タルコフ 設定。 【EFT】タルコフのグラフィック設定のやり方(Escape from Tarkov)【タルコフ初心者備忘録】

【Escape From Tarkov】Shroud(シュラウド)の設定・使用デバイスまとめ【エスケープフロムタルコフ】|プロうま

タルコフ 設定

導入方法 1:下部より、その時最新Verのもの(現在3. 0)をダウンロード。 2:ダウンロードしたファイルを起動したら、「select game」をクリック後、「 EscapeFromTarkov. exe」を選択。 「Uncheck All」を選択して一度全て外したら、 「AdaptiveSharpen. fx」「Clarity. fx」「Colourfulness. fx」「LumaSharpen. fx」にチェックを入れて「OK」を選択。 上部に「Succeeded! 」と出たらshaderダウンロードの完了です。 4:次にゲームを起動。 「Shift+F2」を押すと、設定画面が表示されるので「continue」をクリック後、プラスを選択したら適当に名前を決めて下さい。 自分は「EFT」にしました。 5:名前を決めたら、さきほどダウンロードしたshader全てにチェックを入れて有効化し、「continue」をクリック。 Reshadeが反映されれば成功です。 なお、Reshadeの切り替えをしたい場合は、設定画面のsetting内にある「 Effect Toggle Key」に任意のキーを設定することでワンクリックで切り替えが可能になります。 また同じ画面で FPS表示をする事も可能なので、表示させたい方はお試しください。 仮に Reshadeを削除したい場合は、「reshade-shaders」「EFT. ini」「opengl32と書かれた3つのファイル」を削除すれば元通りになります。 これで「Reshade」の導入解説は以上になります。 全体的に色彩が上がる他、画面が締まるので是非他の人にも教えてあげて下さい。 何かあればコメントお願いします。 以下の画像は導入前後の画像なので、参考にしてみて下さい。 導入前 導入後 導入前 導入後 アンケート実施中!! ブログをより良いものにする為にアンケートを取っています。 匿名及び必須項目はありませんので、気軽にご参加下さい!協力のほうよろしくお願いします。 こちらの又は下記アンケートより回答できます。 読み込んでいます… 読み込んでいます….

