安全 標語 建設 業。 中災防:過去の年間標語

建設業の安全スローガンについて|速報

安全 標語 建設 業

目次です。 労働安全標語とは 労働安全標語の「労働安全」とは、何かと言えば簡単に言うと、安全な環境の元で労働をするという権利のことであり、「労働安全衛生法」の基準であり、人間が働く社会の基礎部分になります。 労働安全衛生法 労働安全衛生法の法律では、労働者の安全面と衛生面について規定されています。 事業者はこうした法律を無視して、労働者の安全に配慮せず危険な作業等を行わせると危険防止措置を怠ったとして、人の命にかかわる重大な事件、事故等の場合には、労働基準監督署から罰せられることになります。 なので事業者は従業員に、安全で衛生的な作業ができる環境を整えるように配慮しなければなりません。 また、事業者としては労働災害をできるだけ少なくしたいと考えます。 労働安全標語の多くは、そうした取り組みの一環として募集されます。 テーマ 労働安全標語のテーマとしては、労働安全なので労働災害の事故防止になりますが、同じようなテーマとして、の「労働衛生」というテーマもあり、混同しがちです。 労働衛生ではざっくり言いますと「健康」がテーマとなり、労働安全では「労働災害の事故防止」がテーマになります。 ここで間違って健康のことをテーマにすると、趣旨が違うものになり良い評価を受けることが難しくなります。 注意しましょう。 労働安全標語の一例と作り方 では、ここでは実際に標語を作ってみます。 標語の作成が苦手な方でも、簡単に作れる作り方を紹介します。 作り方 労働安全標語を作る際には、まずキーワードを集めます。 「質よりも量」といった具合にできるだけ多くのワードを集めます。 「どんなワードを集めればいいのかわからない」といった方は、過去の作品を見てみるとわかりやすいです。 ゆとりこそ 自分が作る 事故防止• 声かけで みんなに知らせる おもいやり• 多忙でも チームワークで カバーする 出典:株式会社ダイエイハービス• あなたです かくれた危険 摘みとる主役• 危険な作業 リスクアセスで事前にキャッチ• かくれた危険 みんなで摘みとり 先取り安全 出典: また、過去の作品を分解してみると• ワードの例(上の句):ゆとりこそ、声かけで、多忙でも、あなたです、危険な作業、かくれた危険• ワードの例(中の句):自分が作る、みんなに知らせる、チームワークで、かくれた危険、みんなで摘みとり• ワードの例(下の句):事故防止、おもいやり、カバーする、摘みとる主役、リスクアセスで事前にキャッチ、先取り安全 このように上・中・下の句に分解することができます。 標語はこのようにして、ある程度のワードを用意して、それらを5・7・5形式の基本の型に落とし込んでいく方法で作成します。 ポイントとコツ 字余り・字足らず 標語を作る際には文字数が多くなるいわゆる「字余り」や文字数が足りない「字足らず」になることもありますが、標語やスローガンを作る場合にはこうしたことは気にせず、ある程度は自由に作っても大丈夫です。 