ハウス コンシェルジュ フランチャイズ 口コミ。 【注目ポイント】家工房のフランチャイズで独立・開業・起業

ハウスメーカー比較ランキング

ハウス コンシェルジュ フランチャイズ 口コミ

無理言って急ぎ対応していただいて助かりました。 口コミ通り、とても丁寧で感じの良いご夫婦で、小さい子どもの心配もしていただきました。 男の子の子育ての先輩ということで、子育て相談的なお話も交えて奥様とも楽しくおしゃべりさせていただきました。 暑い夕方、どのように過ごそうかと心配していましたが、作業中に近所で時間を潰していても安心だな、と思ったので汗だくでこどもと待つ必要がなく大変助かりました。 遠く神戸からも依頼があるようで、その人気ぶりも納得でした。 エアコン以外のクリーニングもあれば頼みたいと思います。 バルコニーも苔だらけで、愕然としていました。 ご夫婦共とても気さくな楽しいお方で、質問にも丁寧に教えていただき、知らなかった事がたくさんで為になりました! 作業、対応、お値段、全て大満足です。 次回もハウスクリーニングの際はお願いしたいと思いました。 ありがとうございました。 とても感じの良いご夫婦で来てくださり、朝から夕方までしっかり綺麗にしていただきました。 最初に各部屋の汚れの程度とお掃除方法の説明があり、どこまで落とせるか等を教えてくれます。 ある方法だと汚れは落ちるが塗装も落ちるとか、お風呂のエプロンのことなど、とてもわかりやすかったです。 最後はワックスをかけて仕上げてもらったら、見違えるように床がピカピカになっていました。 ありがとうございました。 転居先でもご依頼したいと思います。 boss21. エアコン:9,200円~• 換気扇:16,000円• お風呂:16,000円• トイレ:10,000円• 洗面所:10,000円• フロア:24,500円•