次の

「Escape from Tarkov」操作方法、各種設定

タルコフ 設定

この記事の目次• 【EFT】Escape from Tarkov:タルコフの遊び方・やり方 上記の記事でタルコフの購入方法を解説しました。 今回はその続きで、 タルコフの遊び方や操作方法を解説していきます。 タルコフを購入していない人、インストールを完了していない人は、まずは、上記の記事を参考にインストールを完了させてください。 ランチャーを起動したら「Play」をクリックします。 言語を選択します• 日本語にはまだ対応しておりません。 ニックネームを入力• 「NEXT」をクリック BEARとUSECの違い BEARとUSECのどちらかを選択する画面が表示されます。 簡単な違いは、喋る言語、ゲーム内チャット時の言語が違います。 BEAR:ロシア語• USEC:英語 BEAR:ロシア語 USEC:英語 ロシア語はよくわからないので、今回はUSECを選択しました。 USECとBEAR、フレンドとそれぞれ同じ所属ではなくても、所属関係なく一緒に遊ぶことができます。 基本的にあとから変更不可で、もしあとから 変更したい場合、ゲーム内の進行状況をリセットする必要があるようです。 メニューの見方• ESCAPE FROM TARKOV:タルコフからの脱出(これがメイン)• CHARACTER:キャラクター(PMCで使用するキャラの装備やスキル、タスク管理など)• TRADING:トレード(武器や物資の売買)• HIDEOUT:隠れ家(ハイドアウト)• EXIT:ゲームをやめる 初めてゲームをプレイするという人は、まずは「ESCAPE FROM TARKOV」をSCAVモードでプレイしつつ操作方法を覚えるのをおすすめします。 SCAVとPMCの違い 「ESCAPE FROM TARKOV」をクリックすると、SCAVとPMCという2つのキャラクターを選択する画面が現れます。 SCAVとPMCの違い• SCAV:装備は毎回ランダムなキャラクターでプレイ(出撃は20分毎)• PMC:あなた自身(CHARACTERで設定した装備でプレイ) 基本的には PMCがあなたのキャラクターでメインプレイとなります。 しかし、PMC(メインキャラクター)で出撃した場合、キルされるとポーチに入れていなかったアイテムは全てロストすることに注意してください。 高価なアイテムやタスクで持ってこいといわれたアイテムは、必ずポーチ(セキュアコンテナ)に入れておくようにしましょう。 鍵を使って開けれる場所の中にお宝があったりするので、鍵を見つけたらポーチに入れておくといいですよ。 メインメニューから「CHARACTER」をクリックすると上記の画面が表示され、PMCモード(マイキャラクター)で遊ぶときの装備などをカスタマイズ可能です。 なお、ポーチ(セキュアコンテナ・ガンマコンテナ)の大きさは購入したによって異なります。 一方、SCAVは、ランダムな装備で出撃する使い捨てキャラなので、 ゲームに慣れるまではSCAVでプレイすることをおすすめします。 デメリットとしては、 SCAVモードにはポーチが存在しないため、レアアイテムを見つけても、ポーチに入れることができず、死んでしまうと持ち帰ることができません。 メリットとしては、ゲーム内のNPC(ノンプレイヤキャラクター、AIプレイヤー)が味方なので、こちらから攻撃しない限りNPCには攻撃されません。 そのため、安全にアイテムを集めることが可能です。 SCAV:20分毎にランダムの装備で出撃可能。 ポーチがないので死んだらアイテムを持ち帰れない。 NPCは攻撃してこないので安全。 PMC:自分がカスタムした装備で出撃可能。 ポーチに入れたアイテムは死んでも持ち帰り可能。 自分以外は全員敵。 【EFT】タルコフ初心者はまずは何をやるべき? 初心者の方はタルコフの操作方法に慣れるためにも、「ESCAPE FROM TARKOV」をSCAVモードでプレイしていきましょう。 繰り返しになりますが、SCAVモードだと毎回ランダムな装備で出撃でき、キルされても自分の装備を失うことはありません。 まずは、 SCAVで出撃し、物資、アイテム、武器などを集めて帰還することを目標とします。 はじめのうちは「INTERCHANGE」がおすすめ それぞれのマップには昼と夜があり、時間や気候が表示されています。 初心者は慣れるためにも 明るい昼の時間を選択することをおすすめします。 場所を選んだら「READY」をクリックします。 あとは出撃を待つだけです。 なお、 リスポーン地点(スタート地点)はランダムに決まります。 