ウォーロードオブニューヨーク。 ウォーロード オブ ニューヨーク:概要

『ディビジョン2』拡張コンテンツ“ウォーロード オブ ニューヨーク”が3月3日配信

ウォーロードオブニューヨーク

「ディビジョン2」を始める人向けに,本編と今回の拡張コンテンツがセットになった 「ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク エディション」と,本編と拡張コンテンツに加え,YEAR1の全コンテンツが含まれる 「ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク アルティメットエディション」も配信される。 ウォーロード オブ ニューヨークでは,タイトル名通りニューヨークを舞台に最初のローグエージェントとなった敵の1人である アーロン・キーナーを追跡する。 ほかのローグエージェントたちを従えて勢力を拡大し,復興を妨げているキーナーを探すために,ハリケーンの直撃で姿が変わってしまったかつてのダークゾーン,ロウアーマンハッタンを探索することになる。 ウォーロード オブ ニューヨークを導入すると,プレイヤーのレベル上限が30から40へ引き上げられるほか,新たな成長システム 「SHDレベル」や, 4つのスキルが導入され,新たなギアや武器も開放されるようだ。 さらに,3か月ごとに新たな目標やターゲットを持つエンドゲームイベントを行う 「シーズン」や,用意されたチャレンジを達成すると報酬がもらえる 「リーグ」が導入され,さらに期間限定での目標達成を目指す 「グローバルイベント」が復活するという。 なお,YEAR1の最後を飾る無料コンテンツであるエピソード3 「コニーアイランド:ホームカミング」が,YEAR1パス保有者向けに本日から配信されている(全プレイヤー向けには2月19日から配信予定)。 2つのメインミッションや,2つのクラシファイド任務,新たな武器と新スペシャリゼーション「ファイアウォール」が登場し,ウォーロード オブ ニューヨークの序章となるとのこと。 詳細は,以下のリリース文で確認してほしい。 『ディビジョン2』 拡張コンテンツ 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』 3月3日配信決定! ユービーアイソフト株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長スティーヴ・ミラー)は、オンラインRPGゲーム『ディビジョン2』本編に新エピソードが追加になった拡張コンテンツ『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』を、2020年3月3日にPlayStaiton4、XBOX ONE、PCデジタルにて配信することを発表いたします。 『ディビジョン2』をすでにお持ちの方は『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク エキスパンション』で拡張コンテンツのみを購入することができます。 そして、新たに『ディビジョン2』を始められる方は『ディビジョン2』本編と『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』がセットになった『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク エディション』の購入がおすすめです。 さらに『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク アルティメットエディション』には、本編と拡張版に加え、Year1の全コンテンツであるクラシファイド任務とスペシャリゼーションの即時解除も含まれてます。 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』をプレイするためにはキャラクターレベルを30にし、ワールドクラス5に到達する必要があります。 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク エディション』、『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク アルティメットエディション』にはそれぞれ即レベル30に到達することができるブーストが含まれており、すぐにニューヨークへ向かうことができます。 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』のキャンペーンを終了すると、エージェントはワシントンD. とニューヨークを自由にファストトラベルで移動できるようになり、コンテンツすべてをプレイすることができます。 ニューヨークの新たなエリアを発見する配信コンテンツ 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』では最初のローグエージェントとなった敵の1人アーロン・キーナーの追跡に向かいます。 キーナーは他のローグエージェント達を従え勢力を拡大し、復興を妨げています。 キーナーを探すため、エージェントはハリケーンの直撃で姿が変わったかつてのダークゾーン、ロウアーマンハッタンを探索します。 トゥーブリッジズ、チャイナタウン、そしてウォール街など、この地域の象徴的なエリアを探索し、彼の足取りをたどります。 キーナーを確保するためには彼の仲間であり、それぞれ固有のストーリーとスキルをもつローグエージェント達を倒さなければいけません。 『ディビジョン2:ウォーロードオブニューヨーク』のビジョン コミュニティからのフィードバックに耳を傾け、これまでビルドの多様性やより有意義なルートへの改善などゲームプレイのコアとなる部分を改善してきました『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』の登場とともに、プレイヤーへのより整理しやすいギアインベントリ、ギアや武器の性能が確認しやすいUIへの改善、よりよいギアの組み合わせを作れるような改善を含むタイトルアップデート8が登場します。 またダークゾーンの活性化を目指し、よりシンプルなローグシステムを導入します。 これはエージェント同士の戦いや、ローグエージェントを倒すために仲間のエージェントを助けることなど、よりプレイヤー同士の交流に焦点を当てています。 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』では、プレイヤーのレベル上限が30から40へ引き上げられます。 しかしそれだけでは終わりません。 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』では新たな成長システム「SHDレベル」が導入され、ゲーム内で活用できる4つの新たスキルが登場します。 またこの拡張コンテンツを所有している方は新たなギアや武器が解放されます。 「シーズン」、「リーグ」の導入、そしてグローバルイベントの復活 この拡張コンテンツから、新たな仕組みである「シーズン」を導入します。 「シーズン」では3カ月ごとに新たな目標やターゲットを持つエンドゲームイベントを行い、独自のストーリーや報酬を定期的なペースで提供していきます。 最初のシーズンは『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』の配信開始から1週間後から始まる予定です。 「リーグ」はプレイヤーがチャレンジを完了することに合わせて報酬がもらえる仕組みです。 また期間限定での目標達成を目指すグローバルイベントが復活します。 それぞれのシーズン中、プレイヤーは期間限定のアクティビティやゲームのプレイを通じて、シーズンレベルを上げることで様々な報酬を獲得することができます。 より多くの報酬を獲得することに興味があるプレイヤーにはシーズンパスの獲得をおすすめします。 より詳しいは公式サイトをご覧ください。 『ディビジョン2』エピソード3「コニーアイランド:ホームカミング」は本日より配信開始 『ディビジョン2』YEAR1の最後を飾る無料コンテンツであるエピソード3「コニーアイランド:ホームカミング」がYEAR1パスをお持ちの方には2月12日より配信が開始します。 (すべてのプレイヤーには2月19日から配信開始)2つのメインミッション、2つのクラシファイド任務(YEAR1パス所有者のみ)、そして新たなエキゾチック武器とともに新スペシャリゼーション「ファイアウォール」が登場するこのエピソード3は『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』の序章となります。 URL: URL:.

