. も実はこちらの社交辞令的な表現としても使われるのです。 しかし、同じ表現であっても、社交辞令的表現で使われる場合と出張する人のことを(少しでも)心配していていう場合とでは、日本語の「気をつけて行ってきてください」と言う表現を使った場合それば社交辞令に聞こえる時を心配していっている場合とはちゃんとその違いを「見抜け」ますね。 Have a safe tripも同じなのです。 心から出た表現と口から出た表現の違い、と言う事なのです。 恋人ないし友達以上恋人未満であれば、「気をつけてね、本当よ」と言う表現をして、私の言っていることは社交辞令じゃないのよ、と言うフィーリングを出した表現をしますね。 英語でも同じなのです。 Have a safe tripの持つ「どちらとも取れてしまう」、言い換えると「元々のフィーリングを持った表現型だの挨拶表現になり下がった」表現だと知っていれば、I hope you will have a safe trip. とか、上の日本語の表現(「本当よ」)を出した、I mean it. を付け足して、Have a safe trip, I mean it. とかI hopeと言うフィーリングが本当よ、と言うフィーリングであれば、I hope you will have a safe trip and I mean it. と言う表現に変わっていくわけです。 自分のフィーリング(表現の裏にある・表現の土台・源である感情)と言う物をちゃんと気が付いていれば、文字である表現ではなく、フィーリングに基づいた表現になり、自分に素直になれば自然とでてくる表現方法でもあるわけです。 >バーなどで外国人男性と出会ってコミュニケーションを取る時の会話を色々練習しておきたいのですが、何か良いホームページがあったら教えてください。 英語を勉強する為? 友達を作りたいから? と言う理由でこれは変わってくると思いますが、私はこれをはっきり示したサイトは知らないのです。 無いから知らない、のではなく、あるでしょうが私は根件について調べた事が無いので存在する事を知らないので、どうかほかの人の回答をご参考ください。 ただ、私の立場からですと、バーによって「外国人男性」の質とそこにいる理由があなたの理由とは違う可能性が高いと言う事はこちらでも聞かされていますので、「気をつけてください」と駄洒落ではないですが、私からの個人的アドバイスにさせてください。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 英語を使いこなすと言う事は、今回のように日本語の表現を英語に同じフィーリングを出せるように直す、と言うこのなのです。 つまり、この表現を一種の社交辞令的な表現としているだけであれば、この「気をつけてね」にはそれほどフィーリングが「こもっていない」と言う事になりますね。 しかし、この表現を言う人がこの出張に行く人に対して特別なフィーリングを持っている人であれば、または、シカゴの南部地域に出張する事を知り... 」・「オッケー」・「了解!」・「うん、いいよ。 」 的なやり取りで返事をしたい場合、 I see. All right. I got it. Yes, Yeah, 等の言い方がありますが、 一般的に良い使われ方や注意するべき不適切な用法とかありますか? 例えば日本語で上の例みたいな場合、 目上の方とかに「了解」は使わない方がいいって聞いたことがあったりしますが・・・。 また、普通なとき(ノーマルなテンション)と、くだけた時でなんとなく使い分けていたりしますが、そういうニュアンスであるとか。 (想定しているメールの相手は友人です) A ベストアンサー 注意点についてのご質問ですね。 「Alright. 」(「All right」は、ありがちなミススペル)などは目上の人に対しても友達に対しても使える無難な表現だと思います。 「I see. 」は「なるほど」ですから、必ずしも「賛成」という意味にはなりませんので注意。 つまり、「なるほど、それはそれとして聞いておくが、私は賛成できない」という意味も含みますので。 「ok. 」もそういうニュアンスを含む場合があります。 賛成の意などを表したいなら、もう一言付け加えておいた方が無難かもしれません。 「Yeah. 」は、わりと普通にみんな使ってしまいますが、きちんとした人は目上に対して使いません。 とかく国民性がカジュアルだと思われがちな米国の小学校に通っていた頃、先生に注意されたことがあります。

次の

お疲れ様ですって英語でなんて言うの?

