ふき 煮物 レシピ。 夜ごはんにオススメのふきを使った人気レシピ10選

第34回「ふき」 食べ物が持つ健康パワー

ふき 煮物 レシピ

独特の苦味と香りが特徴のふきは日本原産植物のひとつです。 和食の他に、サラダやパスタなどの洋風な料理にも合い、油とも相性抜群なため炒め物などの中華料理にも最適ですよ。 ほとんどが水分でできているため低カロリーでダイエット中にも安心して食べられます。 食物繊維もたっぷり含むため食べ応えもあり、便秘対策にも有効ですよ。 ふき特有の香りには消化を助けて胃腸の働きを整える作用があり、苦味には免疫力アップやアンチエイジングに期待できるため美と健康を維持するために欠かせませんね。 あまり火を通しすぎないように短時間で調理するとシャキシャキ食感が残り鮮やかな緑色に仕上がるため、食卓が華やかになりおすすめです。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ふきの風味とほんのり甘く仕上げた煮汁がよく合う簡単な煮物のレシピです。 はじめに、下ゆでしたふきを冷水にさらして筋を取ったら食べやすい長さに切り、油揚げは熱湯をかけて油抜きをしたら食べやすい大きさに切ります。 油揚げ、だし汁、砂糖、みりん、醤油を鍋に入れて沸騰後5分煮たらふきを加えて落し蓋をし、煮汁が3分の1程度になるまで煮込んで完成です。 1は薄味です。 甘辛く煮詰めた手作りの「きゃらぶき」のレシピです。 温かいご飯と相性抜群ですよ。 はじめに板ずりしたふきを熱湯で茹でたら水にさらして粗熱をとり、筋を取って食べやすい長さに切ります。 鍋にふき、醤油、砂糖、みりん、酒を合わせて中火にかけたら沸騰後弱火で30分〜1時間煮込み、汁気を煮詰めたら完成です。 鍋を時々揺すって焦げないように注意してください。 ご飯と相性抜群なオイスターソースで炒める一品です。 ふきの食感と風味がアクセントになりますよ。 はじめに、牛肉に酒と片栗粉をまぶしたら揉み込んで色が変わるまで炒めます。 一度取り出し、油を足してふきを炒めたら水を注いで蒸し焼きし、牛肉を戻し入れてオイスターソース、酒、醤油、砂糖、ごま油を回し入れて煮絡めたら完成です。 作り置きにも便利なふきの煮物のレシピです。 夜に多めに作って翌日のお弁当にもおすすめですよ。 作り方は、油を熱した鍋で人参、しめじ、切り干し大根、油揚げ、ふきを炒めます。 水を注ぎ、顆粒だしと麺つゆを加えて煮詰めたら出来上がりです。 ふきは下茹でしてアク抜きをしたものを使用してください。 お好みでちくわなどの練り物を加えてもおすすめです。 独特の風味のふきをごま油香るきんぴら風に炒めた一品です。 はじめに、板ずりしたふきを熱湯で茹でて冷水に取り、皮を剥いて食べやすい長さに切ります。 細切りこんにゃくを食べやすい長さに切ったらさっと下茹でし、ごま油を熱したフライパンでふきとこんにゃくを炒めたら醤油、砂糖、酒、みりん、炒りごまを絡めて、七味唐辛子をふって完成です。 ふきはキク科フキ属の多年草で、日本原産の野菜です。 山や川岸、河川の土手などに自生し、栽培種としてスーパーなどで買えるフキは愛知早生という品種になります。 その他に水ふき・山蕗・秋田ふきなどの種類があります。 天然物は春から初夏にかけてが旬で、栽培では10月~翌年の5月頃まで出荷されています。 平安時代から野菜として栽培され、古くから民間療法で咳を止める薬用として使われていました。 ふきには食物繊維が豊富で、便秘解消に効果があります。 煮物や佃煮によく使われますが、今回はふきを使った焼くレシピに注目して紹介します。 ぜひレシピを参考にして、ふきを使ったおいしい料理を作ってください。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【ふきを使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ふきはキク科フキ属の多年草で、山の斜面や土手など日本全国に自生する日本原産の山菜です。 ふきのとうや葉柄、葉を食用として料理に利用し、食べる前に必ず灰汁抜きをする必要があります。 平安時代から野菜として栽培されていたと言われる歴史の長い食材で、春の風物詩となっています。 スーパーなどで売られているふきは愛知早生という品種で、みずみずしくやわらかいのが特徴です。 他にも水フキ・ヤマブキ・秋田フキなどの種類があります。 ふきは水分が多いですが、動脈硬化を防ぐ役割があるBカロテン、細胞の若返りを促すクロロゲン酸、強い抗酸化作用があるフキノール酸など体にいい栄養素が含まれています。 今回はふきを使った煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ふきは、数少ない日本原産の山菜の一つです。 ふきの持つ独特の風味と食感が特徴的。 その96%ほどが水分ですが、栄養的にはカリウムが多く含まれています。 カリウムは高血圧の予防やむくみの改善に役立ちます。 ふきはアクが強いので、必ずアク抜きをしてから調理しましょう。 手間がかかって面倒だという人は、下処理済みの「ふきの水煮」が売っているので上手に活用できるといいですね。 ふきの食べ方で圧倒的に多いのが「煮物」ですが、さまざまな食材と組み合わせて、蒸して食べる方法もおすすめです。 ふきはとても低カロリーなので、蒸すことで他の食材もヘルシーに。 低カロリーの料理は、ダイエット中の人にも参考になりますよ。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 山の斜面や土手など日本全国に自生するふきは、山菜採りで人気の食材です。 スーパーなどでも一年を通じて買えますが、季節になると天然物のふきを採ってお浸しや煮物に使うと季節を感じられます。 ふきはふきのとう・葉柄・葉を食用として使い、えぐみが強いため食べる前に必ず灰汁抜きをする必要があります。 平安時代から栽培されていたと言われており、日本人にはなじみのある食材で醤油や出汁、かつお節など和食の調味料とよく合います。 ふきには抗酸化作用があるフキノール酸が含まれており、動脈硬化を防ぐ役割があるBカロテンなども含まれています。 しゃきしゃきとした歯ごたえが特徴で、どこか懐かしい味わいがします。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 蕗(ふき)はキク科の多年草で日本原産で近緑種の少ない独特の野菜のひとつです。 地上には花芽と葉がでていて、茎の部分は地中に伸びています。 ふきはその地下茎からでてきた葉の柄の部分にあたります。 また、春一番にふきの地下茎からでてくる花がふきのとうです。 煮物やおひたし、炒め物と、様々な調理法に合う食材で、それぞれふきの食感や香りを楽しむことができます。 食物繊維やミネラルが豊富なふきですが、購入の際は葉がみずみずしくて鮮やかなものを選ぶようにしてください。 そして、収穫してから時間がたてば経つほどアクが強くなってしまうので早めに消費してくださいね。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