次の

『ディビジョン2』拡張コンテンツ“ウォーロード オブ ニューヨーク”が3月3日に配信決定。ニューヨークを舞台にした新エピソードが追加

ウォーロードオブニューヨーク

皆さん!お久しぶりです!たこすけです。 久々にディビジョン2の記事を書いた気がするww 今回の追加される拡張コンテンツ【Division2 ウォーロード オブ ニューヨーク】ではマンハッタンが舞台となっています。 様々なコンテンツが用意されているそう。 かつての盛り上がったダークゾーンが再び再来するか??? ディビジョン2を既に持っているユーザーは新たに【ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク エキスパンション】の拡張コンテンツのみを購入することができる ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨークはエージェントレベル30に達しているのと尚且つ、ワールドクラス5に達していないと参加できないとのこと。 これから参加するよ~ってユーザーは【ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨークがセット】になったハッピーセットを買うといいかもしれません。 ずばぬけていい装備がドロップしなくなり、探索していてもドロップアイテムもほぼ統一されてしまったので面白みがなくなっていた。 Division2ではビルドの構成、8人レイドなどいくつかのコンテンツが追加されているので面白い。 ビルド構成を考えて、PvP、PvEでプレイヤーとの差が開ける。 ただUIのバグ、インベントリの見にくさなど色々、改善を行ってきたディビジョン2のイヤー1でした。 見やすく直感的にわかるUIデザイン• インベントリが整理しやすくなった• 多様性のあるギアの組み合わせ• ダークゾーンの活性化を目的にシンプルなローグシステムの導入(帰ってきた誤射ローグ導入か!???ww)• レベル上限30から40へ引き上げ• 新スキルが4つ導入• 新しいギア、武器が解放される(ウォーロード オブ ニューヨーク拡張コンテンツ所有のみ)• シーズンのシステム導入(毎月3か月で更新)• イベントやストーリー、報酬など3か月で更新されるようになる。 シーズンレベルの追加(目標を達成していく中でレベルに応じて報酬が変化する)• リーグシステムの導入• チャレンジやグローバルイベントが追加されるので目標を完了することによって報酬をもらえる。

次の

The Division 2 Warlords of New York Expansion

ウォーロードオブニューヨーク

その他、『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク アルティメットエディション』は、本編と拡張版に加え、Year1の全コンテンツであるクラシファイド任務とスペシャリゼーションの即時解除が含まれています。 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク エディション』、『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク アルティメットエディション』は、それぞれ即レベル30に到達することができるブーストが含まれており、すぐにニューヨークへ向かうことができます。 とニューヨークを自由にファストトラベルで移動できるようになり、コンテンツすべてをプレイ可能です。 キーナーは他のローグエージェントたちを従え勢力を拡大し、復興を妨げています。 キーナーを探すため、エージェントはハリケーンの直撃で姿が変わったかつてのダークゾーン、ロウアーマンハッタンを探索します。 トゥーブリッジズ、チャイナタウン、そしてウォール街など、この地域の象徴的なエリアを探索し、彼の足取りをたどります。 キーナーを確保するためには彼の仲間であり、それぞれ固有のストーリーとスキルをもつローグエージェントたちを倒さなければいけません。 また、ダークゾーンの活性化を目指し、よりシンプルなローグシステムを導入します。 これはエージェント同士の戦いや、ローグエージェントを倒すために仲間のエージェントを助けることなど、よりプレイヤー同士の交流に焦点を当てています。 またこの拡張コンテンツを所有している人は新たなギアや武器が解放されます。 また期間限定での目標達成を目指すグローバルイベントが復活します。 それぞれのシーズン中、プレイヤーは期間限定のアクティビティやゲームのプレイを通じて、シーズンレベルを上げることでさまざまな報酬を獲得できます。 なお、すべてのプレイヤーには2月19日から配信が開始されます。 All Rights Reserved.

次の