ただ、募集条件に5・7・5で作るようになどとあらかじめ定められている場合には、そうした条件に沿ったものを作成する必要があります。 テーマ 労働安全標語のポイントとしては、テーマ(趣旨)を外さないようにするのも大事です。 労働災害のその多くはトラブルなどのいわゆる想定外の事態、あるいは普段と異なる作業にあたっていたことが原因で発生することが多いと言われています。 なので、作業中に焦らないことや経験の少ない人への注意喚起などを訴える標語にすると良いと思われます。 強い口調 過去の作品(過去の「労働安全標語」「労働衛生標語」)を見てみると 忘れるな 基本動作と 危険予知 といった強い口調で、訴える句があります。 しかし「忘れるな」を「忘れないで」にした方が良いようにも思います。 「忘れるな」とあからさまに強い口調で言われても反発されやすく、共感を抱かせることは難しいからです。 また職場内の募集の場合には、掲示されることも少なくありません。 労働安全標語は、上司や同僚に見られることも考慮して作る必要があります。 スポンサーリンク 労働安全標語のキーワードの一例 ここでは、ア行~ワ行のキーワードの一例を紹介します。 ア行 安全、安全帽、合図、熱い、安全点検、危ない、足場、あせる気持ちが、明るい職場、安心して、明日から、あなたと いつものように、意識して、異常、異音、命は、いい加減、生きている 失う、嬉しいな、うわの空 応答を、思いやり、怒られる、遅くなる、お構いなし カ行 確認作業、考えて、軽い気持ちで、感電、感受性、隠れた危険、家族のため、かもしれない、覚悟する 基本は、緊張感、危険な作業、危険箇所、危険予知、危険地帯、君は、気の緩み、技能講習、厳しい規則、基本動作、教訓活かして、聞かない くりかえす、繰り返し、偶発的 堅実な、欠如して、計画性 心の中で、心の整理、声に出す、後悔、コミュニケーションを、高所作業、怖いのは サ行 寒い、再確認、作業計画、作業前 職場、事故防止、集中力、失敗は、資格ない、修理作業、自分、自覚して、心配する、人身事故、初心に帰る、指摘せず、指導する、シビア、自主点検 全員で 備える、相談、その一言で、その油断、そそっかしい、その足で タ行 確かめる、大丈夫、正しい知識、正しい手順で、たった一度で、誰にも聞けない、立ち仕事、大ピンチ 注意する、注意され、知識の普及、知識不足、知識持つ 手元 どこかで落とした、トラブル回避、どこでも起こる ナ行 無くしもの、なくした、慣れた作業、仲間 肉体労働 根付く ハ行 恥ずかしい、働き方、配慮して 一人一人の、ヒヤリハット、ひょっとして 不注意が、不用心 報告 マ行 守るため、守らない、周り見て、間違えて みんなで一緒に、みんなで築く、みんなで守る 無理せずに、無事故、無意識に めんどくさい、免許ない、目先 もしかして ヤ行 やります、やってない 指差呼称、勇気だし、ゆるされない 余裕持つ ラ行 楽な方 リスク ルール、ルール違反 漏電、労働者 ワ行 我が身、わからない 最後に 以上、労働安全標語の作り方の一例と、キーワードの一例を紹介してきました。 労働安全標語作成の際には、参考にしてみてください。 関連記事 ・ ・ ・.