マッチングが遅いと感じたら下記の記事を参考にしてください。 タルコフの出口・脱出地点はどこ? タルコフの目的は脱出にあります。 ゲーム開始時に画面右上に、このように脱出地点が表示されます。 敵をキルしつつ、アイテムを調達しつつ、脱出地点を目指しましょう。 マップは「TRADING」から購入することもできます。 ネットで調べたら情報はいくらでも出てくるので、そちらを参考にするのもありです。 【EFT】タルコフの操作方法 タルコフの操作方法をまとめてみました。 操作方法が複雑なので慣れるまでは表を見ながらプレイしてみてください。 TRADING:アイテムの買い方・購入方法 メインメニューから「TRADING」をクリックするとディーラー(トレーダー)を選ぶ画面が表示されます。 ディーラーを選ぶことで、アイテムを売買・交換したり、タスクを受ける画面が表示されます。 アイテムを購入する流れ• 画面左上の「BUY」をクリック• ほしいアイテムを選択• 画面下の「Fill items」をクリック• 「DEAL! 」をクリックし取引成立 アイテムはお金で購入するだけでなく、特定のアイテムとの交換というパターンもあります。 アイテムを売却する流れ• 画面左上の「SELL」をクリック• 画面中央の「TO SELL」というスペースに売りたいアイテムを移動• 「DEAL! 」をクリックして取引成立 画面下の「Clear table」をクリックするとキャンセルできます。 HIDEOUT:隠れ家(ハイドアウト) メインメニューから「HIDE OUT」を選ぶと隠れ家(ハイドアウト)の画面になります。 隠れ家では、特定のアイテムを集めることで、設備を強化し、スタッシュサイズの拡大や体力、疲労の回復速度の向上などなど様々な恩恵を受けることが出来ます。 アップグレードに必要なアイテムを集め、隠れ家を強化していきましょう。 タスクの受け方 メインメニューから「TRADING」をクリックし、表示されたディーラー(トレーダー)からタスク(ミッション)を受注することが可能です。 タスクはPMCのオンラインモードで進行できます。 タスクをこなすことで、経験値や報酬がもらえ、アイテムの品揃えもよくなってきます。 タスクを受注する流れ• 画面左上の「TASKS」をクリック• 「ACCEPT」をクリックしてタスクの受注• Objective:タスクの目標• Awards:タスクが完了したときに貰える報酬 タスクが完了したら「COMPLETE」ボタンをクリックし、報酬をもらいましょう。 回復・治療の方法 タルコフでは 自分のケガの状態に適切な回復方法で処置する必要があります。 出血 止血しない限りダメージを受け続けるバッドステータス。 放置すると体力がなくなり失血死。 Bandageで止血、もしくはCar、Salewa、IFAKなどの治療キットを使い止血しつつ回復しましょう。 骨折 高いところから落ちたり、被弾すると骨折し、走れなくなったり、腕を骨折すると銃を持つ手がプルプル震え照準精度低下に繋がったりする厄介なバッドステータスです。 Splint(添え木)を使い、対処しましょう。 壊死(破壊) 部位のHPが0の状態異常のこと。 SURVIVAL KITなど手術キットを使わないと治療できない。 疲労・渇き レイド中に時間が経過すると、青と黄色のアイコンの数値が減少し、一定の数値を下回ると疲労と渇きの症状が発生。 HPが時間とともに減少したりします。 食品や飲料の摂取で回復が可能です。 PainkillersやIbuprofen、Vaselineなどは鎮痛効果があり、破壊や骨折などのバッドステータスを緩和することができます。 骨折すると、びっこを引くようになってしまうのですが、鎮痛剤を摂取することで、歩けたり、ダッシュができるようになります(ダメージは受ける) 保険について PMCでプレイする場合、装備に保険をかけることができます。 保険をかけることで、死亡したときに保険をかけた装備が戻ってくることがあります。 保険をかける流れ• 保険をかけるアイテムを装備を選択• 保険業者を選択• 料金を確認し「INSURE」をクリックし保険をかけます 保険業者によって、アイテムが返ってくるまでの時間が異なります。 選択したアイテムの保険をかけるのをキャンセルしたい場合、そのアイテムを右クリックすることでキャンセルできます。 本当に選択したアイテムに保険をかけますか?と聞かれるので「YES」をクリックします。 このような画面が表示されるとちゃんと保険を掛けることができています。 まとめ.