第34回「ふき」 食べ物が持つ健康パワー

ふき 煮物 レシピ

独特の苦味と香りが特徴のふきは日本原産植物のひとつです。 和食の他に、サラダやパスタなどの洋風な料理にも合い、油とも相性抜群なため炒め物などの中華料理にも最適ですよ。 ほとんどが水分でできているため低カロリーでダイエット中にも安心して食べられます。 食物繊維もたっぷり含むため食べ応えもあり、便秘対策にも有効ですよ。 ふき特有の香りには消化を助けて胃腸の働きを整える作用があり、苦味には免疫力アップやアンチエイジングに期待できるため美と健康を維持するために欠かせませんね。 あまり火を通しすぎないように短時間で調理するとシャキシャキ食感が残り鮮やかな緑色に仕上がるため、食卓が華やかになりおすすめです。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ふきの風味とほんのり甘く仕上げた煮汁がよく合う簡単な煮物のレシピです。 はじめに、下ゆでしたふきを冷水にさらして筋を取ったら食べやすい長さに切り、油揚げは熱湯をかけて油抜きをしたら食べやすい大きさに切ります。 油揚げ、だし汁、砂糖、みりん、醤油を鍋に入れて沸騰後5分煮たらふきを加えて落し蓋をし、煮汁が3分の1程度になるまで煮込んで完成です。 1は薄味です。 甘辛く煮詰めた手作りの「きゃらぶき」のレシピです。 温かいご飯と相性抜群ですよ。 はじめに板ずりしたふきを熱湯で茹でたら水にさらして粗熱をとり、筋を取って食べやすい長さに切ります。 鍋にふき、醤油、砂糖、みりん、酒を合わせて中火にかけたら沸騰後弱火で30分〜1時間煮込み、汁気を煮詰めたら完成です。 鍋を時々揺すって焦げないように注意してください。 ご飯と相性抜群なオイスターソースで炒める一品です。 ふきの食感と風味がアクセントになりますよ。 はじめに、牛肉に酒と片栗粉をまぶしたら揉み込んで色が変わるまで炒めます。 一度取り出し、油を足してふきを炒めたら水を注いで蒸し焼きし、牛肉を戻し入れてオイスターソース、酒、醤油、砂糖、ごま油を回し入れて煮絡めたら完成です。 作り置きにも便利なふきの煮物のレシピです。 夜に多めに作って翌日のお弁当にもおすすめですよ。 作り方は、油を熱した鍋で人参、しめじ、切り干し大根、油揚げ、ふきを炒めます。 水を注ぎ、顆粒だしと麺つゆを加えて煮詰めたら出来上がりです。 ふきは下茹でしてアク抜きをしたものを使用してください。 お好みでちくわなどの練り物を加えてもおすすめです。 独特の風味のふきをごま油香るきんぴら風に炒めた一品です。 はじめに、板ずりしたふきを熱湯で茹でて冷水に取り、皮を剥いて食べやすい長さに切ります。 細切りこんにゃくを食べやすい長さに切ったらさっと下茹でし、ごま油を熱したフライパンでふきとこんにゃくを炒めたら醤油、砂糖、酒、みりん、炒りごまを絡めて、七味唐辛子をふって完成です。 ふきはキク科フキ属の多年草で、日本原産の野菜です。 山や川岸、河川の土手などに自生し、栽培種としてスーパーなどで買えるフキは愛知早生という品種になります。 その他に水ふき・山蕗・秋田ふきなどの種類があります。 天然物は春から初夏にかけてが旬で、栽培では10月~翌年の5月頃まで出荷されています。 平安時代から野菜として栽培され、古くから民間療法で咳を止める薬用として使われていました。 ふきには食物繊維が豊富で、便秘解消に効果があります。 煮物や佃煮によく使われますが、今回はふきを使った焼くレシピに注目して紹介します。 ぜひレシピを参考にして、ふきを使ったおいしい料理を作ってください。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【ふきを使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ふきはキク科フキ属の多年草で、山の斜面や土手など日本全国に自生する日本原産の山菜です。 