次の

建設業と熱中症と安全スローガン|速報

安全 標語 建設 業

建設業の安全スローガンや安全標語に注目していると、早や、6月ともなると、熱中症の予防を訴えるものが目立って増えてきます。 一般的には入梅ばかりを意識する時期ですが、身体が資本の職場では、日差しが強まり、熱気がこもりがちな時期に入って、すでに、熱中症が懸念されるようになるわけです。 そんなわけで、建設業の現場などでは、安全朝礼の際に、安全スローガンが唱和されるようになります。 また、ビル建設の工事現場などでは、早朝、屋外に多くの作業服姿の従業員が集り、いわゆる安全朝礼を行うようになります。 鳶職人や警備員も参集して、中心者による朝礼のスピーチや訓話に真剣に耳を傾けます。 最後に安全スローガンを皆で唱和するのですが、ここで熱中症への注意も唱和されたりします。 建設業の安全スローガン 建設業の安全スローガンは多くの業界の中で、最も提唱されているものと言えましょう。 ビル建設の工事現場など、大規模な建設現場の早朝、屋外に多くの作業服姿の従業員が集まって朝礼をしている光景を目にしたことがあると思います。 鳶職人や警備員も参集して、中心者による朝礼のスピーチや訓話に真剣に耳を傾けています。 しばし足を止めて、その朝礼スピーチに耳を傾けているとやがて、安全スローガンを全員で唱和して終了となります。 中心者による建設現場での朝礼スピーチのネタはどこも、似たりよったりの印象を受けますが、安全スローガンが集団で唱和される姿には迫力があります。 まさに、安全スローガンの面目躍如といったところでしょうか。 建設業関係の場合、スローガンに対する標語(安全標語)はどうなっているか?文末に建設業の安全標語の例のリンクを掲げました。 建設業の厳寒期安全スローガン 建設業の現場に限ったことではありませんが、冬期、それも厳寒期は、路面が凍結してスリップする危険があります。 すなわち、工事車両のブレーキスリップと共に作業員の転倒が多く発生するのがこの時期です。 また、手や身体がかじかんで動きが悪くなるのは人間だけではありません。 車両類や機器類にも暖機運転が必要になってきます。 こういった厳寒期に起こり易い操作ミスやヒューマンエラーに対して、具体的な注意を喚起するのが、建設業厳寒期の安全スローガンです。 建設業特有の厳寒期の人的問題 建設業の場合、換気の悪い所での内燃機関の使用で、一酸化炭素中毒の恐れが危惧されますが、例えば厳寒期に、コンクリート打設のために練炭を用いて保温するという作業が存在し、この場合も一酸化炭素中毒の恐れがあります。 また、厳寒期の休憩休息場所に急造された施設には防寒対策が不十分であることも多く、やはりここでも練炭の使用がなされることが多く危険極まりない状況です。 こういった実情に配慮した、健康管理と災害防止に関する労働衛生教育の重要性を喚起したいと常々思うところです。 建設業の夏季の安全スローガン 夏季の安全スローガンについては、冬期ほど強く言われないようですが、現場従業員にとっては熱中症という重大な危機が存在するので、建設業においては特に夏季の安全スローガンとして尊重してもらいたいと思うものです。 建設業界の夏の現場では機器類のオーバーヒートにも留意が必要ですが、やはり人間への配慮が中心となりましょう。 ゼネコンによる工事現場には多くの業者さん(各種職人さん)だけでなく警備員さんや清掃関係者もかかわっています。 