次の

【タルコフ】EFTでマッチしない?VPN使ったらマッチング速度が劇的に変わった!Escape from Tarkov

タルコフ 設定

GeForce Experienceの機能を使用 グラフィックボードがGeForce NVIDIA であれば、GeForce Experienceの機能を用いてfps表示が可能です。 NVIDIAユーザーであれば既に導入済みの場合が多いので、気軽に使える。 では利用できない。 設定方法 インストールされていない場合は、下記のリンクからダウンロードしてください。 GeForce Experienceを起動したら、画面右上にある 歯車アイコンをクリックしてください。 設定画面が表示されたら、「 全般」項目内の「 ゲーム内のオーバーレイ」が有効になっていることを確認します。 初期設定では有効になっているので特に弄っていなければ問題ないと思います。 次に、画面右上の先ほどクリックした歯車アイコンのとなりにある 三角形のアイコンをクリックします。 オーバーレイが表示されるので、大きい 歯車アイコンをクリックします。 ホームが表示されたら、「 HUDレイアウト」をクリックします。 FPSカウンターをクリックして、表示したい 位置を選択してください。 以上で設定は完了です。 スポンサーリンク Steamの機能を使用 Steamにもデフォルトでfpsを表示する機能が備わっています。 Steamのゲームであれば、簡単な設定だけで使える。 FPSの 表示サイズがかなり小さい。 Steamのゲーム以外は利用できない。 設定方法 Steamを起動したら、左上の 表示タブから 設定を開きます。 設定画面が表示されたら、「 ゲーム中」をクリックします。 「 ゲーム中のフレームレート表示」の オフになっているところをクリックして、表示したい位置を選択してください。 その下にある 高コントラストカラーにチェックをいれると、文字がグリーンの蛍光色になり、文字背景に半透明の黒いレイヤーが追加されます。 デフォルトのままだと相当見づらいので チェック推奨です。 ゲームを既に起動している場合は、再起動しないと設定が反映されないのでご注意ください。 以上で設定は完了です。 スポンサーリンク Fraps ゲーム画面を録画したり、静止画をキャプチャする際に使われるソフトですが、fps表示機能もついています。 シンプルな機能で比較的使いやすい。 (fps表示するだけなら関係なし)• GeForce ExperienceやSteamで対応していないゲームでもfps表示可能。 設定方法 下記のリンクからダウンロードできます。 Download Fraps 3. 99 Setup 2. 2 MN をクリックします。 setup. exeがダウンロードされるので、ファイルを起動してください。 インストールが完了したら、Frapsを起動します。 FPSタブをクリックすると、以下のような画面が表示されます。 次に、 Overlay Cornerでfps表示したい位置を選択します。 となりの Hide overlayは、チェックを入れるとfpsが表示されなくなります。 以上で設定は完了です。 MSI Afterburner オーバークロックのお供に有名なソフトです。 fpsの表示だけでなく、メモリ使用率、GPUの温度、使用率、ファン回転速度など、さまざまな項目が計測できます。 画面に表示する 文字の色やフォント、サイズなども自由に変更可能でカスタマイズ性が高いです。 とにかく高機能。 fps以外にも色々と画面に表示できる。 すべての機能が無料で利用できる。 fps等をオーバーレイ表示するために必須のソフト「RivaTuner Statistics Server」は 日本語非対応(各項目の設定は当サイトで解説しています)• GeForce ExperienceやSteamで対応していないゲームでもfps表示可能。 設定方法 下記のリンクからダウンロードできます。 画面中段左の DOWNLOADSタブを選択して、 Download Afterburnerをクリックします。 ダウンロードされたzipファイル(MSIAfterburnerSetup. zip)を解凍します。 解凍したフォルダにMSIAfterburnerSetup430. exeが入っているのでインストールします。 インストールの際、コンポーネントを選択する画面ででてきます。 MSI AfterburnerとRivaTuner Statistics Serverの 両方にチェックが入っていることを確認してください。 RivaTuner Statistics Serverもインストールしないとオンスクリーンディスプレイでの表示(オーバーレイ表示)ができません。 互換性アシスタント このアプリはこのPCで実行できません RivaTuner Statistics Server — RTSS は、このバージョンのWindowsで動作しません。 更新されたアプリがある可能性があります。 このようなダイアログが表示される場合は、詳細情報をクリックするか下記リンクにアクセスして最新(Beta版)のRivaTuner Statistics Serverをインストールしてください。 0です) インストールが完了したら、MSI Afterburnerを起動します。 歯車のアイコンをクリックします。 プロパティが開くので、 モニタリングタブを選択します。 アクティブハードウェア監視グラフの中から「フレームレート」の項目を探して選択します。 忘れずに チェックを入れてください。 フレームレートグラフのプロパティになっていることを確認して、 オンスクリーンディスプレイでの表示(オーバーレイ表示)に チェックを入れます。 「フレームレート」の右側に「 場所 OSD」と表示されたらOK その他の項目も画面に表示したい場合は、表示したい項目ごとに同様の手順で設定してください。 以上で設定は完了です。 画面上の表示(文字の色、フォント、サイズなど)をカスタマイズしたい場合は、先ほど一緒にインストールしたRivaTuner Statistics Server(RTSS. exe)を起動して設定を行います。 RTSSの設定方法は以下の記事を参照してください。 用途別おすすめ方法• Steamのゲームでとりあえず表示したい。 上記のどちらも対応していないゲームでも表示したい。 FPS以外にも色々画面上に表示したい。 他の方法と比べると少し設定が面倒ですが、 ゲームごとに文字の色やサイズ等も変えられるのでおすすめです。

次の