次の

FCで住宅を建てる3つの「メリットとデメリット」を元住宅営業マンが大公開|マイホームプランナー「失敗しない家づくり&ハウスメーカーの選び方」ガイド

ハウス コンシェルジュ フランチャイズ 口コミ

ハウスクリーニングの独立開業を目指すなら「おそうじ本舗」がオススメ!• 全国で 知名度が高いから集客効果も高い• 実店舗がいらない、人件費をかけずに店舗運営ができる• 開業資金…259万円• ロイヤリティ…60,000円• 研修期間…15日間 おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング第 1 位は、「おそうじ本舗」です。 ここでは、おそうじ本舗のメリットやデメリットについて説明していきましょう。 おそうじ本舗のメリット・デメリット おそうじ本舗には、主に以下のメリットがあります。 圧倒的な知名度• 業界最多の店舗数• 抜群の安定感 おそうじ本舗はテレビ CM を積極的に流しているほか、テレビや新聞、雑誌などのメディアでもたびたび取り上げられていることから、一般的な知名度が高くなっています。 フランチャイズに加盟する以上、本部の知名度は何よりも重要です。 なぜなら本部の知名度が高ければ、それだけで依頼が来やすくなるからです。 またおそうじ本舗は、 2018 年 10 月時点で 1,407 店舗と、ハウスクリーニングのフランチャイズのなかで最多の店舗数を誇ります。 店舗数の多さは、そのままそのフランチャイズ本部の勢力を表します。 つまり 店舗数が最多のおそうじ本舗は、ハウスクリーニング業界のトップ と言っていいでしょう。 さらにおそうじ本舗は、運営本部の安定感も抜群です。 おそうじ本舗の運営本部である「 HITOWA グループ」は、 20 期連続で右肩上がりに収益を伸ばしており、 2017 年の売上は 427 億円にもおよびます。 これだけ安定している企業なら、倒産して共倒れになる心配もほとんどありません。 デメリットらしいデメリットがないのも、おそうじ本舗のメリットの一つです。 開業資金…258万円• ロイヤリティ…60,000円• 研修期間…45日間、または1年間(契約するプランによって異なる) おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング第 2 位は、「おそうじ革命」です。 ここでは、おそうじ革命のメリットやデメリットについて説明していきます。 おそうじ革命のメリット・デメリット おそうじ革命のメリットは、開業前の研修期間が長く、充実している点です。 多くのハウスクリーニングのフランチャイズ本部の研修期間は、 2 週間程度です。 しかし おそうじ革命の研修期間は45日間、あるいは1年間 となっています。 そのためおそうじ革命は、開業前にしっかりした技術を身につけたい人におすすめです。 おそうじ革命もテレビ CM を放映していますが、おそうじ本舗に比べると一般的な知名度がまだ低いのがデメリットです。 開業資金… 197 万 4 千円• ロイヤリティ…30,000円• 研修期間…5日間 おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング第 3 位は、「ハウスコンシェルジュ」です。 ここでは、ハウスコンシェルジュのメリットやデメリットについて説明していきましょう。 ハウスコンシェルジュのメリット・デメリット ハウスコンシェルジュのメリットはなんと言っても、本部に支払う開業資金とロイヤリティが安価な点にあります。 ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟した場合、開業資金の相場は 250 万円程度です。 ロイヤリティの相場は、 8 万円くらいになっています。 しかし ハウスコンシェルジュなら、開業資金は200万円弱、ロイヤリティは月たったの3万円 しかかかりません。 ただしハウスコンシェルジュは、開業前に受ける研修期間が 5 日間しかないのがデメリットです。 先ほども説明したとおり、他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部の研修期間は 2 週間程度ですから、 5 日間は明らかに短いと言えます。 開業資金… 250 万円• 研修期間…約3週間 おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング第 4 位は、「おそうじ隊 501 」です。 ここでは、おそうじ隊 501 のメリットやデメリットについて説明していきます。 おそうじ隊501のメリット・デメリット ハウスクリーニングのフランチャイズ本部では、加盟者に対して様々なノウハウを提供しています。 おそうじ隊 501 のメリットは、加盟者向けに、店舗を組織化するためのノウハウも提供しているという点です。 ハウスクリーニングは一人でも開業できる手軽さがメリットの一つですが、高い売上を狙うなら、ゆくゆくは店を大きくする必要があります。 その点 おそうじ隊501は、店を大きくするサポートもしてくれる ので、高い売上を狙いたいという人におすすめです。 ただしおそうじ隊 501 では、開業に 2 名の専従スタッフが必要です。 自分以外のスタッフを見つけなければ開業できないため、他のフランチャイズ本部と比べると、開業のハードルが高くなっています。 開業資金…関東: 310 万~/関西・中部: 420 万円~• ロイヤリティ…関東:売上の27. 研修期間…10日間 おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング第 5 位は、「ダイオーズカバーオール」です。 ここでは、ダイオーズカバーオールのメリットやデメリットについて説明していきましょう。 ダイオーズカバーオールのメリット・デメリット ダイオーズカバーオールは厳密にはハウスクリーニングではなく、店舗やオフィス清掃のサービスです。 ダイオーズカバーオールの最大のメリットは、加盟店オーナーが営業をする必要がないという点 です。 ダイオーズカバーオールでは、顧客の新規開拓は全て、本部がしてくれます。 加盟店オーナーは本部から紹介された案件を請けるだけなので、ハウスクリーニングの業務に集中できます。 ダイオーズカバーオールのデメリットは、開業資金とロイヤリティが高額な点です。 開業資金とロイヤリティは、出店エリアによって異なります。 関西・中部エリアの開業資金は最安でも 410 万円、関東エリアのロイヤリティは 27. そのためダイオーズカバーオールは、開業資金やロイヤリティを安く抑えたいという人には向きません。 おそうじ本舗• おそうじ革命• ハウスコンシェルジュ• おそうじ隊501• ダイオーズカバーオール それぞれにメリットやデメリットがあるので、ハウスクリーニングのフランチャイズへの加盟を考えている方は、ぜひこの記事を参考にして、加盟する本部を選んでみてはどうでしょうか。 どこにすべきか分からないという方には、 1 位のおそうじ本舗がおすすめです。 おそうじ本舗なら知名度が高く、本部が安定しているなどのメリットがあるうえに、目立ったデメリットもないため安心です。 ハウスクリーニングフランチャイズについてもっと知りたい方は、こちらの記事もご一読ください。