仕事 お疲れ様 英語

このページでは、ビジネスメールやレターの中でよく登場する「お疲れ様です」という表現について、どのように英訳すべきか考えていきたいと思います。 時と場合に応じた適切な表現ができるようになると良いですね。 また、以下のページも合わせてご覧ください。 「お疲れ様です」はどう英訳する? まず結論から言えば、「お疲れ様です」という日本語に対応する英語表現は存在しません。 また、このようにメールの冒頭で、特に意味も無く相手をねぎらう習慣もありません。 「お疲れ様です」という1つの文章として無理矢理英語に直訳することは出来るのですが、そもそも特に意味も無く相手をねぎらう習慣が存在しないので、文章の流れがどうしても不自然になってしまうんですね。 例として、まずは日本におけるビジネスメールを見てみましょう。 山田様 お疲れ様です。 経理部の田中です。 新商品のABCクリーナーは、、、(本題へ) このように、社内の相手に対するメールの場合、「お疲れ様です」という挨拶と自分の名前を述べてから、本題に入ることが多いかと思います。 一方で、英語圏のビジネスメールの例も見ていきましょう。 Dear Mr. Yamada, Good morning. ABC cleaner is … (本題へ) このように、ちょっとした挨拶だけを挟んで、すぐさま本題に入っていくことが非常に多いです。 そのため、「お疲れ様です」という日本語の英訳に悩むくらいであれば、何も書かずに本題に移ることをおすすめします。 うっかり変なことを書いてしまい、相手に嫌な思いをさせてしまうことは避けたいですね。 私たち日本人の感覚とは少し異なるかと思いますが、ビジネスメールは「短く」「簡潔に」「分かりやすく」というポイントが重要視されます。 冒頭にだらだらと形式的な挨拶を書き連ねようものなら、メールを読むのをやめてしまう可能性もあると思っておきましょう。 メールで「お疲れ様です」と言うとき、相手に対して「お仕事が大変で、お疲れのことでしょう」と本当に思っていますか? きっと違うと思います。 礼儀、礼節として、特に何も考えずに「お疲れ様です」というフレーズを使っているかと思います。 「お疲れ様です」は上下関係なく誰に対しても使うことができ、特に意味を持たない決まり文句なんです。 つまり、これを英語にしたところで、「Hello. 」や「See you. 」のようなフレーズと意味的には何ら変わらないんですね。 相手をねぎらう気持ちを伝えたい場合はどうすれば良い? 上でも書いたように、メールの冒頭で「お疲れ様です」という挨拶をすると、違和感を感じてしまう英語圏の人もいるようです。 それでは、相手をねぎらう気持ちを伝えたい場合はどう表現すれば良いのでしょうか。 そのような場合はメールの冒頭ではなく、結びの挨拶の中で一言添えることがおすすめです。 通常、英文メールの構成は以下のようになっているかと思います。 Dear Mr. Yamada, Good morning. (本題) Best Regards, [署名] この中に1文を付け加えて、以下のような形にしてしまいましょう。 Dear Mr. Yamada, Good morning. (本題) Thank you for your hard work. Best Regards, [署名] 「Thank you for your hard work. 」とは、「あなたの努力に感謝します」という意味です。 「お疲れ様です」に代用できるフレーズで、上司にも使える便利な表現ですよ。 「お疲れ様です」のように使えるフレーズ一覧 上で紹介したフレーズの他に、「お疲れ様です」と同じような意味のフレーズや、「お疲れ様です」と似た感覚で使える挨拶のフレーズをまとめました。 もし気に入ったものがあれば、日々のレパートリーの中に加えてみてください。 You did a great job. 「お疲れ様です」の意味により近付きますが、目上の人に使うと偉そうな感じに聞こえてしまいますので避けましょう。 You must be tired from work. ほぼ直訳に近い形ですね。 このフレーズならば目上の人に対して使っても問題ありません。 まとめ 以上、社内宛てのメールの中で良く使われる「お疲れ様です」について、英語での表現を紹介してきましたが、いかがでしたか。 そもそも、メールの文化や習慣の違いが大きく、なかなか英語に直訳することが難しいフレーズです。 自分なりにお気に入りの表現を見つけて、日々のビジネスメールの中で活用していってくださいね。 以下のページも合わせてご覧ください。

次の

お疲れ様ですって英語でなんて言うの?

仕事 お疲れ様 英語

お疲れさまと同じ英語表現 日本人同士の日常会話では、 「お疲れ様です」という表現をよく用いますよね。 例えば、ビジネスシーンで同僚や上司が仕事の勤務時間内に外回りから帰ってきた場合などに、同じ職場の人たちに、ねぎらいの挨拶として 「お疲れ様です」と声掛けをし、仕事が終わって帰るときにも、今日一日お疲れ様でしたという意味で 「お疲れ様です」と声を掛けたりします。 では、英語で日本語の 「お疲れ様」という気持ちを伝えたいときには、どのように表現すればいいのでしょうか。 日本語の 「お疲れ様」にあたる英語表現は、 Good morning. How are you? Have a good night. Good job. の4つで表現が可能です。 上記表現は、一貫性がないように感じるかもしれませんが、これらの表現が日本語の 「お疲れ様」に当たるあいさつフレーズとなります。 どんな状況で使う? これらの表現がどうして 「お疲れ様」にあたるのかをご説明します。 実は、英語には日本語の 「お疲れ様」に当たる万能で便利な表現はありません。 ゆえに、 「お疲れ様です」が何を伝えているのかを考え、それを英語で表現することが必要となります。 4つの「お疲れ様です」の英語表現 上述したように日本語の 「お疲れ様」は多用が可能な挨拶表現です。 状況に応じて同じニュアンスを意味する英語表現を紹介します。 英語圏の外国人の人たちは、どのように 「お疲れ様」と英語表現するかを確認してみましょう。 Good morning. 夜勤明け、午前中の時間帯に外回りから戻ってきた際の挨拶。 How are you? 同僚と廊下などですれ違う際の表現。 Have a good night. 仕事を終えた後に使われる挨拶表現。 Good job. 相手が頑張った時などに労(ねぎら)いの言葉としてかけることもあります。 英語と日本語は全く違う言語なので、どちらかの言語には存在する表現がもう一方の言語には存在しない場合があります。 その1つが 「お疲れ様」という表現です。 ニュアンスにあった表現を使おう しかし、自分がどういう意味で 「お疲れ様」という言葉を使っているのかをよく考えれば、どのように 「お疲れ様」を表現すべきか明確になります。 今回は、 「お疲れ様」の中でも、朝の出社時などのあいさつ、軽いあいさつ、退社時のあいさつ、一仕事終えた後の労いの言葉4種類をお伝えしましたが、このほかにも 「お疲れさま」が使われる状況はあるでしょう。 その時は使っている意味を考えたうえで、それに合った表現を用いて伝えると、自分の言いたい 「お疲れ様」というニュアンスを英語で伝えることが出来るでしょう。

次の