ふきのとうや葉柄、葉を食用として料理に利用し、食べる前に必ず灰汁抜きをする必要があります。 平安時代から野菜として栽培されていたと言われる歴史の長い食材で、春の風物詩となっています。 スーパーなどで売られているふきは愛知早生という品種で、みずみずしくやわらかいのが特徴です。 他にも水フキ・ヤマブキ・秋田フキなどの種類があります。 ふきは水分が多いですが、動脈硬化を防ぐ役割があるBカロテン、細胞の若返りを促すクロロゲン酸、強い抗酸化作用があるフキノール酸など体にいい栄養素が含まれています。 今回はふきを使った煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ふきは、数少ない日本原産の山菜の一つです。 ふきの持つ独特の風味と食感が特徴的。 その96%ほどが水分ですが、栄養的にはカリウムが多く含まれています。 カリウムは高血圧の予防やむくみの改善に役立ちます。 ふきはアクが強いので、必ずアク抜きをしてから調理しましょう。 手間がかかって面倒だという人は、下処理済みの「ふきの水煮」が売っているので上手に活用できるといいですね。 ふきの食べ方で圧倒的に多いのが「煮物」ですが、さまざまな食材と組み合わせて、蒸して食べる方法もおすすめです。 ふきはとても低カロリーなので、蒸すことで他の食材もヘルシーに。 低カロリーの料理は、ダイエット中の人にも参考になりますよ。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 山の斜面や土手など日本全国に自生するふきは、山菜採りで人気の食材です。 スーパーなどでも一年を通じて買えますが、季節になると天然物のふきを採ってお浸しや煮物に使うと季節を感じられます。 ふきはふきのとう・葉柄・葉を食用として使い、えぐみが強いため食べる前に必ず灰汁抜きをする必要があります。 平安時代から栽培されていたと言われており、日本人にはなじみのある食材で醤油や出汁、かつお節など和食の調味料とよく合います。 ふきには抗酸化作用があるフキノール酸が含まれており、動脈硬化を防ぐ役割があるBカロテンなども含まれています。 しゃきしゃきとした歯ごたえが特徴で、どこか懐かしい味わいがします。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 蕗(ふき)はキク科の多年草で日本原産で近緑種の少ない独特の野菜のひとつです。 地上には花芽と葉がでていて、茎の部分は地中に伸びています。 ふきはその地下茎からでてきた葉の柄の部分にあたります。 また、春一番にふきの地下茎からでてくる花がふきのとうです。 煮物やおひたし、炒め物と、様々な調理法に合う食材で、それぞれふきの食感や香りを楽しむことができます。 食物繊維やミネラルが豊富なふきですが、購入の際は葉がみずみずしくて鮮やかなものを選ぶようにしてください。 そして、収穫してから時間がたてば経つほどアクが強くなってしまうので早めに消費してくださいね。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

フキの煮物(副菜)のレシピ・作り方

ふき 煮物 レシピ

がおいしい! ゲストさん 12:58• がおいしい! ゲストさん 12:58• がおいしい! ゲストさん 12:56• がおいしい! ゲストさん 12:52• がおいしい! ゲストさん 12:46• がおいしい! ゲストさん 12:45• がおいしい! ゲストさん 11:53• がおいしい! ゲストさん 11:53• がおいしい! ゲストさん 11:52• がおいしい! ゲストさん 11:31• がおいしい! ゲストさん 11:22• がおいしい! ゲストさん 11:22• がおいしい! ゲストさん 11:19• がおいしい! ゲストさん 11:04• がおいしい! ゲストさん 10:53.

次の