次の

ハウスコンシェルジュのフランチャイズ開業の特徴や評判を調査

ハウス コンシェルジュ フランチャイズ 口コミ

ハウスクリーニングの独立開業を目指すなら「おそうじ本舗」がオススメ!• 全国で 知名度が高いから集客効果も高い• 実店舗がいらない、人件費をかけずに店舗運営ができる• 開業資金…259万円• ロイヤリティ…60,000円• 研修期間…15日間 おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング第 1 位は、「おそうじ本舗」です。 ここでは、おそうじ本舗のメリットやデメリットについて説明していきましょう。 おそうじ本舗のメリット・デメリット おそうじ本舗には、主に以下のメリットがあります。 圧倒的な知名度• 業界最多の店舗数• 抜群の安定感 おそうじ本舗はテレビ CM を積極的に流しているほか、テレビや新聞、雑誌などのメディアでもたびたび取り上げられていることから、一般的な知名度が高くなっています。 フランチャイズに加盟する以上、本部の知名度は何よりも重要です。 なぜなら本部の知名度が高ければ、それだけで依頼が来やすくなるからです。 またおそうじ本舗は、 2018 年 10 月時点で 1,407 店舗と、ハウスクリーニングのフランチャイズのなかで最多の店舗数を誇ります。 店舗数の多さは、そのままそのフランチャイズ本部の勢力を表します。 つまり 店舗数が最多のおそうじ本舗は、ハウスクリーニング業界のトップ と言っていいでしょう。 さらにおそうじ本舗は、運営本部の安定感も抜群です。 おそうじ本舗の運営本部である「 HITOWA グループ」は、 20 期連続で右肩上がりに収益を伸ばしており、 2017 年の売上は 427 億円にもおよびます。 これだけ安定している企業なら、倒産して共倒れになる心配もほとんどありません。 デメリットらしいデメリットがないのも、おそうじ本舗のメリットの一つです。 開業資金…258万円• ロイヤリティ…60,000円• 研修期間…45日間、または1年間(契約するプランによって異なる) おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング第 2 位は、「おそうじ革命」です。 ここでは、おそうじ革命のメリットやデメリットについて説明していきます。 おそうじ革命のメリット・デメリット おそうじ革命のメリットは、開業前の研修期間が長く、充実している点です。 多くのハウスクリーニングのフランチャイズ本部の研修期間は、 2 週間程度です。 しかし おそうじ革命の研修期間は45日間、あるいは1年間 となっています。 そのためおそうじ革命は、開業前にしっかりした技術を身につけたい人におすすめです。 おそうじ革命もテレビ CM を放映していますが、おそうじ本舗に比べると一般的な知名度がまだ低いのがデメリットです。 開業資金… 197 万 4 千円• ロイヤリティ…30,000円• 研修期間…5日間 おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング第 3 位は、「ハウスコンシェルジュ」です。 ここでは、ハウスコンシェルジュのメリットやデメリットについて説明していきましょう。 ハウスコンシェルジュのメリット・デメリット ハウスコンシェルジュのメリットはなんと言っても、本部に支払う開業資金とロイヤリティが安価な点にあります。 ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟した場合、開業資金の相場は 250 万円程度です。 ロイヤリティの相場は、 8 万円くらいになっています。 しかし ハウスコンシェルジュなら、開業資金は200万円弱、ロイヤリティは月たったの3万円 しかかかりません。 ただしハウスコンシェルジュは、開業前に受ける研修期間が 5 日間しかないのがデメリットです。 先ほども説明したとおり、他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部の研修期間は 2 週間程度ですから、 5 日間は明らかに短いと言えます。 開業資金… 250 万円• 研修期間…約3週間 おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング第 4 位は、「おそうじ隊 501 」です。 ここでは、おそうじ隊 501 のメリットやデメリットについて説明していきます。 おそうじ隊501のメリット・デメリット ハウスクリーニングのフランチャイズ本部では、加盟者に対して様々なノウハウを提供しています。 おそうじ隊 501 のメリットは、加盟者向けに、店舗を組織化するためのノウハウも提供しているという点です。 ハウスクリーニングは一人でも開業できる手軽さがメリットの一つですが、高い売上を狙うなら、ゆくゆくは店を大きくする必要があります。 その点 おそうじ隊501は、店を大きくするサポートもしてくれる ので、高い売上を狙いたいという人におすすめです。 ただしおそうじ隊 501 では、開業に 2 名の専従スタッフが必要です。 自分以外のスタッフを見つけなければ開業できないため、他のフランチャイズ本部と比べると、開業のハードルが高くなっています。 開業資金…関東: 310 万~/関西・中部: 420 万円~• ロイヤリティ…関東:売上の27. 研修期間…10日間 おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング第 5 位は、「ダイオーズカバーオール」です。 ここでは、ダイオーズカバーオールのメリットやデメリットについて説明していきましょう。 ダイオーズカバーオールのメリット・デメリット ダイオーズカバーオールは厳密にはハウスクリーニングではなく、店舗やオフィス清掃のサービスです。 ダイオーズカバーオールの最大のメリットは、加盟店オーナーが営業をする必要がないという点 です。 ダイオーズカバーオールでは、顧客の新規開拓は全て、本部がしてくれます。 加盟店オーナーは本部から紹介された案件を請けるだけなので、ハウスクリーニングの業務に集中できます。 ダイオーズカバーオールのデメリットは、開業資金とロイヤリティが高額な点です。 開業資金とロイヤリティは、出店エリアによって異なります。 関西・中部エリアの開業資金は最安でも 410 万円、関東エリアのロイヤリティは 27. そのためダイオーズカバーオールは、開業資金やロイヤリティを安く抑えたいという人には向きません。 おそうじ本舗• おそうじ革命• ハウスコンシェルジュ• おそうじ隊501• ダイオーズカバーオール それぞれにメリットやデメリットがあるので、ハウスクリーニングのフランチャイズへの加盟を考えている方は、ぜひこの記事を参考にして、加盟する本部を選んでみてはどうでしょうか。 どこにすべきか分からないという方には、 1 位のおそうじ本舗がおすすめです。 おそうじ本舗なら知名度が高く、本部が安定しているなどのメリットがあるうえに、目立ったデメリットもないため安心です。 ハウスクリーニングフランチャイズについてもっと知りたい方は、こちらの記事もご一読ください。

次の