皆さん会社も異なり、一工事現場として、どうしても個人に対する配慮が疎かになりがちです。 こういった労働環境での人命尊重という観点からも、特に建設業界では、夏季の安全スローガンの提唱や標語の提示が必要と考えます。 建設業の年末安全スローガン 建設業の作業現場には都会のど真ん中や大都会の主要道路であることも多々です。 年末になって納期が迫ってくると、現場全体もあくせくしてきて注意も散漫になりがちです。 また、現場周辺の世の中の動きも共に慌しくなっているので、思わぬ事故が発生する可能性が高くなります。 そういった年末の時期、冬季の安全と共に提唱されるべきなのが、建設業の年末安全スローガンです。 会社や現場によっては、年末年始の労働安全スローガンとして提唱するところも多いようです。 建設業安全標語 例 建設業といっても業容は多岐にわたります。 建築資材を製造する工業系企業でも建設業務に関わる部分があり、建設業における安全標語を標榜しています。 また、昨今大問題の原子力発電所の建設は「巨大な建設プロジェクト」です。 震災後の放射能漏洩に端を発し、社会問題上、原発建設推奨と思われる標語については公表の取り止めを行っているところがほとんどとなりました。 以下、建設業安全標語の例をご参照下さい。 砺波工場協会 富山県砺波市 安全標語。 会員事業所の経営の合理化、従業員の福祉に関する研究を行っている団体です。 2010年度安全標語コンクールの最優秀賞は「安全は、ひとつひとつの積み重ね、大きな事故の小さな予兆、危険を予知してゼロ災害」。 建設業・藤井建設(茨城県鉾田市)の平成20年度の安全標語。 最優秀賞は「見逃すな あなたの周りに隠れるリスク みんなで築け 0災職場」。 総合建設会社の 株式会社川島組(静岡県掛川市を中心に営業)の社員・協力会の安全標語。 社団法人ボイラ・クレーン安全協会主催の「クレーンの日 (9月30日)」 「ボイラーデー (11月8日)」の標語。 空気清浄環境機器を取り扱う 英和商工株式会社の安全標語。 心の健康維持・増進 健康管理について」 安全標語 月間安全標語 12月月間安全標語 パッケージ印刷を行う 日本印刷工業の安全標語。 各職場単位で標語を募集し、安全衛生委員会が選出した標語で金賞は「回転中 むやみに出すな 手と気持ち」です。 日本キャンプ協会安全管理委員会が募集した「安全なキャンプのための標語」。 「安全なキャンプのための標語」が見られます。 2009年度の標語 「キャンプ中 変わる気象に 変わらぬ注意」です。 2008年度の標語 「キャンプには 持って行かない 慣れ・油断」です。 平成22年度の 須賀川労働基準協会の安全標語最。 優秀5作品、優秀作10作品。 原子力エネルギー安全月間標語 今般の原発事故の影響か?過去ページが削除されているようです・・。 22年度の標語 「謙虚な学びと責任感 誇りを胸に安全確保」 21年度の標語 「求める安全,伝える安心,社会と築く原子力」 20年度の標語 「見る目 気づく目 予知する目 一歩先読む安全意識」 19年度の標語 「環境と発展をささえる原子力 安全確保で未来へつなごう」 18年度の標語 「責任と誇りを持って取り組みます。 暮らしを支える原子力」 17年度の標語 「安全確保にゴールなし たゆまぬ努力で築こう信頼」.

次の

安全宣言 例文 職場

安全 標語 建設 業

目次です。 労働安全標語とは 労働安全標語の「労働安全」とは、何かと言えば簡単に言うと、安全な環境の元で労働をするという権利のことであり、「労働安全衛生法」の基準であり、人間が働く社会の基礎部分になります。 労働安全衛生法 労働安全衛生法の法律では、労働者の安全面と衛生面について規定されています。 事業者はこうした法律を無視して、労働者の安全に配慮せず危険な作業等を行わせると危険防止措置を怠ったとして、人の命にかかわる重大な事件、事故等の場合には、労働基準監督署から罰せられることになります。 なので事業者は従業員に、安全で衛生的な作業ができる環境を整えるように配慮しなければなりません。 また、事業者としては労働災害をできるだけ少なくしたいと考えます。 労働安全標語の多くは、そうした取り組みの一環として募集されます。 テーマ 労働安全標語のテーマとしては、労働安全なので労働災害の事故防止になりますが、同じようなテーマとして、の「労働衛生」というテーマもあり、混同しがちです。 労働衛生ではざっくり言いますと「健康」がテーマとなり、労働安全では「労働災害の事故防止」がテーマになります。 ここで間違って健康のことをテーマにすると、趣旨が違うものになり良い評価を受けることが難しくなります。 注意しましょう。 労働安全標語の一例と作り方 では、ここでは実際に標語を作ってみます。 標語の作成が苦手な方でも、簡単に作れる作り方を紹介します。 作り方 労働安全標語を作る際には、まずキーワードを集めます。 「質よりも量」といった具合にできるだけ多くのワードを集めます。 「どんなワードを集めればいいのかわからない」といった方は、過去の作品を見てみるとわかりやすいです。 ゆとりこそ 自分が作る 事故防止• 声かけで みんなに知らせる おもいやり• 多忙でも チームワークで カバーする 出典:株式会社ダイエイハービス• あなたです かくれた危険 摘みとる主役• 危険な作業 リスクアセスで事前にキャッチ• かくれた危険 みんなで摘みとり 先取り安全 出典: また、過去の作品を分解してみると• ワードの例(上の句):ゆとりこそ、声かけで、多忙でも、あなたです、危険な作業、かくれた危険• ワードの例(中の句):自分が作る、みんなに知らせる、チームワークで、かくれた危険、みんなで摘みとり• ワードの例(下の句):事故防止、おもいやり、カバーする、摘みとる主役、リスクアセスで事前にキャッチ、先取り安全 このように上・中・下の句に分解することができます。 標語はこのようにして、ある程度のワードを用意して、それらを5・7・5形式の基本の型に落とし込んでいく方法で作成します。 ポイントとコツ 字余り・字足らず 標語を作る際には文字数が多くなるいわゆる「字余り」や文字数が足りない「字足らず」になることもありますが、標語やスローガンを作る場合にはこうしたことは気にせず、ある程度は自由に作っても大丈夫です。 ただ、募集条件に5・7・5で作るようになどとあらかじめ定められている場合には、そうした条件に沿ったものを作成する必要があります。 テーマ 労働安全標語のポイントとしては、テーマ(趣旨)を外さないようにするのも大事です。 労働災害のその多くはトラブルなどのいわゆる想定外の事態、あるいは普段と異なる作業にあたっていたことが原因で発生することが多いと言われています。 なので、作業中に焦らないことや経験の少ない人への注意喚起などを訴える標語にすると良いと思われます。 強い口調 過去の作品(過去の「労働安全標語」「労働衛生標語」)を見てみると 忘れるな 基本動作と 危険予知 といった強い口調で、訴える句があります。 しかし「忘れるな」を「忘れないで」にした方が良いようにも思います。 「忘れるな」とあからさまに強い口調で言われても反発されやすく、共感を抱かせることは難しいからです。 また職場内の募集の場合には、掲示されることも少なくありません。 労働安全標語は、上司や同僚に見られることも考慮して作る必要があります。 スポンサーリンク 労働安全標語のキーワードの一例 ここでは、ア行~ワ行のキーワードの一例を紹介します。 ア行 安全、安全帽、合図、熱い、安全点検、危ない、足場、あせる気持ちが、明るい職場、安心して、明日から、あなたと いつものように、意識して、異常、異音、命は、いい加減、生きている 失う、嬉しいな、うわの空 応答を、思いやり、怒られる、遅くなる、お構いなし カ行 確認作業、考えて、軽い気持ちで、感電、感受性、隠れた危険、家族のため、かもしれない、覚悟する 基本は、緊張感、危険な作業、危険箇所、危険予知、危険地帯、君は、気の緩み、技能講習、厳しい規則、基本動作、教訓活かして、聞かない くりかえす、繰り返し、偶発的 堅実な、欠如して、計画性 心の中で、心の整理、声に出す、後悔、コミュニケーションを、高所作業、怖いのは サ行 寒い、再確認、作業計画、作業前 職場、事故防止、集中力、失敗は、資格ない、修理作業、自分、自覚して、心配する、人身事故、初心に帰る、指摘せず、指導する、シビア、自主点検 全員で 備える、相談、その一言で、その油断、そそっかしい、その足で タ行 確かめる、大丈夫、正しい知識、正しい手順で、たった一度で、誰にも聞けない、立ち仕事、大ピンチ 注意する、注意され、知識の普及、知識不足、知識持つ 手元 どこかで落とした、トラブル回避、どこでも起こる ナ行 無くしもの、なくした、慣れた作業、仲間 肉体労働 根付く ハ行 恥ずかしい、働き方、配慮して 一人一人の、ヒヤリハット、ひょっとして 不注意が、不用心 報告 マ行 守るため、守らない、周り見て、間違えて みんなで一緒に、みんなで築く、みんなで守る 無理せずに、無事故、無意識に めんどくさい、免許ない、目先 もしかして ヤ行 やります、やってない 指差呼称、勇気だし、ゆるされない 余裕持つ ラ行 楽な方 リスク ルール、ルール違反 漏電、労働者 ワ行 我が身、わからない 最後に 以上、労働安全標語の作り方の一例と、キーワードの一例を紹介してきました。 労働安全標語作成の際には、参考にしてみてください。 関連記事 ・ ・ ・.

次の